topimage

2013-05

プチ横浜巡り 雑感 - 2013.05.06 Mon

今、安売りで買ったFOUR ROSESを飲みながらこれを書いている。
幸か不幸か、たとえ安酒でも、バーボンは男の牙を研いでくれる。

今日は自分の中での表と裏(でもそれは一体)を書こうと思う。

プチ横浜巡り、裏バージョン。

船


ヨコハマは、中学高校の多感な6年間を通学し、ボクを育ててくれた街だ。

だから人一倍、思い入れが強いのかもしれない。


人間って何?

男って何?

挫折って何?

生きるって、正義って、オレたち、自分って……。


問いかけたところで、ありきたりの言葉は、てい良く微笑むだけで何も答えてくれはしない。



親や先生に気に入られ、一流企業をめざし、それが幸せと教えられ、培養され……。

教えに歯向かい、清き男女のつきあいを反面教師のバイブルに、いかにやれるかを最優先にレディーファーストを学び、決して教科書には載っていない(というか載せられない)人生の知恵を授かった。

数多くの裏切りに、人生ってそんなものと斜に構えるクセが身についた。
大丈夫、小学校のときから慣れている。
給食のパンを机にしまいこんだ子を注意したら、いじめの張本人はお前だと先生に責められた。

普通にしなさい!
何度言われたことか。

でも、いまだに普通って何かすらわからない。

いい世の中だ。

氷川丸


今、ヨコハマは死んだ。
少なくとも、ボクの中では。

麗しき女性の手招き?
いや、着飾った場末の娼婦が観光客にこびを売り(厚化粧が気持ち悪いだけだ)、それをヨコハマと売り込む。


ヨコハマは汚れた街なのだ。

きれいに汚れた街なのだ。

上っ面だけでなく、人間の奥底にあるドロドロした部分、建前でなく本音、それを包み隠さず教えてくれた、それがボクにとってのヨコハマである。

客船


幸せって何だろう……。

作り事ではないはず。

世間が、政府が、他人が作るものではないはず。

自分で、あるいは共感できる人と作り上げるものだ。

ボクはそう思う。

美しき輝きの裏には、醜き闇がある。
でもその闇こそが、美しさを引き立たせる源泉だと、そう思う。

闇の暗さ、美しさが内包する危うさ、それこそが命の源。

幸せな未来。

望みたい。

かなえたい。

作りたい。

そのためには、人が人に、そして人が作り上げたものに興味を抱き(心の底から)、今一度現実を直視する必要があると、ボクは思う。


以下は村上春樹氏の「風の歌を聴け」より。
最後の、デレク・ハートフィールドについてのくだりの部分。


彼の墓碑には遺言に従って、ニーチェの次のような言葉が引用されている。

「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか。」


運河

美味しいカレーとプチ横浜巡り(後半) - 2013.05.06 Mon

満腹になったところで、馬車道を海岸通り方面に向かって歩きます。

そうそう、ここには第5回食べレポのサモアールもあるのです。
この馬車道は浩一がおばあちゃんの手を引いて歩いた道。彼らは、逆に海側からサモアールに向かって来ました。

DSC_0184_convert_20130506150935.jpg

これが県立歴史博物館。
横浜正金銀行本店として、1904年に完成しました。
日露戦争の頃ですね。

DSC_0238_convert_20130506151050.jpg

そのまま直進し、本町4丁目の交差点も真直ぐ突き抜け、海を目指します。

ゴールデンウィーク中なのでものすごい数の、人、ひと、ヒト。

大賑わいの赤レンガ倉庫。

DSC_0247_convert_20130506151242.jpg

横浜市営バス。この辺を走るバスは赤いくつ号。

DSC_02431_convert_20130506164907.jpg

まもなく大さん橋。
と、なんか豪華な客船が見えるではないか……。

磁石に引き寄せられる砂鉄のように人々の足が吸い寄せられていく。
自分も一粒の砂鉄となり……。

じゃ~ん!

DSC_0258_convert_20130506151359.jpg

すげー! でか! きれい!

コスタ・ヴィクトリア号。

竣工 1996年7月13日
総トン数 75,166トン
全長 252.9m
出力 40,786馬力
先客定員 1928名(最大2464名)
乗組員 800名
所有 コスタクルーズ(イタイア)

5月20日から3泊4日の横浜-上海クルーズが予定されているようです。

向こう側にはベイブリッジ。

DSC_0281_convert_20130506151519.jpg

大さん橋に別れを告げ、山下公園へ。

氷川丸がこの地の主のように鎮座ましましております。

DSC_0291_convert_20130506152845.jpg


氷川丸は1930年竣工の貨客船。総トン数11,622トン。全長163.3m。
1960年に現役を退き、翌1961年からこの地に係留されています。

公園ではなにらや黒山の人だかりが……。

どうやら大道芸をやっているようです。
SIN 龍と華 剣舞の大道芸。
結構マジ殺陣。エネルギーに満ちています。ガンバレよ~!

剣舞

しばし見入った後、マリンタワー方面に進むと、今度はなんやら可愛い歌声が……。

ヨコハマカワイイパーク???

DSC_0323_convert_20130506152501.jpg

あ、かわい~

目からハート×18
( どうやら、全部で18人らしい )

撮影はご遠慮願いますとのことなので、遠くから観客とバックの木を撮影しました。
あれ、間にちょっと何か写ってる。おかしいなあ……。

トーキョウチアチアパーティー2


で、誰?

トーキョーチアチアパーティー。
↓ 公式サイト
http://tokyocheerparty.com/

この日はTBS主催のイベントで、このグループはもうすぐメジャーデビューのようです。

山下公園の目の前にはマリンタワーがあります。
1959年、横浜開港100周年に何かモニュメントをということで建設が計画され、1961年に完成。2010年に恋人の聖地に指定されました。

DSC_0315_convert_20130506151658.jpg

お隣にはホテルニューグランド。
1927年の創業。

DSC_0332_convert_20130506153242.jpg

センターグリルでケチャップ炒めのナポリタンができる前の、元祖ナポリタン発祥の地です。
( 最初は今のケチャップ炒めではなかったらしいです )

それと、ドリア、プリンアラモードもここが発祥だそうです。

DSC_0335_convert_20130506153210.jpg

ん?開港154周年?
154って、半端じゃん。
毎年やってるの? それとも意味あり?

ま、その辺は気にしないで帰路に。

中華街の東門を横目に、

中華街

最後は横浜スタジアム。

第15回食べレポぷちっくの岡本達也率いる川崎青嵐高校が準決勝の死闘を演じた場所です。
甲子園予選の準決勝、決勝はここ横浜スタジアムで行われるのですが、神奈川県は高校野球人気が高く、いつも満員です。

DSC_0352_convert_20130506154246.jpg

おーいベイスターズ、ガンバレよ~!!
高校野球に負けてるゾ~!

ということで、2回に渡ってプチ横浜巡りをご紹介いたしました。

今が丁度いい季節ですから、ハマ風を満喫してはいかがでしょうか。
ゴールデンウィークが終わったあとが、意外とねらい目かもしれませんよ。

次回はプチ横浜巡り雑感です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (134)
競馬関連 (23)
その他 (515)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (79)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR