2017
08.30

オムライスが大好きになって得られたものは何ですか?の再掲載

オムライスが大好きで、その大好きなオムライスをテーマ(主軸)にあれこれ書いてみたいと思い、この場でつらつらと書き記している。

このブログを機に、おかげさまで、いろいろな方と話しをさせて頂いたり交流させて頂くことができた。
みなさまには、ホント、感謝感謝。。

3年前に以下の記事を書いたのだけど、考えや思いは今もそのときとまったく変わっていない。
これからも、オムライスを通じて思いの丈を綴り続けたい。

では、3年前の記事を……。


「やっぱり大好き!オムライス」というオムライスの情報シェアサイトがある。
このサイトは、「ごく一般の人が感じている目安というべきものを意識できればよい」とか、「色々な角度で人々の回答などを拝見すると身近な事から今迄意識していなかったことまで、もしかすると良い情報をゲットできるかもしれない」といった考えをベースに、オムライスに関する色々な疑問を集めその回答を掲載している。

多くの質問があるのだけれど、「たとえば」で紹介すると……。

【質問】 オムライスが大好きになって得られたものは何ですか?

・様々なオムライスに関する知識が増えました。
・幸福感です!
・たのしい食事の時間です☆
・色んな知り合いと話をした経験です。
・友人が増えたと考えています。
・すきになったことがきっかけで、その食べ物について調べたり、ウェブなどで情報を収集するようになりました!
・幸せな時間です。今でも、料理へのアンテナは常にたてていますよ(^_^)/
・オムライスを単純に詳しくなりました。
・得られたものは、仲良しですかね。グルメな仲良しが増えたと思う!
・飲食店を紹介して喜ばれることが増えました。
・まぁ、得られた物と言えば、材料や作り方にも詳しくなったことですかね。
・旨いお店の知識が増えました(^_^)/
・すきになったお陰で、時間があるときはよく食事に行くようになりました。
・ひとが増えました。いっしょに食事に行ったり、その他のことでも一緒の時間を過ごしたりします。
・言葉では言い表せません。
・飲食店の友達と仲良くなれたことです。
・店の主人とも仲良くなって、気軽に通える店の一つになりましたよ。
・価値のある時間ですね。この間もご近所に、おいしそうな店が開業したので、家族と共に食事に行ったばかりです。
・普段の食事に関する多用な知識を手に入れました。
・食事に関して関心を持つようになったことですね。

なるほど。。
やはり、いろいろなものが増えて世界が広がったというのが多い。知り合い(人との繋がり)とか、お店とか、食材とか、オムライスそのものとか。
それに、何と言っても、幸せで楽しい時間。
オムライスをひいき目で見ているかもしれないけど、ふわっと丸くて黄色くて、美味しいし、ケチャップで好きなことを書けたりするのは他にはない独特の食べものだと思う。

以前にも書いたけど、このブログを始めるにあたって、「オムライスのある風景」というタイトルだけは決めていた。
キーワードは「つながり」「ぬくもり」「まごころ」。
そのキーワードが詰まっている食べ物であるオムライス。
共通言語と成り得るオムライスを象徴として、自分の思いや考えを表現したい。
それをブログタイトルに込めている。

それと、もうひとつのキーワード。
「今」という時間の大切さ。
今があるからこそ、今を生きているからこそ、明日がある。
でも、逆に、過去があり未来があるから今がある。
過去を積み重ねて未来に向かって行く。その中の「今」という一瞬を切り取ってスケッチブックに絵を描くようなストーリーを書きたい。
そう思っている。

なんとなく朝晩が涼しくなってきて、だんだん秋めいてきた。
美味しいものを食べながら、秋っぽいストーリーが書けたらいいなあ……。

ところで、みなさんの、「オムライスが大好きになって得られたもの」は何ですか?
よろしければご意見をお寄せください!!



140902hakucyo1.png


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2017
08.22

【再掲載】 ランチの女王とキッチンマカロニ&キッチンマカロニを探せ

久々の更新。。

先日、DVDで「ゴールデンスランバー」を観た。
いやあ、面白かった!
感想は改めて書くとして……。

「ゴールデンスランバー」に出演していた竹内結子を見て、ふと「ランチの女王」を思い出した。
ということで、今日は以前に書いた「ランチの女王」関連の記事の再掲載。


*********************


ランチの女王。

フジテレビ系で2002年7月1日 ~ 9月16日に放送されたテレビドラマ。

ランチが大好きな主人公の麦田なつみ(竹内結子)が洋食屋「キッチンマカロニ」で働きながらその家に住むことになり、そこで繰り広げられるラブコメディー。

出演は、竹内結子の他に、江口洋介、妻夫木聡、伊東美咲、山下智久、山田孝之、瑛太、森田剛、若林豪、、堤真一ら、わおー、豪華キャストだああ!

で、第1回のタイトルが「恋するオムライス」なんだけど、ここでなつみが食べるオムライスが、本当に美味しそ~う。しかも、このドラマが月9初主演の竹内結子だけど、すごく美味しそうに食べる。


先ずはこれ。なつみがランチで食べるオムライス。

lunch omurice1


ひとくち、パクっと……。

lunch omurice2


うーん、いい表情!!

lunch omurice3


と、せっかく美味しそうにたべているなつみだったんだけど、食べている最中に鍋島健一郎(堤真一)にムリやり店を引っ張りだされる。なつみはカフェで働いているんだけど、客の健一郎から突然婚約者のふりをしてほしいと頼まれ、キッチンマカロニへ。この後、なつみはここで働くことになるんだけど……。

lunch omurice11


で、キッチンマカロニでオムライスを注文し、これは鍋島純三郎(妻夫木聡)がオムライスを運んで来たところ。

lunch omurice5


これがキッチンマカロニのオムライス!

lunch omurice6


スプーンに映るなつみと、オムライス。

lunch omurice8


ホカホカの湯気がたつオムライスにスプーンを……。

lunch omurice9


おいしー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

lunch omurice7


この後キッチンマカロニでいろいろとあり、結局カフェをさぼって家に帰ると、店長から「もう来なくていい!」の留守電が。それと、友人のミキから「誕生日おめでとう!」の留守電。

この日は23歳の誕生日。

幼い頃に生活苦のために父親に捨てられた過去を持つなつみ。
これは父親とオムライスを食べたのを回想するシーン。


オムライスの向こうに幼いなつみの姿が……。

lunch omurice12


オムライスを前にするなつみ。

lunch omurice10


実はなつみもいろいろな過去を背負っている。
昔は不良グループの幹部クラスで、元彼の修史( 森田剛)に騙されて、知らずに覚醒剤を運んでいたことがトラウマ。

その修史は、気が短く暴力的で喧嘩に滅法強いけど、なつみの幼少の境遇を知っている唯一の人間で、本当はなつみ想いで根は優しい。
最終回でビーフカツレツを食べに「キッチンマカロニ」へ来た時に待ち伏せしていた警官隊に逮捕されるかど、その際になつみ、勇二郎(江口洋介)、純三郎に「何年でも待っているから、食べに来い」と言われ、初めて他人の優しさと温もりに触れ、涙を流したりする。


そんなドラマなんだけど、これを書いていて、突然思った。

う~ん!キッチンマカロニのオムライスが食べた~い!


ということで、キッチンマカロニを探してみよう!

でも、架空の店だもんねえ……。

う~む、どうしよう。。。

人間は考える葦である。

えーと、えーと……。


そうだ!

先ずは、このオムライスをどこの誰が作っていたのかをつきとめよう!

で、探してみたら見つかった!!! やったあ!

こちら。辻調理学校の先生方がお作りになっていたんですね!

ランチの女王 ← リンク。

そうそう、これこれ。

lunch omurice21

lunch omurice22


レシピも出ている!

lunch omurice25


これはなつみの思い出の洋食屋さんでの食事のときに各自がオーダーしたもの。

lunch omurice23


本もあったんだね。今はないのかなあ???
Amazonで中古品は売っているようだね。

lunch omurice24



さて、キッチンマカロニのオムライスはわかった。

じゃあ、キッチンマカロニはどこにあるのだろう?????

で、探してみたら見つかった!!! やったあ!

どうやら、東京都文京区本郷六丁目の民家がそうらしい。

え!

2011年に解体……。

今はない。ちぇっ。

なんだよー、ないんかい。。。

ま、ないもんはしかたがない。

ただでは起きない七転び八起ならぬ七転びナオキ!

(あ、これじゃあ転んだままじゃん。ま、いっか)

そうだ!

「キッチンマカロニ」という名の店を探そう!


で、探してみたら見つかった!!! やったあ!

てか、いっぱいあるぞー。。。

伊豆仁田、大垣、布施、岩内、野田阪神、……。

さて、この中にお目当てのオムライスがある店はあるのかな?

えーと、うーむ、伊豆仁田のキッチンマカロニには正統派オムライスがあるようだけど、残念ながら画像はないようだ。ちぇっ。

キッチンマカロニ(伊豆仁田) 食べログ情報

キッチンマカロニ洋食 / 伊豆仁田駅



え? そんなに食べたいなら自分で作れって?????

じゃあ、ガンバってみよっかね……。


Comment:2  Trackback:0
2017
08.03

Yahooライフマガジンの取材を受けました!

先日、Webマガジンに掲載する記事に関する取材のオファーを頂いた。
テーマは、ボクのお薦めのオムライスの美味しい老舗3店舗の紹介。

取材は無事に終了し、現在、記事を書いていただいているところ。

大好きな店にお願し、そこでの取材。

170803omu1.png


もちろん、大好きなオムライスを食べながら……。

170803omu2.png

この素敵なオムライス、どこの店のかわかりますか???

そう、このオムライス、いや、正確に言うと「オムコロ」を提供くださっているのは、キッチンマカベ

170804omu4.png


「マツコの知らない世界」でも紹介させていただいたが、オムライスの中にはハム、玉ねぎ、グリーンピースが入り、とてもきれいなオレンジ色に染まっている。
ラードの深いコクが口に広がるケチャップライス。これがケチャップと玉子と相まって、酸味と甘みの絶妙なバランスをかもし出している。
マツコさん絶賛のコロッケも美味しい!
外のサクサク感と、その中につつまれたクリーミーな世界が口の中で絶妙にマッチ。
いやあ、ホント、食べていてしあわせ度数急上昇ってカンジ。

170804omu5.png


さてさて。

今回オファーをくださったのは、Yahooライフマガジン ( ← リンク )

「Yahoo!ライフマガジン」は、「普段の生活をより楽しく過ごすための情報や知って いると役に立つ情報、次の休みの日にお出かけしたくなるような情報をお届けする」というコンセプトのもと、 編集部が厳選した、グルメ、おでかけ 、イベントなどのライフスタイルを豊かにする情報を提供している。
数ある情報の中から自分が好きな情報をピックアップできるし、「今日どうしようかなあ?」なんてときにもとても役立つ。

今回は、ボクが推奨する「オムライスの美味しい老舗の3店舗紹介」ということで、キッチンマカベの他に、はやしやアカシアを紹介させていただいた。

こちらは取材をしてくださったライターの樋口さん(左)とカメラマンの浅野さん。

170804omu3.png


うーん、素敵な笑顔だあ!!

キッチンマカベのみなさまにも快諾をいただいた。
おかげざまで取材と撮影も順調に進み、とても楽しい時間を過ごすことができた。

170804omu6.png


記事が掲載されるのは8月7日。
みなさま、ぜひご覧くださいませ!!


Comment:6  Trackback:0
2017
07.29

【再掲載】 今年の土用の丑の日は???

夏になると毎年気になる土用の丑の日。
御多分に漏れず、子供の頃は「土曜の牛の日」だと思ってた。

牛乳特売日!

なわけないのだが……。

さて、今年の土用の丑の日はいつだろ???

えーと。

7月25日!

終わってんじゃん!

みなさんはうなぎを食べましたか?

ということで、ちょっと過ぎちゃったけど、今日は2年前に掲載した土用の丑の日に関する記事の再掲載。。

*******************************

毎日、蒸し暑い日が続く。
そんな夏のスタミナ食と言えば、うなぎ。
稚魚の不漁により価格が高騰しているけれど、絶滅の恐れがある野生生物を指定する「レッドリスト」にニホンウナギも入っている。
そのうち、うなぎが食べられなくなってしまうのだろうか???

まあ、それはさておき、この時節になるとスーパーやコンビニでは「土用の丑の日」商戦が繰り広げられる。
「土用」なんて知らない頃は、「何で土曜にうなぎ? しかも牛の日って何だよ」なんて思っていたけれど、一体「土用の丑の日」とはいつのことなんだろうか?
以前も書いたけど、おさらいをしてみよう。

「土用」とは、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前の約18日の期間のこと。
立春(2/3or4or5)の前約18日間:1/17~2/3頃
立夏(5/4or5or6)の前約18日間:4/17~5/4頃
立秋(8/6or7or8)の前約18日間:7/20~8/6頃
立冬(11/6or7or8)の前約18日間:10/20~11/6頃
なんだけど、このうち立秋(8月6日or7日or8日)の18日前の期間が「土用丑の日」の「土用」。

「丑の日」とは、十二支の丑のことで、 年の干支だけでなく方角や、月、日を数えるのにも使われる。
なので、約18日間の「土用」の期間のうち、12日周期で割り当てられている「丑の日」の日が、「土用丑の日」。
今年は2日あって、7月24日と8月5日がこれに当たる。

では、何で土用の丑の日にうなぎなのか?

いろいろな説があるようだけど、「平賀源内の案」というのが有名。
江戸時代のこと。うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談したところ、「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という当時の風習になぞらえて、「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのだそうだ。

さてさて。

「オムライスが好き」な「うなぎ好き」としては、これはもう、夢の競演しかないでしょう!!!!!
土用の丑の日に食べる「うなぎオムライス」♪

これは「ぐるなびPRO」に掲載されていた「うなぎオムライス冷やしだし茶漬け」

大阪の洋食ボストン蒲生店の川﨑 祐介シェフ考案。

<材料>
生うなぎ開き、うなぎの骨・頭・肝、タレ(醤油・みりん・酒・砂糖)、卵、ご飯、ごぼう、山芋、三つ葉、プチトマト、わさび、刻み海苔、粉山椒、白ゴマ、糸唐辛子

<作り方>
1.タレを作る。うなぎの骨と頭をよく焼き、酒・みりんの中に入れて煮切り、醤油、砂糖を加える。
2.肝吸は、湯通しした肝と焼いた骨で出汁をとり、塩、醤油、みりんで味を調えて冷やす。
3.うなぎを焼く。タレとからめて焼き、またからめて焼くのを3~4回繰り返す。市販の蒲焼でも代用可。
4.ごぼうはさきがきにしてゴマ油でいため、タレとからめておく。ごはんに、短冊に切ったうなぎとごぼう、白ゴマ、1 のタレを混ぜ、卵で包む。
5.4にすりおろしてタレを少し入れた山芋をかけ、焼いたうなぎを載せ、山椒と刻み海苔、糸唐辛子を載せる。
6.冷えた肝吸(出汁)に氷と三つ葉、湯むきしたプチトマトを浮かべる。

<ポイント1>
オムライスの中身は、ご飯200g、うなぎ30g、ごぼう30gにタレと白ゴマを混ぜ合わせたもの

140616unagi2.png


<ポイント2>
肝吸(出汁)は氷を浮かべる分、塩気をしっかりと。三つ葉とプチトマトが見た目の清涼感を高めている

140616unagi1.png


出来上がりはこちら!

140616unagi3.png


おー!いいねえ!
夏バテ気味で食欲がないときでも食べられそう!

ネットで検索すると、他にも多くの「うなぎオムライス」があるので、興味があるかたは調べてみて♪

「うなぎオムライス」を出す店もある。
たとえば名古屋の「いち寅」 ( ← リンク )。

150718ichitora1.png


こちらの「うなオム」は夏季限定。2人前からの予約販売。
三河産のうなぎを直伝のたれで焼き上げ、ご飯とまぶして「尾張の卵」で包み込む。まさに、地産地消。
濃厚豆乳を入れ「ふわふわ」にして、柚子あんのソースでさっぱりと味付け。
いやあ美味しそう。。
「食欲不振」なんて言葉は完璧にどこかに吹っ飛んじゃう。

夏の風物詩、うなぎオムライス。
え? 
うなぎはやっぱりうな丼かうな重がいい???
オムライスはいらない???

みなさんはいかがですか???


Comment:0  Trackback:0
2017
05.24

1周年♪

今日は5月24日。
昨年、TBSテレビの「マツコの知らない世界」に出させていただいてからちょうど1年。
いろいろな方にご覧いただいたり声をかけていただいたり、改めてみなさまに支えられていることを実感しました。
ホント、感謝です。

1年前を振り返り、また新たな気持ちで進んでいきたいと思います。
みなさま、今後とも何卒よろしくお願いいたします!!

では、1年前の記事を……。


***********************************************


番組の放送が終了しました。
ご覧いただいたみなさま、ありがとうございました!

そして、

マツコさん、ギャル曽根さん、ご協力いただいたお店のみなさま、スタッフのみなさま、宣伝いただいたみなさま、ブロ友のみなさま、そしてボクを支えてくださっているみなさま、誠にありがとうございました!

感謝感謝です!!

マツコさんは、服やネイルをはじめ身なりが素敵な上に礼儀正しい方です。とても話し易く、収録はマツコさんの魅力を再認しながらホント楽しくやらせていただきました。
仕事の合間の準備はけっこう大変でしたが、終わってみるとちょっと寂しいもので、準備に励んだ日々がすでに懐かしいです(笑)。

さて、今回の「なつかしオムライス」ですが、以下の3つを条件として選択させていただきました。もちろん、「マツコさんが知らないであろう」というのは大前提です。

1.老舗であること
2.職人技で玉子を巻いていること
3.人の生活や風景が見えること

さらに、この条件で選ばせていただいたオムライスを3部構成で紹介させていただきました。

◆昔ながらのオムライス
◆変わり種オムライス
◆芸能人のオムライス
 ※芸能人のオムライスは上記1、2の条件はありません


それと、ボクがオムライスを食べているシーンは、自分が生まれた年が創業の年である(いわゆる同級生の)アカシアさんでの撮影をお願いしました。

アカシアさんの、自家製ハムの旨みが染み渡るオムライス
160524matsuko6.png


では、3部構成のオムライスについてです。

先ずは、昔ながらのオムライス。
もちろん、今回紹介させていただいた店以外にも数多くの素敵な店があります。
その中でも、「基本的に都内にありスタジオまで作りに来ていただける店」という番組の条件を加味し、味はもちろん、番組で紹介させていただいた自分のプロフィールとのつながり(幼稚園の頃、大学生から社会人なりたての頃、40歳ぐらいの頃)を考えて推奨させて頂きました。


●オムライスに目覚めた幼稚園の頃を思い出させてくれる店

はやしやさん
幼少の頃に親に連れて行ってもらった、デパートの上階にあるレストランを思い出させてくれます。

はやしやさんの、口中に懐かしさが広がる典型的な昔ながらのオムライス
160524matsuko1.png


●大学時代や社会人になって食べ歩きを始めた頃を思い出させてくれる店

キッチンマカベさん
大学時代を過ごした街にあり、当時の甘く切ない思い出にあふれています。

キッチンマカベさんの、上品で洋食の美味しさを実感できるオムライス
160524matsuko2.png


●人生半ば。夢に生きるのか思い出に生きるのか、人生の機微を味わわせてくれる店

グリル来来さん
創業はマツコさんの誕生年です。「横浜市鶴見区」という京浜工業地帯の一角にあるのですが、ボクも中学高校はわりと近くにある学校に通っていました。日本が将来の発展に「夢」に向かっていた、「思い出」の高度経済成長時代が見え隠れします。

グリル来来さんの、職人技が光る中華との融合オムライス
160524matsuko5.png


次に変わり種オムライス。
オムライスはもともと日本発祥の食べ物なので「和」を意識しつつ、「宮崎駿さんのアニメの世界のような、日本人の心象風景にある懐かしさをもった、不思議で居心地の良い空間を提供してくれる店」を念頭に、所在地も「スタジオジブリ(小金井市、東小金井駅)」や「ジブリ美術館(三鷹市、吉祥寺駅)」がある中央線沿線の老舗を推奨させていただきました。


●ピエロの不思議さと面白さを提供してくれる店

らすぷーるさん
店名はエスペラント語で「ピエロ」の意味です。
こちらも創業はマツコさん誕生年。

らすぷーるさんの、お好み焼きとの融合、素材にこだわったオムライス
160524matsuko3.png


●宮沢賢治の世界へといざなってくれる異次元空間の店

七つ森さん
ここはどこ? ドアを開けたとたん、なつかしさにあふれる異次元空間が広がります。

七つ森さんの、和食との融合、しぐれ煮の風味豊かなオムごはん 
160524matsuko4.png


最後に芸能人のオムライスですが、テーマは「愛と笑顔」です。
やっぱり、オムライスには笑顔が似合います。
そして、ケチャップで字や絵がかけるので、自由な表現ができるとともに人と人をつなげてくれる媒体にもなってくれます。
ボクのブログは、オムライスを幸せの象徴として、「つながり」「ぬくもり」「まごころ」をキーワードに書いていますが、どれもがそれを感じさせてくれる素敵なオムライスです!
今回は3つの紹介でしたが、素敵なオムライスがまだまだたくさんあります。


●親子愛

薬丸裕英さんの、娘さんと作るオムライス。
薬丸さんのみんなに好かれるお人柄と娘さんへの愛情がにじみ出ています。


●兄弟愛

はなわ息子さんの、兄弟で作るオムライス。
ぐちゃぐちゃだけど妙に美味しそう。はなわ家の天才的DNAを感じます。


●夫婦愛

ギャル曽根さんの、ご主人への愛情たっぷりオムライス。
ご自身が幼少の頃にご苦労された(寂しさを味わった)裏返しなのか、ギャル曽根さんが作る料理には大いなる愛情を感じます。
なので、ギャル曽根さんが作るオムライスは見ているだけでも元気をもらえるのですが、企画段階でスタッフに「ギャル曽根さんのブログにある『おつかれ様』と書かれた笑顔のオムライスが食べたい」とお願いをしました。
その結果、スケジュールを押さえていただき、実際に食べる機会を与えていただくことに……。
これはもう、ホントうれしかったですねえ。。

ギャル曽根さんは食べ方もきれいだし、作るのもとても上手です。
ご主人の好みに合わせて作っているとのことですが、美しいし、ソーセージたっぷりで甘めのオムライスはとても美味しいです。
感無量。見た目も味も期待をはるかに超えた素晴らしいものでした。

140130sone2.png
ギャル曽根オフィシャルブログ『ごはんは残さず食べましょう』 より


ということで、今回は素晴らしい機会を得て、夢と想い出を一緒に頂戴した気分です。
また同時に、素敵な風景を見させていただきました。

幸せの象徴、オムライス。
みなさまの街にも、みなさまのこころの中にも、自分にとってのオムライスがあると思います。

さあ、さがしに行きましょう!
あの日の思い出を抱いて♪

食べに行きましょう!
素敵な明日をむかえるために♪


Comment:10  Trackback:0
back-to-top