2017
02.07

あっ、寝坊!! 今年もだあ!

Category: 未分類
毎年この時期は朝寝坊の日々。
花粉症の薬のせいかなあ……。
春眠暁を覚えず。
もう春なのかなあ。。

ということで、今日は昨年同様に2つの記事の再掲載です!


ご機嫌NANAME


「何で機嫌が悪いときって、ご機嫌真下とかじゃなくてご機嫌斜めって言うんだろう?」
昨日、知人と会話していてそんな疑問に出くわした。

考えたこともなかったが、そう言われてみると知りたくなるのがomunaoの性(さが)。

ちょっと調べてみたら、どうやら「普段と違う状態」を「斜め」と言うらしい。

普段=穏やかな状態=水平。

想像してみましょう。

ここは春の陽光につつまれた昼下がりの砂浜。
目の前に広がる青い海。
風ひとつない空には、白いカモメが気持ちよさそうに飛んでいる。
海の彼方に目をやる。

はい、ストップ!

あなたの目の前に広がる海と空の境目は?
そう、水平線。
真直ぐと横に広がる水平線。
(ちょっと丸みががってるとか言わない)

これが穏やかな状態。

では次に、厳寒の曇天の砂浜を想像してみましょう。

北からの寒風がほほを突き刺す。
眼前に広がる、荒れ狂う海。
轟音とともに立つ白波が、岩肌に砕けては散る。

はい、ストップ!

「波が立つ」
これが普段と違う状態。
「腹が立つ」も同じ。

「立てる」=「縦る」とすると、「縦まではいかないが水平ではない(普段と違う穏やかでない)状態」=「斜め」となる。

また、縦横ではなく、「水平、垂直」=「普段の状態」で、「水平でも垂直でもない状態」=「斜め」という考えもあるようだ。

何れにせよ、「真っ直ぐでない状態」=「普段と違う状態(穏やかでない状態)」=「斜め」であるようだ。

こうやって語源を調べてみるといろいろな発見があって面白い!
これからも気になった言葉があったら調べてみようかな!


● ジェニーはご機嫌ななめ / ジューシィ・フルーツ 




星空を見上げて

ひとり佇むベランダ
澄んだ夜空に風が舞う

春風の中、君と夢を語り合い
夏の風を浴びながらふたり戯れた

秋風に揺られて心通わせ
そして、冬の風が君を連れ去った

季節(とき)が巡るなら
清き風に乗り、もう一度君に巡り会いたい

さあ、風よ、僕を運んでおくれ
星空の向こうにある、近くて遠き日々へ

いざなっておくれ
星空の向こうに住む君のこころへ

すべての星空の道は、君へとつながっている

140223hoshizora2.png


● 星空のディスタンス / THE ALFEE




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
12.16

あなたの押しメンは?の再掲載

Category: 未分類
オムライスにかけるもの。
デミグラスソースもいいけれど、原点はやっぱりケチャップ!

150912akiomu1.png

ということで、今日はこのケチャップに関する記事の再掲載。。


******************************

オムライスに欠かせないものはなんでしょう?

「えーと、今日は1月13日なので、出席番号26番のomunaoくん!」

えー! 13と関係ないじゃん!

「単に倍にしただけだよ」

そんなあ……。

「つべこべ言わずに」

はい。

えーと、ご飯。

「それと?」

う~ん、たまご。

「あとは?」

チキン、は無くてもいいし、玉ねぎも、ピーマンも……。

「ほら、肝心なのがあるでしょ」

え、肝心なの。

あ! フライパン!

「廊下に立ってなさい!」

********************

肝心なもの。

そう、ケチャップ!

ということで、今日はケチャップについて調べてみた。

そもそもケチャップだけど、必ずしもトマトケチャップのみを意味してきた用語ではないらしい。
過去にはキノコなどで作られたソースや魚醤なども含めてソース全般を指していた言葉だったんだって。
今では日本だけだなく世界中で「ケチャップ=トマトケチャップ」の認識だけどね。

文献上は、1699年のイギリス最初の俗語辞書 "BE's Dictionary of the Canting Crew of 1699" に、ケチャップの説明として「東インド奥地のソース (a high East-India Sauce)」と書かれているのが最も古いようだ。


ところで、ケチャップメーカーと言えば、みなさんはどこを思い浮かべますか?

ボクはやっぱり、カゴメ、デルモンテ、ハインツかな。

独断と偏見でこの3つを調べてみよう!

先ず国内シェアだけど、カゴメ:50%とデルモンテ(キッコーマン):30%の2社の占有率が抜き出ていて、ハインツは約3%と苦戦している。

世界最大手はハインツなんだけどね。

では、敬意を表してハインツから。

1.ハインツ

140113heinz1.png


ハインツは、1876年にアメリカ合衆国で創業した食品メーカー。
ハインツのケチャップは水分が少なく濃厚なのが特徴。
かつて、布施博さん出演で「このハインツのケチャップがどれだけ濃厚であるか、今からジェットコースターで試したいと思います」とホットドッグを片手に垂れない事を実証するなんてCMもあった。

そうそう、マクドナルドのケチャップは約40年間にわたりハインツだったんだけど、2013年10月、マクドナルドはハインツとの取引を停止すると発表した。
提携解消の理由は、ハインツの経営陣が変わり、マクドナルドの競合相手であるバーガーキングと近い関係になったからだという。

気になるのは「日本のマクドナルドの味が変わるのか?」ということ。

全世界的な変更だとの話だけど、日本のマクドナルドではもともとハインツのケチャップを使っていないため味は変わらないと日本マクドナルドの広報担当者が取材に応じている。

グローバルの標準化がなされていなくてよかったね。
食べ物は好みの地域性がありそれで売れ行きが全く変わるから機械的に標準化はできないと思うけど。

ま、しかし、資本主義の競争の荒波の中では、いつ味が変わってしまうかわからないってことだね。

では次に、カゴメ。

2.カゴメ

140113kagome1.png


1908(明治41)年に日本で初めてのトマトケチャップを発売したのがカゴメ。

カゴメの創業者である蟹江一太郎氏は、兵役を終えるとき上官からこんなことを言われた。
「お前の実家は養蚕農家だろう。これからは日本の農業も変わらなくてはならん。西洋野菜を作ってみたら」

この勧めどおりにキャベツ、パセリ、レタス、ハクサイ、そしてトマトの栽培に乗り出したのだが、売れ行きはさっぱり。
こういった野菜自体がほとんど知られていない時代だから無理はない。
それでもキャベツやレタス、ハクサイなどは徐々に売れ出した。

が、トマトだけはいつまでたっても売れずに残ったまま。
当時は外国人でもトマトは生食せず、調味料として使うのが一般的だったのだ。

とはいえ、せっかく作ったトマトを無駄にすることはできない。
頭を悩ませていた蟹江氏だったが、名古屋の西洋料理店の主人からトマトソースの存在を教えられたのをきっかけに、1903(明治36)年、トマトソースの開発に成功。これは今で言うトマトピューレだったが、食品問屋や西洋料理店の評判を得ることになる。

その後、現在の普及につながったのは、みんさんもご存知のように、チキンライスやオムライス、ナポリタンが一般家庭で普通に作られるようになったのが大きい!
もちろん、カゴメが雑誌の料理記事に広告を出して活発に宣伝を行ったのも相乗効果になっている。

こうやって日本の食卓にケチャップを定着させてカゴメだから、シェアが50%あるのも頷ける。
(もっとあってもいいくらいだ)

最後はデルモンテ。

3.デルモンテ

140113delmonte1.png


日本デルモンテ株式会社は、群馬県沼田市に本社を置く、「デルモンテ」「キッコーマン」ブランドの調味料、飲料、食品の製造メーカー。
設立は1961年。売上高は177億円(2012年3月期)で、従業員数は351名(2012年4月1日現在)。

そんなに大きくはないんだね。

味は酸味があるのが特長だけど、以前、カゴメが容器のデザインをハインツ風にフタを下にして保管するタイプに変更したら、お客さんがカゴメのいつもの容器がないのでデルモンテの容器をカゴメと勘違いして、わずか1ヶ月でデルモンテがカゴメのシェアを上回った珍事があったそうだ。

ということは、あんまりこだわりをもって選んでるわけではないってことかな???


さて、みなさんはどのケチャップが押しですか?

あなたのセンターはどのケチャップ?


Comment:0  Trackback:0
2015
09.24

【再掲載】 ふたりテッちゃん 番外編

Category: 未分類
今日は、「ふたりテッちゃん」の番外編の記事の再掲載。

2年前の、冬。
クリスマスの頃の新橋駅前のSL広場にて。

ここは「待ち合わせ」で有名な場所。
このときは、可愛いゆきだるまが、ふたつ、そして、C11の運転席にはサンタクロースが……。
思わずシャッターを切っていた。

140105sinbashi1.png


新橋駅前にC11が設置されたのは昭和47年(1972年)10月のこと。
「汽笛一声新橋を♪」で始まる鉄道唱歌にあるように、新橋は日本の鉄道の発祥の地である。
その、鉄道発祥の地に、鉄道開業100周年を記念して置かれたものだ。
以来、C11 292号機は、ここ新橋で多くの人生を見守って来た。
いったい、どれくらいの人がここで待ち合わせ、人生が交錯していったのだろう……。

テツオとテツコを主人公にした「ふたりテッちゃん」を書いたとき、ひそかに、「あ、新橋で会えるといいなあ」なんて思っていたのだが、現実はそうはいかなかった。
まあ、それだと出来過ぎだし、会えたのが直流と交流が交差する黒磯っていうのも、書いてて「あ、そういうのもあるなあ!」って面白かった。

140105shinbashi2.png


「omunaoさん!」
ん? 誰?
「こんにちは!」
見覚えのある、寄り添うふたつの笑顔が近づいてくる。
「あ! テツオさんとテツコさん!」
「はい、お久ぶりです!」
声をはずませる笑顔が、ボクの目の前でペコリとお辞儀をした。
「やあ、その後はどう? 仲良くやってる?」
「おかげさまで。なかなか会えないですけど、こういった長期休みなら会えるので、一緒に旅を……」
そう言うテツコの白い頬が、ちょっと赤らんでいる。

よかった! ひと安心だ。
「ところでomunaoさん、C11のCって、わかります? 999で有名なC62とか、デゴイチの愛称で親しまれているD51とかありますが、そのCとかDって何だと思います」
出た!! テツオのテッちゃんぶりがいきなり発揮された。
「Cとか、D???」
カルビーのビーはビタミンBとかなら以前調べたので知っているのだが……。
「それはですねえ……」
テツオは、動輪の数が3つがC、4つがDであり、数が少なくより大きな動輪をつけられるCはスピードが必要な旅客向けであり、逆に小さい動輪を多くつけられるDはパワーが必要な貨物向けであることを教えてくれた。
なるほど。
さらに、戦争中は物資を運ぶための貨物用蒸気機関車(Dタイプ)が多く作られ、戦後余剰となったものが旅客用に改造されたのだとテツオは言う。
「へえ! D52が改造されてできたのがC62なんだ!」
「999は、原作や映画では現存するC62 48号機、アニメは架空の50号機なんです! 48号機は作者の松本零士さんがコレクションとしてプレートを所有していたのでそれに決めたんですよ。そうよね、テツオさん!」
テツオの腕を抱き寄せるテツコが、テツオの顔を得意気にのぞき込む。
ボクはなんだか、とても嬉しくなった。
これからふたりはどんな旅を続けるのだろうか?

140105shinbashi3.png


それからふたりとの会話を楽しんだボクは、いつまでも手を振ってくれるとびきりの笑顔に別れを告げた。

旅かあ……。
新幹線で行く旅。
蒸気機関車で行く旅。
旅行ではなく、旅。
何を求め、どこへ。
過去への旅。
未来への旅。
今年はどんな旅をしようかな……。

果てしなく続く、人生の、旅。

140105shinbashi4.png


Comment:0  Trackback:0
2015
02.11

豊かさって何だろう? 第2回 狭心症

Category: 未分類
失われた10年。
失われた20年。

バブル崩壊後の日本経済についてでよく目にする言葉。
「失われた」には、「バブルの時代は良かった。そこが基準であり、そこに戻らねば」の意味が込められている。

でもそれは、バブルを知っている人たちの言葉であり、バブルを知らない人々が言っている言葉ではない。

ボクも含め、「明るい未来を想像するんだ! みんなで創造するんだあ!」と叫んだりするけど、よくよく考えてみると、「何をもって明るい未来」なんだろう。

世間で言う「一流学校」を出て、「一流企業」に就職する。
そんな過去の既定路線は崩壊している。

バブルを知らない子供達。
明るい未来なんて、想像できない。

以下はネットで見つけた、詩。
「戦争を知らない子供達」の替え歌。

バブルが終って 僕らは生まれた
バブルを知らずに 僕らは育った
大人になって わかり始める
格差の意味をかみしめながら
僕らの名前を 覚えて欲しい
バブルを知らない子供たちさ

非正規社員じゃ 許されないから
三低男じゃなきゃ 対象外だから
今のわたしに 残っているのは
みじめをこらえて 歌うことだけさ
僕らの名前を 覚えて欲しい
バブルを知らない子供たちさ

ken tsurezureより

バブル前の価値観でバブル以前の状況を是としてそこを目指すことが良いことなのか?

時代は変わりつつある。
価値観も変わりつつある。
そして、宿っている魂が変わりつつある。
もしかしたら、前頭葉のつくりも変わりつつあるのでは???

たとえば、新型うつ。
仕事ができなくなり、休暇を取る。
でもプライベートでは元気に飲み会に参加したり旅行に行っ たりする。
周りにとっては意味不明、わけがわからない。
それを見た職場の上司や同僚が、「仮病だろう」「まったく近頃の若い者は」と憤る。
礼讃はしないけど、ボクはこれを病気ではなく、新たな価値観を生み出すニュータイプなのかもしれないと思っている。

限られた牌を奪い合う資本主義。
人の生活を豊かにするための機械化は、労働における人減らしを促進する。
食べきれないほどのご馳走をむさぼる飽食の一方で、飢餓に苦しむ人がいる。
でも、みんなの口に運ばれる食料はなく、「70億の人の命を保つ食料はない、食料危機を迎える」などと言われる。
本当かなあ???

今日の最後は、RADWIMPSの狭心症を。

曲の前に、ラジオで野田洋次郎さんが語る「狭心症」の歌詞や意味について。




人は、何をめざし、どこに向かって行くのだろう???

● 狭心症  RADWIMPS





Comment:7  Trackback:0
2014
10.31

包む文化 その4

Category: 未分類
サンマーメンでおなかをみたし、では、続きを。

「和」と「包む」。
「優しい」「柔かい」と「優柔」。
そのつながりは???

ちょっと遠回りして、今日は日本語での表現について。
(まわりっくどいなあ!)

日本には八百万(やおよろず)の神がいる。
すげえなあ、はっぴゃくまんもいるなんて!
日本の人口は今年の10月1日現在で1億2,709万人だから、仮にこの神様たちを全て「人」だとすると約16人に1人は神だ!
学校だと、だいたい1クラスに2人くらいは神がいるわけだ。
うん、確か「神」と呼ばれるやつがいる。
名字でもいるかも。
神さん、神田さん、神村さん、神谷さん、……。
でも、1クラスに2人はいないかな???

さて……。

神様だけではなく、日本語には「I」や「YOU」を現す言葉がたくさんある。

「Hey you!」

これを訳すと……。

「おい、てめー」
「なあ、おまえ」
「あんたねえ」
「やあ、君」
「そこの彼女(お茶しない)」

「I」は???


あたし


自分
あたい
おいら
おれっち
小生
うち
おいどん

「YOU」も、「I」と同様にいろいろな言い方がある。

時と場合で使い分けることができる。
ケンカで殴りかかるときは時は「てめー、この野郎」であって、「あなた様、このお方」ではない。
「きさま=貴様」とは言うけど。

英語にも一人称や二人称の言い方が何種類かあるにしても、ここまで多くはない。


何でだろう?

民族や人種や身分などが違うがために、逆に身分差、社会的地位の差、年齢差、男女差などの差を極度に嫌うことが根底にあるのかもしれない。
日本語はその逆かなあ???

次に。

「Excuse me」

これは「すみません」、「失礼ですが……」。

声をかけるとき、「すみません」って言うよね。

なんで謝るねん!
「すみません」は「I’m sorry」じゃんねえ。。。

基本的に、「Excuse me.」は「誰かに迷惑をかける前に言う言葉」であり、「I’m sorry」 は「誰かに迷惑をかけた後に言う言葉」である。

日本語では、前者は「すみません……(これからあなたに迷惑をかけちゃうよ。でもいいでしょ。お願い!)」であり、後者は「すみません……(いやあ、ごめんなさい。ホント申し訳ないです。もう二度としませんからお許しくださいませ。でもまたやるかもしれないのをちょっとだけ頭に入れておいてほしいです)」である。

続いて。

「好きくない」
「いいんじゃね」
「とりあえず、ビール」

これもよく聞く。

「好きくない」
「嫌い」の意味が多分んにあるんだけど、ストレートではない。
また、「好きじゃない」よりさらに柔かいイメージがある。

「いいんじゃね」
「うん、いい!」ではない。自分は責任のある決定者ではなく「まあ、いいと思うよ。あとは自分で決めな」的なイメージがある。

「とりあえずビール」
最近は「とりあえず焼酎」も増えてきているらしい。

こういったあいまい表現は他にもいろいろある。
「検討します」の裏には「考えるけどさあ、でもムリだと思うよ。だいたいそんなの考えるの面倒だし、時間も無駄だと思うんだけどね……」の思いがあったりする。

日本語の語順も結論(述語)は最後なので、より一層あいまいさは増す。
「わたしは 嫌い(絶望が先に来る) あなたのことが(決定打。でも覚悟はできていたかも)」ではなく、「わたしは あなたのことが (ここまでは希望がある) 嫌い(いきなり地獄!)」である。

さて、こういった表現方法は何なんだろう???

「オブラートに包んだ言い方」なんて言うけれど……。

続きは次回。

では、今日の最後は「八百万分の1の神」を……。


● トイレの神様 植村花菜




Comment:4  Trackback:0
back-to-top