2017
11.22

オムライス vs ナポリタン

Category: その他
喫茶店での食事の両雄、オムライスとナポリタン。
オムライスも好きだけど、ナポリタンも好き。
とにかくケチャップ炒めが大好きで、幼少の頃にケチャップ炒めの美味しさに魅了されて以来、ボクの中でオムライスとナポリタンは特別な存在になっている。

そんなオムライスとナポリタンだが、欧米では「ご飯や麺をケチャップで炒める」という感覚はないらしい。
ともに日本発祥の洋食であり、だから、ナポリタンという名前でもイタリアのナポリにそんな料理はない。
美味しいのにねえ…・…。

さてさて。

ふと、ある疑問が過った。
オムライスとナポリタン、どっちが外食で多く提供されているんだろう???

ナポリタンはあってもオムライスはない喫茶店も多い。
なのでナポリタンの方が多い?

いや、オムライスにはいろいろな種類がある。
ナポリタンはほぼ単一で、昔ながらの定番オムライスのようなもの。
フワトロデミのオムライスなどがあることを考えると、ミートソースとかも入れないと不利なのではないか?

それに、オムライスには専門店もある。
ナポリタン専門店は?
あ、パスタ専門店はたくさんあるか!

うーむ。。
どうなんだろう???

気になる……。

ということで、オムライスvsナポリタン。
食べログの掲載店舗数で比べてみよう!!

両雄並び立たず。
竜虎相搏つ。
竜虎争えばともに傷つくのか……。

果たして結果やいかに。
超満員の東京ドーム。
今、ここに世紀の一戦の幕が切って落とされようとしている。


結果は、あっさりと一瞬でわかるんだけどね。。

さあ、どうだろう。

まずはオムライス。
「オムライス 食べログ」で検索。

結果、2,208件!

171122omu2.png


続いてナポリタン。

結果、

え?

結果、

う、うそでしょ……。

結果、

まさかの……。

結果、

な、なんと……。

結果、

なにしてんだよ、早くしろよ。

は、はい……汗。

それでは行きます。

結果、22,182件!

171122omu3.png


うわああああああああああ) あ!!!!!!!!!!
10倍以上だああああああああ!!!!!!!!!!

検索結果に「グルメ情報」が含まれているから?
いや、それは関係なさそう。

ナポリタンは東京だけでも5,950軒ある。

なるほど。
いやいや、そうだったのかあ。
オムライス、一歩及ばず……。
いや、まさに桁違い。
さすがにラーメンの 50,864件には及ばないが、ナポリタンはカレーの 21,863件より多い。

やるなあ、ナポリタン。

では、ナポリタンに敬意を表し、次回はこのナポリタンの記事を。

171122omu1.png


グリーンピースが乗っているのが昔ながらってカンジかな?

さて、どの店のナポリタンでしょう?
横浜市戸塚区にお住まい、もしくは通勤通学している方ならわかるかな?

はい、そこのあなたですよ!
おわかりですか?

では、続きは次回……。


スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2017
11.17

未来、夢、希望、そして・・・

Category: その他
未来

希望

そして

つながり
ぬくもり
まごころ

これらを重ね合わせ、ひとは明日を求めて架け橋を渡ってゆく。

自分の生きる理由。
いわゆる、存在理由(レゾンデートル)。

サルトルは、人間とペーパーナイフとを比較し、「実存は本質に先立つ」と説く。
人間はあらかじめ本質(役割・目的)を決められて生まれたわけではなく、本質を自らが選びとる存在であると。
  
ペーパーナイフはあらかじめ本質(役割・目的)を「紙を切るためのもの」と決められたあとに作られて存在する。
つまり、本質が実存に先立つ。
しかし人間は、自分が何者であるのか 本質(役割・目的)をあらかじめ決められて生まれてくるわけではない。
存在する自分(実存)が、その本質(役割・目的)を自由に選ぶ。

かつてボクは、「自ら何かを追い求めること」が自分の存在理由であり、生きる証と考え行動していた。

今は違う。

人に求められること。
ボクのことを必要とし信頼してくれる人の支え。
その存在こそがボクの存在理由であり、生きる証である。
切に、そう思う。

もちろん、自分がしっかりしなければそれは得られない。

だから、未来を見つめる。
だから、夢を追い続ける。
だから、希望を捨てない。

苦があるから楽がある。
闇があるから光がある。
涙があるから、笑顔がある。

さあ今日も、明日に向かって突っ走ろう!


● Kiroro 未来へ




● シーナ&ロケット ユーメイドリーム




● THE ALFEE 希望の橋




Comment:0  Trackback:0
2017
11.16

旅立ちの朝に

Category: その他
今日は、ひとつの命を救うべく海外へと旅立つ方への応援を……。


11月16日、木曜日。
白みかけた東の空が、新しい一日の始まりを告げる。

171116omu1.png


眠っていた街を起こすが如く、電車が、うなり声をあげてボクの前を通り過ぎてゆく。

171116omu2.png


はるか彼方にある異国の地へと旅立つあなたも、もうすぐ、電車に乗って飛行場へと向うことだろう。

大切なひとつの命を救うべく旅立つ。
そこにあるのは、信念と勇気と、そして真心。

未来



希望

橋の向こうに広がる明日へ向かって。

171116omu3.png


大丈夫。
すべてうまく行く。
祈りはきっと通じるはず。

ボクは、そう確信している。


● 徳永英明   輝きの詩




● 徳永英明   夢を信じて




Comment:0  Trackback:0
2017
11.11

レバニラをめぐる冒険

Category: その他
ニラレバか、はたまたレバニラか。
これは前回の記事に書いたように経緯がわかってすっきりした。

が、よくよく考えるとまだ疑問が残っている。
本来はニラレバであるものを、バカボンのパパがレバニラと呼んでレバニラになったのは理解できた。
でも、そもそも何でバカボンのパパは「ニラレバ」を「レバニラ」と言ったんだろう……。

実は、それこそが「天才バカボン」の「天才バカボンたる所以なのではないだろうか?

主題歌を聴いてみると……。

西から登ったお日さまが 東に沈む♪
これでいいのだ♪
これでいいのだ♪

そう!

本来は東から登って西に沈む太陽が逆でものいいのだと……。

つまり、本来はニラレバであるのがレバニラになってもいいのではないかと。

もし、作者の赤塚不二夫さんがその意図でニラレバをレバニラとされたのであれば、真の天才であると思う。

で、調べてみたらこんな記事に出くわした。

北千住にある店、ここのつ ( ← リンク )

どんな店なんだろうか?
店のサイトには以下の説明が掲載されている。

**************************************

究極のレバニラ「ここのつ」へようこそ!

「ここのつ」は、綾瀬「いちなか」の兄弟店として、「究極のレバニラのご提供」を使命に創業しました。
具材はレアでも召し上がれるほどの新鮮な鶏レバーと、厳選したこだわりのニラのみ。
味付けは自家特製のタレでシンプルな味わいを。
豚でも牛でもなく、鶏のレバーだからこそのフォアグラを彷彿とさせる重厚な味わい、弾力あるプリっとした食感、クセのなさをきっと実感いただけるはずです。

**************************************

うおーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!
究極のレバニラかあ!!!!!

そして、この店のサイトの中にある2017年8月25日掲載の「レバニラの歴史と知識①」には……。

**************************************

たまに驚く方もいるのですが、まず「レバニラ」は中華調理です!
その名も「韮菜猪肝(ジウツァイジゥガン)」。
レバーとニラを炒めた家庭料理であり日本に普及したのは1960年(昭和35年)以降のようで日本に関して言うと、さほど歴史はないのですね。
さて、中国語である「韮菜猪肝」は直訳すると「ニラレバ」です。
ん? ニラレバ? レバニラじゃないの? と思った方にご説明いたしましょう!
ちなみに、これはレバニラあるあるです(笑)

本日のメイン画像に疑問を抱いた方も多いでしょう(笑)
実は、このレバニラという呼び名は国民的人気アニメ「天才バカボン」に由来しています。
日本人の誰もが見ていた「天才バカボン」は1967年(昭和42年)に週刊誌にてマンガ連載がスタートしました。
日本に「ニラレバ」が普及し始めたすぐのこと、主人公の父親「バカボンのパパ」は「レバニラ炒め」が大好物と何度も口にしていたのです。
バカボンのパパは、太陽は西から上って東に沈むといった思考の持ち主で、中華料理「ニラレバ」を「レバニラ」と読み上げていました。
(赤塚不二夫先生は世間一般の常識をわざとアベコベにして、それをギャグとしていたような節がありました)

「天才バカボン」の大ヒットにより「レバニラ」という言葉が日本中に認知されることとなり、ついに、オリジナルである「ニラレバ」をも上回ってしまった。

これが日本の「レバニラ」誕生秘話でございます(笑)

**************************************

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

スゴすぎるー!

ニラレバは本来、ニラ入りのレバー炒め。
この語順は他の料理にあてはめてみると納得できる。

肉野菜炒め。

基本は野菜炒めで、それに肉が加わったもの。
野菜肉炒め(野菜入り肉炒め)とは言わない。

たまご酒。

基本は酒で、それにたまごが加わったもの。
酒たまご(酒入りたまご)とは言わない。

ニラレバ。
レバニラ。

なんとなくだけど、言葉の響きとしてレバニラの方がインパクトがある気がする。

みなさん、いかがでしょうか??

まあ、「どっちでもいいよ!」と言われそうだけど(汗)。

では、今日の最後はこの曲で!!





Comment:0  Trackback:0
2017
11.09

ニラレバ vs レバニラ

Category: その他
先日、川崎の新駒に行った時のこと。
メニューを見ていて気になることが……。

ニラいため650円

171109omu9.png


レバーいため800円

171109omu8.png


ん?

ニラとレバーは別々?
ということは、ニラレバいためが食べたいときは両方頼まなきゃあいけないのかなあ??
両方あわせて1,450円。
これにライス300円が加わると合計で1,750円。
町中華での食事にしては高くつくし、量も多そうだ。

うーむ……。

いや、絶対に「ニラレバいため」があるはずと何回も見直したが、メニューにニラとレバーが一緒になった世の中の定番メニューを見つけることはできなかった。

素直に「ニラレバはできますか?」と聞いてみればいいのかもしれないが、お目当てはオムライスだったし、その日は聞かず終いで店を後にした。

ニラレバはできるのかなあ……。
うーむ。
うーむ。
どうしても気になる。

ニラいためじゃあ物足りなさそうだし。
やっぱレバニラじゃないと……。

ん?

あれ?

レバニラ?
ニラレバ?

ニラレバだっけ、それともレバニラだっけ???

新たなる疑問が脳内に沸き上がった!

あれ、どっちだっけ???

混乱に襲われたボクの脳が、マジに悩む。

これは王将の「ニラレバ炒め」。

171109omu1.png


これはシバライズの「ニラレバ炒め」。

171109omu2.png


大船の味喜のメニューも「ニラレバ―」。

171109omu3.png


やっぱりニラレバかあ!!

と思いきや……。

大阪王将のメニューには「レバニラ炒め」とある!

171109omu7.png


どっちだ?
そもそもニラレバとレバニラは同じなの?

ううう。
気になるー!

よし、探索隊出動!
Wikipediaで検索してみよう!!

以下、Wikipediaより。

********************************************

レバニラ炒め(レバニラいため)とは、レバーとニラを炒めた中華料理である。
ニラレバ炒めとも言う。
牛または豚のレバーを血抜きしたのち、ニラ・ショウガとともに炒め、塩・コショウ・醤油・酒で味をととのえるのが一般的な作りかた。
ほとんどの場合で上記の他にモヤシを入れ、さらにニンジン・タマネギ・パプリカなどを入れることも多い。
また、オイスターソースで味をととのえる方法もある。

日本では大衆食堂や中華料理店にて安価で供されることが多く、庶民の定番メニューとして親しまれている。
一方で、レバーの味や食感、ニラの独特の香りなどから苦手とする人もいる。
近年はビタミンAや鉄分を豊富に含む料理として、女性を中心に見直されている。

本来は「ニラレバ」と言うが、『天才バカボン』の影響で「レバニラ」という言い方が広まったとされる話が、NHKの番組で紹介されたことがある。
中国語でもニラレバの順になっている。

********************************************

なるほど!
そういうことかあ!!
天才バカボンの影響で「レバニラ」という言い方が広まったとされるのは納得。
「レバニラ炒め」はバカボンのパパの大好物。

ということは、本来はニラレバ(ニラ入りレバー炒め)だけど、今ではレバニラが主流ということかな?

食べログで検索して検証してみよう!

まずはニラレバ。

全国4,713軒。
東京1,513軒。
神奈川533軒。

171109omu4.png


続いてレバニラ。

全国8,549軒。
東京2,526軒。
神奈川902軒。

171109omu5.png


ちなみにオムライスは、全国2,204軒。

171109omu6.png


ラレバにせよレバニラにせよ、両方ともすごい数だけど、レバニラの方が多い!!

ということで、結論。

・ニラレバとレバニラは同じ
・本来はニラレバ
・今ではレバニラの呼称が主流


あー、すっきりした。

何事も解決したときの気分はサイコー!

ではでは!


Comment:0  Trackback:0
back-to-top