2013
05.31

ジューCのある風景 with S

Category: お菓子
たくさん買ってしまったお菓子。
さてどうしよう……。

ロダンの考える人のごとく途方に暮れる朝、新着メッセージのメールが届いた。

「勢いで買ったそのお菓子、レビュー待ってます」

おーーーー!!!!なんという素晴らしいこと!

いつも、可愛く面白く切なく凛々しく優しい散文詩で素敵なハノイワールドにいざなってくれる、"コップに浮かぶ氷の様な人生さ"のハノイさん( ハノイのXXX リンク → http://hanoi6.blog54.fc2.com/ )。素晴らしいアイデアをありがとうございます!!

というわけで、購入したお菓子をネタにしよう!!

どれにしようかな???

よし決めた!

これで行きます。

はい、カバヤのジューC。

DSC_0565.jpg


前です。

DSC_0559.jpg

横のアップです。

DSC_0556.jpg

ん?カバガラスをかいてみよう???

なんか、びみょ~う。

これ、かいたことがある人、どれくらいいるのかなあ???

笑っていいとものテレフォンショッキングで1人に該当するかなあ???
(今もやっているのか知らないけど)

DSC_0568.jpg

DSC_0569.jpg

DSC_0570.jpg

DSC_0571.jpg

DSC_0575.jpg

DSC_0576.jpg

DSC_0577.jpg

DSC_0579.jpg


同じカバヤです。
さくさくぱんだの抹茶味、美味しいですよ!!

DSC_0561.jpg

あ、岡山なんですね。

DSC_0562.jpg

でも、カバヤって、小さい子は、結構な確率で「カバ屋」ってイメージすると思う。
少なくとも、ボクはイメージしてた。

小さい頃、「うすば かげろう」を「うすバカ ゲロ」だと思っていし、赤とんぼの歌の「おわれてみたのはいつの日か」のおわれては、背負われてではなくて追っかけられてだと思っていた。
そういう人、いますよねえ???

ついでに話すと、こういう話を聞いたことがある。

シャボン玉の歌。

シャボン玉とんだ
(ふむふむ、シャボン玉、とんだかあ)

屋根までとんだ
(えっ! や、屋根も飛んじゃったの……)

屋根までとんで
(ドキドキ、うん、とんじゃった)

壊れて消えた
(えーーーー、屋根、消えちゃったの……)


まあ、それはともかくとして、ジューCは好きです。

明るい食べ物ですね。決してシリアスは似合わない。

さくさくぱんだも、ね。

ということで、真夜中に書く即興ジューCストーリー。 


ひと粒のジューC

 冬山が、真夜中と手を組んで、道に迷った幼い姉弟を容赦なく飲み込む。
 助けを待つ明子は、弟の優真をしっかりと抱き寄せると、ポケットからジューCをとり出した。

 筒状の入れ物をこきざみに振ってみる。
 カタカタと、残り1個を告げるむなしい音が暗闇に響きわたる。

 その音に優真のおろおろする目が敏感に反応した。

 最後のひとつは優真にあげるよ。
 
 何の躊躇いもない心は、優真の目に安心を注ぎ込んだ。

「優真、これ、食べていいからね」
「えっ、だっておねえちゃんは……」
「うん、私は大丈夫だから」

「ねえ、おねえちゃん」
「なに?」
「ちょっと最後のジューC、出してみて」 
「どうして?」
「いいから」
 明子は入れ物からジューCを取り出した。
「ちょっと貸して」
 最後のジューCが優真に手渡された。
「なんかさあ、これ、去年おねえちゃんと一緒に見た満月みたい。すごくきれい。ほら、おねえちゃんも顔を近づけて見てみて」

 明子がジューCに顔を寄せる。
「本当だ。なんか静かに光ってるね」

 僅かな月明かりを受け、まん丸のジューCが、暗闇の中にぽっかりと浮かび上がる。

 それはまるで、桃源郷に浮かぶ月のよう。神秘的で、見ていて何故かほっとする。
 そんなジューCに魅せられ明子が、感動のあまり、微笑みを浮かべぽかんと口を開けた。

 と、次の瞬間、最後の1個のジューCが明子の口の中に飛び込んだ。
「おねえちゃん1個しか食べてないじゃん。だからお姉ちゃんのジューCだよ」
「優真……」

 それからしばらくして、遠くの方で、かすかに明かりが動くのが見えた。
「あ、助けが!」

 どうやら、お互いを思いやる姉弟に神様が救いの手を差しのべてくれたらしい。

 ひと粒のジューCが、幼い命に火をともす。
 
 救助隊の到着まで、あと少し。

END


やっぱなんか違うような気が……。


最後にカバヤの概要を。

Wikipediaより。

カバヤ食品

1946年(昭和21年)創業。終戦間もない頃、岡山駅前の喫茶店の店舗裏で菓子製造を始めたのが会社の起源だという。社名の「カバヤ」の由来は、戦後間もない頃創業されたことから、平和を愛し、おとなしい動物であるというイメージを持つカバから採った。

やっぱりカバだったんだあ!

コーポレートメッセージは「おいしい夢をカタチにしたい」。

う~ん、いいですね!


スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
2013
05.31

製菓メーカー売上高 全て当てるまで帰れま10

Category: お菓子
お口の恋人ロッテ。
チビノワの湖池屋。
さくさくぱんだのカバヤ。

と、最近紹介してきた。

世の中に、星の数ほどあるお菓子。

いや、星の方が数は多いだろう。
え? 数えたことあるの? 比べたことあるの?
いや、ないです。

まあ、それはどうでもよいです。

お菓子。

気になる……。

気になって寝られない……。

何が?



ということで、製菓メーカー売上高 全て当てるまで帰れま10

えーーーーーー! なんじゃそりゃあ!!!!!!!

今日は、製菓メーカーの売上高ベスト10を当てましょう企画。

ただし、何をもって製菓メーカーに入るのか微妙なところもあります。
なのでもしかしたらヌケモレがあるかもしれないし、お菓子以外で売上高が高くなっている企業もあるかもしれません。まあそこはご勘弁。

さあ、前置きはこれくらいにして行きましょう!
でも、難しいので、ロッテを含めて3社ほど先に埋めておきます。

以下の通りです。基本は2011年度の売上高ベース(一部異なります)。

 1
 2 ロッテ 4,709億円 
 3
 4
 5
 6
 7
 8 不二家   899億円
 9
10 中村屋   410億円 

では参りましょう。

どこですかねえ……。

とりあえず思いつく有名どころをあげましょう。

では、明治!

チョコレートは明治と言っているし、これはあるでしょ……。

DSC_0534.jpg

さあどうか????

明治は……




第1位!

明治ホールディングス、売上高1兆1千億円。

いきなり1位的中、さい先がよいです!

ではこの勢いで行きましょう。

う~ん……。

森永!

いちごのキョロちゃんです

DSC_0545.jpg

森永もあるでしょ~。

さあ、森永は……。


第6位!

森永製菓、1,471億円。

6位ですかあ。。もう少し上かと思いましたが。

さあ次は????

えーと、では、グリコ!

これはプリッツ

DSC_0515.jpg

この辺は固いでしょうね……。

さあ、何位でしょうか??

グリコの順位は……。


第3位! おーーーーー!!!!!
江崎グリコ、2,899億円。

いいですねえ、ここまでパーフェクト。

乗ってきました。

次も行きますよ~。

さあ、パーフェクトなら賞金1万円!

え?誰が出すの?

ん?ボク。

誰に出すの?

ん?ボク。

意味ないじゃん!!!!!!

また脱線しました。

次に行きましょう。

この辺から難しくねりますねえ。。

んーーー、では……、

カルビー!!

ポテトチップのカルビー。

DSC_0530.jpg

どうでしょう????

カルビーの順位は???


第5位!
カルビー、1,632億円。

いいねいいね。
早くも残りはあと3つ!!

じゃあ、行っちゃうよ!

ポテトチップと言えば、カルビーともうひとつ。湖池屋!

ここはカラムーチョで刺激的に……。

DSC_0511.jpg

おーいいカンジ。

さあ、湖池屋の順位は???

第13位!
湖池屋、306億円。

えーーーー!!!!!!
ショック~。
カラムーチョ、ヒー!

パーフェクトならず!

ここまでを整理すると、

 1 明治ホールディングス 1兆1千億円
 2 ロッテ     4,709億円
 3 江崎グリコ   2,899億円
 4 
 5 カルビー    1,632億円
 6 森永製菓    1,471億円
 7 
 8 不二家      899億円
 9 
10 中村屋      410億円 

えー、どこだあ???

うーん、では、ブルボン!

ブルボンは品があるぞ路線で、あまりふざけたことしないなあ。。
これはアルフォート。

DSC_0522.jpg

さあ、ブルボンの順位は……。


第7位!!

よしよし。

では次も当てちゃいましょう!

そうだなあ……。

あ、わかった、ハウス!
お菓子というよりも、バーモントカレーとかのイメージが強いけど……。

とんがりcornです。

DSC_0519.jpg

ハウスは入っているのか???


第4位!
ハウス、1,029億円

やたー!

OK、さあ、あとひとつ。

おー、わすれてた、ごめん、さくさくぱんだ!

さあ、決めますよ!

カバヤ!

定番ジューC。

DSC_0536.jpg

さあ、これで決まりか???


カバヤは……

第14位!
カバヤ、263億円。

なにーーー!!!

なんだよーー。

ガンバレガンバレ!

おっと、時間がなくなってきました。。

やばい、さっさと行きましょう!

では、おやつカンパニー!

やっぱベビースターでしょ

DSC_0527.jpg

えー? 入ってるかあ???

おやつカンパニーは、

第17位!
おやつカンパニー、173億円。

えー、あせるー。

時間が……。

じゃあ、これ!

DSC_0538.jpg

え?生姜?

あ、関係ない!
( 何で生姜? はい、わかる人にはわかります )

あー、時間が……。

プリッツの裏であひるの空が応援します!

DSC_0517.jpg


じゃあ、これ!

銀座餅!

DSC_0543.jpg

え?何それ?美味しそうなお煎餅だけど……。

銀座花のれん?

ブー、残念ながら計測不可能。

やばいやばい……。

あ、そうかあ、わかった!

お煎餅と言えば、

亀田!

亀田のあられお煎餅、これは期間限定

DSC_0525.jpg


さあ、亀田は???

第9位!
亀田、787億円。

やりました!制限時間ぎりぎりで全て当てました!!

では、結果です。

 1 明治ホールディングス 1兆1千億円
 2 ロッテ     4,709億円
 3 江崎グリコ   2,899億円
 4 ハウス食品   2,143億円
 5 カルビー    1,632億円
 6 森永製菓    1,471億円
 7 ブルボン    1,029億円
 8 不二家      899億円
 9 亀田製菓     787億円
10 中村屋      410億円 
11 なとり      330億円
12 井村屋グループ  326億円 
13 フレンテ(湖池屋)306億円
14 モロゾフ     263億円
14 カバヤ      263億円
16 東ハト      217億円    
17 おやつカンパニー 173億円

ということでした。

いかがでしょうか?
大体予想通りですか?
それとも意外ですか?

さて、今回の買い物は、これで合計974円

kingaku.png

お菓子は1,000円まで(? もっと下?)という遠足ルールぎりぎりに収まりました……。
( 本当はたまたまこの値段だった )

めでたしめでたし。。

でも、勢いで買っちゃったこのお菓子どうしよう。

みんな好きなのばっかだけど……。


Comment:8  Trackback:0
2013
05.30

しんゆう

Category: その他
友達以上恋人未満。

またかい!!

って、いや、今日は文系モード全開です。

今日は「友達」の方で。

友達。

ともだち。
それは20世紀少年です。

友達の輪。
それは笑っていいともです。

友達は多ければいいのか????

ボクは違います。
友達の多さを人気や人望のバロメータにする輩もいるけれど。

大切なのは、しんゆう。

しんゆう。

どういう字を書きますか?

親友。

そうですね。

でもボクは、「しんゆう」って何種類かあるように思います。

新友。

4月に新たな生活が始まって、新しい友達ができた方も多いかと思います。
ボクの場合、4月にこのブログを公開して、新しくいろいろな方と「ブロ友」になりました。

親友。

新しい友の中には、心底気心が知れる仲になれる人もいて、やがて親友に発展します。
でも、「親しい」って、なんかピンとこなくて、響いて来ないんですよねえ……


で、ボクが大切にしたいのが、次です。

心友。

こころの友。

それは実生活だけでなくネットでも同じ。

ボクはこのブログで「ぬくもり」を共感できたらいいなあって思っています。
柔かくてやさしいオムライスは、その象徴です。

心友、こころの友に通っているのは「ぬくもり」です。

でも、決して「ぬるま湯」ではありませんよ。

共感ができて、時に励まし合い、お互いがお互いの支えになって。
もしかしたら、いい意味で言い合ったりすることもあるかもしれません。
でもそれは、無関心や本音を隠して黙っていることより遥かにあたたかい。

そんな友と巡り合い、生きていけたら素晴らしいと思います。

パソコンから伝わってくる36°の体温を大切にしたいですね。

最後が真の友。

真友。

これは印象としてちょっと重い気がします。
でも、もしかした永遠の友なのかもしれません……。


さて、話しは変わりまして……。

昨日のオムライス選手権で石川県が勝利しましたが、その石川県から素敵なニュースが届きました!

ネットで調べていたらすごいオムライスが!!
「え、石川さんてそうだったんですか!?」ってカンジですよ
で、さっそく連絡をしてみました。
それについては近日中に記事にしてお知らせします。。


ではこの辺で。今宵は中村雅俊の代表曲を2曲。

よい夢を……。

● 心の色



● ふれあい




 
Comment:6  Trackback:0
2013
05.28

オムライス選手権 1回戦 第15試合 石川 VS 島根

さあ、1回戦最後の試合です。

会場には雨が降ってまいりました。
どうやら梅雨入りのようですねえ……。

ところで、FC2のログイン画面で、「ラグナロクオンライン ブリザブレイク」の絵が出てきて毎回「わー」って圧倒されてしまうのは私だけでしょうか???

輪島塗、金沢の近江町市場の石川。
対するは出雲の国、日本テニス界が誇るプリンス錦織圭を産んだ島根。

早くも試合開始です。

先攻は石川
代表はシェクープル。野々市市の、額住宅前駅から1,228mにある店です。
この店の評判は、ずばり、オムライス!
来ましたねえ、ど真ん中のストレートオムライス。

食べログを見ると洋食屋さんのオムライス924円。それ以外にもオムライス系があるのですが、オムライスではなくオムレツライスとあります。価格はランチメニューで1,050円。若鶏と茸のホワイトソースがけオムレツライス1,029円など。

そして何といっても、このオムライスは口コミの内容がすごいです。

「今までで一番美味しいオムライス」
「毎回満席で食べたれなかった」
「念願のオムライス」
「オムライスが食べたくなったら是非お勧めしたいお店」

オムレツはと言うと、
上半分だけ真一文字に切れ目を入れて開くと『デローン!』と中から半熟の卵が広がりますとのこと。
続いて、この瞬間、誰もがにやけます(照笑)とあります。

これは大変だぞー。
期待大かあ?????

満員というお店の外観です。

ishikawa gaikan


店内の公認画像はないので、さっそく料理に行きましょう!

先ずはサラダ。

ishikawa sarada

おー、出ました!
ishikawa omurice

こちらも
ishikawa omurice2

締めは
ishikawa dezato

すばらしい流れです!

さあ、注目の得点が出ます



356

おー、いい得点が出ました!
やるなあ、石川。
これには島根も苦笑い。ちょっと厳しい展開か???

対する島根の代表は洋食屋のクルトン
出雲市の雲州平田駅から3,031mと、駅からは離れたところにあるお店です。

さあ、ここも評判はいいようです。

食べログを見ると……

「ウリはオムライスのようです」
お、いきなりきましたねえ!

「オムライスは結構な大きさでしたが、中はフアフア玉子でとろける感じ」
ふむふむ。

「ソースも美味しかったらしく、娘には珍しく一気の完食」
おー。

「オムライスを楽しむお店と言うことで間違いないようです」
わおー。

外観、店内はきれいにまとまった感じですが、こちらも残念ながら公認画像がありません。

ということで料理に参りましょう!

これはハンバーグですね

shimane ryori

これはデザートですね

shimane dezato2

こちらも……

shimane dezato


さらに……

shimane dezato3

おーい、オムライスないのかあああああああ!!!!
同じ色だからってだまされないゾー!!!

あれだけ口コミされておいて。。
デザートも美味しそうだけど……。
いいなあ、デザート。

いやいや、誘惑に惑わされてはいけません。

これはちょっと残念ですねえ。
得点に響かなければいいのですが、はたして……。

341

これもなかなかの得点なのですが、石川には及びませんでした……。
残念!

この結果、石川が2回戦進出です!

次回からは2回戦に突入です。

熱戦が繰り広げられることを期待しましょう!!

では、敗れた島根の他の代表を紹介してお別れです。

島根第2代表は「レストラン西洋軒」。

shimane seiyouken gaikan

オムライスの評判は上々です。
オムライスの画像がないのが残念。
口コミをちょっと見てみると、
「オムライスがメチャ美味しい!」
「かかっているデミグラスソースが美味しくてスプーンが止まりません」
う~ん、いいですねえ。

島根第3代表は「カフェ ポンム ベエル」
オムライスは880円。ふわとろではないようです。残念ながらまたまた画像がありません。

<記録>

○ 石川 356 - 341 ● 島根 

シェクープル 食べログ情報

シェ クープルオムライス / 額住宅前駅馬替駅乙丸駅

クルトン 食べログ情報

クルトン洋食 / 雲州平田駅旅伏駅荘原駅

レストラン西洋軒 食べログ情報

レストラン 西洋軒洋食 / 松江しんじ湖温泉駅

神門通りカフェ ポンム ベエル 食べログ情報

神門通りカフェ ポンム ベエルカフェ / 出雲大社前駅

☆追伸☆

今日5月29日は、いつも楽しませていただいているブロ友のあんなさん( 美咲アンナのポエム日記 リンク → http://misakianna.blog.fc2.com/ )のお誕生日とのことです!数か月前に右も左もわからない状態でブログを始め、いろいろな方に助けていただいたのですが、あんなさんにも助けていただきました。

おめでとうございます!!
ささやかながら感謝の意を込めて……。

annasan.png



Comment:6  Trackback:0
2013
05.27

10まんボルトのキズナ

Category: ストーリー
よっちママさんのピカチュウのオムライスから思い浮かんだストーリーを書いてみました!
よろしかったらご覧ください。
あ、ダービーでキズナが勝ったからこのタイトルにしたわけではないですよ~!

10まんボルトのキズナ

 改札を抜けると、まだ山間の肌寒さを身に纏った、ちょっとよそよそしい風が聡の頬をかすめた。
 11年ぶりに降り立つ故郷の駅。見慣れない景色が目の前に広がる。市町村合併のあおりなのか、駅前の再開発が進み、唯ひとつ昔を垣間見れる酒屋の看板の苦笑いだけが聡に安心感を与えてくれた。

 だいぶ変わっちゃったなあ……。11時30分か。さて、行くかな。

 駅前の道も以前とは違う様相だ。それでなくても不安を抱えた心に、都会の化粧をまねた商店街の冷たい視線が追い打ちをかける。

 やっぱりやめようかな……。
 頼りなさ気な目が空を見上げる。

“大丈夫だよ”
“心配するなって。ほら、背筋をピンとのばして”
 午前中の終わりを告げる青い空と眩い太陽が、やさしく微笑かけてくれた。

 心強い味方はいつでも良い流れを作ってくれる。
 商店街を抜けると、ほっとする変わらぬ家並みが聡を出迎えた。

 同時に、今度は見覚えのある風が街路樹の間を軽快にすり抜け、聡の横を通り過ぎて行く。
“あ、聡、久しぶり!お帰り!”
 すれ違いざまに、風が振り向き、ささやく。

 レンガ色の屋根の向こうに見える火の見やぐら。
 四つ角の脇に並ぶ道標とお地蔵さん。

 うん、何も変わっていない。大丈夫だ。

 いつの間にか軽くなった足が、歩を早める。

 あの丘まで、あともう少し。
 あの日の、佳澄とのあの約束の、あの丘まで……。

「じゃあ、ふたりで一緒に埋めるからね。佳澄も準備できた?」
「うん、いいよ」
「ねえ、何て書いたの?」
「バーカ、それを言っちゃったら意味ないでしょ」
「バカって言うな。だって気になるだろ」
「じゃあ、あなたは何を書いたの? ふつう女の子に聞く前に自分から言うものよ」
「おー、そうか。いいよ。オレはねえ……」
「だめーーーー!聞きたくなーーーい!」

 あわててふさがれた口。
 佳澄の手から伝わる、清らかな香りと柔らかいぬくもり。
 熱い鼓動が笑顔をかき消した。
 その鼓動の命令に従い、見つめあう、目と、目。
 ふたりの時間が止まる。
 心が、溶け合い、一色になって行く。
 やがて、……。

 11時45分。

 聡は丘に向かう最後の角を曲がった。

“やあ、聡くん。ようこそ!”
 古びた教会が微笑む。
 その水先案内人は、新緑に囲まれた高台へと続く道に木漏れ日の明かりを灯す。

 石畳を、一歩一歩、踏みしめる。

 やがて視界が開け、想い出の詰め合わせが聡の目に飛び込んできた。

 ペンキのはげかけたベンチ。
 ふたりで、時の経つのも忘れて戯れあったシーソー。
 突然の雨に、あわてて駆けこんだ休憩コーナー。
 そして、あの日、その下で約束を誓い合った、大きな桜の木。

“どうだい聡。何も変わっていないだろ”
 聡を追いかけてきた風が、遠くに目をやりながらつぶやく。

“大丈夫。さっき言った通り。何ひとつ変わっていないから”
 空と太陽が仲間に加わり、聡を囲んでくれる。

 11時55分。

 胸の鼓動が高鳴る。
 上映開始のブザーが鳴った映画館のように、辺りが一斉に静まり返る。
 
 芝生に腰を下ろす。
 目を閉じ、じっと約束の時間を待つ。

 まぶたの裏に、佳澄の笑い声がよみがえる。

「いい聡、2013年5月12日だからね。時間は12時」
「15年後かあ……」
「そのとき、笑って見せ合えたらいいね」
「できるに決まってるだろ。ていうか、それまでにもうバレちゃってるんじゃない」
「本当? 信じてるからね」

 中学時代の15歳の約束。

 それから倍の人生が過ぎ去っていった。
 あの日桜の木の下に埋めた約束は、今も置き去りのまま。

 来るわけないよな……。
 15年前の子供じみた飯事を、なんでオレは引きずっているんだろう。

“バーカ”

 あの日の佳澄の言葉が体中を駆け巡る。
 ホント、バカだよな。

 白い雲が、ゆっくりと飛んで行く。 

 ディーン・ドーン。ディーン・ドーン。
 やがて教会の鐘が、約束の時間を告げた。

“サトシ”
 鐘の音に乗って、遠くの方で、風が自分の名前を呼んでいる。

“来てくれたんだね”
 風がささやく。

“約束、守ってくれてありがとう”
 風が、そっと肩にふれる。

 あの日、聡の口をふさいだ、あの柔らかいぬくもりが肩から体中に広がって行く。

 清らかな香りが、辺りを包み込む。

 え?

 まさか……。

 うそでしょ。

 夢?

 キ・セ・キ。

 きっと来るって自分に言い聞かせてはいたけれど……。 

 
 そっと目を開ける。

 15年前よりちょっと大人びた、でも変わらない瞳が、聡の目に映りこむ。

「………」
 
 声に、ならない。

 ブルージーンズにボーダーのTシャツ。足もとはホワイトのスニーカー。
 あの日と同じボーイッシュなファッションが、目の前で微笑んでいる。

「待ってたよ」

 いつしか離れて行った心が、再会の握手を交わす。
 佳澄は、伸びをひとつすると、聡の横に腰をおろした。
「何か、ちょっとだけ冷たいけど風が気持ちいいね」
「うん……」

 いざ会ってみると、ちょっと気恥ずさはあるものの、不思議と昨日も会ったような落ち着いた感覚がふたりを包み込む。

「あのさあ、佳澄……」
「うん」
「いや……」
「じゃあ、私からいくよ」
「うん」
「あのね……」
「あ、ちょっと待って。やっぱりオレから……」

 遠くの方に湖がかすんで見える。その上を、遊覧船が、ゆっくりと進んで行く。

「佳澄、誕生日おめでとう」
「ありがとう。でも大台になっちゃったね、先に」
「そうだね、お姉さま。そのお姉さまにプレゼント持ってきたよ」
「へえ、何かなあ」
 聡はカバンの中からプレゼントを取り出すと小声で言った。
「後ろを向いて」
 佳澄の髪を束ね、そのプレゼントでそっとまとめる。
「え、なになに?」
「佳澄がほしがってたシュシュ。頑張って作ってみた」
「え!もしかして」
「うん、四つ葉のクローバーをデザインしたやつ」
「え!自分で作ってくれたの?」

 佳澄の瞳が、遠い湖と同化する。

「ありがとう……。私も持って来たよ」
「え?」
「これ」
 佳澄は、チェックの布に包まれた弁当箱を取り出すと、
「一緒に食べよ」
 そう言って蓋を開けた。

「あっ!」

“ピカ~!”
 弁当箱いっぱいに詰まったオムライスのピカチュウが、聡の胸に飛び込んできた。

「佳澄……」

「ほら、聡、言ってたでしょ。お前、料理うまくなれよって。で、オレにピカチュウをデザインしたオムライスの愛妻弁当を作ってくれって。ね、オムライス好きのピカチュウマニアさん!」

 聡の頬が、ピカチュウの頬に負けないくらい赤く染まって行く。

「私、聡は絶対に来るって信じてたよ。聡は?」
「オレ、ちょっと不安だった。でもさあ、ずっと気になってて、しかも実は1週間くらい前に佳澄が『約束だからね』って叫んでる夢を見たんだ。はっとして目が覚めて、それからは今どうしているんだろう、会いたいって無性に思って、もしかしたら本当に会えるんじゃないかって。いや、絶対に会えるって。もう、佳澄のことしか考えられなくて」

 佳澄の肩が、聡の肩に、そっと寄り添う。

「私、高校に入って聡と別れて、卒業して、やっぱり聡に会いたいって思ったら聡は遠くの大学に行っちゃって。それからいくつか恋愛もしたけど、本当に私のことわかってくれるのって、……」

 オレもだよ。聡は心の中でつぶやいた。

 もうそれ以上、余計な言葉はいらなかった。

「そうだ、佳澄、今日は見せ合うんだよね、書いて埋めたやつ」
「そうね、でも、私はもういいかな」
「え?どうして?」
「これ、食べてもらったから……」
「なるほど、そういうことだったんだ」
「聡は?」
「え、オレ……」
「いいでしょ、教えてよ。やっぱ掘ってみようか?」
「いや……、あれはあれで埋めておこ。オレたちがここに生きていた証として」

 聡は目を閉じ一呼吸置くと、続けた。

「オレはねえ、あの教会の鐘をふたりで鳴らして、この丘で佳澄とふたりの子供の笑顔を見ていたい、そう書いたんだ」

 四つ葉のクローバーのシュシュをした佳澄の髪を、柔かいぬくもりがやさしく撫でる。
  
「ねえ聡、私ね、生まれて15年目の誕生日をここで聡と過ごして、それから、丁度同じだけ年がたった今、また聡と一緒で、なんだか自分が生まれ変わったような気がするの。新しい、いや、本当の自分に」

「10まんボルト……」

「え?」

「オレたちのキズナ」

「どういうこと?」

「本当にびっくりで、こんな奇跡があるんだなって思う。普通は会えないよね。でも、こうやって再会できたのって不思議でも何でもなくて、最初からオレたちは一緒になる運命だったんだなって、そんな風に感じるんだ。一度別れたのも、まだ子供だったオレ達に神様が与えてくれた時間のような気がする。時間も場所も超えられたキズナは10まんボルトの威力さ。もう離れることは絶対にないね」

「まったく、ピカチュウマニアがあ。でも、うれしいよ」 

 青い空と、白い雲と、眩い太陽と、爽やかな風が、微笑みながらひそひそ話をする。

 白い雲が、太陽を隠す。 

 佳澄のシュシュを、ちょっと強い風が揺らす。

 「寒い!」

 佳澄の身体がかすかに震える。

 聡のぬくもりが、その身体を抱き寄せる。

 どこまでも続く青い空が、ふたりを包み込む。

 そして、奇跡という名の必然が、四つ葉のクローバーに彩られたふたりの10まんボルトのキズナを祝福する。


pika.png

ピカチュウが可愛くはじけます(*´▽`*)



Comment:2  Trackback:0
2013
05.26

牛國屋のラーメン

Category: その他
というわけで、ダービーはあえなく、押さえの馬連1-9のみで残念な結果に。
1-5、7中心に夢を買いに行って、が~ん。。。

よし、やけオムライスだああああって、横浜で食べようと思ったら、

超めっっっっっっっっっっっっちゃ満員!!!
(まいちゃん、またパクってしまいました……。アレンジ版ですが……)

ってわけで、今日はオムライスは諦めた。

あ、まいちゃんと言えば、前回(5月23日)の「まいちゃんのグルメ日記」の記事が兵庫の「洋食の朝日」!
オムライス選手権の兵庫第一代表で、かなりの高得点をあげたお店。
( まいちゃんのグルメ日記 リンク→ http://7to6x41fcu9y.blog13.fc2.com/ )

いいなあ、うらやましいなあ……。
本当に美味しそうです。。

記事を見ると、感想が、

超超めっっっっっっっっっっっっっちゃウマぁ!!!

となっている。

前回の煉瓦屋さんが、

超めっっっっっっっっっっっっちゃウマぁ!!!

わかりますか、この違い。

「超」か「超超」の違いでしょって?

それはもちろん。まだある。

「っ」の数。

上は13個。下は12個。ここでも違いを表現しているのである。

まいちゃん、本当にすみません。
思惑とは全く違うかもしれませんし、勝手にこんなこと書きまして……。
お願いですから、「もう来ない」なんて言わないでくださいね……。

さて、オムライスを断念し、知人に進められたラーメン屋の「牛國屋」を訪れた。

牛國屋は、今年4月にオープン。伊勢佐木町にある焼肉屋から派生してでできた店。
平戸桜木道路を桜木町方面から進み、日ノ出町駅を超えてしばらく歩いた右手にある。

ラーメン屋というと大きな看板で「ラーメン屋です」と主張する店が多いのだけれど、牛國屋は小声で「あ、ラーメン屋です」とささやいているような小さな看板で、間口も広くないので、気をつけないと通り過ぎでしまう。

DSC_0480.jpg


訪問したのは16:00頃で、お客さんはいなかった。

店内はオシャレ。綺麗にまとまっていて、ラーメン屋のイメージとはちょっと違う。

DSC_0490.jpg

メニューは紅麺750円、白麺750円の2種類。これにトッピングを追加できる。
スープは牛骨オンリーの出汁で、焼肉屋さんのクッパだね。

DSC_0502.jpg

さて、どっちにしようかな???

お、何だ?
紅麺 + 牛テール900円?

うん、これにしよう!!

食券を買い注文し、しばしの待ち時間。

やがてラーメンが登場!!

DSC_0487.jpg

お、これもオシャレ!
なんか、器がななめってる……。

わー、辛そー。まるでカルビクッパのラーメン版のようだ。真赤なスープ!!!

コショウ、にんにく、肉みその調味料をお好みで、とのことだが、先ずはノーマルで。

DSC_0484.jpg

ではいただきます!

スープは見た目ほど辛くない。うん、美味しい!
辛い系ってやみつきになるんだけど、このラーメンもまさにそんなカンジ。

白髪ネギ、レンコンチップ、バラ肉。それに牛テール。
どれも美味しい。いいですね~。

DSC_0497.jpg

牛テールは骨つきなのでかぶりつき!

DSC_0491.jpg


ガオー!!!!!!

たまに野生が目を覚まして骨付き肉を食べたくなるんだけど、肉食獣になった気分。

麺も美味しい。
もちもちしていて、ツルっとしてのど越しもよいよい!!

DSC_0495.jpg


量はちょっと少なめかな。

ということで完食!

DSC_0499.jpg

ダメでしょ!ラーメンのスープを全部飲んじゃあ!!
スミマセ~ン、でも好きなんで……


この店は4月にできて、最初の3か月はお客さの入る時間帯を見極める等のために、年中無休24時間で営業している。まさにコンビニ的ラーメン屋。

なので、思い立ったら食べに行かれる!!

今度は白麺を食べてみよう!!

DSC_0488.jpg

Comment:5  Trackback:0
2013
05.26

第80回 東京優駿(日本ダービー) 予想

Category: 競馬関連
今日はいよいよ日本ダービー。
ということで、オムライス選手権に続いて二本立てで行きます!

ま、予想が当たるかどうかはともかくとして、予想の過程を楽しみますよ!
ですので、馬券はご自分の判断でご購入くださいませ。

では、先ずは出馬表から

枠  馬番 馬名        単勝オッズ(前日)
1  1  キズナ         3.0
1  2  コディーノ       7.5
2  3  アポロソニック    52.1 
2  4  クラウンレガーロ  144.6
3  5  メイケイペガスター  22.6 
3  6  ラブリーデイ    191.7
4  7  ヒラボクディープ   18.2
4  8  ロゴタイプ       3.3
5  9  エピファネイア     5.7
5 10  タマモベストプレイ  52.2
6 11  テイエムイナズマ  130.4 
6 12  サムソンズプライド  71.5
7 13  マイネルホウオウ   29.9
7 14  アクションスター  173.3
7 15  フラムドグロワール  68.5
8 16  ペプチドアマゾン   84.0
8 17  レッドレイヴン    58.2
8 18  ミヤジタイガ    190.0 

ではまず、注目していた80番ゲートから。
今回は第80回。ということで、1番から数えて80番目
18の次は1に戻って19、20、・・と循環して数える)のゲート、つまり8番ゲートに何が入るか???

で、入れてきたのは、「ロゴタイプ」!
朝日杯FS、皐月賞を制した二冠馬。ダービーで三冠を狙う。
なるほど……。

次に、当日のイベントから。
プレゼンテイターは……。
ダービーは西田敏行さん。
西田さんから連想するのは、現在は「重の桜」。
古くは「池中玄太80キロ」。
うん、やっぱ8番、もしくは8枠は切れないなあ……。
それと、西田さんは福島県出身で、復興支援にご尽力されている。
福島、復興、…・・、絆、キズナ。1枠1番キズナ。

また、同時開催の京都競馬場メインのプレゼンテイターは松平健さん。
松平さんと言えば「暴れん坊将軍」。代将軍吉宗。こちらも8。

次の情報。
当日は過去のダービー勝馬2頭が東京競馬場に来る。
ウイニングチケッチとアグネスフライト。
この2頭の共通項は?????

ダービー勝ち以外に、この2頭ともに京都新聞杯に勝利している。
今年の京都新聞杯の勝馬は、……「キズナ」!

やるなあJRA。
ぱっと見で1番人気キズナと2番人気ロゴタイプとは……。

続いてこれ。
ダービー記念ロゴ。
先日東京競馬場に行ったときに入手した。

ダービーロゴ

JRAの記事 → http://jra.jp/news/201304/040102.html 

ダービー記念ロゴ。ロゴ。ロゴタイプ。う~ん。

それと、色は赤。
ということは、3枠5番、6番に注目。

5番はディープインパクトがダービーを勝った馬番。
ディープインパクトの三冠は
皐月賞14番 ダービー5番 菊花賞7番
今年の桜花賞、皐月賞ともに7-14で決着。
5番は、先週のオークスでデニムアンドルビーが3着。
今回も5番は注意!
しかも、今回出走しているディープインパクト産駒は2頭。
1番キズナと7番ヒラボクディープ。
前走はともに5番ゲート。

5番メイケイペガスターはいいカンジ……。

次に、サイン馬ミヤジタイガ。
このところ、連続して隣り馬を馬券にしている。
前走から遡ると、

皐月賞     6番 →  7番ロゴタイプ1着
弥生賞     4番 →  3番コディーノ3着
若駒S     3番 →  4番リンドファミユ1着
ホープフルS 10番 → 11番マイネルストラーノ2着 

今回は18番。
隣りは17番レッドレイヴンか1番キズナ。

 
続くサイン馬はラブリーデイ。
G1で隣りを馬券にしている。
皐月賞    13番 → 14番エピファネイア2着
朝日杯     6番 →  5番コディーノ2着

ラブリーデイのオーナーは金子真人氏。ディープインパクトのオーナーである。
金子氏所有場出走のG1戦を見ると、上記の皐月賞、朝日杯以外に、
オークス  5番デニムアンドルビー 自身3着
天皇賞  12番フォゲッタブル → 13番レッドカドー 3着

自身か隣りが馬券になっている。

ラブリーデイは朝日杯、皐月賞同様6番(皐月賞は13番=18頭立の後ろから数えて6番)。
隣りは5番メイケイペガスターか7番ヒラボクディープ。

5番メイケイペガスターの対面(後ろから5番目)はアクションスター

う~ん、でき過ぎの気もするが、罠か、本物か……。

更に。

ダービーは、ダービー卿チャレンジトロフィー2着馬番が連動。
今年は5番ダイワマッジョーレが2着。

枠の作りで皐月賞、朝日杯と比べると、

皐月賞は
12 コディーノ    3着
13 ラブリーデイ
14 エピファネイア  2着
 
朝日杯は
3  ゴットフリート  3着
4  テイエムイナズマ
5  コディーノ    2着

ダービー
5  メイケイぺガスター
6  ラブリーデイ
7  ヒラボクディー

かつ、ここでサインになっているラブリーデイとテイエムイナズマは、

皐月賞 :13番と18番(5間隔)
ダービー: 6番と11番(5間隔)

で同じ。

これは、5番、7番とも可能性ありかな???


ということで、1、8中心に、5、7。

あとは、穴馬を絡めて…

10、13、15,17

それと人気の2、9をおさるか????

その辺で考えてみよう……。

では、みなさんの幸運をお祈りしております!!



< 5・26 10:55追記 >

東京12レース 目黒記念の買い目を決めました

ワイド4点

 12-16 (本線)
  3- 7
  3-12
  7-16

これを中心に行ってみます!
Comment:8  Trackback:0
2013
05.25

オムライス選手事件 1回戦 第14試合 茨城 VS 鹿児島

さあ、2回戦から登場のところもありますので、1回戦は残り2試合となりました。

続く試合は茨城対鹿児島。

サッカーで言えば、鹿島アントラーズ対鹿児島実業

え? Jリーグ対高校かい。。

いやいや、ともにサッカー界を支える名門ということです(ちょっとくるしい)。

今日はこの後に行われる日本ダービー予想のため放送時間枠が短いようです。

さあ、さっそく行きましょう!

先行の茨城。代表はウオカネです。

所在は水戸駅から4キロ近くはなれており、クルマでないと厳しいようです。
しかし、デカ盛りの店で有名。

注目のオムライスは、ケチャップ&デミオムライス1,180円で、1.2キロの超大盛りのようです!
え? そんなにあってホントその値段?

しかっし、どうやらオムライスの画像はないようです。

よって代わりに、先ずは焼肉。
デカ!

ibaragi yakiniku

サラダ。
おー。

ibaragi sarada


ナポリタン。
なんか、おなか一杯でちゅが……。
なんでここまでチビノワグマを引きずるかああああああ!!!!!

ibaragi naporitan

さあ、オムライス画像がない中、果たして得点はどうでしょう……。



318

おーっと、これは関東の無敗神話に黄色信号がともったか???
思わずガッツポーズの鹿児島!

続いて後攻の鹿児島。代表は亜羅人
鹿児島市内の騎射場駅から400メートル程度の場所にあります。

漫画喫茶でもあり、学生向けなのかボリューム満点の店。
オムライスはトンカツがのり900円程度とのことです。

画像は残念ながらこれのみ。
しかし、カツがドカンと乗っているのがわかります。

kagoshima omurice

さあ、得点は……



306

う~む、のびません……

これには楽勝ムードが漂っていた鹿児島もあ然。

この結果、茨城が2回戦に駒を進めました!!

では最後に、敗れた鹿児島の第2、第3代表をご紹介いたしましょう。

第2代表はリブラ。
どうやらオムライスはこちらもカツが乗ったオムカツのようです!

kagoshima gaikan

kagishima omukatsurice


第3代表はラ・モンステラ
オムライスはハヤシソースで、価格は780円。ふわふわで美味しいとの評判です!

kagoshima monsutera gaikan

kagoshima monsutera omurice


では、今日はこの辺で、ダービー予想に放送を譲ります!

<記録>
○ 茨城 318 - 306 ● 鹿児島

ウオカネ 食べログ情報

ウオカネオムライス / 水戸駅東水戸駅

亜羅人 食べログ情報

亜羅人洋食 / 騎射場駅荒田八幡駅鴨池駅

リブラ 食べログ情報

リブラ定食・食堂 / 天文館通駅いづろ通駅朝日通駅

ラ・モンステラ 食べログ情報

ラ・モンステラオムライス / 屋久島町その他)

Comment:2  Trackback:0
2013
05.24

花、咲き誇るオムライス

Category: その他
よっちママさんの北の大地からのプレゼントに続いて、南からの優しい風に乗った贈り物が届きました!

今月半ばに、オムライスを作ってご自身のブログで紹介してくれたペチュニアさん。
( 「ペチュニア日記」 リンク → http://pechunia.blog.fc2.com/ )
その時、自発的にリンクもはってくださり、以下のコメントをいただいた。

>これをきっかけに皆で色んなオムライスを作ったり、食べたりを紹介出来たら良いですね!!
>広げよう、オムライスの輪、なんちゃって(へへへ・・・)。

>そうだ、カテゴリーにそのうち「オムライス」を加えようかしら・・・。

これは嬉しかったなあ……。

オムライスって、「嫌い!」って人はボクは今まで会ったことがないし、小さいころのそれぞれの思い出もつまっていたりする。
なんと言ってもやわらかくて優しい食べ物なので、辛いときも悲しいときも、オムライスを通じて笑ったり支えあったりできるような世界を表現できたらなあって思ってこのブログをはじめた。

だから、「広げよう、オムライスの輪」の一言には、グッときた。

hana2.png

なんか、すごく恵まれてますよね……。

ここに来ていただいているみなさんには、本当にはげまされている。
みなさんのブログに癒して(あやしてかも)いただいている。

みんさんのオムライスの優しさに包まれているって、自分ではっきりと実感できる。

改めて感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。

hana1.png

さて、ペチュニアさんが、今回は「アンクル 高宮店」でのオムライス食べレポを書いてくださった。
いつものペチュニアさん節が炸裂していますので、是非ぜひお楽しみください!!

言うのが遅くなりましたが、今回の画像は勝手ながらペチュニアさんの花とオムライスで作らせていただきました。


hanano+omurice_convert_20130524160152.png

ペチュニアさん、何れ帰りに見つけた店の食べレポ、楽しみにしてま~す(笑)!


さて、話しは変わり、口調も変わり……。

今日のお菓子だが、チビンワの次は、もちろん、さくさくぱんだだ。

おっと、その前に、お供を用意しないと……。

先日買ったワイルドターキー・ライ。
こいつで乾杯といこう。

ここはハードボイルドで決めないと……。

DSC_0448.jpg


さくさくぱんだをつまみに、握力で飲む酒、ワイルドターキーを飲む。もちろん、ロックで。
ちなみに握力で飲むというのは、確かターキーの広告で「握力で飲め」ってコピーがあったと記憶しているから。

バーボンにさくさくぱんだ
DSC_0452.jpg

バーボンにさくさくぱんだ
DSC_0451.jpg

バカボンにさくさくぱんだ
DSC_0454.jpg



パンダにさくさくぱんだ
e0049842_10591179.jpg
DSC_0460.jpg


912916161953.jpg
DSC_0466.jpg


1005.jpg
DSC_0472.jpg


a0013382_18391240.jpg
DSC_0459.jpg



4527795127769.png
DSC_0470.jpg

うん、ちょっととけちゃったけど、確かにさくさくしている。
まあ、でも、パンダじゃなかったら微妙かな……。
だけど、かわいいから許す!
(あなたに許される筋合はないでちゅ)
あれ?

とにかく、普通に美味しいですよ!

あ、水を飲むさくさくぱんだが逆だった!

 誤) 耳が下側
 正) 耳が上側

reicyan.png

※レイままさん、すみません、パンダ色ということでレイちゃんに出演いただきました。

 本当は、いつもレイちゃんに癒してもらってるからですよ!

Comment:10  Trackback:0
2013
05.23

北の大地から届いたプレゼント

Category: その他
一昨日、嬉しいニュースが届いた。

じゃーん!!!!!!

そう、夢がかなったのです!

信じれば、夢は実現するのですよ!!!!!

北の大地が誇る食のアーティスト、よっちママさん(「喜ぶ顔がみたくて」あれ、ブログタイトルが……リンク→ http://yorokobukao.blog92.fc2.com/ )が、素敵なオムライスを作ってくれました!!

5月22日の記事。
ブログの紹介までしていただき、本当にありがとうございます!

よっちママさんの抜群のセンスあふれる、「何でそんなにうまくできるの?」状態のキャラ弁。
「筆舌に尽くしがたい」とはまさにこのこと。
ホント感動ものなので、みなさん、是非ぜひ、ご覧ください!!

もうねえ、ホント夢だったんですよ。。
オムライスを作ってもらいたあーーーーーーーーいって!
よっちママさんのページにコメントにも書いちゃったし。。

さあ、そのオムライスとは……。

勝手に画像を使わせて頂いてすみませんが、ピカチュウです!!

ポケモンでは、ピカチュウ、ロコン、ゼニガメといった可愛い癒し系がすきなので、かつ、オムライスに色がぴったりのピカチュウは、もう、永久保存版!

例によってすばらしい盛り付けと、中のご飯もヘルシーで美味しそうだし、あ、このオムライスでストーリー書けたらいいなあ……。

よっちママさん、ごちそうさまで~す。
本当に食べられないのがとても残念だけど、心の中で美味しく食べさせて頂き、

ボクの記憶のアルバムに、大切に保管させていただきました。
suteki omurice


さて、話は変わり……。

今日は昨日書いた「チビノワ」を食べよう!

ということで、チビノワ開封。

先ずは、ブログのタイトルにあわせて、「チビノワのある風景」をパチリ。

DSC_0430_convert_20130524043301.jpg


で、気になることが……。

チビノワと言えば、やっぱこのCMでしょ。



ちょっちょっちょっ ちょっけい10ミリ はっはっはっ はんけい5ミリ
ちょっちょっちょっ ちょっけい10ミリ こいけやチビノワ

そう言われちゃったら、ボクは血が騒いじゃいます!
みなさん、血が騒ぎませんか?

で、実測開始!!
定規がないのでメジャーで失礼。

でも、パッと見でわかるくらいにデカい……。

あれ? どういうこと?

DSC_0426_convert_20130524042638.jpg


なんだよ!

直径は倍の20ミリ以上あるではないか……。

食べ物がメガ盛り化し、飲料も増量の時代。
これも時代の流れか……。

チビノワ、お前もか!
おまえはチビではなかったのか。
どうした、チビノワグマ。

ま、仕方がないか……。

ん?

DSC_0434_convert_20130524043013.jpg


ゆびにはめて食べるとおいしくなるかも!?

おっ!
大きくなった成果だね!

で、やってみた。

DSC_0433_convert_20130524042947.jpg

なんだよ!
はいらないじゃん!

ま、仕方がないか……

10センチに5個のチビノワ。

DSC_0429_convert_20130524042751.jpg


チビが大きくなちゃったけど、

でも、味も大きくなったので許す。
( あなたに許される筋合いはないのでちゅが…… By チビノワグマ )
 
みなさん、ものの試しに、ゆびにはめて食べてみてください!


Comment:6  Trackback:0
2013
05.22

友達 ≦ X < 恋人

Category: お菓子
めちゃ文系である。

小学校の理科で、塩酸と水酸化ナトリウムで塩を作る実験があった。
先生曰く、「はやくできた班は自由時間にします」

そう言われると血が騒ぐ。
ボクは知っていた、理科室の戸棚に塩があることを……。

実験が始まり、しばらくして、ひそかに戸棚から取り出しておいた塩を皿にのせ、元気よく叫んだ。
「できましたーー!!!!」

ものすごく怒られた。
ちょっと、出来上がりのタイミングが早すぎたようだ。


思いきり文系である。

算数の問題。
お風呂に蛇口から毎分5リットルの水を入れる。同時に、栓を抜いて毎分3リットルの水をこぼす。
さて8分後には何リットルたまっているか?

答案用紙に「そんなバカなことをするやつはいない」と書いた。
残念ながら、○はもらえなかった。

どこまでも文系である。

点Pが毎秒3cmの速さでひし形の上を移動する。30秒後の網掛の部分の面積を求めよ。

「動くな点P」
点Pはとまらない。手ごわいやつだ。
「とまれと言っているだろ!」
それでも、点Pは平然と動き続ける。

仕方なく、心の中で銃弾を3発撃ちこんでやったが、それでも点Pは涼しい顔をしていた。
ボクに「敗北」の二文字を突きつけた点P。今でも忘れない。


今も文系である。

でも、背伸びをしたくなることもある。

アンナさん(美咲アンナのポエム日記 リンク → :http://misakianna.blog.fc2.com/)の「友達以上恋人未満」をうっとりと眺めていたら、急に目の前に数式が現れた!!

友達以上恋人未満 

友達 ≦ X < 恋人  ※主体をXで表記

なるほど……。

これを分解すると、友達との関係では次のようになる。

友達 = X ・・・ 友達である 
もしくは
友達 < X ・・・ 友達を超えている

では恋人はと言うと、

X < 恋人 ・・・ 恋人よりも下
ということは
X ≠ 恋人 ・・・ 恋人ではない

どう頑張っても、このままでは恋人にはなれない……。

恋人未満の言葉はしっくりきても、友達未満はしっくりこない。
友達以下ならしっくりくる。

「お前なんか友達以下だ!」と冷たく突き放されても、ここにはまだ、最低限の友達でいれるかもしれないという救いがある。

逆に恋人以下はしっくりこない。
「私たち、あるときは恋人で、あるときは友達でいましょ」なんて言われても戸惑ってしまう。

つき合っているにもかかわらず、人前で、
「あ、彼氏?」
「え、あー、違う違う、友達よ」
なんてごまかされたりしたら、あれ?オレって……と思う。

そうやって見ると、改めて、

X = 恋人

ってスゲーなあって思う。

恋しい。愛おしい。
恋と愛を一緒にすると恋愛となるけれど、
恋人と愛人とでは随分と違う。

愛をも凌駕する、恋。

恋人とは最高の存在。
簡単には最高の存在にはなれないんだぞオーラを感じる。

だとすると、

「お口の恋人」と軽く言い切るロッテは怖いもの知らずだ!

DSC_0421.jpg

「お口の友達」とか「お口の愛人」(なんかあぶない)ではなく、躊躇いもなく最高峰の「恋人」を堂々と宣言しているのである。


でも、人間心理とは、これまた不思議なもの。

「お口にとって最高の存在」より、20年ぶりに復活したコイケヤのチビノワの方に惹かれてしまう……。

DSC_0422.jpg

DSC_0427.jpg

そうかあ、「まじめで頑張り屋」で、Tシャツ集めが趣味だったんだ……。
ん? おいしすぎてくまっちゃう!……???

あるいは、

こんなパンダとか、

panda.jpg

こんなパンダや、

panda.png

こんなパンダをネットでひろってしまうパンダ好きは、

53918f2e.jpg


カバヤのさくさくぱんだのとりこになってしまう。

DSC_0434.jpg

DSC_0432.jpg

DSC_0428.jpg

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

それと、アンナさんごめんなさい。。。
わけのわからないことを連想して書いて……。

では、今宵は70年代アイドル特集を。

1曲目は榊原郁恵の「アル・パシーノ + アラン・ドロン < あなた」

おー、「あなた」はスゲーんだなあ……。

次は太田裕美の「しあわせ未満」、2曲続けてどうぞ。

でも、しあわせ未満て、一体、……。 

? < しあわせ

? = ????????????

もうやめよう。

あー、疲れた……。

● 榊原郁恵 アル・パシーノ + アラン・ドロン < あなた



● 太田裕美 しあわせ未満


 
Comment:6  Trackback:0
2013
05.21

頭の体操

Category: その他
先日の「松坂牛」ではないですが、今日はちょっとした頭の体操にお付き合いください。

最初は間違えやすい言葉から……。

1.シミュレーション

  よく、「シュミレーション」って間違られてます。
  そういえば、「新」て「あらた」って読むじゃないですか。なので、
  「あたらしい」はもともと「あらたしい」だったみたいですよ。。

2.役不足

  正しくは「素晴らしい役者に対して役が不足している」という意味。
  でも、「あいつは役不足だ」のように使ってますよね。。

2.情けは人のためならず

  誤)情けをかけるのは人のためにならない
  正)情けをかけるのは人のためではなく、いずれは返ってくる自分のため

続いては簡単なクイズです。
深く考えずに、パッと答えてください。
答えは今日の記事の一番下の方に書きます。

1.マリーの父親には、5人の娘がいます。
  ナナ、ニニ、ヌヌ、ネネ。
  
  さて、あと一人の名前は何でしょう?

2.幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生、専門学校生。
  
  一番大きいのは?

3.あなたはバスの運転手です。
  最初に男性が3人乗っていました。
  途中で女性2人が乗り、男性1人がおりました。
  さらに、次のバス停で男性が3人のり、女性が2人のり、男性が2人おりました。

  問題です。
  このバスの運転手の性別は何でしょう?

最後に、面白いサイトの紹介です。

二枚貝。手と腕のの組み方でみる右脳、左脳判断です。

下記URLで入れますが、「うさうさ 二枚貝」で検索しても出てきます。
ちなみにボクは「うさ男」でした……。

 ↓ ↓ 2枚貝オフィシャルサイト

http://www.nimaigai.com/pc/usausa/shindan/index.php?method=step3



000763865.png


<クイズの答え>

1.マリー     5人の子供で、「マリーの父親には……」なので
2.幼稚園     幼稚園は建物なので
3.あなたの性別  「あなたはバスの運転手です」なので


Comment:8  Trackback:0
2013
05.21

オムライス選手権 1回戦 第13試合 埼玉 VS 広島

スミマセン!!

まずは謝ります。

何が?

馬の蹄。自分で書いていていながらちょっと気になって調べたら、親指ではなく中指でした。しかも、爪。
爪で立ってるって、スゲーなあ……。

ということで、馬の蹄は中指が正解です。

さてさて、幼児がおだてられると「見て見て」って何回も同じことを繰り返すように、調子者は同じことを繰り返します。

行きましょう、連続でオムライス選手権。

次の試合は埼玉対広島。

草加せんべい、深谷のネギ、「なぜか埼玉」さいたまんぞうの埼玉と、お好み焼き、もみじまんじゅうの広島じゃけん。

これは期待度の高い熱い戦い、早くも火花が散っています!!

先攻の埼玉。ここまで負けなしの関東地方、ここも実力を発揮できるでしょうか。

代表は紅亭(ベニテイ)。
大宮駅西口駅前の、1958年創業の老舗洋食屋さんです!

しかも、「高貴なオムライス」との情報が……。

これはメニューの看板ですね。

saitama gaikan


それ以外の食べログ公認画像は……。

おーーーーーー!!!!!!!!
な、なんと、すべてオムライス!

saitama omurice1

その名もドレス・ド・オムライス。

saitama omurice3

行列ができる上に、一品一品丁寧に作るので、最低30分は待つといわれる芸術的オムライスとの評判。

saitama omurice2

高貴なオムライスだけあって、価格は2,000円とちょっと高価です。

saitama omurice4


さあ、だんだんせまり来るオムライスをご覧いただいたところで、注目の点数は……。



354

う~ん。髙い点ですが、期待の高さからするとどうでしょう……。

さあ、対する広島
代表は本町食堂です。

三原駅から徒歩7分の、レトロな雰囲気に包また昭和な庶民派食堂。
こちらも50年の歴史を誇る老舗のようです。

こちらが外観です。(おっと、いきなりモノクロ!)

hiroshima gaikan

これは店内にはられたメニューですね。(なんかシブイなあ……)

hiroshima tennnai

ラーメンがメインのようです。

hiroshima ramen

ありました、オムライス!!

hiroshima omurice

昭和なお店のオムライスは、思いきり昔ながらの典型的なケチャップがけ。
価格は650円。
これは何から何まで紅亭と対照的です。

しかし、気取りがなく好感が持てます。

では得点です。


343

残念!

埼玉が熱き戦いを制しました!!

広島は無念の敗退です。

さて最後に、今回からの企画として、負けてしまった方の他の店を紹介してお別れしましょう。

ではまた、次の試合でお会いしましょう!!



(気分としては、ここでエンディングが流れる)


広島の第二代表はくじらぐも
尾道駅から1キロくらいのところにあるようです。

食べログ情報によると、ここのオムライスは3種類に分けられるようです。
1.普通の玉子が皮になっているオムライス
2.オムレツの様にご飯と具を全部玉子に混ぜて焼いているもの
3.良くある洋食屋さんの半熟系の玉子の乗っているオムライス
どれもおいしそうですね。

kujiragumo gaikan

kujiragumo omurice


第三第代表はタゴライス広島店
袋町駅すぐそばのオムライス専門店で、ショーウィンドウには数々のオムライスが並びます。

hiroshima tagorice menue

hiroshima tagorice omurice


<記録>
○埼玉 354 - 343 ●広島

紅亭 食べログ情報

紅亭洋食 / 大宮駅

本町食堂 食べログ情報

本町食堂ラーメン / 三原駅

くじらぐも 食べログ情報

くじらぐもオムライス / 尾道駅新尾道駅

タゴライス 広島店 食べログ情報

タゴライス 広島店オムライス / 袋町駅本通駅中電前駅


Comment:10  Trackback:0
2013
05.19

オムライス選手権 1回戦 第12試合 三重 VS 香川

最近、ちょっと影が薄くなってしまった感があるオムライス選手権。
読者のみなさまに、いや、筆者に忘れられないうちに進めましょう。

さあ、次の試合は三重対香川です。

その手は桑名の焼き蛤の、もしくは赤福の、いやいや松阪牛の、何をおっしゃるやっぱりF1日本グランプリの三重。
そう言えば、松阪牛は間違って松坂牛と表記されることがありますが、松坂牛は、太った松坂大輔投手(そう呼ばれる場合がある)、もしくは中国が商標登録したもの(というニュースが以前ありました)です。

一方の香川。こちらは何と言っても讃岐うどんです。

では早速行きましょう!

先攻の三重

代表はラジ・カフェ・アパートメント
なんか名前がカッコいいぞ~!

お、店内も渋いです!

残念ながら画像はありません。

料理を見てみましょう。

並べます。

こんなのや、

mie rajikafe harumaki

こんなのとか、

mie rajikafe nomimono

こんなのですが、

mie rajikafe cya

こういうのがありました!!

mie rajikafe omurice

オムライスは人気らしいですが、残念ながら特に味や価格の情報はありません……。

さあ、得点です……。



352

これはいい得点です。


対する香川です。
代表は洋食おなじみ
食べログによると、高松市の琴電瓦町駅(天満屋)より北へ徒歩1分以内、瓦町駅から71メートルにある店とのことです。

お、こちらは外観の画像があります。

kagawa onajimi gaikan

ちょっと、一杯飲んで帰ろうか。。。

いえいえ、飲み屋ではありません。


さてオムライスですが、残念ながら公認の画像がありません。
ということで、エビフライとハンバーグです。

kagawa onajimi furai

kagawa onajimi hanbagu


オムライスは人気のようですが、提供されているのは火曜と金曜のみ。
えー、じゃあ、休日に食べられないじゃん!

ちょっと観客席からブーイングが聞こえます。
どうやら人気すぎて、曜日を限定したようで、見た目は昔ながらの包むオムレツにデミです。
逆にこれはスゴイことかもしれません。

さあ、得点です……。

あーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

352

同点だあーーーーーーーーーー!!!!!


この場合は抽選です。

結果、勝ったのは……。





勝者、三重!!!!

<裏情報>
ここだけの話。
表向きは抽選ですが、理由はあります。それは第二代表の点です。
でも二回戦があるので第二代表の点は伏せておきます。あしからず……。
ですので、香川の方は石を投げたりしないでください。

三重、2回戦進出です!
香川は悔しいですが、勝利の女神が今回はちょっと三重に微笑んでしまいました。

<記録>

○三重 352 - 352 ●香川

ラジ・カフェ・アパートメント 食べログ情報

ラジ・カフェ・アパートメントカフェ / 近鉄四日市駅赤堀駅

洋食おなじみ 食べログ情報

洋食 おなじみ洋食 / 瓦町駅今橋駅片原町駅(高松)

Comment:8  Trackback:0
2013
05.19

ドラマチックシチー

Category: 競馬関連
昨日は天気も良く、おかげさまで楽しい一日を過ごすことができました。

さて、今日も馬の話を。


世の中に「ひと口馬主」というのがある。

馬主になるにはそれ相当の資産家である必要がある(審査がある)ので中々なれるものではないのだけれど、馬主気分を味わえるのがひと口馬主。

会社が会員をつのり、ひと口5万とか10万とか、会員は馬を選んで出資する。

ボクも以前、一番お手頃な「友駿ホースクラブ」の会員になって出資したことがある。

「自分の選んだ馬が1勝するまでは続けよう」
そう思って始めた。

競走馬の世界は厳しく、1勝もできずに引退するのが大半。
有名なダービーや有馬記念に出走できるのは、本当にほんの一握り。

で、結局3頭目の馬が3勝してくれた。
初勝利のときは本当に嬉しく、記念写真やレースのビデオを購入した。

でも、一番印象に残っているのは、最初に出資した馬。

ドラマチックシチー。

コクサイトリプルという、G1(グレードの一番高いレース)はダービー3着が最高で、なんで種牡馬になれたのだろうとさえ思う馬が父の、マイナー血統。

追っかけて、デビュー戦の新潟を皮切りに、毎レース見に行った。 

この馬は、10回走って結局1回も勝てなかった。
戦績は、順に、2、2、4、9、5、4、3、2、2、3着

要するに、いいところまで行くのだけど、勝ちきれない馬だった。
最後はライスシャワーの話(祝福を君に)で書いた的場さんが騎乗し、勝負がかりと思ったが1番人気で3着に敗退。

そのレース後、友駿ホースクラブから「骨折のため引退」との情報が……。

すぐさまどこにいるのかを確認し、茨城の武田牧場に会いにいった。

「すみません、ドラマチックシチーがこちらに来ていると伺いまして、会えますか?」
牧場の方にお願いしをして厩舎に行った。
「骨折は大丈夫ですか?」
「あー、骨折ではないいんですけどね……」
「え?」

まあ、世の中にはいろいろな事情があるのだろう。

血統的に劣る馬は勝ち上がれないのかな?
そんなことを思ってしまった。

厩舎に行くと、ドラマチックシチー、自分の中での通称ドラちゃんは、まるで「いらっしゃい!」って言ってくれているようにボクを迎えてくれた。

シルクのようなたてがみと、あたたかい肌。

それと、ぬいぐるみのようなつぶらな瞳。

撫でると、気持ちよさそうに頭をよせてくる。

とても穏やかで優しい表情。

もともと優しい気性なのだろう。
競馬場のパドックでも、いきりたった馬が多い中で、おとなしく落ち着いて歩いていた印象がある。
競り合いで勝てなかったのはその性格が災いしたようだ。

1番人気におされながら同僚のスバルシチーにクビ差で敗れた中山の一戦。
「あ、スバルくんだ! 一緒に走れてよかったね! いいよいいよ、先に行って」
そんなことを思ってしまう。

よく頑張ったよね。
君は勝つために走りたいわけじゃあなかったんだよね、きっと。

1勝もできなかった馬に残された道は「引退」しかない。

引退後は、……。

走らない競走馬を世話してくれるところなど、世の中にほとんどない。

人間の欲望の中で生きるサラブレッド。
ただただ速く走るためだけに、勝つためだけに、この世に生まれ、去っていく。

ドラちゃんはあの後どうなったのだろう。

優しい馬だから、どこかにひきとられていたらいいなあ……。

「もう帰っちゃうの? もっと遊んでよ」
すりよってくるドラちゃんとの別れ際、目が訴えていた。



あれから随分と長い時間がたつ。

でも、ドラちゃんは、今もボクの心の中で走り続けている。

ありがとう、ドラちゃん。

いつか、また、どこかで。

doracyan2.png

Comment:4  Trackback:0
2013
05.17

東京競馬場へGO!

Category: 競馬関連
5月18日は、東京競馬場に突撃!
突撃と言っても、もちろん銃剣を持って突っ込むわけではない。

そう、久しぶりに競馬場でのレース観戦なのです!!

馬が好きだ。
正確に言うと、サラブレッドが好きだ。

人間の欲望の中で、ただ速く走るために”品種改良”を繰り返し、選ばれし馬だけが遺伝子を残せる世界。
その研ぎ澄まされた美しさと、憂いを帯びたくりっとした目の可愛さ。

走る姿がまた美しい!!

ご存知ですか?馬の蹄って人間で言う親指だって。
だから、親指だけで500キロもの体を支えているってことなのです。

可愛い名前の馬を応援したくなる。

たとえば、今年の桜花賞馬のアユサン。
19日のオークスにも出走する。3歳牝馬のトップクラス。

それと、ハシルヨミテテ。
こちらはちょっと競走馬としてのランクが下だけど。

東京競馬場をはじめとするJRA(日本中央競馬会)の競馬場は、売上を増やす戦略として家族や女性人気も狙っているので、建物も綺麗で、食事やショップも充実している。
中にはこどもが遊べる公園もある。芝も目に鮮やかで、とても気持ちがいい。

今や酒臭いオジサンがうろうろしているイメージではない。
競馬場がある場所が限られるのでなかなかいかれない方も多いかと思いますが、お近くにお住まいの方は機会がありましたら一度いかがでしょうか。

ではでは。

oyako.jpg


さて、ここから先は勝負師に変身。
なので、競馬に興味がない方、何を言っているのだかさっぱりわからない方、競馬に興味があっても記事に不快感を覚える方はスルーしてください。

ボクの狙い方と明日の狙い目レース。

先ず、狙い方。

ボクの場合、どの馬が3着までに入るかがあらかじめ決まっているって考えている。
で、「その答えが出馬表にある」という見方をしている。

狙い目レース

1.京都9レース メルボルンT

ここはニホンピロバロンの隣に何が入るかを見ていたのだけど、何だよ、両方とも人気じゃん!
ニホンピロバロンの隣が、ずっと馬券になっている。
京都新聞杯は、断然人気の5番キズナから、7番ニホンピロバロンの隣8番ペプチドアマゾンでOKだった。
今回は9頭立て9番。隣の8番も1番も人気。う~ん、面白くないなあ……。

2.京都11レース 平安ステークス

前年の和田竜の騎乗馬番+3 = 1 or 7
わー、1番ニホンピロアワーズは断然1番人気かよ……

浜中の隣枠 = 7,8,11,12
うん、これは美味しそ~

前走8人気か隣 = 3,4,5,9,10,11

これらを中心に考える


3.19日の東京11レース オークス

まだ絞っていないけど以下を見ている。

クロフネサプライズ出走レースは正逆10番 = 9,10
う~ん、この5枠の2頭は囮か真か。
「サージュ」名並びがいかにもってカンジ。

同じくクロフネサプライズの6隣 = 4,10
やったあ、ガンバレ4番アユサン!
リラコサージュはこれにもはまるのかあ……。

あとは、正逆6番に「サクラ」。どちらか来そう。

まあ、あとはこれから朝まで調べよう!!

Comment:8  Trackback:0
2013
05.16

歌になる 空になる

Category: その他
いつも、温かくて柔らかい「幸せ」と「ありがとう」の種を「凛とした可愛さ」に乗せて届けてくれる(たまに転ぶ)akoさん。(「akoの落書き帳」 リンク → http://akonorakugakichou.blog.fc2.com/

そのakoさんに頂いたコメント。


鼻唄ばかり口ずさんでる私はいつか歌になれるかしら♪

空ばかりを見てて空になるのもいいし

見つめられ過ぎて

穴があいてしまうのも幸せな気がする♪


歌になる 空になる

素敵です!
あ、akoさん、晒しちゃってスミマセン!
(って、ホントは悪いとは思っていないとお見通しでしょうけど……)


で、akoさんの作品と「空になる」から連想して思い出しました。

「青い空を、白い雲がかけてった」

みなさん、あすなひろしさんて漫画家さんをご存知ですか?
上記はあすなさんの代表作品のひとつです。

残念ながら今はご存命ではないのですが、初めて作品に触れたときの衝撃は今でもはっきりと覚えています。
なんとも言えない切なさと、生きることの根底にある重苦しさを行間に漂わせながらも明るく前向きに生きて行こうとする登場人物。あすなさんは、あたたかい目でそんな人間を見守り、描いています。

以下は「青い空を、白い雲がかけてった」のあらすじ。Wikipediaからの引用です。

中学校三年生の主人公の少年ツトムの日常的な生活の中で、青年期の一歩手前に居る少年特有の世界をコメディタッチで、しかも叙情性豊かに描いた作品。足掛け6年に渡る連載だが、設定はずっと中学三年のままだった。卒業まで描きたかったというあすなひろしの言葉が伝えられている。

当初は、読み切り短編の依頼ということで、ツトムに転校生のリョウがからみ、そして去っていくという枠組み設定での作品が3つ続く。幼馴染みの少女ヨシエ(ヨシベエ)とクラス担任の先生は出てくるが、単なる脇役であくまでもツトムとリョウの物語であった。また、ユーモラスな部分はあるが、基本はシリアスな作品である。

その後、半年の期間をあけてから第4話の掲載となるが、ここからは主要登場人物のキャラクター設定も固まり、それぞれの関わり合いを基調とした物語となり、シリアスな場面もあるコメディといった作品となる。主要登場人物はツトムとヨシエ、それに番長、大人としてはツトムの両親、オールドミスの夏子先生、それに飼い猫のタマ(途中で入れ替わるが)となる。

第4話以降ギャグてんこ盛りの中にポンと出てくるリリシズムや詩的な世界、透明感や空気感は、美しい描線と魅力的な構図、さり気ないフレーズと共に描かれる世界は陰湿な悪意や、構造的な喪失感や虚無感の存在しない、子供が子供らしく存在でき、大人に対する期待や不安を当たり前に持っていられる世界である。


こちらが、あすなひろしさんの公式サイトです(リンク → http://asunahiroshi.jp/

こちらは追悼サイトです(リンク → http://asunahiroshi.xrea.jp/

興味がある方は、是非、ご覧ください。



さて、続きまして、ボクの好きなJUDY AND MARYから5曲ほど。


● Over Drive



● ドキドキ



● そばかす



● くじら12号



● ラッキープール



では、今宵もよい夢を。。


Comment:4  Trackback:0
2013
05.16

きまぐれショートストーリー

Category: ストーリー
昨日は記事を書いているうちにパソコンの前で力尽き、朝をむかえました。。
なので、ちょっと寝ぼけています……。

たくさんの方にご訪問いただいた上に、コメントや拍手をいただき、ありがとうございます!!!!!

真に受ける性質なので、おだてられると調子にのって木に登ります!

心のつながりを、大切にしたいです……。



夜更けのカフェにて


「それで、結局彼女は来たの?」
 コーヒーを口に運びながら、山下が尋ねた。

「いや」
 佐々木は首を横に振ると
「もう会えない運命だったのかな」
 そう続けた。

「悔いはないのかい?」
 山下は遠くを見つめながら煙草に火をつけ、ゆっくりと紫煙をくゆらせた。

「ないと言えばうそになるけど、ふられたのなら潔く諦めるよ。第一、今会ってもボクだとわからないだろうし……。ところで、君こそ仕事やめちゃって後悔してないの?」
 佐々木は山下の目を覗き込んだ。

「全くないね。今はすっきりしているし、このカフェで君のような仲間に会えたのも仕事をやめたからだと思っている」

「そうかもね」
 二人が笑顔を交わした。

「でも、まさか首を長くして彼女を待っていたら自分がキリンになっちゃうなんて思ってもいなかったけどね」

「ボクだって人の夢を食べるような仕事をしていてバクになるなんて思わなかったさ。でも、バクには服はいらないし、裸の、というか素直な自分でいられるような気がするよ」

「それは同感だね。ね、マスター」
 山下の言葉を受け、佐々木は無人のカウンターに向かって話しかけた。

 返事はない。
 でも、カウンターの向こうになぜか温もりを感じる。

 ここは永年ゴーストライターをしていたらゴーストになってしまったマスターのカフェ。

 店内は、今日も不思議な笑顔にあふれている。


MH900030252.jpg


Comment:10  Trackback:0
2013
05.14

デニーズのショートストーリーを掲載しました

Category: その他
いやあ、神奈川は今日は暑かったです。
日も長くなり、だんだんと夏の訪れを感じる季節になってきました。

ところで、ペチュニアさんがとても美味しそうなオムライスをつくってくれました!!拍手拍手!!!
(リンク → http://pechunia.blog.fc2.com/

ペチュニアさんの美しい花の写真と、源氏物語に代表される味わい深い文章(会話口調の言い回しも好きです)、それと一回会ったら毎日会いたくなる「しろいねこ」ちゃん。ぜひご覧ください!!

食べレポ第18回デニーズのショートストーリーを掲載しました。

今回は皆さまのブログがヒントになってストーリーが浮かんできました。
ありがとうございます!!

タイトルは「一輪の真心」。デニーズの食べレポのページに掲載してありますので、よろしかったらご覧ください。

carnations_0912101-300x300.gif


Comment:2  Trackback:0
2013
05.13

そんなばなな!(ベタです)

Category: その他
世にも不思議な話。

みなさまは経験されたことがありますか???

人生には、不思議な偶然があるもの。

私はいくつか経験しています。

なので、運命論者ではないのだけれど、身の周りの出来事は単なる偶然ではなく必然なのではないか、そんなことを思っていたりする。

どんな経験?



たとえば。

ある日、荒川の川に突き出した見晴らし台で、ぼーっと向こう岸の景色を眺めていた。

いい景色だなあ……
いやー、荒川って、広いんだなああ……。
のんびりのんびり……。


と、突然、


目の前の景色がサッと走り始めた。


え?

何?

声も出ない…

次の瞬間、見晴らし台の細い手すりに、右手一本でつかまっていた。

バッシャーン……。

しばらくして、川に板切れが落ちる音が、ゆっくりと耳に響いた。

そう、立っていた床が腐っていて、突然、底が抜けたのだ。

で、無意識のうちに手をのばす → そこに手すりがあった。

これには焦りましたね~。

まさか、床が抜けるか?
しかし、よく手すりにつかまれたよなあ……。
目の前に手すりがあって、偶然それをつかめた。

その時は無我夢中で這い上がったのだけれど、後から考えたらゾーっとした。

川からの高さは20メートル以上はある、きっと。

もし落ちていたら……。

「まだ早いよ」 神様がそう言ってくれた気がしましたよ、はい。



まだあります。それが今日のメインの話。

バナナ。

こういうやつですね。

banana1.png

私、見たんです。

何を?

バナナの皮ですべる人。

食べ終わったバナナはこんなふうになるわけですが。

 ※彩と、バナナに似つかわしい高貴な雰囲気の演出を考えて、紫の風呂敷の上なんぞに乗せてみました。

banana2.png


ある日、外を歩いていたら、視界に入った人が、ツルってカンジですべるのが見えた。

転びはしなかったんだけどね。

ちょうど、雨か雪の日にちょっと足をとられてズルってなるイメージ。

その日は晴れていたので、何事かと思いきや、落ちてた、バナナの皮が。その人のすべったところに。

これには笑ったというか、一瞬何が起きたのかわからずに、口ぽかん状態。あ然。

いや~、本当にバナナの皮ってすべるんだあって感心したくらい。

あ、これ、すべったの私じゃあないですからね。勘違いしないでくださいね。

で、自慢げにいろいろな人に話したわけですよ、この話を。

大体の反応は「えーすげー」って大笑いだったのですが、ついこの前、冷静な反応が……。

「へー。すごいね! だいたい、バナナの皮がその辺に落ちていたりしないもんねえ」

おー!

そう言われると……。

そうだよなあ、そもそもバナナの皮が落ちてるのって、見る機会がないよなあ。

見られるとしたらカラスに食い散らかされたゴミくらいかなあ???
街にサルがいるわけでもないし……。

そうしたら、もう、これは本当に貴重なものを見たのだと思いまして。

バナナの皮が落ちている確率。

それを人が踏む確率。

その人がズルってすべる確率。

それを目撃する確率。

すべて掛け合わせると、一体?????

これはすごいことかもしれない。ふむふむ。



世にも不思議な話。

よろしかったら、みなさんの経験もお教えくださいませ。

Comment:8  Trackback:0
2013
05.12

デニーズ

ファミリーレストランレボリューション

dennys_inside_convert_20130511124850.png

「デニーズのオムライスって、すっごく美味しいから」
洋食好きの方に教えてもらった。

デニーズ?

Out of 眼中だっただけに、一瞬戸惑ったものの、串カツで人を信用することを叩き込まれた頭と体は、躊躇することなく素直に従う。

行きましたよ、デニーズ。オムライス目的で。

「いらっしゃいませ!デニーズへようこそ」
聞きなれた明るい挨拶が出迎えてくれた。
いや~、さわやかだよね。

禁煙席に通され、メニューを拝見。

おー、あったあった、オムライス。
その名も、とろ~り卵とチーズのオムライス。価格は880円。
写真の卵とチーズの塩梅がとても美味しそう……。

dennys_menue_convert_20130511124952.png

以前、ラケルに行ったときに、もしチェーン店のオムライスが洋食屋や喫茶店の上を行っていたらどうしようという一抹の不安を抱いたけれど、この日も同じ、いや、それ以上の不安を抱いた。

もし、ファミリーレストランのオムライスが一番美味しかったら……。

「おまたせいたしました」
まあ、それならそれで、なんてことを思っているうちに笑顔と一緒にオムライスが到着!

わー、美味しそう!!

名前の通り、見た目も、とろ~りがあふれている!

dennys_omurice2_convert_20130511125142.png

dennys_omurice3_convert_20130511125203.png

ほんと、きれいにできあがっている。
さてさて、味はどうだろう……。

えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

美味しいんですけどーーーーーーーーー!!!!!!!

チーズがいい感じで入っていてモチモチ。
チキンライスには、食べ応えのある鶏がしっかりと入っている。
ご飯の味付けもよいよい。

ソースも、ほら、ちょっと「さらっ」というより「どろん」とした感じ。
わかりますか?

dennys_omurice4_convert_20130512211843.png

で、なんというか、デミに照り焼きソースの甘さみたいなものが混ざっている。
これが美味しい。


卵は、乗っている部分はわりとしっかり焼いている感があり、下の方はたまごかけご飯のような味わい。

いいじゃん。。

どうすんの、これ……。

dennys_omurice1_convert_20130511125115.png

いやあ、ファミレスおそるべし。

企業が競争を勝ち抜くべ、食材選定から配送から味つけ、接客まで一連をとことん追求する。
その結果、ちょっと前までの常識が変わりつつあるのでは???

ファミレスや冷凍食品なんかはその典型だと思う。

何が本物の味だとか偽物の味だとか、そういうのは変化していくのかもしれない。

「デニーズのオムライスって、すっごく美味しいから」
その一言をいただいて食したのだけれど、うん、確かに洋食好きの心をつかむのはわかるような気がする。

チキンライスが好きです。
照り焼きソースが好きです。
卵かけご飯が好きです。

そんな味覚の人気のポイントを、しっかりとおさえてオムライスに反映させていると思う。


今回はデニーズなので、お店情報はありません。
みなさんの身近にありますから。

デニーズ、侮りがたし。恐るべし。

機会がありましたら、ぜひ一度デニーズのオムライスを食べてみてください。

<追記>

よっちママさんのコメントで、北海道にはデニーズがないことを初めて知りました。。

そうなんですね……。残念!



一輪の真心

「いらっしゃいませ!デニーズへようこそ」
 ドアを開けた武井健一を、弾ける笑顔が出迎えた。
 自然と笑みがこぼれる。健一は指を2本立て、"ふたり"と合図を送った。

 会社からたっぷり2時間半はかかる地方都市にある和菓子店との商談。
 早めに現地に行って15時からの商談に備えよう。そんな考えで、昼食がてら和菓子店がある商店街のデニーズに飛び込んだ。

 笑顔の案内に従い、入社2年目の神山真吾とともに窓際の席につく。
 昼のピーク時間を過ぎたせいか、比較的すいている店内にはゆったりとした空気が漂っている。

「すみませんが、先にちょっとトイレに行ってきます」
 真吾の言葉に、遠慮するなと頷きパソコンを取り出す。

 デニーズへようこそ、か……。
 さて、どうやってお店の特徴を出そう……。
 和菓子のネット販売。他との差別化を図るために何か訴えるものがほしい。
 送料無料? 翌日配送?
 いや、どれもありきたりだ。画龍点睛を欠く。どうしたものか……。

「すみません、おまたせしました」
 ぺこりとお辞儀をすると、トイレから戻った真吾は静かに椅子を引いて健一の向かいに腰かけた。

「早く食べたいだろ」
「はい、もう、お腹がすいちゃって……」
「ここはおごるから、好きなものを頼め」
 そう言いながらメニューをめくる健一。その目に、”オムライス”の5文字が微笑みかける。
「どうしたんですか?」
 思わず「あっ」と漏れた声に、真吾が反応した。
「いやあ、あるんだな、デニーズにも。オムライスが」
「あ、知ってますよ。武井さんがオムライスに目がないって。今度美味しい店に連れてってくださいよ」
 真吾もメニューのオムライスのページを開き、それに見入った。
「美味しそうだなあ……。ボクもオムライスにしようかなあ……」
「別に合わせなくてもいいぞ」
「いや、そういうわけではなくてですねえ……」
 真吾の目を見やる。どことなく遠い目が、5月の午後に揺れている。

「もう何年も食べてないんですけどね……」
「じゃあ、呼ぶよ」
「あ、はい、お願いします」
 健一はテーブルの呼び鈴を押した。

「子供の頃、母親がよく作ってくれたんです。オムライス」
 頬杖をつきながら、真吾はぼんやりと天井に目を向けた。
「それがすごく美味しくて。大好きで。大体は休みの日の昼飯だったんですけどね」

「そう言えば君のおかあさんは……」

「はい。女手ひとつでボクを育ててくれまして。大学まで出してくれて。きっと、神様が休めって言ってくれていたんだと、今はそう思うようにしています」

 それからしばらく、沈黙の時間が続いた。

 注文を終え、やがて出来たてのふわふわオムライスがふたつ、ふたりのもとに運ばれてきた。

「いやー、本当に美味しそうですね!武井さんがオムライスにはまるのもわかる気がします!」
「そうか」
「うん、美味しい!チーズとタマゴがいい感じですね!」
「おー、うまいうまい。意外だな、デニーズのオムライスは盲点だったな。眼中になかった。ところで、君のお母さんはどんなオムライスを作ってくれたんだい?」
「はい、典型的な家庭のオムライスです。こどもに生のタマゴはよくないって、しっかり焼いた玉子焼きに包まれていて、その上にケチャップでいろいろな言葉が書かれていまして。あるときは『おかあさんスペシャル』とか、またあるときは『HAPPY!』とか」

“ こどもの頃から母親似って言われるんです ”
 健一は、幸せそうにオムライスを口にする姿を見て、真吾のそんな言葉を思い出していた。
 どことなく中性的な顔立ちの真吾の瞳の中で、思い出が駆け巡っている。
 こいつの優しさときめ細かさ、それと人懐っこさは母親譲りだな……。
 苦労にもめげず、うらみもせず。
 こういうやつは、本当に報われてほしい……。
 年の離れた弟を見るような、そんな眼差しが真吾を見守る。

 おかあさんのオムライスか……。
 オレもよく作ってもらったっけ。
 デパートのレストランにも連れて行ってもらって、国旗の立ったお子様ランチのオムライスを食べたよなあ……。

「今日は母の日ですね……」
 真吾につられて思い出にふける健一の耳に、何気ないつぶやきがこだました。

 母の日。

 そう言えば、小学校の時に学校からカーネーションを持って帰って以来、この日を意識したことなんてなかった。

 孝行のしたい時分に親はなし。
 よく言ったものだ。

 母親の笑顔が脳裡に浮かぶ。

 と、そのとき、

 健一の中で、母親の顔と、和菓子店の女将の顔がオーバーラップした。

「そうだ神山!」
 健一の目が輝く。

「それで行こう!和菓子のネット販売。カーネーションの絵をあしらった便箋に、女将さんに手紙を書いてもらって入れよう。一言でいい。君のおかあさんがオムライスにケチャップで書いてくれたように。店売りの方も女将さんの人柄が人気でリピーターが増えている。あの人の人柄や真心は、きっとネットを通じてでも伝わるはずだ」
「それ、いいですねえ!」
 真吾が身を乗り出す。
「15:00までにはまだ時間がある。よし、企画を詰めるぞ、神山!」
「はい!」

 ブラインド越しに降り注ぐ夏への準備を進める午後の穏やかな陽光が、テーブルに満ちあふれる。

「武井さん、女将さんにカーネーションを買って行きましょうよ」
「おー、ナイスアイデア」
「何の疑いもなく、あなた方に全部任せるからって、女将さんはボクたちにとってはおかあさんみたいなもんですもんね」
「さすが神山。その通り」

 健一はパソコンの企画書ファイルを開くと、一文字一文字、力強くキーを叩いた。

“ カーネーションプロジェクト   ~ 一輪の真心を和菓子に添えて ~ “

 まるで、ほっぺたにご飯粒をつけながらおかあさんのオムライスを頬張る子供のように、パソコンの画面に食い入るふたり。

 生命を吹き込まれた文字が言霊となり、パソコンから飛び出す。

 一輪のカーネーションが宙を舞い、リインカーネーションと溶け合う。

 健一の母も、真吾の母も、真心の文字の中で楽しげに踊っている。

 輪廻に宿る永遠の真実。

 真心が、時空を超えて、伝播する――。

carnations_0912101-300x300.gif


Comment:10  Trackback:0
2013
05.11

誇り高き日々を生き抜きし友へ

Category: その他
仲間が突然、この世を去った。

昨日の夜、別れの挨拶をしてきた。

仕事仲間でもあり、腹を割って話せる仲間でもあった。

ビジネスでは無理難題を爽やかな笑顔で「大丈夫です」と受け止めてくれ、トラブルが起きれば、逃げることなく最後までとことん付き合ってくれた。

人一倍責任感が強かったから、がんばりすぎたかな……。


人生、明日どうなるかなんてわからない。

今日の日を、大切に生きよう。

そして、精一杯ガンバったら、自分をほめてあげよう。

それが旅立った友への手向けだ。




友よ

心優しき友よ

君は我等に信頼を授けてくれた

友よ

心挫けぬ友よ

君は我等に勇気を与えてくれた

友よ

懐深き友よ

君は我等に寛大を教えてくれた

友よ

何れまた会おう

とびきりの笑顔で 勝利の美酒を酌み交わそう

今は果てしなき夢への小休止

その日まで

我等の心を宿に 安らかに眠りたまえ

誇り高き日々を生き抜いた 神に召されし御心よ

永遠(とわ)に 咲きほこれ




  彼のお気に入りの曲

  ● ゆず 「夏色」







Comment:0  Trackback:0
2013
05.10

横浜の串カツ

Category: その他
ほんわり暖かい雰囲気と面白さ&楽しさにめっちゃ引き込まれながら読ませて頂いている弘(ひろむ)さんの「制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)」(リンク → http://yuukotomasayuki.blog.fc2.com/)。

「夕子、西成区、花園町在住」の続編なので、「夕子、西成区、花園町在住」から順に、毎日の楽しみにさせて頂いています。  

やっぱ、大阪好っきやーーー!! ってことで、今日は弘さんの話にも出てくる串カツについて。


以前、大阪に行く用事があり、社内の大阪出身の方に「大阪って美味しいものがあっぱいあるけど、何を食べたらいいかなあ?」と質問したところ、「絶対に串カツ!」と即答された。

しかも、トマトの串カツと、アスパラの串カツがお勧めと。

え?

?マーク × 12 = 1ダース。

恥ずかしながら、その時は大阪の串カツって知らなかったので、串カツと言えば、「肉、ネギ、肉、ネギ、肉(あ、ちょっとちっちぇえゾー。何だよー)、ネギ」が串にささって揚げられたものという頭しかなかった。

ト、トマト? アスパラ????

想像がつかないし、そんなに好きくないんだけど……。

まあ、よくわからないけど、そう言われたら食べるしかない。

で、食したわけです。串カツを。大阪で。




おおおおおおおおおおッ!!!

何やこれ!!!

超超めっっっっっっっっっっっっっっっちゃウマぁ!!!

 ※まいちゃん、毎度えらいすんまへん。。。そやけど大阪の食べ物やから許しといて。
  引用元:まいちゃんのグルメ日記(リンク → http://7to6x41fcu9y.blog13.fc2.com/) 

 ※関西弁の誤りがございましたら、ご指摘のほどよろしくお願い致します。

アスパラ、やわらかくてデカい!長い!

トマトもうまいでぇ~。

ソース(二度づけ禁止ですよ~。わかりますか?と、得意げに知ったかぶりをする)との相性も抜群。

いや~、生きているうちにホントいいものと出会えたってカンジです。

でも、出会った数だけ別れがある。それが人生。

あっという間に大阪を離れる日が……。

串カツとの2泊3日の短い逢瀬を楽しみ、涙を飲んで戻って来たわけです。

でも忘れられない。

忘れようと思っても、いかんともしがたいこの恋心。

まさに、美咲アンナさんのポエムに教えてもらった「夕轟」。
 ※夕轟(ゆうとどろき):恋心のために夕暮れ方、胸が騒ぐこと。
出典:美咲アンナのポエム日記 ( リンク → http://misakianna.blog.fc2.com/ )

「ちょっと、いや大分違うでしょ」とのアンナさんの声が聞こえてきそうだ。

単に夕方になると酒のつまみがほしくなるだけじゃあないの???
あれあれ???

まあ、細かいことはいいとして、探しました。ダメもとで。

横浜で串カツがある店。


う~ん……。

あったあーーーーーーーーー!!!!!!!!!

2軒発見!

これは行くしかないでしょー。

これで、串カツとの再会を楽しむことができたわけです。
めでたし、めでたし。

では、横浜近郊の方に朗報ということで、店情報をお伝えします。

でもすみません、写真を撮っていないので、画像は例によって食べログからです。。。

一軒目は「二度と来るよ」。
京浜急行の戸部駅と横浜市営地下鉄の高島町駅の間くらいにあり、個人的には最高のみせです。

 ↓ 食べログ情報

二度と来るよ串揚げ / 高島町駅戸部駅平沼橋駅

先ずは看板
二度と来るよ外観_16728108

串カツ1
二度と来るよ串1_16728141

串カツ2
二度と来るよ串2_16728140

マスターの石原さんが超濃いキャラ。

人間味あふれる方で、最初に行ったときに意気投合してしまった!

リピーターも多い。
これだけでは伝わらないけれど、ホントいい店ですよ!



続いて串カツ甲子園

ここはベタ大阪を表に出した雰囲気。
チェーン店らしい。

串カツ甲子園 横浜きた西口店串揚げ / 横浜駅神奈川駅新高島駅


店内はこんなッカンジ。
甲子園店内

串カツ1
甲子園串カツ

ハムカツ
甲子園ハム

値段も安く、横浜駅の北西口を出た目の前のビルの中にあり行きやすい。

ボクは知っているのはこの2軒なんだけど、他にありますかねえ?????

ご存じの方、ぜひぜひ教えてください。

あー、串カツ食べたい!

Comment:2  Trackback:0
2013
05.10

WordやExcelを活用する

Category: Ecxel画
Excelで絵を描くようになり、そしてWordで食べレポを書くようになって、こいつらって仕事のしかめっ面の相方だけではなかったんだなあって思う。

お前等、すごいじゃん!

いろいろできるじゃん!

あ、お前等なんて、失礼しました。

素晴らしい機能をお餅で、あ、得意の変換ミス、お持ちでございますね……。

最近、sakiさんのページ、エストリルのクリスマスローズ(リンク → http://saki2000.blog.fc2.com/)の透明感あふれるページの美しさ("美"だけでなく、凛とした文章、透明な中の激しさ、激しさの中の包み込む優しさに、知性と高貴がおりなすハーモニーの奏でを感じます)に惹かれ、花の写真なんぞを撮ってみた。

しかし、写真がうまくないので、どうにかきれいに見せられないかなあと思いつつWordやExcelを操作していて、画像編集に出会った。

おー、いいのがあるじゃん!

アート効果? いいねえ!!!!

で、さっそく使ってみている次第です。

ところで、ボクが絵を描いたり編集したりするのにExcelやWordにこだわるのには理由がある。

それは、特殊なソフトではなく、一般的にみんなが使うものだから。

身近な存在だから。

何かを始めようと思ったときに、身構えなくても気軽にできる。

だから、周りの人にもお勧めできる。

ということで、アート効果の例です。
Excel、Wordの図の書式設定メニューを使い、ボタン一発で簡単にできます!

先ずは普通の写真

hana1.png


これはぼかしを追加

hana2.png


次にスケッチ

hana3.png


続いて線画

hana4.png


最後はぼかし&ガラス

hana5.png


結構、面白いですよ!!



 元気で、な

genkidena00.png
genkidena01.png

Comment:4  Trackback:0
2013
05.08

ブログをはじめて思うこと

Category: その他
ブログをはじめて、改めてネットってすごいなあって思う。
ホント、実感している。

顔も日頃の生活環境もわからないけど、だからこそ逆に濾過された純なものを感じ取れるような気がして。

ブログには作者の心、思い、がある。

重い仮面を脱いでいるのかもしれないし、別の自分に変身しているのかもしれないし、ありのままの自分かもしれない。
それは人それぞれだし、求めているものも面白さだったり、美しさだったり、或は激しさだったり、優しさだったりと、それも人によっていろいろあるけれど、何れにせよみな自分を表現しているわけだし、顔が見えない分、逆に中に宿る「人間」を強く感じる。

もしかしたら、書いているのがすごい可愛い女性だと思いきや、実はいかついオジさんだったり、逆にいかついオジさんかと思っていたら青白き少年だったりして……。

それもまた一興。

どれもこれもブログからストレートに飛び込んでくる!!
今を生きているんだ~って、思う。

人間を強く感じること--それはなんか、遠い昔に置き忘れた大切なモノを見つけたような……。

まあ、とにかく、なんだか郷愁を感じる。

ということで、ちょっとノスタルジックな気分に浸れる1980年前後の曲を。

男女各2曲。

先ずは、いつも仕事で緊張した精神をゆっくりと弛緩させてくれる美咲アンナさんの素敵なポエム(http://misakianna.blog.fc2.com/←リンク)の「秘密」をながめていて連想した曲から。

●「思い出は美しすぎて」 八神純子



次に、美しき言葉がちりばめられた叙景詩。

●「青葉城恋唄」 さとう宗幸



続いて、この一曲にて歌の世界から離れた(どうやらその後復帰したとの話らしいが)あの人の伝説の名曲。

●「白いページの中に」 柴田まゆみ



最後に、「純」と言えばこの歌の右に出る物はない忘れられない一曲。 

●「初恋」 村下孝蔵



では、よい夢を。


Comment:4  Trackback:0
2013
05.07

白鳥

日吉で見つけた陸の王者オムライス

白鳥外観_convert_20130507220208

はじめに……。

この記事を書いている最中に、YOUのつぶやき!(in 熱海)のYOUさんからコメントをいただきました。
とても生き生きしていて、癒され、元気をいただいております。是非ご覧ください!
 ↓
http://kamitaga.blog.fc2.com/


さて本題。

4月29日、武蔵新城の「ぷちっく」を訪れた日、実はもう一軒はしごをした。

日吉にある「レストラン白鳥」。
 ↓ホームページ
http://www012.upp.so-net.ne.jp/hakutyo/index.html

場所は東急東横線日吉駅から、ホントすぐのところ。
道が放射状に3本あるので、「どれにしようかな」状態でちょっと迷いそうだが、真ん中の道を選択し、そこからゲームセンターのある通りに折れて左側にある。

「言わなくても場所はわかってるよね」ってカンジで看板が目立たないので、ぼーっとしていると行き過ぎてしまう。白い建物に小さく「白鳥」と書かれている。注意注意。
壁のOPENの文字を確認し、ドアを開ける。

おー、結構混んでいる。
シンプルな作りの店内は、4人掛けのテーブル席が4つにカウンター席が3つ。ほぼ満席状態。

白鳥店内2

この日は休日なので客層はいろいろだけど、普段は学生で賑わっているんだろうなあ……。
この日も頭のよさげな学生が二人で何やら討論している。
少年よ大志を抱け!(これは別の大学だけど……)
陸の王者、ガンバレよ~。

さて、メニューを拝見。

ん?

何だーーーーーー!!!!!

あれ、ここ、洋食屋さんだよねえ……・。

個人的には、それはそれはとても嬉しいんだけど……。

メニューを上から羅列します。

・オムライス 600円
・ジャンボオムライス 750円
・スーパージャンボオムライス 1,000円
・オムカツ(オムライス+チキンカツ+みそ汁) 800円
・ジャンボオムカツ 950円
・オム海老(オムライス+海老フライ+みそ汁) 800円
・ジャンボオム海老 950円
・オムハヤ(オムライス+ハヤシソース) 700円
・ジャンボオムハヤ 900円
・オムカレー(オムライス+カレーソース) 700円
・ジャンボオムカレー 900円
・チーズオムライス<基本時間限定13時~> 700円
・ジャンボチーズオムライス<〃> 900円
・アサヒナスペシャル<状況限定> 1,300円

ここまでがオムライス。

以降、
・チキンカツカレーライス 700円
・海老フライカレーライス 800円
・カレーライス 600円
・ハヤシライス 600円
★カレーライス、ハヤシライスのジャンボ(大盛り)は、+200円

ふ~ん。すげーなあ。
オムライスはチキンと海老の値段差はないけどカレーは100円違うんだあ、なんてどうでもよいことを頭に浮かべながら、どれにしようか選択。

チキンカツにも海老フライにもひかれるけど、2軒目だし……。
残念ながら、ムリ。
ということで、この日はオーソドックスにオムライスを注文(てか、結局いつもオーソドックスだけど)。

しばらくして、ふっくらとまるまったオムライスが登場!!

白鳥オムライス1-1

白鳥オムライス2-1

しっかり焼いたタマゴにたっぷりのケチャップソース。
うん、光り輝く昔ながらのオムライス。

さてさて味は……。

おー、ソースがピリ辛で美味しい。自家製らしい。

こんなカンジです。
ピリ辛でしょ?
って、わかるわけないですよね。

白鳥オムライス3-1


タマゴは厚い。で、甘い。
ピリ辛のソースと甘いタマゴは、それぞれ独立したカンジで融合はしていないかな。

ご飯はシンプル。
味はコショウがきいていて、結構濃いかな。

こんなカンジです。
タマゴの厚さ、わかりますか?

白鳥オムライス4-1


量はわりとある。でも、ペロって食べられちゃう。
この値段でこれだけ食べられる。学生には嬉しいよね。
何か懐かしいなあ、この雰囲気。うん、満足まんぞく。

白鳥の創業は1957年。オムライスはこのときからの伝統の味を守り通しているとのこと。
揚げ物も多くあった洋食屋さんが、いつの間にかまるでオムライス専門店に。これぞ世の流れ、陸の王者オムライスの時代なのだ!

あ、よく見たら、「ホームページにオムライスのお店です」て書いてあるじゃん(汗)。


若き血(慶應義塾大学応援歌)より

若き血に 燃ゆる者
光輝みてる 我等
希望の明星 仰ぎてここに
勝利に進む我が力 常に新し
見よ精鋭の 集うところ
烈日の意気 高らかに
遮る雲なきを
オムライス オムライス 陸の王者オムライス!

2013年4月29日

■ 店舗情報 ■
・住所:神奈川県横浜市港北区日吉2-2-10
・電話:045-561-2448
・営業時間:11:00~17:00
・定休日:木曜日

白鳥 食べログ情報

レストラン 白鳥洋食 / 日吉駅

白鳥イメージ_convert_20130507220348



永遠の・・・

 はじめにお断りしておきます。
 白鳥で思いついた話を書き始めたのですが、書いているうちに、あ、これはちょっと話が長くなるなって思いまして……。

 なので、ここでは序章のみ掲載します。
 続きは何れ書き終わったらどこかのタイミングで掲載します。



「相席、いいですか?」
 レストラン白鳥のテーブル席でオムライスの出来上がりを待つケンジの前で、透き通った声が響いた。
 スマホで株価情報を見ていたしかめっ面を、声の方に向ける。

 黒をアクセントに取り入れたホワイトのブラウスに、ピンクのジョーゼットスカート。足元にはダブルストラップのヒールサンダル。ブラウンがかったセミロングヘアーの真ん中で、春から飛び出してきた笑顔がはじける。

「あ、どうぞ」
「ありがとうございます!」

 笑顔の主は肩にかけていたトートバッグを椅子におろすと、親しげにケンジに話しかけた。
「ケンジさんは、午後は授業ないんですか?」

 え? 誰? 
 こんな子、いたっけ???
 頭の中の?マークを次々に点灯させつつも、ケンジは素直に応える。

「いや、今日の午後はないよ。もう終わり。昼飯食べて帰ろうと思って。君は?」
 おいおい、何だよオレ。誰だかもわからないのに、いきなり何を聞いているのだか。

「私もです! 4限目が休講になっちゃって」
「そうなんだ」
「はい。あ、何頼んだんですか?」
「オムライス。普通の」
「へー、めずらしいですねえ。いつもはチキンカツか海老フライも一緒に食べてますよね」

 何で知ってるの????

「私もオムライスにしようかな。えーと、あ、オムハヤシにしよ~っと。ここの停車時間は20分しかないですからね」

 停車時間?
 何のこと?
 おいおい、大丈夫か?

「そうだね、早く来ないかな。時間がないもんね」
 おい、オレ!何を話してるんだよ。

 自分の意思には関係なく、思いもよらない言葉が口をつく。

「3号車の乗客はもうほとんど食事を終えたようですね」

 3号車? 乗客? 

 と、突然、目の前の景色が歪み始める。

 白い天井が、茶色い壁が、並ぶ鶏と白鳥の絵が、歪んで行く。

 意識が、遠のいて行く。

 ここは……。


「ようやく来た。そうだね、ボクたちも早く食べないとね。エミは今日もオムハヤシか。好きだなあ」
「いいじゃん、だって美味しいんだもん」
 ほんわりと温かいオムライスとソースの香りが、列車の中に充満する。
「やっぱり美味しいわね。ところでケンジ、今日は午後の授業がないんだったらちょっとつき合ってよ」
「いいよ。何、買い物?」
「違う違う。まだ見つからないのよ……」
「もしかして……」
「そう……」
 エミはスプーンを口に押し当てながら、不安そうな表情を浮かべて頷く。

「わかった。行こう、探しに」
 ケンジはエミの目に微笑みかけると、大丈夫だよと親指を立てて頷き返した。

「とにかく、先ず食べちゃおう」
「うん」


「あと5分ほどでスワンステーションを発車いたします。お乗り遅れのないようお願いいたします」
 オムライスを食べ終わり一息入れる二人の耳に、アナウンスの声が飛び込んだ。

 車窓からの景色を見やる。

 あれはデネブかな。それと、左に光り輝くのはこと座のベガ。右はわし座のアルタイル。
 駅の向こうには、ぼんやりとした光をたたえる天の川のゆったりとした流れが見える。

「織姫と彦星、きれいに輝いてるね。見つかるかなあ……」
 頬杖をついたエミが独り言のようにつぶやく。

 大丈夫。

 男として自信を持ってそう言ってあげたいけど、親指を立てて自信にみなぎった態度を示したものの、本当は自分でも半信半疑。ケンジは黙ってエミの言葉をやり過ごした。

 やがて発車のベルが鳴り、ドアが閉まる。

 フォ~~~ゥ♪
 汽笛の合図とともに、列車はゆっくりと走り始めた。

「次はイーグルステーションだね。確かイーグルステーションには腕利きの探し屋がいるって聞いたことがある」
 車窓に目をやったまま、ケンジが言う。
「私も聞いたことがあるわ。先ずそこに行ってみましょ」
 頬杖をついたままのエミが呼応する。

 はたしてエミの探し物は見つかるのだろうか……。

 この先、何が二人を待ち受けてうるのか?

 お話しの続きは、また何れ。

Comment:4  Trackback:0
2013
05.06

プチ横浜巡り 雑感

Category: その他
今、安売りで買ったFOUR ROSESを飲みながらこれを書いている。
幸か不幸か、たとえ安酒でも、バーボンは男の牙を研いでくれる。

今日は自分の中での表と裏(でもそれは一体)を書こうと思う。

プチ横浜巡り、裏バージョン。

船


ヨコハマは、中学高校の多感な6年間を通学し、ボクを育ててくれた街だ。

だから人一倍、思い入れが強いのかもしれない。


人間って何?

男って何?

挫折って何?

生きるって、正義って、オレたち、自分って……。


問いかけたところで、ありきたりの言葉は、てい良く微笑むだけで何も答えてくれはしない。



親や先生に気に入られ、一流企業をめざし、それが幸せと教えられ、培養され……。

教えに歯向かい、清き男女のつきあいを反面教師のバイブルに、いかにやれるかを最優先にレディーファーストを学び、決して教科書には載っていない(というか載せられない)人生の知恵を授かった。

数多くの裏切りに、人生ってそんなものと斜に構えるクセが身についた。
大丈夫、小学校のときから慣れている。
給食のパンを机にしまいこんだ子を注意したら、いじめの張本人はお前だと先生に責められた。

普通にしなさい!
何度言われたことか。

でも、いまだに普通って何かすらわからない。

いい世の中だ。

氷川丸


今、ヨコハマは死んだ。
少なくとも、ボクの中では。

麗しき女性の手招き?
いや、着飾った場末の娼婦が観光客にこびを売り(厚化粧が気持ち悪いだけだ)、それをヨコハマと売り込む。


ヨコハマは汚れた街なのだ。

きれいに汚れた街なのだ。

上っ面だけでなく、人間の奥底にあるドロドロした部分、建前でなく本音、それを包み隠さず教えてくれた、それがボクにとってのヨコハマである。

客船


幸せって何だろう……。

作り事ではないはず。

世間が、政府が、他人が作るものではないはず。

自分で、あるいは共感できる人と作り上げるものだ。

ボクはそう思う。

美しき輝きの裏には、醜き闇がある。
でもその闇こそが、美しさを引き立たせる源泉だと、そう思う。

闇の暗さ、美しさが内包する危うさ、それこそが命の源。

幸せな未来。

望みたい。

かなえたい。

作りたい。

そのためには、人が人に、そして人が作り上げたものに興味を抱き(心の底から)、今一度現実を直視する必要があると、ボクは思う。


以下は村上春樹氏の「風の歌を聴け」より。
最後の、デレク・ハートフィールドについてのくだりの部分。


彼の墓碑には遺言に従って、ニーチェの次のような言葉が引用されている。

「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか。」


運河

Comment:6  Trackback:0
2013
05.06

美味しいカレーとプチ横浜巡り(後半)

Category: その他
満腹になったところで、馬車道を海岸通り方面に向かって歩きます。

そうそう、ここには第5回食べレポのサモアールもあるのです。
この馬車道は浩一がおばあちゃんの手を引いて歩いた道。彼らは、逆に海側からサモアールに向かって来ました。

DSC_0184_convert_20130506150935.jpg

これが県立歴史博物館。
横浜正金銀行本店として、1904年に完成しました。
日露戦争の頃ですね。

DSC_0238_convert_20130506151050.jpg

そのまま直進し、本町4丁目の交差点も真直ぐ突き抜け、海を目指します。

ゴールデンウィーク中なのでものすごい数の、人、ひと、ヒト。

大賑わいの赤レンガ倉庫。

DSC_0247_convert_20130506151242.jpg

横浜市営バス。この辺を走るバスは赤いくつ号。

DSC_02431_convert_20130506164907.jpg

まもなく大さん橋。
と、なんか豪華な客船が見えるではないか……。

磁石に引き寄せられる砂鉄のように人々の足が吸い寄せられていく。
自分も一粒の砂鉄となり……。

じゃ~ん!

DSC_0258_convert_20130506151359.jpg

すげー! でか! きれい!

コスタ・ヴィクトリア号。

竣工 1996年7月13日
総トン数 75,166トン
全長 252.9m
出力 40,786馬力
先客定員 1928名(最大2464名)
乗組員 800名
所有 コスタクルーズ(イタイア)

5月20日から3泊4日の横浜-上海クルーズが予定されているようです。

向こう側にはベイブリッジ。

DSC_0281_convert_20130506151519.jpg

大さん橋に別れを告げ、山下公園へ。

氷川丸がこの地の主のように鎮座ましましております。

DSC_0291_convert_20130506152845.jpg


氷川丸は1930年竣工の貨客船。総トン数11,622トン。全長163.3m。
1960年に現役を退き、翌1961年からこの地に係留されています。

公園ではなにらや黒山の人だかりが……。

どうやら大道芸をやっているようです。
SIN 龍と華 剣舞の大道芸。
結構マジ殺陣。エネルギーに満ちています。ガンバレよ~!

剣舞

しばし見入った後、マリンタワー方面に進むと、今度はなんやら可愛い歌声が……。

ヨコハマカワイイパーク???

DSC_0323_convert_20130506152501.jpg

あ、かわい~

目からハート×18
( どうやら、全部で18人らしい )

撮影はご遠慮願いますとのことなので、遠くから観客とバックの木を撮影しました。
あれ、間にちょっと何か写ってる。おかしいなあ……。

トーキョウチアチアパーティー2


で、誰?

トーキョーチアチアパーティー。
↓ 公式サイト
http://tokyocheerparty.com/

この日はTBS主催のイベントで、このグループはもうすぐメジャーデビューのようです。

山下公園の目の前にはマリンタワーがあります。
1959年、横浜開港100周年に何かモニュメントをということで建設が計画され、1961年に完成。2010年に恋人の聖地に指定されました。

DSC_0315_convert_20130506151658.jpg

お隣にはホテルニューグランド。
1927年の創業。

DSC_0332_convert_20130506153242.jpg

センターグリルでケチャップ炒めのナポリタンができる前の、元祖ナポリタン発祥の地です。
( 最初は今のケチャップ炒めではなかったらしいです )

それと、ドリア、プリンアラモードもここが発祥だそうです。

DSC_0335_convert_20130506153210.jpg

ん?開港154周年?
154って、半端じゃん。
毎年やってるの? それとも意味あり?

ま、その辺は気にしないで帰路に。

中華街の東門を横目に、

中華街

最後は横浜スタジアム。

第15回食べレポぷちっくの岡本達也率いる川崎青嵐高校が準決勝の死闘を演じた場所です。
甲子園予選の準決勝、決勝はここ横浜スタジアムで行われるのですが、神奈川県は高校野球人気が高く、いつも満員です。

DSC_0352_convert_20130506154246.jpg

おーいベイスターズ、ガンバレよ~!!
高校野球に負けてるゾ~!

ということで、2回に渡ってプチ横浜巡りをご紹介いたしました。

今が丁度いい季節ですから、ハマ風を満喫してはいかがでしょうか。
ゴールデンウィークが終わったあとが、意外とねらい目かもしれませんよ。

次回はプチ横浜巡り雑感です。
Comment:0  Trackback:0
2013
05.05

美味しいカレーとプチ横浜巡り(前半)

Category: その他
どこまでも突き抜ける青空。

そよ風の誘惑に素直に従い、今日は大好きな横浜に。

せっかくなので、簡単ですが港ヨコハマの一部を案内(あない)いたしませう。

コースは、桜木町から野毛を抜け、関内から馬車道、海に出て大さん橋から山下公園、そして関内に戻って終わり。そんなカンジですが、わからない方はまったくわからないと思います。

ですので、簡単ですが、コースとポイントです。

地図_convert_20130506045006


ということで、スタートの桜木町駅から、野毛方面出口に。
ここには第2回食べレポのセンターグリルがあります。

DSC_0202_convert_20130506033035.jpg

う~ん、中は超満員のようでした。さすが人気店。

さて、野毛ですが、戦後の日本を支えた街。
第2回で、祐也が妻の涼子と歩いた通りです。

今でも老舗がたくさんあります。
中には18禁のあやしいお店もありますけど……。

ここ「元祖満州焼き やきとり 庄兵衛」も、そのうちの一軒。
あ、「そのうちの」と言うのは、あやしい店ではなく、老舗の方ですからね!

DSC_0198_convert_20130506033000.jpg

満州焼きとは、かしらのみそだれ焼き。
これは安くて美味しい!
どうやら、この地域にしかないらしいです。
藤沢に1軒あるのはしっているのだけど、どなたか、ご存じの方いらっしゃいますか???

満州焼きの画像は食べログのものを掲載いたします(ちゃんとありましたよ、公認の満州焼き画像)!

150x150_square_8762232.jpg

野毛を抜け、大岡川を渡って伊勢佐木町方面へ。
この伊勢佐木町から10分もかからないところに、第12回でクオン達がオムライスに舌鼓を打った「インダバリ」があります。

DSC_0001_convert_20130306225038.jpg


今日はそちら方面ではなく、関内駅の反対口に向かい、馬車道の入り口に到着。

DSC_0207_convert_20130506033226.jpg

これから馬車道を海の方に向かって歩きます。

途中にはいろいろな店があります。
食べ物屋も充実していて、これが生香園本館。
周富輝さんのお店です。
 ↓ 生香園ホームページ
http://www.shu-tomiteru.jp/

DSC_0211_convert_20130506033254.jpg

個人的には、この特製二色チャーハンが大好きです!

DSC_0212_convert_20130506033328.jpg


近くに、カツレツの老舗、勝烈庵総本店もあります。
 ↓ 勝烈庵ホームページ
http://www.katsuretsuan.co.jp/restaurant/



でも、昼食は、そのどちらでもなく、こちら!

「Soup Curry 横浜BAY らっきょ」です。
 ↓ らっきょ 食べログ情報

らっきょスープカレー / 馬車道駅関内駅桜木町駅

DSC_0229_convert_20130506033432.jpg

カレー好きの方に教えてもらったんですけど、ここのスープカレーは絶品!

札幌のスープカレーをベースに、オリジナルの味を出しているとのこと。

DSC_0218_convert_20130506033914.jpg

今日はチキンカレー700円と普通ライス250円(300g)を注文。
ちなみに、ナンも選べますよ~!!
他のメニューは以下の通り。
・横浜らっきょスペシャルカレー
 (チキン、シーフード等、ボリューム満点)
・Wチキンカレー
・ボリューム満点マッスルカレー
・野菜カレー
・ひき肉となすのカレー
・シーフードカレー
・スタミナカレー
・ポークロースカレー
・納豆おくらカレー
・あぶり厚切りベーコンカレー
・トントロカレー
・広島産カキカレー
・アボガドカレー
・ラビオリカレー
・きのこカレー


トッピングもいろいろあり、辛さも自分で選べます。

DSC_0219_convert_20130506033941.jpg


店の中は狭く、カウンターのみ10席程度。
だから満員です。

しばらくしてカレー登場。

湯気にほわーんと包まれている。おー、美味しそう~。

DSC_0223_convert_20130506034233.jpg
DSC_0224_convert_20130506034306.jpg

ちょっと長いけど、以下がメニューに書いてある内容です。

札幌生まれのスープカレーをベースに洋食の技術を基本とした厳選した素材で作る長時間煮込んだブイヨンと30種類以上の香り豊かなスパイスを配合し、10年以上の歳月をかけて完成したスープカレーです。
また、お子様からご年配の方まで幅広いお客様に喜んでいただけるように様々なカレーを用意しております。
辛さにつきましても全く辛くないカレーから、超激辛のカレーまでご用意しております。
辛いものが大好きな「我こそは!!」という方は是非ご挑戦を!!
昨今、様々なおいしいカレー屋さんがありますが、横浜BAY・らっきょのスープカレーは日本人の好きな新しいカレーのスタイルです。
さらっとしていながらも深い味わいがあり、一度食べたらやみつきになるスパイスマジックスープカレーを是非ご賞味ください!!

さてさて、お味は……

超超めっっっっっっっっっ

い、いかん、いつまでもパクるのはやめよう。

とにかく美味しいです!!
チキンは柔らかくカレーにマッチ。
でも、皮にカリッとした食感を残している。
じゃがいももそう。皮がカリっとしているし、炒め方が絶妙で味がしみ込んでいる。
ごはんにかかったゴマといい、柔らかい中でのカリッとした食感が絶妙です!

DSC_0225_convert_20130506035112.jpg

ホント、やみつきになります!!
いや~、満足まんぞく。



満腹になったところで、プチ横浜巡りに行きませう。

後半に続く……。

Comment:2  Trackback:0
2013
05.05

パンダ、とか

Category: Ecxel画
藤沢駅周辺に買い物に出かけた。
買い物を終え、ビルから外に出ると、……。

ん?

救急車が止まっている。

その向こうにパトカーも……。

さらにその向こうには消防車が……。

よく見ると、その向こうにも救急車が……。

路地を曲がると、

何だあ!!!!
どうした!!!!

ずらりと並ぶ消防車。
バスロータリーにも、駅前の通りにも。

130504藤沢1-1
DSC_0195_convert_20130505050456.jpg

道には黄色いロープがはられていている。

火事?

そう、火事でした。

130504藤沢2-1


でも、どうやら大したことはなかったようです。

こういう事態に遭遇した時に、平然とやり過ごすのか、それとも野次馬根性をむき出しにするのか???

この、非日常の光景を写真にとってしまう自分がいる。

大惨事だったらどうしていたか?

人道的ではない?

他人の不幸を、自分とは関係のない、単なる興味の対象であるテレビの向こう側の世界と笑うのか???



閑話休題。

このブログはオムライスが主体ですが、オムライス以外の食べ物も好きです。

カレー。

ラーメン。

寿司。

ハンバーグ。

メロンパン。

……。


子供か!!

はい。

それと、ナポリタン。

トマトっぽいのではなく、喫茶店にあるような、よく炒めたのが好きです。

これは、ナポリタンの発祥である、食べレポ第2回センターグリルのナポリタン。

DSC_0088+(2)_convert_20130505050212.jpg


麺が独特。極太。

それに加えて味が結構濃いめなので、かなり食べ応えがある。

この日はオムライスとナポリタンを一緒に食べたのだけど、先にオムライスを食べないとナポリタンの味でわからなくなってしまうので、オムライス後のナポリタンは、尚更食べ応えがあった。
(ちょっと炭水化物とりすぎでヤバイ!)

でも、

超超めっっっっっっっっっっっっっっっちゃウマぁ!!!

あ、ゴメンなさい、パクリです……。
(引用元:まいちゃんのグルメ日記

機会がありましたら、センターグリルのナポリタンを是非ご賞味ください。


Excel画でパンダを描いてみた。
パンダの背中って、なんか哀愁と可愛さが同居していて好きなんだよなあ……。

130504パンダ€2_convert_20130505083718


Comment:0  Trackback:0
back-to-top