2018
01.04

自由亭

ベッドタウンの駅近で過ごす気ままなひととき

180104omu1.png


真冬の昼下がり。
横浜市営地下鉄、仲町台駅の改札を抜ける。
木枯らし舞う駅前ロータリー。
車内でぬくぬくと過ごしていた体は、容赦ない寒風の洗礼を受ける。
藤沢を出たときにはそれほど寒いとは思わなかったのだが、内陸のせいなのか、はたまたの気温が下がったのか、同じ神奈川県内とは思えぬ寒さだ。

所用を済ませ、冷えきった体をあたためるべく店を物色。

マクドナルド。
ドトール。
駅前には、ホットコーヒーで手軽に暖をとれそうな店の看板が目につく。

いや、せっかく仲町台(ここ)に来たのだから……。
足は、以前チェックしていた店を目指す。

もう少し。
もう少しで寒さともおさらば。

ほどなくして目的の店の看板が視界に入る。
店の名は、自由亭
駅からせせらぎ公園に向かう道の途中にあるのだが、メインストリートから一本入ったところにあるためちょっとわかりづらい。
しかし、その人目につかない立地が、これ幸いに喧騒から解き放たれた落ち着きの時間を約束してくれる。

180104omu2.png


きれいに整えられた店の前に立ち、ドアを開ける。

「いらっしゃいませ」
若い女性店員の明るい声が響く。
昼食時をすぎたせいか、先客はいない。

2人掛けのテーブルと4人掛けのテーブルが各々6つずつ並ぶ、清楚でシンプルな店内。
ゆったりと座れる4人掛けの席に腰を落ち着け、さっそくメニューを拝見。

180104omu12.png


オムライスは2種類。
昔ながらのケチャップがけのオムライスと、キノコデミソースのふわふわ卵のオムライス。
迷いなく昔ながらのオムライス、それと、エスプレッソを注文。

店内に流れる軽快なアメリカンポップス。
(アメリカンポップスって言い方は死語だろうか?)
やわらかい照明。
さりげなく飾られた絵画と観葉植物。
厨房から聞こえる卵を溶く音。
冷えきった体を、ぬくもりに満ちた店内に預ける。

180104omu4.png


「おまたせしました!」
しばらくして、店員さんの素敵な笑顔と一緒にオムライスが運ばれてきた。

ん?

でかーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

180104omu5.png


ザ・オムライスとも言うべき、きれいなフォルムのオムライス。
つけ合わせのポテト、トマト、パセリと並ぶ色合いも良く、とてもおいしそうだ。

180104omu11.png


それに、たまごもいいカンジの焼き加減。
非のつけどころのないオムライス。

180104omu6.png


それにしても、でかい。
まるまるとした、ぷりっぷりの、大きな大きなオムライス。

では、いっただきま~す!

180104omu9.png


チキンライスはバターが効いたわりとマイルドで家庭的な味つけ。
この大きさなので飽きがこなくて丁度いい。
具は鶏肉、ベーコン、タマネギ、ミックスベジタブルと豊富なので、いろいろな味が楽しめる。

180104omu7.png


鶏肉とタマネギは大きめのカット。
ベーコンやミックスベジタブルの味に押されないようにするには絶妙な大きさだ。

180104omu8.png


飽きることなく、逆に、食べ進めるにつれて、たまご、ライス、具材の織り成すハーモニーに舌が喜び、美味しさが増していく。
かなり大きいと思ったのだが、あっという間に完食!

味よし。
雰囲気よし。
接客よし。
メニューも豊富だし落ち着けるし、これはいい。

180104omu10.png


1993年にできた仲町台駅の駅前は、近年のベッドタウン特有の、無機質的な空気に包まれている。
よく言えば、生活感、いや生活臭のない洗練された空間。
悪く言えば、人情味のない冷たい空間。
そんな街の、ぬくもりあふれる洋食レストラン自由亭。

仲町台の自由亭。
仲町台の自由亭。
仲町台の自由亭。

呪文のように繰り返してみる。













仲よしで自由な町。

漢字が持つ力かあるいは自由亭の成せる業か、その言葉だけを繰り返していると、不思議なことに新しい街もなんだか古めかしくて親しみのある街に思えてくる。
そういえば、横浜の綱島に、2016年12月に閉店してしまった「自由亭」という名の老舗があった。
仲町台の自由亭は、検索すると「自由亭仲町台店」という名でもヒットする。
もしかしたら綱島の自由亭と関係があるのだろうか?
もしそうであれば、伝統を受け継いだ店ということで、とてもうれしい。

エスプレッソを飲み干し、会計に向かう。

「ごちそうさま。美味しかったです」
店員さんにお礼を述べる。

「ありがとうございます!」
愛らしい笑顔がはじける。

今度はふわふわ卵のオムライスにしようかな。
笑顔を見ながらそう思う。

自由亭かあ……。
いい店だな。

満足を胸に店外へ。
相変わらずの寒風が襲いかかる。

と、背後から、店員さんの声が。

「お客さん!」

ん?

「ミンティア忘れてます!」

あ!

決して、わざと忘れたわけではない。


■ 自由亭 食べログ情報
・電話:045-944-4411
・住所:神奈川県横浜市都筑区仲町台1-33-19 ピアッツア仲町台ノバ1F
・交通手段:横浜市営地下鉄ブルーライン 仲町台駅 徒歩2分
・営業時間:[月~土] 10:30 ~ 22:00 ( LO 21:30 )
・定休日:日曜日 [ 時々日曜も営業 ただし早じまいが多い ]

180104omu3.png


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
12.14

Le Cafe RETRO (ル・カフェ・レトロ)

あの日、友と過ごした風景がここに

171214omu7.png


先日書いた「のみものを巡る冒険」。
そのきっかけとなったのが早稲田の自販機にあったファンタ。

ちょっと時間を巻き戻し、そのときの記事からスタート。

11月26日、午後5時。
夕暮れの早稲田を歩く。
平日は学生で賑わう街も、休日だと人影も少なく、落ち着いた風情を楽しめる。
地下鉄早稲田駅から馬場下町交差点方面へと歩を進め穴八幡宮へ。

穴八幡宮は、1062年(康平5年)に源義家が奥州からの凱旋途中この地に兜と太刀を納め八幡神を祀り創建。
近年、境内全域を古書を基に再建したため、とてもきれいな建屋や門が並んでいる。

171127omu2.png


ここでは財運・金運アップのお守りである「一陽来復御守」の頒布が冬至の日から節分まで行われるのだが、初日である冬至には「冬至祭」が行われ、早朝から大いに賑わう。
ちなみに「一陽来復」とは冬至の別名で、太陽の力が最も弱った後に日々回復していくことから、冬が去り春が来るという意味やこれから幸運が訪れるといった意味の言葉。

171127omu3.png


以上が先日の記事だが、この日の夕飯を頂いたのがこの店。

Le Cafe RETRO (ル・カフェ・レトロ) ( ← リンク )

171214omu1.png


雰囲気のある外観に誘われ扉を開ける。

「いらっしゃいませ」
アルバイトの学生風の男性店員の声が響く。

外観にマッチした素敵な店内。

171214omu6.png


階段を降り、案内された地下の席につく。

171214omu5.png


さっそくメニューを拝見。

171214omu9.png


この店では、自分の好きな組み合わせでオムライスを楽しめる。
ソースは、「デミグラスソース」、「クリームソース」、「トマトソース」があり、それぞれに「牛肉とデミグラスのソース」「山の幸とバターコーンのデミグラスソース」「鶏肉とクリームのソース」「明太子とクリームのソース」「鶏肉とトマトのソース」「豚バラとガーリックのトマトソース」など、いろいろなバリエーションがある。
さらに2種類を組み合わせてハーフ&ハーフもできるし、チーズやベーコンなどのトッピングも選べる。

どの組み合わせにしようか迷うが、ここは「不動の人気メニュー」とある「牛肉とデミグラスのソース」に決定!

できあがりを待つ間に店内の風景を楽しむ。

171214omu13.png


落ち着いた雰囲気の色合いにポップなアート感覚の装飾。
地下ということも手伝ってか、とてもゆったりとした時間が過ぎて行く。

171214omu11.png


ほどなくしてオムライスが到着!

171214omu2.png


おー!
美味しそう!!!

171214omu3.png


では、いっただきま~す!

171214omu4.png


なるほど!
これはどのソースにも合うような味つけ。
ライスだけではなくたまごの量も選べるので、それによって自分の好みに仕上げられる。
仲間と「どうしようかあ」なんて選んで、笑顔でしゃべりながら食べられるオムライス。
これは学生に人気だろうなあ……。
とても食べやすく、あっという間に完食!


食後のコーヒーを頂きながらふと思う。
この日は日曜日なので学生客の姿は見えなかったが、平日は早稲田の学生で賑わっているのだろう。

先日紹介した湘南台の「アローム」が慶應大学生の「思い出の店」ならば、こちらは早稲田大学生の「思い出の店」。

この店が間違いなくそのような場所になっていることは、店のホームページにある店名の由来を見れば確信できる。

レトロかあ……。

最後に、その紹介を。


***************************************************


楽しい仲間達や素敵なモノ達と一緒に、ゆっくりと時間が流れた後、ずっと変わらずそこに残る空間の雰囲気、それが後に”レトロ”と呼ばれるのではないでしょうか。

中学、高校、大学そして社会人になってからも、振り返ってみるといつも仲間達の集まれる場所がありました。
特に思春期を共に過ごした親友達との「溜まり場」は、今でもよく覚えています。
別に何の話題があるわけでもないのに、やたらと楽しくて、毎日毎日くだらない話で盛り上がっていたように思います。
…ただ、学校を卒業したり、職場を変わったりすると、あれほど毎日一緒に居た仲間達ともなかなか会えなくなってしまいました。
久しぶりに行ってみたらなじみの店が閉店していたり…。

“今”は誰にとっても大事ですが、”ちょっと昔”の思い出に戻れる場所があってもいいですよね。
若い頃に過ごした思い出の場所に五年後、十年後に集まって昔話に花を咲かすことが出来るような、また、縁遠くなってしまった仲間達がすぐに昔を思い出して居心地よく過ごせるような、そんな空間を誰より私自身が欲しくて、この店を作りました。

店の広さに不釣合いなほど大きな吹き抜けの階段を設置したのは、集まる時に一人一人の登場シーンを下から眺めて「久しぶり!」と声を掛けやすいようにと思ったからです。
店内で使用するアイテムがシンプルで飾らない物にしてあるのは、かつて皆さんを取り囲んでいた品々に、思い出を重ねやすいようにと思ったからです。
大型プロジェクターも設置致しましたので、ご要望があれば何時でも思い出の映画や自作されたビデオ映像などをお流しする事が可能です。

天井に取り付けられたスピーカーから流れる懐かしい曲とスクリーンの映像、そして透明なグラスの向こうに座っている「ちょっとだけ年をとった仲間達」がタイムマシンとなって昔を思い出させてくれる時、

そこに”レトロ”が出現します。

長い時を経てなお、時を刻む古時計やセピア色に色褪せた写真のように、十年、二十年、三十年経った後にこの店が”レトロ”な雰囲気を醸し出せればと思っています。
皆が待っている空間に向かって階段を一段一段降りて行くシーンが、ある方にとってはいつか”レトロ”な思い出となり、ある方にとっては”レトロ”な空気を思い出す入り口となって頂ければ幸いです。

それがル・カフェ・レトロの店名の由来であり私の願いです。

この店に来て頂けた全ての皆様が、いつかご自分だけの”レトロ”を見つけられますように。

Not old-fashioned, but RETRO !!


■ Le Cafe RETRO (ル・カフェ・レトロ) 食べログ情報

・電話:03-3207-1078
・住所:東京都新宿区西早稲田2-1-18 1F・B1F
・交通手段
 東京メトロ早稲田 徒歩3分
 地下鉄副都心線 徒歩7分
・営業時間
 [月〜土] 11:30~23:00(L.O 22:00)
 [日・祝] 12:00〜21:00
・定休日:不定休

171214omu12.png


Comment:0  Trackback:0
2017
12.12

アローム

身も心もゆったり、湘南台の昭和モダン

171212omu2.png



観葉植物を求めた散歩がてら、湘南台で昼食。
ぺピタライオンやココペリなど、湘南台の素敵な店を紹介してきたが、忘れてはいけない店がある。

そう、アローム

湘南台の洋食屋さんといえば、1985年の開店以来、30年以上の長きに渡って営業を続けているこの店。
日曜日の昼下がり、マンションの階段を上がり2階にある同店を訪れる。

171212OMU1.png


入り口前にある、おしゃれに飾られたテラス。
この席ではペット同伴もOK!

171212omu9.png


店の前に貼りだされたメニューを横目に扉を開ける。

「いらっしゃいませ」
フロアにおやじさんの声が響く。

3分の1くらいが埋まっているテーブル席が30席ほどの店内。
案内に従って奥の席に着く。

この店のコスパは抜群。
スープ、サラダ、ドリンク付きのセットメニューを980円から楽しめる。
ポーク生姜焼き、ナポリタン、それに店のおやじさんが「湘南台で一番美味しい」と推奨するサイコロステーキ、……どれもこれも美味しそうで、みんな食べたくなる。

しかし、頼むのはもちろん、オムライス!

いや、週替わりメニューの牛肉パスタも食べたい……。

よし!
両方いっちゃえ!

ということで、オムライスと牛肉パスタを注文。

先ずはスープが、ほどなくしてサラダが到着。

171212omu3.png


ミネストローネは上品な味わい。
寒風に冷え切った体をほっこりとさせてくれる。
湘南野菜を使ったサラダはしゃきしゃきで、ドレッシングも美味しい!!

やがてメインが到着!!

こちらが牛肉パスタ。

171212omu7.png

「これと一緒に撮ると絵になりますよ」
そんなおやじさんの演出を受けて、タバスコ、チーズ、サラダと一緒にパチリ!

171212omu8.png


では、いっただきま~す!

うおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!

う、うまい!

牛肉は単体でも美味しいのだけれど、肉の旨みがパスタにもしみこんでいて、めっちゃいい味に仕上がっている。
さすがアローム!
やるなあ!!

続いてはオムライス。

大きさは小ぶりだけど、昔ながらのフォルム。

171212omu6.png


しっかりと焼かれたたまごに、たっぷりとかかったケチャップ。

171212omu5.png


たまごの中には、ハム、マッシュルームの入ったケチャップライス。

171212omu4.png


ではこちらも、いっただきま~す!

ん?

なんだ?

カレー?

香辛料?

今まで経験したことのない、ケチャップと融合した深みのある味わいが口の中に広がる。

うわあああああああああああ!!!!!!!!!!
これはいい!

とても新鮮な感覚で昔ながらのオムライスを堪能。

いやあ、満足満足。

食後のコーヒーを飲みながら店内の風景を楽しむ。

171212omu11.png


食べ終わり談笑するお客さん。
そのお客さんのテーブルを回り、「おなかいっぱいになりましたか?」と優しく声をかけるフロアのおやじさん。
素敵な風景だなあ……。

壁に目を向ける。
目の前に広がる老舗の昭和的風景。
でも、なんとなく新しい……。

171212omu10.png


実はこのアローム、2013年に閉店の危機を迎えた。
材料の高騰やチェーン店の台頭で経営が苦しくなってしまったのだ。

そんなときに救世主が現れた。

湘南台には慶應大学の湘南キャンパスがある。
アロームは、その学生達に、安い値段と味の魅力で代々引き継がれる馴染みの店。
そんな店の閉店情報はTwitterを通じてまたたく間に広がり、多くのファンがその閉店を惜しむ中、慶應大学OBが立ち上がったのだ。

起業家育成を目指す大学に関わる人間がレストランひとつ助けられなくてどうする!
陸の王者、慶應!

そして、その長い歴史に幕を降ろすはずだった同店は湘南台で事業を営む慶應大学OBに経営を引き継がれ、装いも新たに再生し今に至っている。

「ごちそうさまでした」
会計でおじさんにお礼を述べる。

「またお願いします」
おやじさんの、真心のこもった丁寧な言葉。
なんとも心地よい。

いつまでも在り続けてほしい店。

名物おやじの店、アロームを閉店させてなるものか!

生まれ変わった昭和モダン。
アローム再生。
その原動力はコスパだけではない。
彼を慕う学生は、いまでも多いと聞く。


■ アローム 食べログ情報

・電話:0466-45-7141
・住所:神奈川県藤沢市湘南台2-1-1 53田中ビル 2F
・交通手段:湘南台駅から182m
・営業時間:11:00~23:00
  ランチタイム 11:00~15:00
  コーヒータイム 15:00~17:00
  ディナータイム 17:00~21:00
・定休日:木曜日

171212omu12.png


Comment:0  Trackback:0
2017
11.20

星乃珈琲 藤沢長後店

街の定番喫茶で過ごすホッとするひととき

171120omu7.png



冬将軍が来日するといわれていた週末。
彼は、確かにやってきた。
ネットには「冬将軍、来日早々威力を見せつける。全国で冬本番を体感。福岡も札幌も正月頃の気温。日本海側は大雪、吹雪、雷雨など。太平洋側も一部で雪や雨」なんて記事も。

夕刻、予想以上の寒さに首をすくめながら街を歩く。

まだ5時だというのに、すでに日は沈もうとしている。
どこにでもあるような、街の夕暮れ。

171120omu9.png


なんでもない景色だが、その景色を見られることがしあわせだと思う。

やがて目的の店に到着。

店の名は、星乃珈琲( ← リンク )

171120omu8.png


「星乃珈琲」は、「卵と私」や「洋麺屋五右衛門」などを運営する日本レストランシステム株式会社が2011年より展開しているチェーン店で、「マツコの知らない世界」の「3大レトロ珈琲チェーンの世界」でも紹介された店。
最近ではいたるところで見かけるようになり、街の喫茶の定番となりつつある。

雑誌類が置いてある入口を抜け店内へ。

171120omu11.png


さすが人気店!
かなりの席数があるがほぼ満席状態。
さいわいにして空いていた席があり、入口付近の席に陣取る。

さっそくメニューを拝見。

171120omu13.png


お目当ては、もちろん、オムライス!

171120omu10.png


オムライスドリアもいいけど、ここはオーソドックスに「洋食屋さんのオムライス」。
喫茶だからつけられるネーミング。
洋食屋で「洋食屋さんのオムライス」とつけるのも違和感があるし、町中華で出されても……。
まあしかし、昔ながらの喫茶は堂々と「喫茶店のオムライス」を主張し、単なる「オムライス」の名で「ナポリタンvsオムライス」の雰囲気を醸し出しているし、どちらかというとファミレス感覚に近いのかもしれない。

オムライスの出来上がりを待つ間に「星乃ブレンド」を頂く。

171120omu6.png

うん、おいしい!
皿に書かれた「HAND DRIP COFFEE」の文字がいいね!
手作りのおいしさ。
冬将軍にやられた身に「暖」が注ぎ込まれ、ゆったりと時間が過ぎて行く。

171120omu2.png


そうこうしているうちにオムライスが到着!

171120omu5.png


とても綺麗に仕上げられた典型的なオムライス。
確かに「洋食屋さんのオムライス」という名がピッタリの装い。
均一に焼かれた玉子で、しっかりとくるまれている。

171120omu3.png

では、いっただきま~す!

中のチキンライスはあっさりめで食べやすい。
具材の鶏肉、玉ねぎ、マッシュルームもいい塩梅にちりばめられていて、ケチャップの酸味との相性も良い。

171120omu1.png


食後、会計を済ませ店外へ。
外はすっかりと夜の帳が下りている。

夜空に照らし出された「星乃珈琲」の看板へと視線を向ける。
味も美味しい。
となりの席との間に仕切り版があり、居心地もよい。
店員の接客も良い。
「満足」が、胸に去来する。

美味しいコーヒーに美味しいオムライス。
身も心も、芯から温まる。

冬は、もう、すぐそこまで来ている。
すでにイルミネーションを点灯させている家もある。

171120omu12.png


さあ冬将軍、どこからでも来やがれ!
こっちには「星乃珈琲」という強い味方がいるぜ!!


■ 星乃珈琲 藤沢長後店 食べログ情報
・電話:0466-46-1871
・住所:神奈川県藤沢市長後1065-1
・営業時間:9:00~22:00
・定休日:年中無休

171120omu4.png


Comment:0  Trackback:0
2017
11.14

コシバ食堂

カオスの街に根付く永遠のアナクロニズム

171113omu4.png


午後6時。
川崎駅付近での仕事を終え、夜の帳が下りた人混みに身をゆだねる。

家路を急ぐ人。
杯を求め居酒屋へと向かう人。
人それぞれ、思い思いの目的を持ちながらも、きれいな行列が横断歩道を渡って行く。

さてと……。

駅へ向かう人波に逆らいつつ市役所通りを東へと進む。
砂子の交差点をすぎ、市役所前の交差点が視界に入る。

171113omu1.png


川崎。

そこは、神奈川県では横浜に続く大都市であるが、横浜に比してなんとなくダーティなイメージがある都市だ。

「川崎ぜんそく」といった公害で有名になったせいか。
それとも「堀之内」といった風俗街の印象か。
あるいは「川崎競馬」、「川崎競輪」といったギャンブルのイメージが強いのか。
はたまた、闇市の時代から続く裏の世界が醸し出す雰囲気なのか……。
ここ市役所前も戦後は闇市のメッカとして君臨した地であり、場の持つ力なのだろうか、市役所通りから一本入った路地からは場末の香りがぷんぷんと漂ってくる。

171113omu2.png


そんな一角にお目当ての店はある。

駅方面から見て、市役所通りの市役所前東交差点を右折し平和通りに入りすぐの場所に位置する、コシバ食堂

171113omu3.png


1950年(昭和25年)創業のこの店は、戦後の時代から川崎を見続けてきた老舗だ。
その割に建物が新しく見えるのは、2013年11月に隣家の火事で全焼し、同じ地に再建したためだ。

まずは美味しそうな料理が並ぶサンプルケースでオムライスを確認。

171113omu7.png


扉を開けて店内へと足を運ぶ。
「いらっしゃいませ」
お年は召しているものの矍鑠としたおかみさんの大きな声が響く。

先客はふたり。
カウンター席にひとりと、テーブル席にひとり。
ともに若い男性で、その振る舞いから常連客とお見受けした。

席はカウンター5席と2人掛けのテーブル席が4つ。
この日もボクも含めてみな個人客であるように、4人掛けのテーブルではないのを見ると、この店を訪れるのは個人客が多いのであろう。

171113omu6.png


テーブル席に陣取りさっそくオムライスを注文。

171113omu13.png


出来上がりを待つ間にメニューを拝見。
さすが「味のデパート」の冠をつけるだけのことはあり、定食、飯類、丼物、スパゲッティー、一品料理と、レパートリーはふんだんにある。
ちなみにここは「ニラレバ」である。
(やばい、くせになっている……)

171113omu14.png


やがてオムライスが到着。
中華スープとのセットで、見た瞬間に美味しいことが間違いないことを確信。

171113omu9.png


福神漬けもいいアクセントになっている。

171113omu11.png

ではさっそく。

171113omu12.png


オムライスにスプーンを入れたとたん、マーガリンの甘い香りが広がる。

ケチャップライスは濃い目で、中にはゴロゴロとしたハムと玉ねぎ。

玉子の焼き具合が絶妙で、中側はとろとろで白身がいい塩梅に具材と絡み合う。

171113omu10.png


うん、おいしい!!!!!!!!!!!!!!

オムライスって、これでいいんだよね。
うむも言わせずそう思わせるものがこの店にはある。
70年近くも川崎の地で多くの人々の胃袋を満足させてきたコシバ食堂。
小さな店だけど、その存在感と安心感はハンパない。

食後、おかみさんに挨拶をして会計をすませる。
「おいしかったです」
「ありがとうございます」
おかみさんの甲高い声が耳に響く。
「いつまでもやっていてくださいね」
「はい、ありがとうございます」
老婆の若々しい笑顔がはじける。

カオスの街、川崎。
その中にしっかりと根付いた老舗、コシバ食堂。
いろいろな客と接しいろいろな光景を見てきて、そして、火事の憂き目からも見事に復活した。

閑散とした商店街に出て空を見上げる。
上空から吹き降ろす晩秋の風は冷たく身に染みるが、おなかもこころも、妙に暖かい。

■ コシバ食堂 食べログ情報
・電話:044-233-0807
・住所:神奈川県川崎市川崎区東田町6-1
・営業時間:11:00 ~ 15:00 17:00 ~ 21:00
・定休日:土曜日、第3土日は連休

171113omu5.png

Comment:2  Trackback:0
back-to-top