2017
05.22

友達 ≦ X < 恋人の再掲載

Category: お菓子
今日は5月22日。
薔薇の季節も終わりを迎え、だんだんと夏の気配が漂い始めた。

ということで、今日は4年前の5月22日に書いた記事の再掲載。

ん?

ということで?

脈略ないじゃん。
意味わかんない。

論理的なつながりが全くない。
理数的または数学的センスゼロ。

というより、

単なる手抜きかあ!

汗……。

***************************************


めちゃ文系である。

小学校の理科で、塩酸と水酸化ナトリウムで塩を作る実験があった。
先生曰く、「はやくできた班は自由時間にします」

そう言われると血が騒ぐ。
ボクは知っていた、理科室の戸棚に塩があることを……。

実験が始まり、しばらくして、ひそかに戸棚から取り出しておいた塩を皿にのせ、元気よく叫んだ。
「できましたーー!!!!」

ものすごく怒られた。
ちょっと、出来上がりのタイミングが早すぎたようだ。


思いきり文系である。

算数の問題。
お風呂に蛇口から毎分5リットルの水を入れる。同時に、栓を抜いて毎分3リットルの水をこぼす。
さて8分後には何リットルたまっているか?

答案用紙に「そんなバカなことをするやつはいない」と書いた。
残念ながら、○はもらえなかった。

どこまでも文系である。

点Pが毎秒3cmの速さでひし形の上を移動する。30秒後の網掛の部分の面積を求めよ。

「動くな点P」
点Pはとまらない。手ごわいやつだ。
「とまれと言っているだろ!」
それでも、点Pは平然と動き続ける。

仕方なく、心の中で銃弾を3発撃ちこんでやったが、それでも点Pは涼しい顔をしていた。
ボクに「敗北」の二文字を突きつけた点P。今でも忘れない。


今も文系である。

でも、背伸びをしたくなることもある。

アンナさん(美咲アンナのポエム日記 リンク → :http://misakianna.blog.fc2.com/)の「友達以上恋人未満」をうっとりと眺めていたら、急に目の前に数式が現れた!!

友達以上恋人未満 

友達 ≦ X < 恋人  ※主体をXで表記

なるほど……。

これを分解すると、友達との関係では次のようになる。

友達 = X ・・・ 友達である 
もしくは
友達 < X ・・・ 友達を超えている

では恋人はと言うと、

X < 恋人 ・・・ 恋人よりも下
ということは
X ≠ 恋人 ・・・ 恋人ではない

どう頑張っても、このままでは恋人にはなれない……。

恋人未満の言葉はしっくりきても、友達未満はしっくりこない。
友達以下ならしっくりくる。

「お前なんか友達以下だ!」と冷たく突き放されても、ここにはまだ、最低限の友達でいれるかもしれないという救いがある。

逆に恋人以下はしっくりこない。
「私たち、あるときは恋人で、あるときは友達でいましょ」なんて言われても戸惑ってしまう。

つき合っているにもかかわらず、人前で、
「あ、彼氏?」
「え、あー、違う違う、友達よ」
なんてごまかされたりしたら、あれ?オレって……と思う。

そうやって見ると、改めて、

X = 恋人

ってスゲーなあって思う。

恋しい。愛おしい。
恋と愛を一緒にすると恋愛となるけれど、
恋人と愛人とでは随分と違う。

愛をも凌駕する、恋。

恋人とは最高の存在。
簡単には最高の存在にはなれないんだぞオーラを感じる。

だとすると、

「お口の恋人」と軽く言い切るロッテは怖いもの知らずだ!

DSC_0421.jpg

「お口の友達」とか「お口の愛人」(なんかあぶない)ではなく、躊躇いもなく最高峰の「恋人」を堂々と宣言しているのである。


でも、人間心理とは、これまた不思議なもの。

「お口にとって最高の存在」より、20年ぶりに復活したコイケヤのチビノワの方に惹かれてしまう……。

DSC_0422.jpg

DSC_0427.jpg

そうかあ、「まじめで頑張り屋」で、Tシャツ集めが趣味だったんだ……。
ん? おいしすぎてくまっちゃう!……???

あるいは、

こんなパンダとか、

panda.jpg

こんなパンダや、

panda.png

こんなパンダをネットでひろってしまうパンダ好きは、

53918f2e.jpg


カバヤのさくさくぱんだのとりこになってしまう。

DSC_0434.jpg

DSC_0432.jpg

DSC_0428.jpg

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

それと、アンナさんごめんなさい。。。
わけのわからないことを連想して書いて……。

では、今宵は70年代アイドル特集を。

1曲目は榊原郁恵の「アル・パシーノ + アラン・ドロン < あなた」

おー、「あなた」はスゲーんだなあ……。

次は太田裕美の「しあわせ未満」、2曲続けてどうぞ。

でも、しあわせ未満て、一体、……。 

? < しあわせ

? = ????????????

もうやめよう。

あー、疲れた……。

● 榊原郁恵 アル・パシーノ + アラン・ドロン < あなた



● 太田裕美 しあわせ未満

 


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
04.19

明治の本気

Category: お菓子
先日、カカオを調べてからというものの、チョコレートが気になってしかたがない。
どこ産のカカオを使っているのだろうか、なんて……。

そんななか、とくに気になるのが明治の商品。

チョコレートは明治。

CMでそう豪語する明治。
であれば、その座を死守すべく商品開発には余念がないはず。
そして、その期待を裏切りことなく、明治はやってくれている。

そう、それは……。

ザ・チョコレート

そのものズバリの商品名。

これは潔い!
ラーメンを「ザ・ラーメン」という名で売っているようなもの。
他にはハウスの「ザ・カリー」が同様だろうか。

さて、ザ・チョコレートだけど、明治のサイトにはこう書いてある。

"チョコレートのイメージがきっと変わります。"

おー!
言うねえ!!

さらには。

カカオの産地から厳選を重ね、一枚のチコレートの完成系へ至る「Bean to Bar」により生まれた味わい、香りと色艶、とろける舌触り。すべてに、今まで以上のこだわりを凝縮した新たな「ザ・チョコレート」の世界へようこそ。

完成形ではなく、完成系なんだね。

種類は下の写真(出典:明治の公式サイト)の通り。

170419choco7.png


形状もこだわりが詰まっている!

170419choco6.png


ということで、抹茶とジャンドゥーヤを買ってみた!!

170419choco1.png


箱も中の小袋もセンスがいい。

170419choco2.png

170419choco5.png


これはジャンドゥーヤの断面。
ヘーゼルナッツチェコが間にはさまれて3層になっているのがそそる。

170419choco3.png


味もめっちゃおいしい!!!

これは「ザ・チョコレート」と言い切るだけのことはあり、巷では大人気らしい。
パッケージのデザインがおしゃれなので、これをスマホのケースにしたり表面を切り取って本のしおりにしたりする人もいらっしゃるとのこと。

これはAPP BANKの176件の投稿から見た「ザ・チョコレート」の人気の理由調査結果。
(現在は7種類あるが、まだ4種類だったころの調査)

170419choko8.png


大きく言うと、パッケージのかわいさやおいしさがSNSで拡散されてるんだね!

さすが明治。
底力を感じるし、たしかに全種類食べ比べしてみたい。

さて、次はどれにしようかな!

明治の本気がつまった、「ザ・チョコレート」。
みなさまも、ぜひ味わってみたください!!


Comment:2  Trackback:0
2017
04.09

ガーナ、エクアドル、ベネズエラ その3

Category: お菓子
アルフォートプレミアム。
何でベネズエラカカオが25%なんだろう……。

数日間、東奔西走し(うそうそ)いろいろと調べてみたが、結局、謎の解決にはいたらなかった。

こうなったら「あの方法」しかないな。
「株式会社おいしい」の謎解きで使った、あの方法……。

そう!

直接聞いちゃえー!!

というこtごで、ブルボンのお客様相談センターに問い合わせメールを出してみた!!

で、帰って来たのが以下のメール。

************************************

(株)ブルボンお客様相談センターの○○と申します。
日頃より弊社製品への格別なご愛顧を賜り厚くお礼を申し上げます。

この度は、弊社製品「アルフォートミニチョコレートプレミアムカカオ70」の表示に付きまして「ベネズエラカカオ使用(カカオ中25%)と記載されています。ここにある(25%)なのですが、わざわざ表記するということは、何か深い理由があるのかなあといった疑問(謎)が頭からはなれません。 」とのお問い合わせをいただきまして誠にありがとうございました。

ベネズエラ産のカカオ豆ですが苦味の少ないマイルドな味わいとフルーツのような芳醇な香りが特徴で「カカオ豆の王様」と言われております。
ベネズエラ産カカオと味わい深いダイジェスティブビスケットとの組み合わせにより、よりキレのあるカカオの味わいを楽しめる商品に仕上げました。

ご返答は以上となります。
今後とも、弊社製品への変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

************************************

ふーん。
なんだよー!
答えは教えてくれないのかよー!!!!!!!!!!!!!!
聞き方が悪かったかなあ???

この回答って、確かブルボンのサイトにある商品説明とほぼ同じじゃないの?
ちなみにサイトに載っている説明は次の通り。

************************************

ベネズエラ産のカカオを使用した本格ビターチョコレートと味わい深いダイジェスティブビスケットを組み合わせました。
キレのあるカカオの味わいをお楽しみください。

************************************


ほらあ!
どっちも「ベネズエラ産のカカオと味わい深いダイジェスティブビスケットを組み合わせキレのあるカカオの味わいを楽しむ」って内容じゃん。
どこが違うんだよー!
わざわざメールで質問した意味がないじゃん……。

ん?

あれ?

ちょっと待てよ。

あれ?

よく見るとちょっと違う。

返信メールにはベネズエラ産カカオについて、「苦味の少ないマイルドな味わいとフルーツのような芳醇な香りが特徴」とある。
一方、サイトの商品説明には「ベネズエラ産のカカオを使用した本格ビターチョコレート」と。

えー?

一体どっちなんだよ!
苦いのが苦くないのか???
ちょっとだけパニック。

もしかしたら、商品説明はスペースの関係で以下の文の()内が省略されているのかなあ???

「ベネズエラ産のカカオを使用した(けど、ベネズエラ産カカオは苦味の少ないマイルドな味わいとフルーツのような芳醇な香りが特徴なので、それは25%にとどめて、どこ産かは言わないけどその他産のカカオで合計70%にしてほど良い苦さにした)本格ビターチョコレート」

でも、()内を省略しちゃうとベネズエラ産カカオ=ビター(苦い)って思っちゃうよなあ。
実際に苦味がきいているし……。

ま、いっか。。

ということで、ベネズエラ産カカオの謎はいまだ謎なのであった。
くやしー!

こうなったらやけオムライスだあ!

4月4日に発売されたファミリーマートの新作オムライス。
これがふわとろではなく、昔ながらのケチャップがけのオムライス。

商品名は、そのものずばり、ケチャップオムライス

170409omu1.png

(※注)すみません、「やけオムライス」のせいか、ちょっと袋の中で斜めになった状態でもって帰ってきてしまい形が崩れてしまっています

ファミリーマートのサイトにある商品説明は以下の通り。

************************************

鶏肉と玉ねぎをしっかり炒めたケチャップライスに玉子シートを盛り付け、玉子あんを上掛けしました。あらごしトマトやミルポアを使用したケチャップソースは、酸味を感じる様仕立てました。
※沖縄県では取扱いがございません。

************************************

なるほど。
確かに玉子シートに玉子あんがかけられていて深みを出している。

170409omu2.png


では、いっただきます!

170409omu3.png


おー!
ホントだあ!
チキンライスがしっかり炒められていて美味しい!!

うん、これはご飯の味付けがよいので、さめても美味しく食べられる。
なんだかとてもなつかしい。
子供のころに食べたオムライス弁当のよう……。

ベネズエラカカオ25%の謎は解けずとも、こころはハッピーオムライス!

桜花賞の3連複、6-10-14も当たったし!!

170409omu4.png


さあ、新年度も2週目、気持ちを新たにはりきっていきましょう♪

何でベネズエラカカオが25%なんだろう。
ぶつぶつ……。


Comment:4  Trackback:0
2017
04.02

ガーナ、エクアドル、ベネズエラ その2

Category: お菓子
「アルフォートプレミアム」が、「25%も入ってるんだぞー(とボクには思える)」と主張するベネズエラ産のカカオ。

うーむ。
一体、何なんだろう……。

ではさっそく、カカオの世界に足を踏み入れてみよう!

先ずは国別の生産量。
下表は外務省のサイトに掲載されている2013年の統計数値。

170402choco2.png
出典:国際連合食糧農業機関(FAO)「FAO統計データベース」(生産、作物、カカオ豆2013年)


世界データバンクのサイトに掲載されているグラフで表示するとこんなイメージ。

170402choco3.png


生産国の場所を世界地図上で表示するとこうなる。

170402choco4.png


コートジボワールの生産量、すごいなあ……。
ガーナも多い。
インドネシアも多いのかあ。
でも、ガーナ以外は聞かないなあ。
ロッテの「ガーナチョコレート」で「ガーナ」の名が頭の中にインプットされているせいなのだろうか???

170402choco1.png
出典:ロッテホームページ


そんなに「お口の恋人」によって与えられた影響力が大きいのだろうか……。
確かに、「ガーナチョコレート」は言いやすいし、覚えやすい。
「コートジボワールチョコレート」ではリズム的にもしっくりこないし、早口言葉で3回言うのも言いにくい。

では、日本がどの国からどれくらいカカオを輸入しているのだろうか???
気になる。
ではこれも調べてみよう。

下表は「日本チョコレート・ココア協会」のサイトに掲載されている表。
単位は「トン」。

170402choco5.png


うおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ガーナ、エクアドル、ベネズエラ。
「ハイカカオチョコフレーク」と「アルフォートプレミアム」のカカオを見てなにげなく記事のタイトルをつけたのだが、ま、まさかその3つの国が1位~3位だったなんて……。

しかも、何なんだ、ガーナの多さは。
70~80%はガーナ!

だとすると、ロッテが「ガーナチョコレート」で「ガーナなんだぞ~!」とその特異性をアピールして他の商品との差別化をはかっているのかと思いきや、何だよ、日本中のほとんどのチョコレートがガーナチョコレートなんじゃん!

どうやら日本がガーナからたくさん輸入している理由は、ガーナは政府が価格や品質を管理していて安定した品質の豆の輸入が見込めるかららしい。

なるほど。
日ごろ食べてなれているチョコレートは、ガーナ産のカカオの風味だったのか。

ちなみに、パナデリア ( ← リンク ) にある「明治のチョコレート工場見学」の記事 ( ← リンク ) には、各国のカカオを試食した感想が次のように述べられている。

〈 ガーナ 〉
ミントのようなさわやかな風味が口に広がります。日本人にはやはり食べなれた、親しみやすい味。

〈 コートジボアール 〉
強い酸味を感じます。コートジボアールではプランテーション化が進み、一度に大量に発酵させることから起きた過発酵が原因のようです。

〈 ベネズエラ 〉
苦味とコク、ナッティ感が強く非常に印象的な味です。 雑味がなく、非常に良い香り。
※これは数あるベネズエラ産の中でも"スルデラゴ"と呼ばれるクリオロ種が多く含まれた品種のチョコレートです。

〈 エクアドル 〉
Nacional または Arriba と呼ばれる品種。花のような美しい香りが広がります。渋みは強め。

〈 トリニダッド 〉
チョコレートらしい風味が強い。酸味が程よく、味はまろやかです。

〈 コロンビア 〉
苦味が少なく、甘いような香りが広がります。やや渋みあり。 これらの産地の特徴をいかして、さまざまなフレイバーのチョコレートが生まれます。


へえ!
カカオによって随分と違うんだねえ。
さらに、上の工場見学の記事を読むと、こんなことも書かれている。

元々はアマゾン川源流域、ベネズエラの近くや中米でしか取れなったカカオですが、イギリスやフランスの植民地政策により、ガーナ、ナイジェリア、アイボリーコースト、カメルーンや東南アジアなどに広がって行きました。
元々の原産国であるベネズエラで原種といわれる『クリオロ』("自国のもの"を意味する古いベネズエラ語)種は、厳密には今は残っていません。ですが面白いことにハイブリッド種として残っています。

出たあ!
ベネズエラ産カカオ!!!!!
ベネズエラがカカオの元々の原産国なのかあ!

なんだか、「アルフォートプレミアム」の「ベネズエラ産カカオ使用(25%)」の謎のヒントになりそうな気がする……。

つづく


Comment:6  Trackback:0
2017
03.30

ガーナ、エクアドル、ベネズエラ

Category: お菓子
先日、ファミリーマートに行ったときに、美味しそうなお菓子があったので迷わず購入した。

二品購入したのだがひとつめはこちら。

日清シスコ株式会社の、ハイカカオチョコフレーク

170330choco1.png


同社の商品紹介では「マイルドなガーナ産カカオと華やかな香りのエクアドル産カカオをブレンドしたカカオ分73%のチョコレートでコーンフレークをコーティング」とある。
また「1袋 (35g) でポリフェノール300mgを摂取可能」であり、「食べきりにちょうど良い35gの内容量」とのことである。

「35gでポリフェノール300mgを摂取可能」が堂々と自慢できることなのかどうかは、ポリフェノール含有率についてはまったくの無知なのでよくわからないし、「35gの内容量」が食べきりにちょうどいいかどうかは人それぞれであって「そう決めつけられても……」と思ったりもするが、そこは言及しても仕方ないのでよしとしよう。

ただ、ひとつだけ言及したいのは、幼少の頃に、CMの「森永チョコフレーク♪」といったフレーズにより「チョコフレークと言えば森永」と叩き込まれた身としては、日清のチョコフレークというのがどうにもなじまない。

商品名が違えばいいのだが、同じだし、パッケージまでもが似ている。
このことについては巷でも取沙汰されており、調べてみるとどうやら森永が1967年に、日清が1968年に発売を開始したらしい。
日清のチョコフレークも歴史があることを初めて知った。

Yahoo知恵袋でも両者に関する質問があり、こんな回答が載っている。

パクリパクラレの世界です・・・。
ちなみに元々、シスコが森永の下請けとして作ってたようです。
グリコ・森永事件の後に一人立ちしたみたいです。

パクられたらパクり返すのがこの製菓業界です。


なるほど。

で、食べた感想だが、味は苦み走った大人のチョコフレーク。
「マイルドなガーナ産カカオ」と「華やかな香りのエクアドル産カカオ」のブレンドの成せる業なのか、深みがあってコーヒーによくマッチする。
ポリフェノール同様にカカオについても詳しくはないので、ガーナ産がマイルドでエクアドル産が華やかなのがデフォルトなのかどうかはわからないが、ガーナについては幼少の頃に「ロッテのガーナミルクチョコレート」でそのあま~いイメージを叩き込まれた身としては、「マイルドなガーナ産」に関する違和感はない。
エクアドル産に関しては頭の中が白紙状態なので「そういうものなのかあ」という受けとめである。

もう一品はこちら!

ブルボンの、アルフォートプレミアム

170330choco2.png


ブルボンは「王朝」を感じさせる品格の漂う商品名をつけるのだが、アルフォートもそのうちのひとつで、それにプレミアムが着いちゃったりしたいるのだから、これはもう手にした瞬間ベルサイユ宮殿への招待状を受け取ったが如く気分が高揚する。

もともとアルフォートは好きなので、これも美味しく頂いた。
こちらで気になるのは、「ベネズエラカカオ使用」とある点。
日清のチョコフレークがガーナ&エクアドルならば、アルフォートプレミアムはベネズエラ。
しかも、「カカオ中25%」とある。
たかだか25%。
つまり、四分の一しかないのに、堂々と記載すると言うことはそんなにすごいことなのか。
「25%しかない」、ではなく、「25%も入ってるんだぞ!」のブルボンの主張がひしひしと伝わってくる。

ベネズエラ産かあ……。
何なんだろう。

次回はベネズエラ産カカオの調査に乗り出そうと思う。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top