2017
07.18

【結果発表】 第1回 細巻き寿司選手権

Category: その他
いよいよ夏の暑い日が到来。
そんな中、停滞した梅雨前線が各地で猛威を振るいました。
被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

さて、短期決戦の細巻き寿司選手権は、今ここに終わりを告げようとしています。

冬に恵方巻を食べるならば、夏に細巻きを食べてもいいではないか。
各地で始まった夏の高校野球の予選ともオーバーラップして、そんな気持ちで思いついた細巻き寿司選手権。
あ、夏はうなぎかな?
まあ、それはともかくとして、無事に投票を終えることが出来ました。

みなさま、ご協力、誠にありがとうございました。
お陰様で、今回も無事、最終結果の発表の場につくことができました。心より御礼申し上げます。


さてさて。
一体どうなったのでしょうか???

いやあ、最後まで手に汗を握る大熱戦でした。

では結果を発表します!!
先ずは8位が2つあります。

◆ 8位

2票 奈良漬巻き

170717sushi11.png
出典:山崎屋の奈良漬け

2票 ひもきゅう巻き

170717sushi12.png
出典:SARAH

今いち知名度が低いのか、票がのびませんでした。
寿司屋でひもきゅう巻きを頼んだら美味しそうだし、ツウっぽくてかっこいいですかねえ……。
続いて、7位を発表します。


◆ 7位

3票 新香巻き

170717sushi7.png
出典:日本大全

沢庵にご飯やお茶漬けは美味しいのですが、細巻き寿司の具材としては意外と票が伸びませんでした。
さあ、次からは接戦を繰り広げてくれた細巻き寿司たちです!!


◆ 6位

12票 かんぴょう巻き

170717sushi4.png
出典:日本大全

定番のかんぴょう巻き。
票は集めたのですが、他の寿司がその上を行く結果に!
わさびをつけて食べると違った美味しさを味わえるので試してみてください!
続いて第5位です。


◆ 5位

14票 納豆巻き

170717sushi10.png
出典:日本大全

コンビニでも人気の納豆巻き。
ボクも好きでよく食べます。
人気はありましたが、検討及ばずの結果でした。
では次に行きましょう!


◆ 4位

15票 穴きゅう巻き

170717sushi8.png
出典:日本大全

これは個人的には「意外と人気があるんだなあ」という感想。
かんぴょう巻き、納豆巻きとの接戦を制して見事4位に食い込みました。

ではベストスリーです!


◆ 3位

18票 かっぱ巻き

170717sushi5.png
出典:日本大全

細巻き寿司の代表的存在。
たかがきゅうり、されどきゅうり。
きゅうりをおかずにご飯を食べたりはしないのですが、細巻き寿司にすると何でこんなに引き立つのでしょう。
新香巻きとは対照的な気がします。
では第2位です。


◆ 2位

20票 ねぎとろ巻き

170717sushi9.png

出典:日本大全

これは美味しいですよね!
軍艦にしても、太巻きにしても美味しいねぎとろ。
さすがの人気です!
1位とは最後の最後まで大接戦を繰り広げてくれました。

さあ、いよいよ第1位の発表です。

ここは、鉄火のマキちゃんに発表してもらいましょう!
ではマキちゃん、よろしくお願いします!!

「はい。では栄えある第1位に輝いた細巻き寿司の発表です。第1位は…・・」

◆ 1位

23票 鉄火巻き

170717sushi6.png
出典:日本大全

うおおおおおおーーーー!!!!!!!!!!!!
第1位は鉄火巻きだあああああ!!!!

「鉄火のマキちゃんおめでとー!」
「日本酒でカンパーイ!!」
「マキ!マキ!マキ!」
会場に「マキコール」が響き渡ります!
会場には多くのマキちゃんファンが詰めかけていたようです。

おーっと、マキちゃんファンがみんなに日本酒を振舞い始めましたぞー。
「どうぞ!」
あ、私の手許にも届きました。

ん?

さらにはなんだか強そうな二人組が……。

ビューティビューティ♪
ビューティペア♪

ビューティビューティ♪
ビューティペアーーー♪

170717sushi3.png
出典:sutakorasacchan

な、なんと、マキつながりでマキ上田とジャッキー佐藤のビューティ・ペアも参戦だあ!

会場がすごいことになってきました。
これは体中にアルコールが。
いや、アドレナリンが……。

やっぱり寿司には日本酒がいい!

飲めや―!!!!!

歌えやー!!!!!

かけめぐーる清酒♪
あ!
かけめぐーる青春♪

やばい!
収集がつかなくなってきた。

え?

時間がない?
放送時間が押してる?
巻きで行ってください???
では細巻きで。。

以下の票がみなさまにいただいた投票の結果です。

170717sushi2.png


コメントもいただき、ありがとうございます!
こちらも載せましょう♪

170717sushi1.png


さあ、すべての発表は終了しました。
いかがでしたでしょうか。
これを機改めて細巻き寿司に注目したりオリジナルを作成するのも面白そうですね。

改めて申し上げます。
みなさま、寒さを吹き飛ばすアツい投票、本当にありがとうございました!!

さあ、この勢いに乗って暑い夏を乗り切りましょう!

次の機会にも、何卒よろしくお願いいたします。

皆さま、ありがとうございました!!

では最後は、場を盛り上げてくれた細巻き寿司に感謝の意を込めて、この曲を!

● かけめぐる青春 ビューティ・ペア




スポンサーサイト
Comment:8  Trackback:0
2017
07.16

【投票】 第1回 細巻き寿司選手権

Category: その他
7月15日 追記

7月14日現在の途中経過です!

スゴイ激戦です!!
上位は、鉄火巻き、ねぎとろ巻き、かっぱ巻きといったところ。
これを穴きゅう巻きが追う展開。
納豆巻き、かんぴょう巻きは思ったより票がのびていません。

さあ、残りあと2日。
引き続きよろしくお願いいたします♪

***************************************

みなさま、ご協力よろしくお願いいたします
さあ、投票です!

※受付期間中の通常の記事はこの記事の次(下)からになりますので、そちらをご覧ください


それでは試合開始です!

先ずはいつもと同様にルールの説明です。

一人で何回も投票ができます。
 同じ寿司に何回も投票しても良いですし、違う寿司に投票してもOKです。

● 投票期間

 7月11日(火) ~ 7月16日(日)予定
  ※今回は短期決戦! でも、投票状況により終了日は変動するかも……

● コメントの記入は自由です(記入しなくてもOK)

● 途中経過を公開します

● 不明な点がありましたらコメント等でご質問ください

おー!
な、なんと、鉄火巻きを振舞いながら旅をしている男勝りな女の子、「鉄火のマキちゃん」が応援に駆けつけてくれましたあ!

170711maki1.png
出典:アンパンマンと鉄火のマキちゃん

鉄火巻きに限らず大体なんでも巻き寿司なら作れる「鉄火のマキちゃん」。
「みんなガンバってー!」と、その大きな声援が場内に響き渡っています!!!

さあ、盛り上がっていきましょう♪

ではみなさま、投票のほどよろしくお願いいたします!








Comment:0  Trackback:0
2017
07.10

【予告】 第1回 細巻き寿司選手権開催!

Category: その他
今年の春、いつも使っていたノートパソコンの液晶が壊れた。
しばらくはモニターを接続して使っていたんだけど、面倒なので中古パソコンを購入。

しかし!

その中古パソコンが突然起動しなくなった!

うわっ、やばい……。

ネットで調べると、どうやら原因は熱によるもので、その機種には多くある現象らしい。
(欠陥商品扱いされている)

仕方がないので、春まで使っていたパソコンを再度使うことに。
やっぱり、ちゃんと新品を買わないとダメかなあ。

さてさて、閑話休題。

細巻き寿司の投票をやります!!

出場選手は、今回はみなさまからの推薦ではなく勝手に決めさせていただきました。
wikipediaに出ている細巻き寿司です(以下、wikipediaより転載)!


◆ かんぴょう巻

干瓢を水で戻し甘辛く煮たものを使用。
単に「細巻」「海苔巻き」「鉄砲巻き」とも呼ぶ。
かんぴょうはみりん・砂糖・醤油で濃いめに味付けして冷まして切る。
かつて江戸前寿司においては最も標準的な巻物である。


◆ かっぱ巻

キュウリを使用。
店舗・家庭により「きゅうり巻」とも。
河童(かっぱ)の好物がキュウリであることに由来。
当初の名称は「きゅうり巻き」だった。
なお、スシローやくら寿司では、ライバル店のかっぱ寿司を連想させるということで、「きゅうり巻き」の名称を使っている。


◆ 新香巻

沢庵漬けを使用。ゴマなどを振ることもある。


◆ 奈良漬巻

奈良漬を使用。
現代ではあまり一般的ではなく、老舗の寿司屋でのみみられる古風な種である。


◆ 納豆巻

碾き割り納豆を使用。
青味には青紫蘇が好んで用いられる。


◆ 鉄火巻

鉄火巻は鮪を使用する。
使用されるマグロが火で真っ赤に熱せられた鉄と同じように赤いこと、博打を行う場所(鉄火場)において片手間に簡単に食べられていた(イギリスのサンドウィッチ伯により、大好きなトランプゲームをしながら手軽に食べられる物はないかという発想で生まれたサンドウィッチと発想は同じ)など諸説名前の由来がある。


◆ ねぎとろ巻

ネギトロ(マグロの脂身)を使用。
マグロの中落ちを利用する物もある。
ネギが散らされる事も多い。


◆ ひもきゅう巻

アカガイのヒモ(外套膜)とキュウリを使用。


◆ 穴きゅう巻

アナゴとキュウリを使用。
甘い煮詰めを使ったりわさび醤油で食べる。


今晩準備して、明日より投票を開始する予定ですのでよろしくお願いいたします!

では、景気づけにこの曲を!

シブがき隊のスシ食いねエ!




Comment:0  Trackback:0
2017
07.07

【再掲載】春夏秋冬

Category: その他
2017年7月7日、午前5時。
今日は七夕。
ボクが住んでる地域は気持ちよく晴れている。
織姫と彦星はめでたく会えるのだろう。

さて、そんな七夕の日。
子供の頃、短冊に願い事を書いて笹に結んだっけ……。
もっとも、どんな願い事を書いたのかはまったく覚えていないが。

みなさんはどんな願い事を書きましたか?

今日は、3年前の七夕の日に書いた記事の再掲載。

え?

また手抜き?

うっ!

まあそのー。
いや、「ちょっと振り返ってみたくて」ということで……。


*******************************************


"人生とは、蚊に刺されたようなものではないか"

二十歳(はたち)の頃、ふと、そんなことを思ったことがある。
蚊に刺されない状態、つまり何事もない「無」の状態が、「蚊」という媒体によって「有」に変わる。
イコール、人生の始まり。

蚊に刺されたら痒くてたまらない。
刺されるなんて嫌だしストレスなんだけど、刺されちゃったら仕方がない。
痒みを鎮めるために手を打つことになる。

「かいちゃおうか?」
「いやいや、それだと長引くから薬を塗ろう」
「でも、痒くて痒くて、かいたら気持ちいいじゃん」
自問自答を繰り返す。

「やっぱ、かいちゃえ!」
痒い所に手が届く。
そう、かくのって、気持ちいいんだよねえ……。
たまらなく、気持ちがいい。
蚊に刺されなかったらわからない気持ちよさ。

やがて痒みは収まり、何事もなかったかのような「無」の状態に戻って行く。
無から有へ、そしてまた無へ。
この繰り返し。
まるで季節が巡るようだ。

春夏秋冬。
季節に春夏秋冬があるように、人生にも春夏秋冬がある。
命が芽生え、深緑のごとく青春を謳歌し、やがて赤く染まる葉に秋の心を覚え、静かに冬を迎える。

朝昼晩だって春夏秋冬のようなものだ。
爽やかな朝風。煌めく陽光。深淵なる夜の闇。

肉体は、否が応でも春(あるいは朝)から始まり、最後は冬(あるいは夜)へと向かって行く。

精神はどうだろう。
肉体と同じで、年齢を重ねるに連れて変わっていくものなのかもしれない。
ただ、間違いなく違うのは、精神は自由に春夏秋冬(朝昼晩)を行き来できるということ。

若々しい老人。
老けこんだ若者。

冬の次には春が来る。
夜が明けたら朝が来る。
この「当たり前のこと」の意味を理解していれば、精神は、きっと今まで以上に自由に飛び回ることができる。

今は7月7日の午前5時。
今日も新しい朝がやってきた。

人生は、季節(とき)を巡る。


● 時をかける少女 原田知世




Comment:2  Trackback:0
2017
07.04

【再掲載】 去りゆく梅雨に

Category: その他
細巻き寿司は、けっこう人気があるようだ。
なので、投票をやろうと思う!!

みなさま、投票がはじまりましたら、ぜひ、ご協力のほどお願いいたします!

さて……。

台風が日本列島を縦断する予報のようだ。
被害がないことを祈る。

もう7月だし、台風が過ぎると梅雨も終わりかな。。
今日は、そんな2017年の梅雨を名残りおしみつつ、3年前の7月4日に掲載した記事の再掲載。


*******************************************


午前4時。
東の空が白み始める。
ボクの住む街に、昨晩からの雨が降り続く。
振り子時計よろしく規則正しく屋根をたたく雨音。
その響きは、去りゆく梅雨の別れの声なのか。

紫陽花の花とも、もうすぐさよならだ。
結局、でんでんむしにはまだ出会えていない。

窓を開ける。
ちょっとだけ愁いを帯びた風が、雨のにおいを部屋に運ぶ。

風さん、おはよう。
今年の梅雨はボクの人生の中でどんな季節だったんだろう?
心に刻まれるような思い出ができたわけでもないけれど、でも、「雨が好きになった」のはひとつの変化だと思う。

子供の頃、黄色い傘をさして長靴でちゃぷちゃぷした水たまり。
いつまでも飽きることなく無邪気に自然と戯れてたあの頃を、少しは思い出すことができたかな……。

素直な自分。
感動する心。
自然とあふれる、笑み。
そして、感情のままに流す、涙。

この世に生まれ、自分ひとりの世界から、親を知り、家族を知り、友人を知り、他人を知る。
その過程で、自分と他人(ひと)との適度な距離を見つけて行く。
思いとは裏腹のことを伝えることができる「言葉」を覚え、演技する自分が出来上がる。

素直に生きよう。
いや、素直に生きたい。

大切だと思うことを、こころの底から「大切だ」と叫び、本当に大切にして生きて行きたい。

「大切な思い」と「大切な思い出」を抱き、明日へと向かう。
やがて来る盛夏。
空もこころも、からっと晴れるかな。
それとも……。

どうなるかは、自分次第。

● 雨待ち風  スキマスイッチ




Comment:0  Trackback:0
back-to-top