topimage

2018-07

Rie’sキッチン - 2018.06.01 Fri

こころの底から味わう、食 is Happy! 

180529omu17.png


-----------------------------------------------------------------


「HOT PEPPER吉祥寺版」が、5月25日より吉祥寺近隣の駅やコンビニのラックに置かれた。
近隣の方は、ぜひご覧くださいませ!!

180529omu1.png


さて、オムライスランチ特集にある店はおいおい紹介するとして、今回は横浜の綱島にある店を。

綱島は横浜駅から東急東横線で15分程度のところにある。
大学生の頃、新車をモータープールからディーラーに自走して運ぶ陸送のアルバイトをしていたのだが、モータープールがあるのが綱島だった。
綱島から都内のいろいろなディーラーへ新車を運ぶ仕事。
クルマ好きのボクにとってはとても楽しかった。

そんな思い出の地、綱島。
こちらは駅から続く西口商店街にある「ツナシマパン」。

180529omu2.png


綱島街道沿いに「パン工房・洋菓子ロアール箕輪町本店」を構える昭和4年創業のロアール(旧綱島製パン) が2013年に出店した店で、かつての「綱島製パン」の復刻版のような店構え。
この「綱島のソウルフード」は、機会があれば紹介したい。

180529omu3.png


では、目的の地へ。
目的地は綱島駅西口から徒歩10分程度のところにある。
その店の名は、Rie’sキッチン ( ← リンク )

180529omu4.png


好天に恵まれた日曜日の昼下がり。
店の壁にはこんな看板が……。

180529omu5.png


はやる気持ちを抑えつつ、Rie’sキッチンの扉を推す。

「いらっしゃいませ!」
明るい声と笑顔がボクを迎えてくれる。

店内には4人掛けのテーブルが5つ。
そのうちの3つは壁際に配置され、片側の椅子は3つのテーブルをカバーするロングのソファーになっている。

先客は3組。
初老の夫婦。
息子と思しきそれなりの年齢の男性と老夫婦。
それと、ひとりの老人。

空いているのはふたつのテーブルのうちのどちらかだが、ソファータイプの席のひとつを選択。
(他のふたつのテーブルは先客で埋まっていた)
陣取り腰を落ち着ける。

と同時に、「いらっしゃいませ!」の声の主であるリエさんが登場!
「美味しい卵のオムライスがお勧めです」

その言葉、待ってました!!
ますます期待が高まり、自然と笑みがこぼれる。

「はい、ぜひ恵壽卵のオムライスを頂きたいと思って参りました!恵壽卵は相模原のたまご街道のですよね!!」」
「そうですそうです!中学校のそばの」
恵壽卵は相模原のコトブキ園が作っている卵で、たまご街道沿いにある直売所「農場の家」で購入できる。
「あと、アイスコーヒーをください。バリスタでいらっしゃいますよね」
バリスタの資格を持つリエさんが、はじける笑顔で自分を指さしながら、うんうんとうなづく。
「コーヒーはいつになされますか?」
「では、食後にお願いします」
「ガムシロップとミルクはいかがされますか?」
「いらないです。あと、写真を撮っても大丈夫ですか?」
「はい!」

注文を終え、店内の様子に目をやりながら出来上がりを待つ。

空間をうまく使った店内は、さほど広くはないのだが、とても開放感がある。

180529omu13.png


装飾もアットホームで、こころあたたまる。

180529omu16.png


フロアではリエさんが接客を行い、キッチンではご主人が料理に腕をふるう。
いい雰囲気だ。

そうこうしているうちにサラダが到着。

180529omu11.png

「なにかやっていらっしゃるのですか?」
サラダを運んできたリエさんが、ノートにメモをとるボクの姿を見て問いかける。
「はい、ブログをやっていまして……」
素性を打ち明け、サラダをいただく。

うん!
丁寧な仕上がりで、野菜もドレッシングも美味しい!
これはいい!

サラダを食べ終え、オムライスの出来上がりを待つ。

「お待たせしました!」
しばらくして、とびきりの笑顔が、とびきり美味しそうなオムライスを手にやってきた。

「うわあ美味しそう!」
思わず声が出る。

180529omu8.png


それは、とろとろの玉子の上に国産牛カルビの乗った、

180529omu9.png


この店の雰囲気にピッタリのオムライス!

180529omu10.png


では、さっそく、いただきま~す!!

180529omu7.png


まずは玉子を……。

うん、やっぱり美味しい!!!!!

続いてデミグラスソース。

おー!
ほどよいコクがあってこれも美味しいし、玉子にピッタリ!

そしてライス。
ケチャプライスではなく、タマネギとマッシュルームの入ったバターライス。

ん?
おおお
な、なんだ???
美味しいーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!
シンプルだけど、このライスがとても美味しい。

やわらかい国産牛カルビも美味しく、総合的にはデミグラスソースとライスが玉子の味をひきたてている。
料理人のご主人の思いとすべてにおいて丁寧な仕事ぶりが、一皿のオムライスにぎっしりと詰まっている。

ひとくちひとくち楽しみながら完食。
食後のコーヒーを運んできてくれたリエさんに感想を述べる。
「恵壽卵に目が行きますが、ソース、ライス、お肉もすごく美味しいですね。特にライスは味わい深いです」
「ありがとうございます。すべて計算して作ってるんですよ!」
うれしそうなリエさんの笑顔。
きっと、このオムライスの一番のファンはリエさんなのだろう。

180529omu12.png


満足を胸に、水出しのアイスコーヒーを飲みながら過ごす食後のひととき。
店内に流れるジャズのBGM。
曲は、テイク・ファイブ。
テイク・ファイブは「(5分程度の)休憩をしよう」の意味。
まさに、人生の中では5分程度の、でもとても貴重で素敵な休息の時間だ。

「この店を始めてからどれくらいですか?」
リエさんに尋ねる。
「3年4か月です。よかったらこちらをどうぞ」

180529omu14.png


リエさんが持ってきてくれたのは、手作り感満載の5月の案内チラシ。
3年4か月ということは、オープンは2015年1月9日だ。

チラシの左下に書かれた「絵本読みきかせ」が気になる。
これは毎月1回開催しているイベントで、「地域密着型のお店としてできることは?」と考えたご夫婦が、リエさんの幼稚園勤めの経験を活かして行うことにしたらしい。

子どもにやさしい店。
加えて、お年寄りにもやさしい。

出入りする客層を見ると年配の方も多い。
しかもみな常連のようだ。

食事を終えて杖を突きながら出口に向かうお客さんに付き添い、ドアを開けながら「今日は暑いから熱中症に気をつけてくださいね」とやさしく声をかけるリエさん。

またあるお客さんに対しては、
「今日の具合はどうですか?お肉は細かく切った方がいいですかねえ?」
そう問いかけるリエさん。
「大丈夫ですよ」
笑顔で返答をするお客さん。
そして、
「はい、わかりました!」
厨房でそのやりとりを見ていたご主人が、間髪を入れずに呼応する。

だからなんだろう。
どのお客さんも、このこころ安らぐ時間と空間に身をゆだねながら、美味しそうに食べている。
それはきっと、この店が持つ「あたたかさでこころを包み込む力」の成せる技なのだろう。

180529omu15.png


Rie’sキッチンのコンセプトは、「食 is Happy!」。

人が幸せを感じる瞬間はそれぞれですが私たちは美味しい食事が幸福をもたらすと考えています。
お客様の目の前に広がるお食事やお飲物が"Happy"のきっかけであってほしいという思いを込めて表現します。

こちら ( ← リンク ) にはそう書かれている。

あそこに行きたい。
あの店に行きたい。
こどもの無邪気な気持ちで。
年配者のこころのよりどころとして。

美味しい料理とホッととするまごころで包み込んでくれる店、Rie’sキッチン。
素敵な出会いに、感謝。

■ Rie’sキッチン 食べログ情報
・電話:080-2557-0109
・住所:神奈川県横浜市港北区綱島西3-12-26
・交通手段:綱島駅から677m
・営業時間
[火~土] 11:00~22:00(L.O.21:30)
[日・祝] 11:00~22:00(L.O.21:00)
ランチ 11:00~14:00
・定休日:月曜日・第3水曜日

180529omu6.png

きらく食堂 - 2018.05.20 Sun

伊勢原の老舗でいただく、まごころの味

180520omu2.png



-----------------------------------------------------------------


午前6時25分。
小田急線伊勢原駅北口に降り立つ。

180520omu3.png


ここから神奈中バスで向かうのは、大山。
久しぶりの大山登山。
空は厚い雲に覆われているものの、前日は「朝方は雨」の天気予報だったが、幸い降ってはいない。

午前7時。
終点の「大山ケーブル」バス停に到着。
ここから商店が並ぶ「こま参道」を抜けケーブルカーの始発駅である「大山ケーブル駅」を目指す。

180520omu4.png


標高1,252mの大山は、「大山ケーブル駅」から標高700m付近にある「阿夫利神社駅」までケーブルカーで行かれるのだが、この日はケーブルカーには乗らずに歩くことに。

徒歩で阿夫利神社駅まで行く場合、「男坂」と「女坂」のふたつのルートがあるが、途中に「大山寺」のある「女坂」を選択。
ケーブルカーであれば6分で行かれるところを40分かけて登ることになる。
しかし、ケーブルカーでは味わえない自然を思い切り満喫できる。

180520omu5.png


ただし、急坂の「男坂」よりゆるい「女坂」とはいえ、階段の連続。
基本的「登山」なので……。

180520omu6.png


そして、大山寺に到着。

180520omu22.png


ここからさらに登って「阿夫利神社」に向かう最後の階段に到着。

180520omu7.png


階段を登りきり「阿夫利神社」に到着。

180520omu21.png


この付近でもけっこう霧がかかっている。
ここから頂上までは霧の中かも……。
しばらく休んだ後、そんなことを思いながら頂上に向けて登山道を進む。

これは夫婦杉。
で、デカい!!

180520omu20.png


樹齢5、600年?
花粉症のボクにとっては杉は大敵。
こいつがラスボスか!
ついに見つけたぞ、諸悪の根源を!!
よし、倒してやる。
キーン、キーン、バヒューン!!

バカげた脳内格闘は置いといて、更にゴロゴロした岩の登山道を進む。

と、木の階段が見えてきた。

180520omu10.png


階段の向こうは霧に包まれているが明るい。
どうやら頂上もそんなに遠くはない。
それにしても霧のおかげで神秘的な世界に見える。
まるで「天国への階段」のようだ。

しばらく進むと「大山頂上300m」の案内板が。

180520omu11.png


よし、ゴールは近い!

ほどなくして頂上の手前にある鳥居に。

180520omu12.png


鳥居をくぐってまっすぐ行けば、そこは山頂!

180520omu8.png


残念ながら、山頂から眺める景色は……。
五里霧中状態。

180520omu9.png


まあ、仕方がない

しばし休んで下山。
次の目的地を目指す。
目的地(目的の店)は、きらく食堂

登山で大量のエネルギーを使ったのでおなかがペコペコ。
神奈中バスで伊勢原駅まで戻り、踏切を渡って南口へ。
そのまままっすぐ南下し、通り沿いにあるに到着!

180520omu1.png

典型的な昔ながらの町中華の店構え。
ドアを開け、店内に。

「いらっしゃいませ」
キッチンから、優しそうな女性の声が響く。

4人掛けのテーブル席が7卓。
先客は各々個人客の男性が2名。

入口付近のテーブル席に腰を落ち着け、間髪を入れずにオムライスを注文。

ローカルな街の土曜日の昼下がり。
店内を見まわす。

180520omu18.png

片隅の天井近くに置かれたテレビでは昼の番組が放映されている。
いやあ、外観だけではなく、店内も典型的な町中華の装い。

男性客が食べているのは、ひとりは「かつ丼」。
もうひとりは「ラーメン+ライス+餃子」。

うおー!
もう、何から何まで町中華の昼を絵に描いたようだ。

やがてキッチン、いや、あえて厨房と呼ぼう。
厨房からは中華鍋をカンカンたたきながらジュージューと炒める音が。
その音だけで美味しいのは間違いなし!

できあがりを待つ間にメニューを拝見。

180520omu17.png

うーん。
町中華の必須アイテムも完璧!
カレー炒飯が気になる。
あと、キラクソバも。
裏には定食、一品物等が書かれていて、メニューは豊富。

そうこうしているうちにオムライスのできあがり!

180520omu13.png

おいしそー!
中華スープもいい!

オムライスのある店内風景。

180520omu14.png


接写!

180520omu15.png


では、いっただきま~す!!!

180520omu16.png


おー、アツアツ!

もう、言うことないね。
完璧!
これまた町中華のお手本のようなオムライス。
肉が豚肉というのも良い。
中華系のオムライスには合うんだよな。。

いやあ、満足!

180520omu23.png


きらく食堂は夫婦で経営している店。
「美味しいですねえ!ほっとしますよ」
フロアのおかみさんに声をかける。

「ありがとうございます。これしかできないので」
と、謙遜の笑顔が返ってくる。

よくよく聞いてみると、先代から50年ほど続く「きらく食堂」。
味噌やチャーシューをはじめ、ほとんどのものをオリジナルで作っているそうだ。
常連客が多く、ちょっと味を変えると「変えたでしょ!」と言われる始末。
なので、「いろいろと勉強しないといけない」と思いつつも、味を変えられないというのもあるという。

変わらぬ味を求める常連客。
ほっとする味。
すごくわかる。
「美味しさ」に対する判断はひとそれぞれではあるが、世代として食べなれ親しんできた美味しさは共通のものがある。
昭和の味で育った人は、いつまでもその美味しさを求める。
それは、「サザエさん」の食卓であり、「ちびまる子ちゃん」の食卓である。

「われわれも還暦をすぎているので、いつまでできるか」
そんなことを口にしながらサービスでアイスコーヒーを振舞ってくれるおかみさん。
「熱いから熱中症に気をつけてください」との言葉も添えて。

そういえば、他のお客さんもアイスコーヒーを飲んでたっけ。
「ありがとうございます。また来るのでよろしくお願いします!」
お礼を述べドアを開ける。
「ありがとうございます」
おかみさんの声とともに、厨房から、おかみさん同様に優しそうなご主人の声が響く。

店外で「まごころの味」と書かれたきらく食堂の看板を見上げる。
「そうそう、きらく食堂のネーミングってどういう由来なんですか?」
「先代のおばあちゃんが、気楽に入れるようにってつけたんですよ」
そんなおかみさんとのやりとりが脳裏に浮かぶ。

気楽にかあ……。
いい言葉だなあ。

いいな、きらく食堂!


■ きらく食堂 食べログ情報
・電話:0463-95-0457
・住所:神奈川県伊勢原市桜台1-18-6
・交通手段:小田急小田原線 伊勢原駅下車 南口より徒歩8分
・営業時間
11:00~15:00
17:00~20:00(L.O 20:00)
・定休日:木曜日

180520omu19.png


5月16日に、西城秀樹さんがお亡くなりになった。
ボクらの世代にとってみれば永遠のアイドルでありカッコイイお兄さん。
おかげでカレーといえば「バーモントカレー」。
個人的なショックは、大きい。
哀悼の意を込めて、昭和の食卓「ちびまる子ちゃん」のエンディングだったこの曲を。
「バカ」といわれても「正直者」である大切さ。
抜群の歌唱力と裏打ちのカッティングギターの心地よさ。
こころを元気にしてくれる名曲だと思う。

●走れ正直者 西城秀樹



キッチン ジョーズ CIAL桜木町店 - 2018.05.15 Tue

ハマの風をまとって、気軽にお洒落にオムライス

180515omu1.png


1978年11月、その会社は横浜の元町で誕生した。
1978年は和暦で言うと昭和53年。
この年、1月にザ・ベストテンの放送が始まり、4月にはキャンディーズが後楽園球場でさよならコンサートを行い解散、そしてサザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」でデビューした。
当時、横浜市にある中学に通っていたボクは、歌謡曲に夢中に耳を傾けながらも、日活アクションよろしくハードボイルドの聖地「ヨコハマ」に憧れはじめていた。
中でも「霧笛が俺を呼んでいる」赤木圭一郎のカッコよさ。

180515omu14.png


日本バナナ輸入組合の、こんなギャグ広告もあったけど……。

180515omu15.png


話を戻そう。

1978年11月に元町で誕生したその会社の名は、株式会社アメリカンハウス ( ← リンク )

180515omu12.png


数々のレストランを経営するアメリカンハウス。
そのうちのひとつが、キッチンジョーズ

こちらはキッチン ジョーズ CIAL桜木町店。

180515omu2.png


桜木町駅前という好立地に加え、気軽に本格的な料理を楽しめるのだからうれしい。
ショーケースを見ているだけでもわくわく。

180515omu13.png


さっそく、解放された入口から店内へ!

オムライスは、ふわとろの「特製オムライス デミソース」と、昔ながらの「巻オムライス 特製コンビネーションソース」の2種類がある。

180515omu4.png


どちらにしようか???

この日はデミとケチャップの共演にひかれて後者を選択。

「飲み物はいかがいたしますか?」
店員さんの言葉に、「メロンソーダフロート」の声が出かかったが、ここはぐっとこらえてアイスコーヒーを注文。

180515omu10.png


おとなだからね♪
いくら好きだとは言え、ハードボイルドの聖地ヨコハマでメロンソーダフロートはないよなあと自粛。
「メロンソーダが俺を呼んでいるぜ!」なんてちょっと違うよなあ。
ん?
「オムライスが俺を呼んでいるぜ!」はいいのかって?

まあ、それは良しとしよう。

すぐにコーヒーが到着。

180515omu9.png


軽快なジャズが流れる店内はお洒落なファミレスといった雰囲気。
昼時を過ぎたせいか、割とすいていて居心地はよい。

180515omu7.png


コーヒーを口にしながらオムライスの出来上がりを待つ。

180515omu5.png


そうこうしているうちにオムライスが運ばれてきた。

180515omu3.png


おー!
きれいなオムライス!!

180515omu8.png


コンビネーションソースの色合いもいい。

では、いっただきま~す!!

180515omu6.png


うん、確かに自家製の特製ソースだけある!
デミグラスソースはわりと甘めで、酸味の効いたケチャップとのバランスが絶妙。
中のチキンライスの味つけもほどよく、万人受けするホッとする味に仕上がっている。

「ソースのバランスが絶妙ですね」
帰り際にシェフに言葉をかける。
「ありがとうございます。オリジナルソースで、毎日作り続けています」

歴史に培われた誇りと信念。
このたゆまぬ歩みがお客さんを呼ぶのであろう。

さて、歴史と言えば……。

キッチンジョーズが入っている「CIAL桜木町」は、横浜の持つ明治レトロ、大正ロマンの雰囲気を取り入れた駅商業施設。
そう、桜木町は日本の鉄道の発祥の地である。
最初に開業されたのは「新橋~横浜」間だが、この当時の横浜駅は今の桜木町駅。
「CIAL桜木町」はそんな鉄道開業時の駅舎のイメージを模して造られている。
ビルは近代的だが、よくよく見ると、その風情たるや日活アクションを通り越して「ハイカラさんが通る」の世界だ。

やっぱり、いいなあヨコハマ。

そういえば、木之内みどりが「横浜いれぶん」を歌ってたのも1978年だったっけ。
「横濱1978元町」の文字が懐かしさを呼び起こしてくれるキッチンジョーズ。
今度は「オムライスとナポリタンとチキンカツ」の元町プレートを食べようかな。。
(一体、どれくらいのカロリーなんだろう……)

■ キッチンジョーズ CIAL桜木町店 食べログ情報
・電話:045-228-9925
・住所:神奈川県横浜市中区桜木町1-1 CIAL桜木町
・交通手段:JR桜木町駅北改札西口より徒歩1分
・営業時間:11:00 ~ 23:00 ( L.O.22:00 )
・定休日:不定休( CIAL桜木町に準ずる )

180515omu11.png

洋食エイト - 2018.05.04 Fri

ホームメードの神髄ここにあり

180504omu9.png


5月3日、朝。
ゴールデンウィークも中盤。
強風が吹き荒れているものの、夜中の豪雨は止み、出かけたい衝動にかられる。

さてと。
近場で美味しいオムライスを。
目的の店は……。

平塚に以前から注目している店がある。

その店の名前は、洋食エイト ( ← リンク )

JR平塚駅北口から徒歩5分程度のところにある。
思い立ったが吉日、開店の11:30に合わせて出発!

藤沢市から茅ケ崎市を越え、神奈川県最大の河川である相模川を渡れば、そこは平塚市。

180504omu11.png


開店の5分前に目的地に到着。
「昭和」を「今風」にアレンジしたレトロでありながらモダンな店構え。
昭和の象徴とも言うべきバイクの「カブ」が色を添える。
このカブ、もちろん現役だ。

180504omu8.png


静まり返った路地で開店を待つ。
店の前にはカップルの先客が一組。
評判を聞きつけて来たのだろうか。

11:30
若き店主が入口の前に「洋食エイト」の黄色い暖簾をかけ、営業開始。
やさしい響きの「どうぞ」の声に従って中に入る。

店内は二人掛けのテーブル席が4つとカウンター3席。
気がつかないうちにボクの後ろにもお客さんが並んでいて、開店を同時にほぼ満席となる。

席につき、フロアの若い女性にオムライスを注文。
若夫婦の店?
それともアルバイト?
まあ、それはともかくとして、出来上がりを待つ間に、外観同様レトロでいてモダンな店の雰囲気を楽しむ。

180504omu1.png


一角の天井近くのスピーカーから流れるスイングジャズの軽快な調べ。
デミグラスソースの説明には、「当店自慢の手作りソースは化学調味料無添加で168時間かけて丁寧にしあげました」とある。
いいねえ!

180504omu13.png


なになに?
マボロシノハヤシライス?
マボロシノオムハヤシライス?

180504omu14.png


気になる。
金土日ディナー限定かあ……。

そして、この店のキーワードである「ホームメード」の看板。

180504omu15.png


やがてカウンター席の向こうにある調理場からはコロッケを揚げる音が。
と同時に、美味しそうなにおいが店中を駆け巡る。

さらに、

煙までもが店中に!

この店はどこまでもがホームメードなのか。
それはまるで、家庭のダイニングキッチンに漂う食事時の芳香。
それもまた一興。

そうこうしているうちに料理ができあがる。
先ずはサツマイモの冷製スープ。

180504omu2.png


見た目もシンプルで上品だが、味も上品。
サツマイモの自然の甘みが口の中にふわーっと広がって行く。

まわりからも、異口同音に「おいしい!」の声が。

続いてはメイン。
多くの人が注文していたのが「ハンバーグ、カニクリームコロッケ、ナポリタン、サラダ」の「エイト」。
それと、エイトに自家製マヨネーズで食べるエビフライがついた「Bランチ」。
Bランチには、懐かしのお子様ランチよろしく旗が立てられている。

そして、これがエイトのオムライス!

180505omu3.png


小高い丘のような美しい仕上がり。

180504omu4.png


「出来立て」を強調する湯気に、より一層食欲がそそられる。

180504omu5.png


こちらはサラダ。

180504omu7.png


地産地消の店なので、お米も野菜も地元産を使用。
シャキシャキのレタスに酸味の効いたドレッシングがよくマッチしていて美味!

では、オムライスを!

180504omu6.png


おっ!

ご飯はしっとりで香ばしい。

チキンはほぐしてご飯に混ぜたのとゴロゴロのが。
しっかりと炒められたチキンには焦げ目がついている。

じっくり煮込んだデミグラスソースはコクのある深い味わい。
香ばしいチキンライスとまろやかな玉子がソースと調和して三位一体の味を形成。
これは美味しい!!

丁寧に作られたオムライスを、ひとくち、またひとくちと丁寧に口に運ぶ。
比例して、ホームメードの手の込んだ味と充実感が体内に累積する。

180504omu10.png


食事を終え、会計時に感想とお礼を述べる。
「デミグラスソースはもちろん美味しいのですが、しっとりとした香ばしいチキンライスがよくマッチしていますね。この調合にはだいぶ研究を重ねられたのではないですか」

口元に笑みを浮かべてうなづく店主。
その笑みの意味は、深い。

跡継ぎがおらず、かつ設備にも資金がかかるため街の洋食屋が相次いで閉店して行く昨今。
そんな中、昭和に憧れ、かつ無添加の自然にこだわって「日本の洋食」を守ろうとガンバっている店主。

エイトの創業から6年が経つ。
店主がかつて修行した平塚の老舗レストラン「えりか」は、2013年に火事で焼け落ち、今はもうない。

「エイトの名前の由来は何ですか?」
「末広がりからつけました」

きっと店主は、「えりか」のこころも背負って「エイト」を切り盛りしているに違いない。
そんな人の笑顔は、うそいつわりのない、ほっとするホームメードの笑顔だ。

今度は「マボロシノ……」かな。
五月(さつき)の風になびく黄色い暖簾に、そっと目をやる。


■洋食エイト 食べログ情報
・電話:0463-22-6177
・住所:神奈川県平塚市宮の前7-5
・交通手段:平塚駅から徒歩5分
・営業時間
 11:30〜14:30(ラストオーダー14:15)
 17:30〜21:00(ラストオーダー20:45)
・定休日:不定休(ホームページに掲載。日曜日営業)

180504omu12.png

ひろさと - 2018.04.30 Mon

甲州街道に宿るお茶屋のこころ

180426omu14.png


花粉症絶頂期の春まっさかりの頃、ふらっと山梨県の大月にでかけた。
目的は、もちろんオムライス!
この時期に山に出かけるなんて、花粉症に悩まされる者としては自殺行為と知りつつ、それでも行きたい衝動がそれを上回った。

小田急線で町田に出て、そこからJR横浜線、中央線を乗り継いで大月駅に到着!
雲ひとつない青空の下、大月-河口湖間を結ぶ富士急大月線の電車が、のんびりと出発の時を待っている。

180426omu1.png

いやあ、好きなんだよなあ、こういうローカルな街の景色。

目的の店は駅からちょっと離れたところにある。

商店街を抜け、国道20号線をまっすぐ西に向かい一路目的地へ!

ネット検索で店情報を探すと、出しやすいからなのかニーズが多いからなのか、駅のそばの店が多くヒットするが、駅から離れたところに美味しい店があることは世の常。
今回も、嗅覚がその店は間違いなく美味しいだろうと訴えかけてくる。

桂川にかかる大月大橋を渡る。

180426omu2.png


ここまでくればもうすぐ。
大月駅からは15分ほど歩いて到着!

その店の名は、ひろさと

180426omu3.png

はじめてまじまじと見るのだが、国道20号線沿いにある店なので、実は何回も店の前はクルマで通過している。

失礼だが、お世辞にもオシャレとは言えない建屋の佇まい。
そしてコカコーラの看板の横にかかれた「ひろさと」の文字。
まさに、これぞ「昭和のドライブイン」。

ドアをあけて店内に。

時刻は昼の12時。
先客は、各々個人客の男性3名。

入口に近いだるまストーブの横のテーブル席の一角を陣取り、店内の様子をうかがう。
奥には座敷もあり、結構な人数が入れる様相。
厨房の前のカウンターにはサイン入りの色紙が並べられている。


180426omu11.png


取材も多いのかな?
そう思って確認したところ、この店の「おつけだんご」が評判らしい。
「おつけだんご」は、味噌汁の中に旬の野菜と小麦粉を水で溶いた団子を入れた料理。
養蚕が盛んだった市内の農家で食べられてきた料理で、B-1グランプリにも出展された逸品!
名前の由来は、大月の団子汁(つまり、「おおつきだんご」)が「おつけだんご」となまった説や、 「おみおつけ(お味噌汁)」の中に一口大の団子を入れて煮込んだことから、「おつけの中の団子」で、「おつけだんご」と呼んだ説などがある。

そんなおつけだんごも魅力だが、目的はオムライス!

フロアのおばさま、あ、おねえさまにオムライスを注文。

「オムライス一丁!」
フロアのおねえさまの明るい声が店内にはじける。

「はーい!」
厨房の中には3人のおねえさまがいるが、その中のひとりの声がそれに呼応する。

阿吽の呼吸というか、そのやりとりのリズムが妙に心地よい。
それはちょうど、カーリングの作戦を決めているときの選手たちのやり取りのようだ。
(平昌オリンピックの後だったのでそう思えたのかもしれないが)

「オムライス、そろそろできま~す!」
「うん、うん!」

そして目の前にオムライスが登場!

180426omu5.png

おー!
これぞオムライスってカンジ。

玉子とケチャップの掛け具合も最高!

180426omu7.png


だるまストーブと共演!

180426omu4.png


では、いっただきまーす!

180426omu6.png


アツアツのお吸い物にアツアツのオムライス!
ハムとネギの入ったケチャップライスがすごく美味しい。
メニューに「チキンライス」もあるのが納得できる。

「炒め方が絶妙で美味しいですね!」
オムライスを作ったおねえさまが厨房から出てこられたので、感想を述べる。

「大盛もできますよ。あと、大盛の大盛も。それぞれ100g増し、200g増しです!」

普通でもボリュームがあるので、大盛はかなりの量だと想像できる。
他のお客さんが食べている定食のご飯を見てもご飯の盛りが多い。
街道沿いという場所柄、トラック運転手などのお客さんも多いのもその理由なのだろう。

うん、満足満足!

食事を終え、付近を散策。

山道を高川山方面へ。

180426omu8.png


と、こんな看板が!

180426omu9.png


え!
ど、どうしよう……。
ここで引き返すか?

いや、せっかく来たので。

更に歩を進めると「大月防空監視哨跡」に到着。

180426omu10.png


記念碑のそばにある案内板には以下の内容が記されている。

大月防空監視哨跡

日本は昭和一六年(一九四一年)一二月アメリカ・イギリス等に宣戦布告をし、第二次世界大戦に突入した。
緒戦こそ戦果が上がったが軍事も経済も豊かな連合軍にかなうはずもなく、昭和一七年のミッドウェー海戦に敗れてからは不利を余儀なくされた。
昭和一七年米爆撃機による本土初空襲があり、空の守りとして「民防空監視隊」が組織された。
その時山梨県には甲府・大月・南部に監視隊本部が設置され、その下にそれぞれ一五・一〇・七の監視哨が置かれた。
大月監視隊本部は、昭和一八年暮れに猿橋から大月へ警察署と共に移転し、傘下には、丹波・西原・上野原・七保・大月・笹子・谷村・吉田・精進・河口の各監視哨があった。監視哨は、哨長一名監視隊員九名で編成され、三交代で昼夜を分かたず空の守りについていた。
その役割を、昼は二名で双眼鏡で空を監視し、夜は一名が監視、一名は聴音壕の中で飛行機の音を聴き飛んでいる方向や機種を探り、一名は電話番としてキャッチした情報を本部に伝えるという、分担制で果たしていた。
左にある縦穴は聴音壕の、右の平らの部分は事務所のあった跡である。
監視隊本部では、各監視哨からの情報を、女子隊員が警察電話を使い、直通で東部軍管区へ通報した。
東部軍管区では、これらの情報を、警戒警報や空襲警報を発令したり、立川にある飛行集団本部に連絡し、迎撃の飛行機を発進させたりする判断の資料とした。
昭和一九年サイパン島が占領され、そこから飛び立つアメリカ爆撃機B29は富士山を目標に北上し、東に折れて京浜方面へ、西に進んで中京方面へ向かうという進路を取るようになり、大月の監視哨の役割は重要性を増してきた。
昭和一九年から二〇年にかけて、B29による本土爆撃は三五三回におよび、東京をはじめ二〇〇近くの都市が空襲され、八月には広島・長崎に原爆が投下された。
八月一五日敗戦。
「国破れて山河あり」、そして疲弊という無謀な戦争によるつけも残った。
戦後半世紀を経た今、この地から望める大月の町を眺めるにつけ、世界平和が続くことを祈らずにはいられない。
五〇年前の苦しみを平和への一里塚ととらえ、この記念標を建てた。
決して戦争賛美の為ではない。
(この文は、当時の大月監視隊本部隊長山口明男氏の貴重な体験談をもとに作りました。)

平成三年 大月公民館

180426omu16.png


案内板に書かれた年表を見ると、大月も空襲にあい、54名の方が亡くなられたとある。
これは案内板に書かれている聴音壕。

180426omu15.png


富士山を目標に北上したB29が東に行くのか西に行くのか、それを見極める大月監視哨の重要性は手に取るようにわかる。
日本を守るために、昼夜を問わず必死に監視をしていた人たちがここにいたのかと思うと感慨深い。

眼下には、真っ青な空の下で、休日を謳歌する昼下がりの街が広がる。

180426omu12.png


平和であること。

昨日と同じ今日があること。

空襲の恐怖におびえることなく過ごせること。

明日を信じて生きられること。

そして感じる、美味しいオムライスをほお張れるしあわせ。

2018年、春。

大月にて、いつまでも変わらぬ平和を祈願する。


■ ひろさと 食べログ情報
・電話:0554-22-0859
・住所:山梨県大月市大月町花咲1660-7
・交通手段 上大月駅から447m
・営業時間:[月~土]11:00~14:30 17:30~20:00
・定休日:日曜・祝日

180426omu13.png

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (104)
競馬関連 (23)
その他 (499)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR