2037
12.24

さあ、物語のはじまりだよ

Category: 表紙
このブログの表紙です。
自分の初心を忘れないように、いつも一番最初に表示するようにしました。

通常の記事はこの記事の次(下)からになります。。

2013/7/2 omunao



オムライス おむらいす omurice

  なんだか とっても 優しいひびき

オムライス おむらいす omurice

  なんだか とっても なつかしい

オムライス おむらいす omurice

  なんだか とっても ふわふわ わくわく

さあ さがしに行こう

  あの日の思い出を抱いて

さあ 食べに行こう

  素敵な明日をむかえるために


omunao2.png

アンパンマン




スポンサーサイト
Comment:37  Trackback:0
2018
04.22

ビストロ・ぽわぶる Bistro Poivre

小山の街角に咲く大輪の花

180422omu1.png



「たから園現代工芸」を後にして、もうひとつの目的を果たすべく小山駅へと向かう。

目的のオムライスがある店は、駅から徒歩数分のところにある、
ビストロ・ぽわぶる

180422omu10.png


センス良くオシャレに飾られた入口を抜け店内に。

180422omu8.png


「いらっしゃいませ」
若者の大きな声が響く。
大きな声と言っても居酒屋のそれとは違った落ち着きのある言い方で、とても好感が持てる。

カウンターに案内され腰を落ち着け「花咲オムライス」を注文。

180422omu2.png


店内をぐるりと見やる。

目の前に並ぶワイングラス。

180422omu3.png


どうやら、このテーブル席ではこれから会食が行われるようだ。

180422omu9.png


スピーカーから流れるイージーリスニングに耳を傾けながら、宴の始まる前の静かな時間を楽しむ。


出来上がりを待つ間にじっくりとメニューに前を通す。
以下はメニューに書かれたこの店で使用している素材の説明。



愛と感謝の麦飯石水を全ての料理と飲み水に使用しています。
■水道水を「麦飯石」に通すことでミネラル豊富なおいしい水に変えます。「麦飯石」は二万五千種類以上の元素からできており、それらの触媒作用により、人体に必要なミネラル(鉄・カルシウム・マグネシウム・ケイ酸など)を水中に溶出。水はおいしく、腐敗しにくくなります。
■野菜や魚を「麦飯石水」に浸すことにより鮮度が保てます。
■「麦飯石」は、石表面の無数の小さな孔が、水中の残留塩素・アンモニア・雑菌などの不純物・有害物質を吸着します。


低コレステロールの地養卵、蘇った昔の味「きぬ」を使用しています。
■黄身は鮮やかなオレンジ色、甘みとコクがあり美味しい卵。
■体にとても良いとされる、ビタミンDとビタミンEが通常の卵より多く含まれています。
■品質の良い卵は、健康な鶏より生まれます。自然環境の豊かな地で若い鳥に厳選された飼料(海藻、ヨモギ、木酢酸を配合)を与え日々愛情を込めて育てられた鶏の卵です。


モンゴル産天然岩塩とカマルグ産海水天日塩を使用しています。
■モンゴル産天然岩塩とは・・・はるか遠い昔、モンゴル大平原は、科学物質による汚染とは無縁の美しい海でした。そんな古代の海は悠久の時間を経て岩塩の地層を形成しました。すっきりした塩味で苦味がありません。
■カルマグ産の塩とは・・・フランス地中海カマルグ地方の塩。地中海を望むローヌ河口のデルタ地帯カマルグ西部にある田園”エッグ・モルト”では、ローマ時代から塩の生産がおこなわれて来ました。カルマグ産の塩は、水と土壌の性質が良いため、精製していないにもかかわらず、美しい白色です。

ピラフ
北海道産小豆、茨城産青大豆を自家製チキンスープで炊き上げました。
■スペインのパエリアのように野菜とお米をオリーブオイルで炒め、鶏ガラと野菜からじっくり旨味を抽出した自家製チキンブイヨンで炊き上げた、お米一粒一粒に旨味が染み込んだ美味しいピラフです。

180422omu12.png


なるほど。
これは期待が高まる。

しばらくしてサラダが到着!

180422omu4.png


では、いっただきま~す!!

うん、おいしい!

いい具合に冷えていてシャキシャキで、ほんのりと甘みのきいたドレッシングとの相性もとても良い。
自然の旨みを感じられ、サラダを口にしたこの時点でオムライスの美味しさも確信!


そして、いよいよ真打のオムライスが登場!!

180422omu5.png


おー、美しい!
カウンターに並ぶ姿が絵になる♪

180422omu6.png


中のご飯はピラフで、具材は鶏肉、マッシュルームなど。
では、さっそくひとくち。

180422omu7.png


甘めのトマトソースにふわふわの玉子がよくマッチ。
素材の旨みを活かしつつ、ていねいに作られたオムライス。
20年以上足し継がれてきたハヤシソースのオムライスも食べてみたい!

店主にお礼を述べ、満足を胸に店を後にする。

ちなみに店主の秋本さんはとても話しやすい方で、気持ちのよい応対をしてくれる。
ヒトサラにはこんな紹介記事が……。

茨城県出身。
子どもの頃、独身寮の食事をつくる母の手伝いをしたり、料理人をしていた叔父の姿を見て育つうちに食の道へ進むことを決意。大阪あべの辻調理師専門学校へ入学し、ここで料理の基礎を学ぶ。
その後、東京都内のフレンチ店で修行を重ね、小山で独立。現在は【Bistro Poivre】にて独自のアレンジを加えた創作フレンチを中心とした多彩なメニューを提供している。


なるほど。
生まれながらにして料理人になることが運命付けられていたようなお方だ。

しかし、単なる料理人ではない。
水、卵、塩、ピラフのこだわりはもちろんのこと、先に紹介したこの店のメニューには、こんな素敵なことも書かれていた。


Love & Thanks × Cuisine

「愛 感謝」という言葉を見せた後に凍らせた水の結晶です。
美しい形ですね。
他の言葉を見せるとそれぞれ違う形になります。
悪い言葉を見せると結晶の形が崩れてしまいます。
人体には70%の水があると言われ、地球にも70%の水を湛えています。
僕は美しい言葉、想いを常に選んで日々を過ごしたいと思います。
皆様も気分よく、美しい日々をお過ごしください。

180422omu11.png


素敵な言葉だ。
秋本さんにはぜひ、これからも美味しい料理と美しい思いを提供し続けてほしい。

「思川」に思いを馳せ、
「たから園現代工芸」で思いを感じ、
そして「Bistro Poivre」で美しい思いと出会った。

2018年、小山で巡り合った「思い」。

これからも大切にして過ごして行きたい。


■ビストロ・ぽわぶる 食べログ情報
・電話:0285-22-8986
・住所:栃木県小山市中央町3-11-27
・交通手段:JR小山駅西口から 徒歩3分
・営業時間
 ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
 ディナー 18:00~21:30(L.O.21:00)
・定休日:月曜日

180422omu13.png


Comment:4  Trackback:0
2018
04.03

2018 さくら、咲く

Category: その他
小山のオムライスの前に、今が旬のさくらの記事を……。

出会いと別れの季節に咲き誇り、そして散り行くさくら。
年々と、そんなさくらに対する思いは強くなって行く。

自然を愛でるこころ。
人と人のつながりを大切に思うこころ。
それは相通じるものがあると思う。

ということで、さくらの詩を書いてみた。

****************************************

さくらの君へ

180403omu2.png
朝のさくら
ひとり歩く散歩道


180403omu1.png
木漏れ日吹きぬく春風に
ゆれる君の笑顔


180403omu3.png
昼のさくら
春のうららのひとり旅


180403omu4.png
満開つき抜く青空に
はじける君の笑顔


180403omu5.png
夕のさくら
ひとり佇む街角で


180403omu6.png
暮れなずむ陽の向こうに
はにかむ君の笑顔


180403omu8.png
夜のさくら
ふたり遊びし公園で


180403omu7.png
まあるい灯りの真中に


180403omu9.png
たいせつな、君の笑顔



さくらの君へ

朝のさくら
ひとり歩く散歩道
木漏れ日吹きぬく春風に
ゆれる君の笑顔

昼のさくら
春のうららのひとり旅
満開つき抜く青空に
はじける君の笑顔

夕のさくら
ひとり佇む街角で
暮れなずむ陽の向こうに
はにかむ君の笑顔

夜のさくら
ふたり遊びし公園で
まあるい灯りの真中に

たいせつな、君の笑顔


Comment:4  Trackback:0
2018
03.27

素晴らしき、思い、wish、そしてその体現!

Category: その他
思川に思いを馳せ、いざ目的地へ!

目的地は先の記事にも書いた、たから園現代工芸 ( ← リンク )。

この日に開催されていたのは、「四狭間かなたさん、星温美さん、田島慧喜さん」の三人展。
この三人展は、読売新聞ニュース ( ←リンク ) にも掲載された展覧会で、Trip of the art ( ← リンク )の慧喜さんに招待いただき楽しみにしていた。

思川を渡りしばらくすると、通り沿いに佇む「たから園現代工芸」のお茶屋のような建屋がお目見えする。
(実は、小山に到着後、なかなかギャラリーに到着しないボクを心配してくれたオーナーの配慮もあって、当事者の四狭間さんと慧喜さんがクルマでわざわざ途中まで迎えに来てくださった。これには深謝!!)

180327omu1.png


「お茶屋のような建屋」と書いたが、現にお茶を販売している店舗と併設されており、北関東の郊外 (日本古来の趣が残り、かつ、ちょっと寒空が似合う雰囲気と勝手に思っている)にぴったりの、まさに「この地にしてこのギャラリーあり!」といった様相を醸し出している。

中に入ると、その様相はより一層色濃く感じることができる。
静謐の中に漂う心地よい空気。
それは洋風の荘厳さではない、「和」のぬくもり。

そして、素朴であたたかい陶器とやさしさにあふれる絵画の融合が奏でる調和。
不思議なほどに、お互いがお互いを引き立てあっている。

180327omu2.png


なぜだろう???
しばし思考を停止させ、感じるがままにこの空間が発するメッセージを受け取る。

そんな中、陶器の説明が書かれた紙に目をやる。

と、偶然なのか必然なのか、そこには「須恵器(すえき)」の文字が……。

180327omu3.png


おー!
これだあ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

須恵器(すえき)と慧喜(えき)の融合!

ひとり勝手に納得。

その後、作品を堪能。

慧喜さんが自らの原点とおっしゃる「I 'm seeking. (私は捜している)」。
この色使いとデザイン(線の入れ方等)は独特の豊かなセンスだと思う。

180327omu6.png


今回真っ先に目をひかれたのが「冬将軍の娘Ⅰ」。
しかし、すでに売約済。
残念!

180327omu4.png


で、入手したのがこちら!

180327omu5.png


「天狼の瞳」。
額縁も含めて慧喜さんの自薦もあり、喜んで購入させていただいた。

「天狼」とは冬空に輝く「シリウス」の別名。
太陽を除けば、地球から見える最も明るい恒星が「シリウス」。
まさに、ひときわ明るく輝きながら冬の寒空に突き刺さる、美しきシリウスの瞳。
観れば観るほどその素晴らしさにひかれる逸品だ。

さて。

慧喜さんについてもう少し書かせていただく。
プロのアーチスト(画家)として、今年は退路を断ち、さらなる飛躍を遂げようとしている。
個展も計画されているし、いろいろな方面からその絵の素晴らしさが評価されはじめている。
秀でたテクニックだけあっても評価は得られない。
人に訴えかける「本人の魂」がどれだけ込められているか。
「この絵の中に飛び込んで行きたい」と思えるか。
それは、理屈の世界ではない。

荒々しい絵も描きたい。
今年は田島慧喜に別れを告げる。
そう本人は話されている。

思い
wish

未来

希望

自らの未来を、夢を、希望を、自らの手でつかもうとする、思い、wish

よいときばかりではない。
スランプもあるだろう。
弱気になるときもあるだろう。
しかし、自分を信じて、逃げることなくそれに真剣に向き合う。

「天狼の瞳」は「慧喜さんの瞳」かもしれない。
「田」+「心」が「思」ならば、「彗」+「心」が「慧」。
「彗星」が放つ、「心」の中の一瞬の光。
その意は、「一瞬のひらめき」だという。

一瞬のひらめき。
センス。
そして、魂の叫び。
これから慧喜さんがどんな「絵」=「慧」=「世界」で魅了してくれるのか、楽しみで仕方ない。


さてさて。

絵を楽しんだ後は次の目的地へ。

そう、お目当てのオムライス!
次回はその記事を!!


Comment:2  Trackback:0
2018
03.19

ブログ再開! 

Category: その他
1月28日の記事を最後に、ブログの更新から遠ざかっていた。
更新していないにもかかわらず、日々、訪問してくださった方々、コメントをくださった方々には感謝の念が堪えない。
ボクの中で、申し訳ない気持ちと、訪問だけではなく拍手まだしてくださるうれしさが共存していて、つまるところは、

月並みですが、こころより御礼申し上げます。

ところで、なぜ更新から遠ざかっていたのか?

このブログを始めてからもう随分と長いこと経つけど、今一度原点に帰ろうかと。

大好きなオムライスを「幸せの象徴」としてとらえ、「つながり」「ぬくもり」「まごころ」をコンセプトにしたブログ。
そして、訪問した店で思いついたストーリーを書く。
これが原点。

最近は、オムライスは食べれどなかなかストーリーを書く時間が取れず、「単なる食レポになっているのでは?」といった疑問が自分の中でどんどん膨らんできていた。

自分がやりたいことは何?
何のために?
誰のために?

そこで、充電期間(冬眠かも)を設けて「オムライスのある風景とは?」の自問自答を繰り返し、結局は原点回帰の結論に。
ただし、ストーリーを書く時間はとれないかもしれないかもしれないので、その代わりとして、オムライス店紹介+αを記事に加えようと思っている。

さて、その第一回目。

去る2月24日。
栃木県の小山に行ってきた。

夕刻、小山駅に到着。
西口の駅前広場に降り立つ。

180319omu4.png


目的は次回話すとして、小山は通過するばかりで降りるのは初めて。
パッと思い浮かぶのは2005年に閉園した「小山ゆうえんち」。
それと、かつては野球が強かった小山高校。
ヤクルト、巨人、阪神で活躍した強打者、広沢克実の出身校である。

駅を背に、西方向へと伸びるメインストリートを歩く。
しばらくは立派な商店街が続き、国道4号線と交わる交差点を過ぎたあたりから郊外の景色が広がり始める。

こちらは市役所に隣接する「小山御殿跡」の広場。

180319omu2.png


江戸時代の途中(1682年)までここには徳川将軍家の日光社参時の宿泊施設があったとのことで、今は各種イベントの会場として使われている。

小山御殿跡を横目に更に歩を進める。
と、やがて、大きな橋が。

橋の名は「観晃橋」で、その橋がかかる河川の名は「思川」。
思川は、栃木県鹿沼市の足尾山地地蔵岳を源流とする渡良瀬川の支流。

180319omu3.png


おもいがわ。
思いが流れる川。
すごい名前の川だ。

いったい、どんな由来でつけられたのだろう?
小山市郷土文化研究会「小山の伝説」によると、以下の2つ。

その1 「思いの川」伝説
昔、花見が岡(下野市)の豪家のひとり娘お三輪が病床についた。
婿の市太郎は、お三輪の回復を祈るため、毎晩、黙って家を抜け出し、川を渡って惣社の明神までお詣りしていた。
ところが、市太郎が毎晩黙って家を抜け出すのは、他に好きな人ができたと思いこんだお三輪は、夫を愛するあまり大蛇に姿を変え、夫をのみ込んでしまった。
2人の思いから、「思川」と呼ぶようになった。

その2 「田心姫」伝説
神話に出てくる、水に縁のある女神「タゴリヒメ」を漢字で書くと「田心姫」と書く。
昔、思川の流域に水田が発達するようになったとき、人々は川の恵みの大きさをたたえ、「田」「心」の2字を「思」という1字につめて、「思川」と呼ぶようになった。

その1は恐ろしい話だ。
病気の身で大蛇に変身できるほどのパワーがあるとは……。
しかも、外出の理由を何も聞かずにのみ込んでしまうなんて。
市太郎さんは「男は黙ってサッポロビール」の職人気質だったのかな?
何れにせよ、お互いにもう少し会話をすれば避けられた出来事ではないだろうか。

その2は納得。
言われてみると、まったく意識していなかったけど、「思」は「田」+「心」だ。
農耕文化の日本。
田んぼで、豊作と家族の幸せを祈りつつ仕事をしていたので「田」に「心」で「思」。

なるほど。

それにしても「思川」には考えさせられる。
由来はともかく、ボクにとっては「思いが流れる川」。

「思い」
それはとても大事なこと。

「思い」があるから生きている。
生きているから「思い」がある。

ブログへの思い。
自分がやりたいことへの思い。

まさに思いあぐねてあた時だけに、「思川」の名は心に響く。

180319omu1.png


さて、そろそろ行こうか。
しばし思川の夕景を眺めた後、再び目的の地へと歩き出す。

ここまで来ればもうすぐ着く。
目的地の名は、たから園現代工芸。
そこは、「大いなる思い」に満ち溢れている……。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top