topimage

2013-05

オムライス選手権 1回戦 第11試合 愛知 VS 徳島 - 2013.05.03 Fri

続いての試合は愛知VS徳島。
風薫る5月、さわやかな対決を期待したいところです。

ところで、食べログの画像ですが、オムライスがない場合はあるものを掲載しちゃいましょう!
オムライス的には意味ないけど、画像はないよりあった方がよいので……。

さて、先攻の愛知
ひつまぶし、天むす、きしめん、みそ煮込みうどん、みそかつ、手羽先、食の名物豊かな県ですが、はたしてオムライスはどうなんでしょうか??

手羽先の「世界の山ちゃん」のように、「世界のおむちゃん」なんて名前でそこら中の店があったら、それはそれで妙だとは思いますが(てか、想像したくもありませんが……)。

代表は文化洋食店 名鉄百貨店 本館

場所は名鉄名古屋駅内です。

残念ながら外観も、店内も、オムライスも画像がありません。
正確に言うと、画像はあるのですが、公認で取得できる画像がありません。

ということで、オムライスは食べログのページでご覧いただき、ここでは別メニューをご覧ください。
ちなみにオムライスは昔ながらのオーソドックススタイル。タマゴで包むタイプのようです。
養老タマゴのオムライス1,280円。

先ずは蟹クリームコロッケ。。

名古屋蟹クリームコロッケ

続いて、同じく蟹クリームコロッケのセット。。

名古屋蟹クリームコロッケセット

これはハンバーグです。。

名古屋ハンバーグ

カルパッチョもどうぞ。。

名古屋カルパッチョ

最後はプリンとシャーベットです。。

名古屋プリンとシャーベット


他の料理がオムライスに変わってチームを盛り上げておりますが、得点はどうでしょう????


出ました!


354

おー、結構高いですね。
これは、やるべきことはやったとの満足感が愛知に浮かんでいます。

続いて後攻の徳島

代表はサフラン。場所は徳島駅から300メートルほどです。
愛知が中心地名古屋の店ならば、こちらも中心地徳島の店。真っ向からの激突です!

どうやらオムライスとハヤシが評判らしいです。これは期待できるぞ~!!

オムライス840円。
ケチャップライスはふんわりと柔らか、包み込むタイプの卵もとろみを残してて柔らかく優しい食感とのことです。

徳島オムライス

他のメニューも見てみましょう。。

こちらも人気のハヤシライスです。

徳島ハヤシライス

日替わりランチと、一緒について来るデザートです。

徳島日替わりランチ

徳島日替わりランチデザート

以上ですが、さあ、これも高得点が出そうな雰囲気ですが、果たして……。

あーーーーーー!!!!!!


350

な、な、なんと僅か4点差!!
しかもハイレベルな争い。
1回戦屈指の好カードと言ってよいでしょう!

しかし、これには徳島はがっくりと肩を落としています。
気持ちはよくわかります。

ガンバレ徳島。この悔しさをバネに、また挑戦しましょう。

<記録>

○愛知 354 - ●徳島 350

文化洋食店 名鉄百貨店 本館 食べログ情報

文化洋食店 名鉄百貨店 本館 洋食 / 名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅名古屋駅

サフラン 食べログ情報

サフラン洋食 / 徳島駅阿波富田駅

食事喫茶 おしゃれ工房 游 - 2013.05.02 Thu

碧い海から潮風に乗ってやってきたオムライス

游外観


この日はゴールデンウィークの谷間の木曜日。
ふと海が見たくなった。そういえば江の島にオムライス食べられる店があったよなあと思い、ネットで調査開始。
おーあったあった。「食事喫茶 おしゃれ工房 游」。

思い立ったが吉日、即決して12時前の到着を目指して出発。

場所は非常にわかりやすい。
小田急線の片瀬江の島駅の改札を抜けたら、橋向こうの正面に背の高いビルが見える。このビルの5F。
訪問した時間は11:50。ゴールデンウィークで混んでいるかと思いきや、この日は谷間でお客さんはまだいない状態。
エレベーター前にメニューが貼ってあるんだけど、あれ?オムライスの名前がない……。
一抹の不安が頭を過ぎる。

しかも、

あれ、店員が誰もいないぞー……。
小さな男の子がひとり、店を取り仕切っている。

「もうやってますか?」
う~ん、ミニカーを握ったこの子に聞いても拉致があかない。可愛いんだけど、まだ店を取り仕切るにはちょっと早すぎるよなあ……。

「すみませ~ん」
「いらっしゃいませ」
厨房からやさしそうな声が近づいてきた。
男の子のおじいちゃんらしい。
「もう大丈夫ですか? あと、オムライス、あります?」

どうやらゴールデンウィークは時間がかかるメニューは外しているとのこと。なのでオムライスはメニューに出ていないのだが、特別に作ってもらうことに(決してわがままは言ってないですよ~)。
すいている時間に来てよかった。

装飾にピアノを弾くクマさん。小さな楽隊。なんかゴージャスで面白いぞ~。

游店内


江の島が正面に見えて、眺望も抜群。この日は朝の雨が止んで、爽快感も格別。
席は木のテーブルに各10人×5ほど。店内にはジャジーなピアノの曲が流れている。これはいとしのエリーだな。

主なメニューは以下の通り。
・游の定食(お惣菜、釜揚げしらす、魚の唐揚げ、和え物・サラダ) 1,500円
・かき揚定食(お惣菜、しらすと野菜のかき揚げ、和え物) 1,500円
・しらす三昧定食(生しらす、釜揚げしらす、しらすのかき揚げ、和え物) 1,500円
・魚の唐揚げ定食(お惣菜、唐揚げ、和え物) 1,300円
※全品ご飯、味噌汁、香の物つき

男の子と「やあ」なんて会話?を交わしているうちにオムライスが到着。

出ました、しらすのオムライス!!

游オムライス1ー2


ネギ、しらす、タマゴの淡色基調の配色に海苔がアクセントとなり、上品にまとまっている。
さすが、和風。
味噌汁つきで1,500円。量は少ないかな。

游オムライス2

游オムライス3


さてさて味はどうだろう。
うん、しらすの味を上手く引き出している。
オムライスとしらすが、お互いを引き出すようにまとめられている。
なので、タマゴには塩をつかっていないとのこと。
それと、味噌汁ととてもよく合う。
と言うか、この味噌汁、ダシがすごく効いていてめちゃ美味しい!
帰り際に聞いたんだけど、どうやら大根おろしを混ぜているとのこと。なるほど、いろいろな工夫があるんですね……。

味だけでなく、この店の工夫は随所に施されている。クマさんは座っているだけでなく自動演奏してくれるようだ。他にも130年前のイギリスのオルガンや、帆船型のサイドボードなど、ふんだんな装飾品が出迎えてくれる。
食材にもこだわりをもっていらっしゃるようだ。詳しくはお店の下記ホームページをご覧ください。

いかがですか、江の島の夕陽を眺めながらの食事なんて。
そのあと、もしかしたらいいことがあるかもしれませんよ……。

さて、食事が終わった後は、可愛い坊やがエレベーターのボタンを押してくれた。
ありがとう、じゃあな、バイバイ。立派な大人になれよ(大人の貫録を出して渋めに)。

ヒュー、ガシャン(エレベーターの扉が閉まる音)。

ん? 何か忘れているような……。
あーーー、入口の写真を撮るの忘れたーーーー!!!!!
戻るのカッコわる~。

2013年5月2日
■店舗情報
・住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17 江の島ビュータワー5F
・電話:0466-26-4300
・営業時間:11:30 ~ 20:00(L.O.19:30)
・定休日:火曜日

食べログ情報がないので、お店のURLを掲載します!

http://www.osharekobo-yu.com/

游花



You

 江の島ビュータワーのエレベーターを降り屋外に出る。
 一瞬にして、眩い光あふれる134号線と、その向こうに広がる碧い海が飛び込んで来る。

 ふと空を見上げる。

 どこまでも突き抜ける青が、東の果てから西の果てまで、海に負けじと一直線にキャンバスを染抜く。

 海の彼方を見やる。

 5月を乗せた浜風が、ジュンの長い髪をやさしくなでる。
 ドキッとするほどやさしい風。それはまるで、ユウのぬくもりのような……。

“今日のオムライスはどうだった?満足?”
 ユウのお決まりのセリフが、波間に浮かんでは消える。

「オムライス? そんな女子供の食べるものオレが食えるわけないだろ。まったく、どこまで少女趣味なんだよ。オレの方が年下なんてうそだろ」

「わかったよ。1回だけだぞ、1回だけつき合ってやるよ」

「なんか意外、美味しいなあオムライスって……」

「今度はどこにする? オレもさがす。オレの方が見つけるのうまいかもよ。ワハハ」

 バカじゃない。
 白い波頭に紛れる潤んだ思い出が、気丈に微笑む。

「その恰好なら大丈夫だな。よし、送って行ってやる。後ろに乗りな」
天気予報に反して急に降り出した雨に見舞われたバイトの帰り、それがユウの背中を感じた最初だった。
「いいか、しっかりつかまってろよ」
 はじめて乗ったバイクの後席。
 なぜだか安心感のある大きな背中。
 怖くてずっと目をつぶっていたけれど、ずっと続けばいいのにって思った時間、不安はなかった。

「いいか、夏の暑い時でも、絶対に長袖長ズボンだぞ。オレは運転には自信があるけど、いつ何があるかわからない。バイクはちゃらちゃらした格好で乗るものじゃない。それは例え後席に乗るときだって同じだ。それを守れるなら、いろいろなこところに連れてってやる。え? 強がった言い方するなって? 素直に一緒に行きたいって言えって……」

 ユウの背中を感じ、一緒に同じ風を感じ、そして、ひとつになった。

「え? バイクの免許を取りたい?」

 私も走りたい。一緒に、走りたい。どこまでも。

「おめでとう、じゃあ、プレゼントにレーシングスーツを買ってやる。飛び切りカッコいいやつ。可愛いじゃなくて、カッコいいやつな」

「おー、似合う、似合う。サイコーだよ。どこから見てもいい女だ。あぶねーなあ、浮気心なんて起こすなよ」

 大丈夫だよ。私はそんな女じゃないから。それに、……わかってるでしょ。

 ずっと一緒にいようねって。

 5月になったら、一緒に……。

「オレ、4月から正社員登用されるんだ! いつまでもバイトじゃあ嫁さんももらえないしな。あ、そうそう、5月の休みに泊りがけでツーリングに行こう。1号線から北鎌倉、鎌倉を抜けて海に出て、で、江の島の游でしらすのオムライスを食べよう。オレ、実はしらす大好きでさあ、すげー興味あるんだよね。第一、游って、オレと同じ名前で親近感わいちゃうし。それとね、そのツーリングでサプライズを用意しようと思ってる。え?言っちゃたらサプライズじゃないって。そりゃあそうだ」

 游のオムライス、美味しかったよ。あなたの分まで食べちゃったから。しらすのしょっぱさがちょっと沁みたけどね……。

 私は元気だよ。

 平気。

 バイクに乗るようになって、強くなることも、あなたに教えてもらったから。

 ジュンは、愛車CB400Fにまたがり真紅のヘルメットをかぶると、勢いよくイグニッションキーをひねった。

 これから西に走ってくよ。

 あなたが計画してくれたルートを、ちゃんとトレースするからね。

「ジュン、オレは悔しい。だけど、お前に出逢えてよかった。感謝してる。お前には、絶対に幸せになってほしい……。幸せにならなかったら、本気で怒るからな……」

 早いよ。早すぎるよ、ユウ。
 でも、悲しみとだって、仲良くなってみせるわ。

 ヒュイーン、ヒュイーン、ヒュイーン。

 3回ほど空ぶかしすると、ジュンは、ギアをローに入れ、クラッチをつないだ。

 だって、約束、だもんね……。

 観光客達の笑顔がはじける中、水冷2気筒のツインカムエンジンが軽快に吹け上がる。

 後には、焼けたオイルの微香だけが残された。


 ~ Image song ~
 
 悲しみよこんにちは

 作詞:森雪之丞
 作曲:玉置浩二
 唄 :斉藤由貴

 手のひらのそよ風が
 光の中 き・ら・き・ら 踊り出す
 おろしたての笑顔で
 知らない人にも「おはよう」って言えたの
 あなたに 逢えなくなって
 錆びた時計と 泣いたけど
 平気 涙が乾いた跡には 夢への扉があるの
 悩んでちゃ行けない
 今度 悲しみが来ても 友達迎える様に微笑うわ
 ・・・きっと 約束よ

 降りそそぐ花びらが
 髪に肩に ひ・ら・ひ・ら ささやくの
 出逢いと同じ数の
 別れがあるのね あなたのせいじゃない
 想い出 あふれだしても
 私の元気 負けないで
 平気 ひび割れた胸の隙間に 幸せ忍び込むから
 溜息はつかない
 不意に 悲しみはやってくるけど
 仲良くなってみせるわ
 ・・・だって 約束よ

 平気 涙が乾いた跡には 夢への扉があるの
 悩んでちゃ行けない
 そうよ 優しく友達迎える様に微笑うわ
 ・・・きっと 約束よ
海イメージ




時代は泣いているか - 2013.05.01 Wed

今日から5月。

風薫る5月。
5月病の5月。
要はとらえ方、考え方ひとつ。いろいろあるけどボクは前向きに行きます。

さて、4月にブログ公開を始め、月が変わった。
毎日ご覧くださる方、つきあってコメントをくださる方、ブログでたくさんの素敵な方々と出会い、とても嬉しく気力が充実しています。

本当にありがとうございます。
これからも何卒よろしくお願いいたします。

さて、今日の標題。

コラボ記事を書いてくださった「RYUのお話し」(←リンク)のRYUさんの4月のテーマより。

とても重要で、重いテーマ(と、個人的には思っています)。

月が変わったので借用させていただきます(RYUさん、すみません)。

始めに、RYUさんの「時代が泣いてる」(←リンク)の記事のバックで流れている曲から。

時代が泣いている

作詞:秋元康/作曲:芹澤廣明/編曲:鷺巣詩郎
歌:新井正人

型にはめられたルール通りに
生きていくことはやさしいけど
何もない0のところで
ルールを作るのは難しいことさ
だけど
古いロープに縛られちゃいけない
僕達は 自由なんだ

※"夢を忘れた忘れた子供達"と
 人は言う
 "全て忘れた大人達と"
 僕は言う
 ※"夢を忘れた忘れた子供達"と人は言う 
 ああー 時代が泣いている

誰かに敷かれたレールの上を
歩いていくことは楽だけれど
道もない荒れた原野に
レールを作るのは苦しいことさ
だけど
遠い向こうも知らなくちゃいけない
僕達は これからなんだ

(※Repeat)
(※Repeat)
ああー 時代が泣いている


1986年~1987年にかけて放映された「機動戦士ガンダムZZ(ダブルゼータ)」のエンディングソング。

たかがアニメ。されどアニメ。
世の中への影響力は絶大だ。

大人に対する絶望。子供に対する期待(過度ではなく、可能性)。
エヴァンゲリオンのパイロットが、ジンジ君をはじめとする14歳の子供達である理由……。

「虫眼とアニ眼」養老孟司x宮崎駿著の中で、お二人は子どもに大きな期待を持っている。
「生きる力なんて、子どもははじめから持っている。それをああでもない、こうでもないと、ていねいに殺しているのが、大人なのである。」
養老氏の言葉だ。

さて、時代は泣いているか?
皆さんはどう思われますか?
よろしかったらご意見をお寄せくださいませ。

ガンダムZZ BGM2

ぷちっくのショートストーリーをアップしました - 2013.05.01 Wed

ぷちっくのショートストーリーをアップしましたのでお知らせします。
「第15回ぷちっく」の食べレポにくっついていますので、よろしかったらご覧ください。

ところで……。

訃報が飛び込んできた。

牧伸二さん。

一世を風靡した「やんなちゃった節」。

特にファンだったわけではないけれど、光が消えていくのは寂しい。
しかも、4月29日に多摩川の現場付近に行っていただけに、尚更感慨深い。

哀悼の意を込めて、やんなちゃった節に乗せて以前思いついたものを。





うちの父ちゃんクルマが大好き

すぐにクルマを買い替える

おかげで家計は火のクルマ~

次に買うのは消防車

あ~あ やんなちゃった あ~あ ああ 驚いた


心よりご冥福をお祈りいたします。


pics2044.gif

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (135)
競馬関連 (23)
その他 (519)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (79)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (214)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR