2013
09.30

新たなる戦い

Category: その他
ポテチ、チョコ、アイス、うまい棒……。

さて、何でしょう?????

投票を行ったものです!

その度に皆さまには暖かいご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。

あー、また投票をしたくなってきました。。。

今度は何がいいかなあ?????


だいぶ涼しくなってきたので、あたたかいものでもいいかな?

たとえば、麺類。

カップラーメンやインスタントラーメン。でも種類が多すぎかな?

外食だと各地にあるチェーン店でないとなあ。。。

うどんチェーン店

「丸亀製麺VSはなまるうどんVSつるまる饂飩VS……」

余談ですが、大阪にある得正のカレーうどんがめっちゃ好きです!

大阪、兵庫、福岡にしかないので普段は食べられないのですが……。

リンクをはっておきますので、近隣でご存知ない方はぜひ。。。

得正 ← リンク

それから、パスタチェーン店

「カプリチョーザVSジョリーパスタVSマンマパスタVS洋麺屋五右衛門VS……」

それとも外食チェーンを一堂に会して行うとか?????

麺類以外に、牛丼、ハンバーガー、……。

それとも回転寿司? 寿司ネタ??? 

あるいは、好きな動物。イヌ派? ネコ派?


ちょっと考えてみたいと思いますが、皆さまのお勧めがありましたら是非お教えください!!


vote1.png


スポンサーサイト
Comment:7  Trackback:0
2013
09.29

ふたりテッちゃん その3

Category: ストーリー
" 飛び乗って! "

テツオからのメールが届いたのは、スーパー白鳥20号発車のアナウンスとほぼ同時だった。

きつねにつままれたような表情のテツコ。本能的にテツオの言葉に従い、気がついたときには社内に飛び込んでいる自分がいた。

どういうこと? 約束違反では???

とにかく乗れたことを伝えないと……。

" 乗れました! でも"

ただそれだけを返信てから少しして、テツオからの第二弾メールが届いた。

「あ、そっか!」

安堵の表情を浮かべながらペロッと舌を出したテツコは、自由席の3号車に向かうと、窓際の席に腰を下ろした。

それにしても、メールが来てよかった。本当にギリギリのすごいタイミングで、なんか不思議なカンジ……。

まだドキドキしてる。すごいなあ……。

そんなテツコを乗せたスーパー白鳥20号は、知内駅を過ぎると、やがて北海道に別れを告げるべく青函トンネルへと入っていった。

tetsuo101.png


和食が食べたい。

何を食べようか自問自答していたテツオは、駅ビルのピオレ姫路ごちそう館に向かいつつ、食べる物を決めていた。

目の前に、「つるまる饂飩(うどん)」の文字が飛びこむ。

よし、ここにしよう。

即断即決がテツオの取り柄だ。

結果的には、この決断力が功を奏した。

迷うことなく店を決め、記念に店の写真をとろうと携帯を取り出したおかげでテツコからのメールに気がついたのだった。

ん? " 特急じゃないと青森に行かれないんです。どうしよう "って。

あ! もしかしてテツコさんは勘違いをしている!

テツオはあわてて飛び乗るように指示したのち、じっと結果の連絡を待った。

数分ののちにはほっと胸をなでおろすことになったのだが、とても長く感じられる時間だった。

"でも"、か……。

やっぱりテツコさんはルールを勘違いしている。

テツオは注文を済ませると、テツコに説明のメールを送信した。

よかったです、乗れて!
そうそう、「何でスーパー白鳥に乗ってもいいのか?」ですけど。
「普通料金以外の支払いはダメ」が今回のルールです。
なので、特急でも特急料金がかからない路線は乗車OKです。
ほら、私鉄なんかだとよくありますよね。
JRで言う快速のようなイメージで。
京浜急行とか、阪急とか、西鉄とか。
津軽海峡線は木古内から蟹田までなら特急料金なしで乗車できるので、その区間はOKなんです。
あ、もちろん席は自由席(2か3号車)に座ってくださいね。
それと注意です。
そのまま乗っていれば新青森まで直通で行かれます。
でも、特急券が不要なのはあくまでも木古内から蟹田の区間だけ。
それ以上乗ると料金がかかるので、必ず蟹田で乗り換えてください。
では、またお昼に!

メールを打ち終わり携帯をポケットに突っ込むと、テツオは、とっくに運ばれてきているうどんを勢いよくすすった。

8時26分発はちょっと間に合わないかな。

えーと、そのあとは8時56分かあ……。

ま、ちょっとゆっくりしてから行こうかな。

それでも、13時前には名古屋に着くだろう。

それにしても、テツコさんは間にあってよかった。津軽海峡線は本数が少ないからなあ……。

テツオも一安心。

ほっとした手が、しょうが天を口に運ぶ。

ん、うまい!

テツコとのやりとりに時間をついやし自分が一本遅い電車に乗るはめになったが、これで今日もいい一日になりそうな、そんな予感に包まれたテツオであった。

tetsuo102.png


つづく


Comment:4  Trackback:0
2013
09.29

セブンイレブンのオムライス

だいぶ涼しくなってきました。
晴れ渡った青空が心地よいです。

さて、ふたりテッちゃんの続きを書く前に、セブンイレブンのオムライスを食べてみたので、今日は忘れないうちにそちらを書きます。

先日ファミリーマートのオムライスを食べてコンビニオムの食べ比べをしてみようと。

で、やっぱお弁当はセブンイレブン。

ということでこれを購入。

seven1.png

ふんわり玉子のデミオムライス360円。

サイズ的には小さくてこれだけでは満腹にはならなそうだけど、姿形はとってもそそられる。

seven2.png

まるで豊穣の海に浮かぶ天国に一番近い島のように、たっぷりと注がれたデミの海の向こう、いいカンジにつやつやした玉子が鎮座している。

おー、これはいいかも。

ボクの直感がワクワクする。

seven3.png

よし、玉子に上陸!

う~ん、美味しそうなにおい!!

さあ、食べてみよう!

スプーンを入れてみると……。

seven4.png

おっ、いいですねえ。。。

玉子は「ふわとろ」ではないけれど、名前の「ふんわり」にはいけててよいです。

チキンライスの味付けは控えめかな。

ソースをつけずに玉子とチキンライスを食べていると、両者の「ソースを絡めてみて!」という声が聞こえてきそうだ。

で、絡める前にソースonlyでお味を……。

うわーー!

これ、美味しい!

このソース、美味しいです。

で、絡めて食べてみると……。

seven5.png

なるほど!

ソース、玉子、チキンライスがちょうどよい具合の味を演出してくれる。

うん、よくできていると思います。

特にデミソースは、セブンイレブンの自慢じゃないかなあ???

さて、今日は、レインマンとブレードランナーのDVDを購入したので、ゆっくりと見よっかねえ。。。

seven6.png


おっと、スプリンターズステークスもある!

ロードカナロアは外せない。

3着以内の相手は、今のところ、1:グランプリボスか15:マジンプロスパーのどちらか(あるいは両方)がいいと思っていますが、最後は当日の流れで決める。なので、ピタリとはまってくれる馬が出てきてくれ!と思っています。

いざ、勝負!!

seven7.png


Comment:6  Trackback:0
2013
09.27

ふたりテッちゃん その2

Category: ストーリー
9月26日、木曜日。

テツオさんはどこにいるんだろう。もう九州は出たんだろうなあ。今日、会えるかな?

さわやかな目覚めをむかえたテツコは、大きくひとつ伸びをすると、颯爽と森駅の改札を抜けた。

すっかり秋めいた風が、自然と緩む頬をからかうように撫でながら通り過ぎて行く。

" 26日の午後になったら状況を連絡し合いましょう "

それが出発前のテツオとの取決めだ。

お昼までにどこまで行かれるかなあ???

5時34分発の函館行きの電車の窓からぼんやりと外を眺めるテツコ。

流れる景色の中に、頬杖をつく自分の姿が、かすかに車窓に映し出されている。

なんだか、とっても幸せな気分だなあ……。

そんなテツコをアクシデントが襲ったのは木古内駅でのことだった。

えー!どうしよう……。

ここからは津軽海峡線で青森方面へと行かなければならないのだけれど、
木古内から青森県の蟹田に行くには、特急電車しかない。

特急は使わない約束。どうしよう……。

次の電車は8時4分発のスーパー白鳥20号。

これに乗る以外に、方法はない。

ピ~ンチ! どうする、テツコ……。

morieki10.png


6時15分。北海道より5度程度は高い気温の岡山の朝。それでも夏の勢いは影を潜めたようだ。

腕時計に目をやりながら、テツオは頭の中の時刻表と会話する。

うん、お昼までに名古屋ぐらいには行かれそうだな。

澄んだ空気に包まれた山陽線のホーム。

まだお腹がすかないから、朝食は、40分くらいある姫路での待ち時間に食べることにしよう。

ゆっくりと入線してきた6時15分発の電車のドアが開く。

缶のブラックコーヒーを飲み干し、テツオは最後尾の車両の椅子に腰をおろした。

ここから最初の乗り換え地点の姫路までは1時間30分程度。岡山県から兵庫県までは、意外と早く行かれる。

瀬戸内の海をながめ、やがて電車は兵庫県の赤穂市へ。

そして7時47分。定刻に姫路駅に到着した。

さて、どこで食べようかなあ???

ホームから構内、駅ビルを物色し始めたテツオ。電車に乗るのが好きな「乗り鉄」であるとともに、駅弁や行った先でご当地ものを食べるのが好きな「食べ鉄」でもある。丁度そのときに届いたテツコからの携帯メールには、まったく気がつかない。

okayamaeki10.png


時計の針が8時を指した。

あーもう、返信が来なーい!

さっきから同じところを行ったり来たりしながらテツオからの返信を待つテツコ。

スーパー白鳥20号の発車時間が、刻一刻とせまる。


つづく

-----------------------------------------------------

さて、omunao鉄道は脱線してここでオムライス情報!!

旭川での昼食でテツコが食べたオムライスを紹介しましょう!!

旭川市豊岡にあるケープコッド (CAPE COD)

駅からは遠くて、実際に待ち時間に行かれるかは詮索しないでください。。。(汗)

どうやらお好み焼き風オムライスとか、カレー風味オムライスなどがあるようです。
食べログの口こみの評判も上々!

画像はあるかなあ????

おー、あったああ!!!!!

keep1.png


これはカレー風味のオムライスのようです……。

keep3.png


「カレー風味」だけでなく、「カレー」も売りのようです。

おー、もうたまりませんねえ。。。

近隣の方がいらっしゃいましたら、是非行ってみてください!


ケープコッド 食べログ情報

ケープコッドオムライス / 南永山駅新旭川駅旭川四条駅


Comment:8  Trackback:0
2013
09.27

おわび

Category: その他
おはようございます。

すみません、今日は更新が遅れますぅ……


neko1.png


かわいい犬猫botより。。。



Comment:4  Trackback:0
2013
09.25

ふたりテッちゃん その1

Category: ストーリー
9月24日、22:00。

" 私は稚内駅を6時24分の電車に乗りま~す! "
テツオのパソコン上で、ワクワクであふれたテツコの言葉が躍る。

" 僕は西大山駅を5時45分発に乗るよ! "
D51の重厚さで、キーが打たれる。

" すごい楽しみだわあ。どこでテツオさんと会えるのかしら…… "

" 僕もとても楽しみ。テツコさんと、早く会いたい…… "


2ヶ月ほど前に、鉄道ファンのサイトで知り合ったテツオとテツコ。

まるで幼なじみのように、何の違和感もなく一瞬のうちにうちとけたふたりは、ともにこの時期に休暇をとりある計画を立てたのだった。

北海道の稚内に住んでいるテツコ。

一方のテツオは鹿児島の指宿在住。

何の因果か日本の両端に住むふたりの不思議な出会い。

鉄道好きには、乗るのが好きな「乗り鉄」、写真を撮るのが好きな「撮り鉄」、廃車間近の列車を興味の対象とする「葬式鉄」などがいるが、ふたりとも乗るのが好きな「乗り鉄」だ。

鉄道好きの話に花が咲きすぎ満開状態。もう、誰にもとめられない。

" じゃあさあ、お互いに特急とか飛行機は使わずに普通電車に乗って、テツコさんは最北端の稚内駅から南に、僕は最南端の西大山駅から北に向かって、丁度ピタリと合ったところで会おうよ! "

そんなテツオの提案に、テツコは二つ返事で賛同した。

ふたりは一体、どこで会えるのだろうか?????

さあ、テツオとテツコの出会いの旅が、今、始まろうとしている。


9月25日、朝。

6時24分発の宗谷本線に乗ったテツコは名寄に向かった。

乗車時間4時間30分。

名寄に着くと、そこから乗り継いで旭川へ。

これがまた2時間ほどかかる長旅だ。

本当に北海道って広いなあ……。

そんなことをぼんやりと思っているうちに、やがて電車は旭川に到着した。

次は岩見沢に向かうのだが、約1時間ほどの待ち時間がある。

ここで昼食に大好きなオムライスを食べ、15時22分に岩見沢に到着。

さらに乗り継ぎ、この日は結局、22時37分に着いた森駅がゴール。

さすがにひろい北海道。一日で本州に渡ることはできなかった。

「今日は森駅で宿さがしだわ……」

名物の「いか飯」を購入して、テツコは駅前のホテルへと足を運んだ。

ikameshi.png


tetsuo1.png


一方、5時45分発の電車で西大山駅を出発したテツオ。

途中、食事休憩をとる時間も惜しみ、ひたすら乗り継ぎ先へと進む。

昼食は八代で買った鮎屋三代弁当。

鮎の甘露煮がどかっと入った弁当だ。

ayu.png


その後順調に、夕方には小倉を過ぎ、21時頃には広島に到着。

よし、もうひとガンバりだ!

テツオは更に乗り継ぎ、岡山へと向かう。

そして日付が変わった0時8分。長い一日を終えて岡山へと到着したテツオであった。

tetsuo2.png


つづく

------------------------------------------------

さてここでみなさまに問題です!

日本の端と端の駅から出発して、ふたりは、「どこで(何駅)で会える」と思いますか?


<前提条件>

・本州を縦断する際のコースは太平洋側を通ることとします。
・Yahooの路線で検索した結果を使います
・会う駅は、ふたりが「より同じ時間に近く到着する駅(お互いができるだけ待たない駅)」とします

ではでは!


Comment:4  Trackback:0
2013
09.24

ポテトな夜 番外編

Category: お菓子
みなさま、「ポテトな夜」にお付き合いいただきありがとうございました。

ボクがこのブログのコンセプトにしているのは「大人の絵本」。

笑いを織り交ぜて、前向きで楽しい空間が作れたらいいなあって思っています。

絵本に欠かせない「童心」や「和み」、「幸せ」や「笑顔」をイメージできる(もちろん、第一に大好物だからだけど)オムライスは、その象徴です。

だから、オムライス中心だけど、オムライスだけにこだわらず、自分が「オムライス的」に感じたものは何でも題材にしちゃいます。

お菓子も、そのひとつ。

ブログでいろいろと演じてくれるお菓子には以前より興味を持って見るようになったし、それを作っているメーカーにも注目するようになりました。

なんか変わったお菓子はないかなあ???と思っていたときに、

「ドラッグストアに行くと変ったお菓子があるよ!」

という知人のナイスな助言を受け、さっそく近隣のセイムスに行ってみました。

うん、なるほど!

確かに、オリジナルっぽい商品がある。
smile tastyシリーズかあ。。。

スティックポテトの隣りにポテロングとじゃがりこが並んでいたので、味比べしてみよっかなということでそれぞれを購入。ついでにsmile tastyのうちの他のいくつかと、目を引いた復刻版マリーも。

帰ってきて、どのお菓子から書こうかとぼんやり眺めていたら、ふと、あ、何かスト―リーぽくしてみようかなという想いがよぎり、今回の試みに至りました。

ストーリーは何も考えずに書き始めたので、自分でもどう展開するんだろうって楽しみでした。

そんなカンジで楽しんで書けたので、またこういうのを書きたいなあって思います!


ところで、smile tastyシリーズって、どんなメーカーが作っているのだろう???

調べてみたくなちゃうんですねええ。。。

スティックポテトは岡山県のブイエフアンドティ株式会社の商品でした。

今回は、「ポテトな夜」でスティックポテトの仲間として黙って脇役を演じてくれたお菓子たちを紹介します!


先ずはカルシウムウエハース

なになに、三浦製菓株式会社

poteto26.png


ホームページによると、

創業 昭和21年7月
創立 昭和56年7月
事業内容 菓子製造
資本金 2000万円
従業員 40名

三浦製菓は、笑顔と共に安全で美味しく、楽しい夢のあるお菓子を届けます。
私達は、食べて安全、安心できる商品でないと、笑顔が生まれないと考えています。
また、美味しい商品でないと笑顔は生まれないと考えています。
さらに、楽しく夢のある商品であれば、よりいっそう笑顔が生まれると考えています。

うおーーー!!!!!!
従業員40名でガンバッテるんだあ!

愛知県にある会社で、商品構成をみると、綿菓子が一品あるものの、あとはどうやらウエハース専門のようです。


こちらはどうだろう。

麦チョコレート

これは寺澤製菓株式会社

poteto27.png

こちらもホームページを見てみましょう。

本社は東京都足立区。茨城県手市に工場があります。

昭和27年に寺澤製菓所として創業。かりんとう、おこし等を販売。
取手の工場はチェコレート専用工場として平成7年に購入したらしい。
また、関連会社の株式会社マイスターで高級チョコレートの企画・デザインとコンピュータソフトの開発を行っているとのこと。

おー、「マイスター」ですかああ……。スゲーなあ。。。

これは昭和32年の広告。

poteto29.png

最後は芋けんぴ

こちらを作っているのは南国製菓

poteto28.png

高知県の四万十町にある。

ん? 四万十町の芋けんぴ?

あれ?

めっちゃおいしいと教えてもらって、実際にめっちゃおいしい塩けんぴを売っている水車亭(みずぐるまや)と一緒じゃん……。

と思いつつホームページを見てみると、出てきたのは、うわーーー、水車亭だああ!!!!!

そ、そうだったんだあ、水車亭は南国製菓の店だったんだああ!!!!!

水車亭 ← リンク。

ここの塩けんぴはとにかくお勧めです!

通販で買えますので、芋けんぴが好きな方、もしくは芋けんぴが好きな友知人がいる方、もしくは芋けんぴをあげて人にお願いをしたい方は、ぜひ買ってみてください。

では今日も、美味しいお菓子を食べて、元気な一日を過ごしましょう!!

あれ、オムライスは???

うっ……。


Comment:4  Trackback:0
2013
09.23

ポテトな夜 最終話

Category: お菓子
スティックポテトの胸に、「smile tasty」のマークが、誇らしげに刻まれている。

poteto15.png


「あっ、そのマークは!」

ポテロングが息を飲んだ。

最近の世の中を席捲しはじめている軍団のマーク。

つまり、こういう、

poteto16.png


あるいはこういう、

poteto17.png


そしてこういう仲間たちの、

poteto18.png


一員ということだ。

poteto19.png

「もはや時代が変わっている。年は関係ない。時代についていかれない者に残された道はただひとつ。淘汰され消えゆくことだけ、ですよね。ねえ、ポテロングさん、じゃがりこさん」

テレポーテーションしてきたように集まったウエハース、麦チョコレート、芋けんぴを従え、ポテロングとじゃがりこを見下すような態度のスティックポテト。

さあ、おとなしくsmile tastyの軍門に下りなさい。

無言の圧力が、部屋に充満する。

ポテロングもじゃがりこも、もはや戦意を失っているようだ。

「おまちなさい……」

と、そのとき、なんだか甘く切なく懐かしい声が、ぼんやりと聞こえてきた。

「あなた方は何をしているのですか」

空から聞こえるその透き通った声は、次第にはっきりとしはじめる。

「みんさん、スマイルの意味は何ですか? 争うためにsmile tastyマークをつけているのですか? お菓子で元気に、笑顔にという想いを込めて作られたおやつシリーズのスマイルレシピ。そのマークがsmile tastyなのではないですか?」

その言葉は、重苦しい部屋の空気を一掃した。

あなたは一体???

poteto23.png


「エンジェル……」

ポテロングがぼそっとつぶやいた。

「エンジェル?」

「あ、あれは!」

まるで霧の中にいるようにぼんやりとしていた姿が、次第にはっきりと見えはじめた。

「あなたは、伝説の、マリーさま……」

じゃがりこの驚きの声の向こうで、その姿があらわになった。


poteto20.png


「永森 ーリマ トッケスビ?」

一体何が起きているのかまったく理解できずに頭の中に?マークが並ぶボクを、

「だめですよomunaoさん、変なこと言っちゃあ……。発売90周年をむかえた、お菓子界のエンジェル、マリーさまです。ほら、かつての装いが再現されてる」

じゃがりこが優しく諭してくれた。

poteto21.png


「あなた方は確かに企業を背負った、商戦を戦う戦士です。なので、ライバルを負かそうとか、制覇してやろうと思うのも無理はありません。ですが、肝心なことを忘れてはいけないのです。わたしたちは力を合わせて美味しい時間を提供するのが役目なんです。私はポテロングさんと同じ森永から来ましたが、だからと言ってポテロングさんを助けに来たわけではありませんし」

固唾を飲んでマリーの言葉に耳を傾けるお菓子たち。その目が、次第に、まっ白く澄んで来る。

「スティックポテトさん。smile tastyのマークの意味は何ですか? マークがカッコいいからってつけているわけではありませんよね。お菓子で元気に笑顔にという想いを込めて作られたのですよね」

「そ、そうですよね!」

じゃがりこが胸の前で手をあわせる(手はないので気持ちだけ)。

スティックポテトの目がぼんやりと宙をさまよう。

そして、天井の一点を見つめたまま、口を開いた。

「そうだよなあ……。2000年にできて、たかだか13年しか経っていないのに、何か世の中を制覇したような、そんな風に粋がってたなあ……」

もはやその目から、敵対心はすっかりと消えていた。

「では、せっかくなので、みんなで写真を撮りましょう」

ポテロングが提案する。

「まずはポテト同士でどうですか?」

微笑みながら、マリーが、ポテロング、じゃがりこ、スティックポテトの肩を寄せる。

「じゃあ、撮りますよ! はい、ポテト!」

poteto24.png

「次はみんなで撮りましょう!」

ボクはウキウキとした手で、笑顔のお菓子たちにカメラを向けた。

お菓子たちは、誰に促されるわけでもなく、自然と肩を寄せ合う。


ポテトは、ひとつ。

お菓子は、ひとつ。

そして、みんなも、地球も。


おわり
poteto25.png


Comment:4  Trackback:0
2013
09.22

ポテトな夜 第2話

Category: お菓子
「やあ、じゃがりこ君。よく私がここに来たことがわかったね」
落ち着きはっらた声で、ポテロングが言う。

「ええ、あなたの長身はポテト界でも目立ちますからね」
リビングの椅子を引きながら、若者が不敵な笑いを浮かべる。

「あなたの人気は随分とあがっているようだが、まだまだ半分の年の若造に負けるわけにはいかんのだよ」
ポテロングの目が、キラリと光った。

なるほど。
じゃがりこには「食べだしたらキリンがない」というもしかしたらちょっと寒いかもしれない自信たっぷりのギャグとともに、「Since1995」と書かれている。

poteto9.png


18年前に発売開始。

1978年に発売を開始したポテロングに比べたら、確かに半分の期間だ。

「ポテロングさん、問題は中身ですよ。あなたはそんな大きな体のくせに45gしか入っていない」

poteto10.png


「それに比べてボクは58g、要するに1.3倍の量があるんです。」

poteto11.png


キラリと光ったはずのポテロングの目が、一瞬たじろいだ。

うっ、痛いところを突かれた。
しかも、なんと計算が早いのだろう……。

いやいや、ここでひるんではいけない。

ポテロングはひとつ深呼吸をして自分を落ち着かせると、
「それは詭弁だ。肝心なのは、味、だろ」
そう言ってじゃがりこの顔をのぞきこんだ。

ん?

何か、可愛いぞ~。。。

まだ18歳という年齢のせいか、あどけなさが残っている。

このあどけなさは、カルビーのホームページに出ている「じゃがりこの名前の由来」にも関係しているのかもしれない。

Q 『じゃがりこ』という名前はどうやってついたの?

A じゃがりこはもともと「女子高校生がカバンに入れて持って歩けるような、袋菓子ではない箱やカップ入りのお菓子をつくろう」というコンセプトのもとに開発された製品です。中身も容器も今までのカルビーのお菓子とはまったく違う新しいタイプの製品が生まれました。
その新しくできたお菓子を開発担当者の友人(りかこさん)がとてもおいしそうに食べている姿を見て、製品名を思いつきました。じゃがいも+りかこ→じゃがりかこ→じゃがりこ となりました。

そうだったのかあ……。

じゃがりかこさん、だったのかあ!


これはポテロングも初耳だった。

ということは、も、もしかして、君は???

そう、じゃがりこは少年ではなく、少女だったのだ。

ポテロングの気迫に負けまいと必死にガンバっているじゃがりこの表情。

火花を散らしてきた宿敵が少女だったなんて……。

「もう、やめよう」

自分で自分に言い聞かせるように、うなずきながらポテロングが言った。

ポテロングの言葉を聞いて、安堵の笑みを浮かべるじゃがりこ。

と、そのとき、どこからともなく声が響いてきた。

「そんなお飯事みたいなことをしていていいのかな?」

誰?

ヒュー、ストン!

まるで、空間を自在に操り壁をすり抜けてやってきた宇宙人のように、目の前に見慣れない姿が現れた。

「あなたは???」

スティックポテトと書かれた、オーソドックスなスタイル。
と言うか、「そりゃあ、スティックポテトだろうよ」と思わせる何のひねりもないネーミング。

poteto12.png


製造者を見る。

ブイエフアンドティ株式会社

poteto13.png

いったい、どこが名前の区切りなんだろう……。

ブイ エフ アンド ティ?

ブイエ アンド ティ?

ブイエフ アン ドティ?

「ブイエフというのは、VF。バキュームフライという加工法からとった名です」

ポテトストックが自信に満ちた口調で言った。

え! こ、このポテトスティックは超能力者か???
思っていることがわかってしまうのだろうか?

「食材を限りなく絶対真空に近い状態のなかでフライにする工法です。2000年にできた会社ですが、今やいろいろなところに製品が出回っていますよ。私はセイムスから来ましたが、たとえば、セブンイレブンのスティックポテトもそうです」

あ、そうかあ!!

スティックポテトというシンプルでありながら、そのものズバリをさすネーミング。

それは、スティックポテト界を統一しようとしているのだとうか……。

今やお菓子は、スーパーだけではなく、コンビニやドラッグストアーでの購入が増えている時代。

スティックポテト界の黒船襲来か、ガミラス艦隊襲来か……。

ポテロングもじゃがりこも、この時代の流れにのみ込まれてしまうのだろうか???


つづく

poteto14.png


Comment:10  Trackback:0
2013
09.21

ポテトな夜 第1話

Category: お菓子
仲秋の名月を2日ばかり過ぎたものの、月は、さえぎる雲をよせつけずに名優ぶりを発揮している。

poteto1.png

「夏は終わりだよ」と優しく頬をなでる風が、名優をアシストする。

月と秋風。

静寂を歌うこのコンビは、ヘッドライトの光だけを残してクルマの音さえも絵画の世界へと押し込めてしまう。

poteto3.png

そう、街は、ゆっくりと、でも確実に、秋の世界に包まれようとしている。

poteto2.png



「こんばんは」

そんな夜に、通りの良い声がボクの耳に響いた。

「どなた?」

ボクは眠い目をこすりながら玄関のドアを開けた。

青いシャツに真っ赤な上着。
およそ秋には似つかわしくない、とても派手な出で立ちが目の前に現れた。

poteto4.png


「夜分すみません、逃げて行く夏を追いかけているうちに、道に迷ってしましまして。終電もないもんで……」

「さっくさく~」と書かれたとぼけた様相が照れ笑いを浮かべる。

poteto5.png


長身のその訪問者に、ボクは中に入るように促した。

「はじめまして、ポテロングといいます」

サックサクノンフライなポテロングは、部屋に入ると自己紹介をはじめた。

「私は森永製菓の出身で、1978年に発売開始されました。ロングの名の通り13cm前後の長いスティック状のポテトが数十本箱に入っています」

それからポテロングは、ビールなどの酒のつまみとしても食べられていることや、発売当初から油で揚げていないノンフライ製法を採用していることや、かつては野菜サラダ味やのりこんぶ味、チーズ味にキムマヨ味、それにコメロングやマメロングなど沢山の仲間がいたことを嬉しそうに話してくれた。

へえー、歴史があるんだねえ……。

突然の訪問者との楽しい時間が過ぎて行く。

小一時間ばかり話をしたときだろうか。

「すみませ~ん」

玄関の方から若々しい声が聞こえてきた。

「ん?」

笑顔のポテロングの表情が、瞬く間にこわばって行く。

「野郎……」

「どうしました、ポテロングさん?」

「い、いや、どうやら私の天敵が来たようです」

「点滴?」

「いや、違います。天敵です。そいつに押されてはいますが、私はまだ元気で食欲もあります」

「あ、失礼。単なる変換ミスなので……」

「すみませ~ん」

先ほどの声が再び響いた。

「どうぞ、中に入れてあげてください。私もここで雌雄を決する覚悟でいますので……」

ボクは頭の中にあふれる大量の?マークを消せないまま、玄関へと向かい、ドアを開けた。

「あ、こんばんは!」

これまた青と赤の出で立ちだが、こちらはポテロングとは逆に赤いシャツに青い上着を着ている。

poteto6.png


「はじめまして。カルビーのじゃがりこです!」

明るい、はりのある声だ。

「今、他のお客さんが来ているんですが……」

「ポテロングさんですよね。知ってます。においをかぎつけて来ましたから。あ、ポテロングさん」

いつの間にか、ボクの後ろにポテロングが立っていた。

「omunaoさん、よかったらこの方も中に入れてあげて頂けませんか」

ん?

な、なんだこの空気は……。

ふたりの目が、星飛雄馬のように燃えている。

poteto8.png


果たして、この後どうなってしまうのか、何が起きるのか?????

それは、omunaoにさえわかっていないのであった。


つづく

poteto7.png


Comment:4  Trackback:0
2013
09.21

VOWだね!

Category: その他
人を楽しくさせてくれるもの。

お笑いはそのひとつ。

お笑いにもいろいろとあるけれど、大好きだったのが、宝島の投稿コーナーのVOW。

vow1.png


新聞・雑誌の誤植や街で見つけたヘンなもの(看板・道路標識の誤字や変わった名前の会社・店等)の写真を投稿するコーナーなんだけど、いやあ、もう、はまりましたねえ、これは……。

街で、何かないかなあとか、探しちゃいましたから。。。

こんなの見つけたら、飛び上がって喜んじゃうでしょうね!

vow7.png

vow5.png


VOWは今もあるのかなあ???

VOW = Voice Of Wonderland の略。
宝島の前身の雑誌「ワンダーランド」から続くコーナー。

ご存知の方、いらっしゃいますか?

vow20.png

vow19.png


海外製品の日本語訳の誤訳はよく見つけて笑ったなあ……。

グローバル化が進んでいる今はこういうのはなくなってきてるのかなあ???

vow12.png

vow4.png

vow3.png

vow2.png

vow9.png


みなさんがご存知のVOWネタ、ありますか?

vow10.png

vow6.png

vow11.png

vow14.png

vow15.png

vow18.png

vow17.png

vow16.png


ご存知の方、ぜひ教えてくださいませませ。

では今日かこの辺で。。。

ではでは!


Comment:8  Trackback:0
2013
09.20

とんでもない行動

Category: その他
朝晩はだいぶ涼しくなってきた。

てか、夜中は寒いくらい。
秋ですねえ……。

さて、今日は「とんでもない行動」について。

人間は、追いこまれたりすると訳のわからない行動をとることがある。


「そんなことあるかよ」って思っていたんだけど、自分でも身にしみたことがある。


ある日の夜、突然の痛みに襲われた。

お腹なのか腰なのか、もう、どうしようもなく、イタイ。

うわー、なんだこれ……。

居てもたってもいられない、っていうのはまさにこのこと。

本当にすわってても、立ってても、寝てても、どうにもしていられない。

そうなるともう大変。

だんだん理性がなくなってきて、何も考えられなくなってくる。

で、気がついたら、

え!オレ、何してるの? 状態。

何をしていたのでしょう?????



気がついたら風呂にお湯を入れて入っていた。

何でだか、今でもわからない。

当然、風呂に入ったところで治るわけでもなく、結局は夜間病院に行った。

原因は結石で、その後破砕手術を受けたんだけど、いやあ、ホントに痛くて、もうパニックだったなあ。。

それ以来、結石にはなっていないけど、もう絶対になりたくはないって思う。

でも、何で風呂に入ってたんだろう。

いまだにナゾが解けない。


そういえば、怖い先生がいて、授業中に思い切り怒られたやつがいた。

「おい!お前、何の気なんだあ!」

立たされ、怒鳴られて、ぶるぶる震えている。

そして、真面目にひとこと。

「は、はい、モ、モミの木です……」

その後の状況はご想像ください。


では、今日は、「風」を。

● はしだのりひことシューベルツ/風






Comment:4  Trackback:0
2013
09.19

戦争を知らない子供たち

Category: その他
帰ってきて、思わずTBSでやっていた「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」に見入ってしまった。

4時間の最後は誰が出てくるのかなあと思ってみていたら、杉田二郎さんが出てきて、「風」と「戦争を知らない子供たち」を……。

ともに北山修さんの作詞なのだけど、今日は戦争を知らない子供たちについて……。


戦争を知らない子供たち。

作詞:北山修 
作曲:杉田二郎

1970年に発表され、1971年2月にレコードが発売された。

当時はベトナム戦争の真っ最中。日本もアメリカの戦争遂行に基地の提供といった形で協力しており、文化人や学生を中心に反戦平和運動は盛り上がりを見せていた。

そのような世相の中、この曲は大阪万博でのコンサートで初めて歌われ、日本における代表的な反戦歌となることに。

ただ、作詞の北山修さんは、当初は親しみやすく新しい反戦歌としてこの曲を作詞したとしていたのだけど、1980年頃から自ら下らない幼稚な歌詞だと発言したり、「自分たちが大人になっていく過程で大人たちに言われた『俺たちは戦争で苦労したんだ。いま、お前たちが好き勝手なことができるのは俺たちが苦労したおかげなんだ。』『いまの若い奴等は軟弱だ。俺たちは軍隊で鍛えられているからお前たちとは違うんだ』などという言葉に反抗したくて作ったんだと思う」という話を度々語るようになった。

一方で作曲した杉田二郎さんは、昔も今も「これから生まれてくる子供達がいつまでも『戦争を知らない(戦争のない平和な世界を生きる)子供たち』であってほしい」との思いをこの歌に込めている。

実はこの曲、北山さんは真っ先にザ・フォーク・クルセダーズ(「帰って来たヨッパライ」が有名ですね)の盟友加藤和彦さんに作曲してもらおうと思ったら、鼻で吹いて突っ返されてしまい、やむなく杉田さんの元に持って行ったという。

加藤さんとは逆に、杉田さんは北山さんの詞に素直に感動し、喜んで曲を付けた。

その後も、北山さんは自身割り切れなさを感じることも多かったというこの歌詞に素直に曲を付け、胸を張って歌い続けた杉田さんの姿には励まされたと言っている。


「戦争を知らない子供たち」

反対にあるのは「戦争を知っている大人たち」

頭脳警察の替え歌は「戦争しか知らない子供たち」


戦争は悪か

戦争があるから平和があるのか

DNAに刻み込まれているものは何か

大人の利権

子供の戯言

子供の純真

戦争、平和、オムライス

あれ?

戦争って何だろう???

平和って何だろう?????

オムライスってなんだろう???????

ぼんやり考えていたら朝になってしまった……。


今日もまた、窓の外から、一日の始まりを告げる鳥のさえずりが聞こえて来た。






Comment:8  Trackback:0
2013
09.17

日本語とヘブライ語

Category: その他
以前、北海道の知床で、「地の涯(ちのはて)」というホテルに泊まった。
知床五胡を巡るには絶好の場所だし、近辺で野生の鹿や北キツネにお目にかかれることもある。

何よりも「ちのはて」という名前がすごい!
ホテルの方に伺ったところ、「知床」というのはアイヌ語で「ちのはて」を意味するとのこと。

なるほどねえ。知床ってそういう意味だったんだあ……。

ボクは何かと起源や元祖に関する話が好きなので、物知り博士になった気分で知床の意味を周囲に触れ回ったりした。

起源に関して勝手に類推するのも好きだ。
たとえば、アイヌ民族と沖縄民族ってともに縄文人っぽいから、元は一緒で、弥生人に追いやられて北と南にわかれたんじゃないのかなあ、とか。


さて今日は、そんな興味から見つけた「日本語とヘブライ語の関係」について。

日本語とヘブライ語が似ているというのは、眉唾ものかもしれないし信憑性はわからないが、「日ユ同祖論(日本とユダヤのもとが同じ)」に代表されるように、いろいろと言われている。

wikipedia「日ユ同祖論」← 詳しくはこちら(リンク)

例をみてみよう。

表記は、上から「日本語」「ヘブライ語」「訳」

君が代

君が代は
クムガヨワ
立ち上がれ

千代に八千代に
テヨニ ヤテヨニ
神に選ばれしシオンの民よ

さざれ石の
サッ(サ) サリード
喜べ!神の国を受け継ぐ残された民よ

いわおとなりて
イワオト ナリタァ
神の予言が成就する

苔のむすまで
コ(ル)カ ムーシュマッテ
全地で語り鳴り響け!


かごめかごめ

かごめかごめ
カゴ・メー カゴ・メー
誰が護る 誰が護る

かごの中の鳥は
カグ・ノェ・ナカノ・トリー
硬く安置された物(神輿・アーク)を取り出せ!

いついつでやる
イツィー・イツィー・ディユゥー
契約の箱に封じ込められた神器を取り出せ

夜明けの晩に
ヤーアカヴァニティー
神譜を取り 代わるお守りを作った

鶴と亀がすべった
ツル・カメ・スーベシタ  
未開の地にたくさん水をひいて

後ろの正面だあれ
ウッシラ・ショーメン・ダラ
水を溜め、その地を統治せよ!

その他、「ソーラン節」の意味とか、相撲の「はっきよい、のこった」は「やっつけろ。お前は敵を撃破した」だとか、いろいろと言われている。

言葉だけでなく、神社やお祭りも。

え~と、たとえば鳥居。

モーセが、「エジプト脱出(ヘブライ奴隷集団の脱出)」の際、ヘブライ人たちに“殺戮の天使”の害に合わないためにと、玄関口の二本の柱と鴨居に羊の血を塗らせ、“殺戮の天使”が静かに通り過ぎるまで家の中で待つように指示したとある。ちなみに「トリイ」はヘブライ語アラム方言で「門」という意味。

この「エジプト脱出」の前夜の話は「過越祭」となった。この祭を調べてみると、日本の正月によく似ている……。

それと、羊かあ……。

そういえば、「羊を神に捧げる」という話がある。

「犠牲」の「犠」は、牛と羊で我を隠している。

「羊」という漢字は羊を前から見た姿で、「美」は後ろ(上)から見た姿という。

羊は、人の代わりに犠牲となってくれる美しい生き物???


そう考えると、いろいろなものがつながってくる。

いやあ、世界はつながっているのかあ?????

興味がある方は調べてみたらいかが。。。

では最後に、世界をつなげた歌をどうぞ。

● 恋のマイアヒ




Comment:8  Trackback:0
2013
09.17

夕暮れとオムライス

今朝はものすごい雨だった。

家を出るときは降っていなかったのだけど、会社の最寄り駅についた途端、ものすごい風と雨。

なので、会社に着いた時にはシャワー浴びてきました状態。

いやあ、参ったなあ……。

でも帰りは、俗に言う「台風一過」。
どことなく空気が澄んでいる気がする。

まだ涼しくはないけれど、秋色を帯びた風を感じながら、気の向くままに写真をとりながら帰宅。

夕焼けに浮かび上がる富士山。

famima11.png


ぼんやりとした月に照らされた木々が、

famima9.png


昼間とは違う姿を見せながら、

famima10.png

famima8.png


街は夜をむかえようとしている。

famima6.png

famima7.png


そんな中、コンビニに関心を持っていたせいか、無性にコンビニのオムライスが食べたくなり、購入することに。

ローソンの「きのこたっぷりオムライス」とミニストップの「オムライスとミックスフライ(だっけかなあ?)」をやり過ごし、今日は結局ファミリーマートの「ふわとろ玉子のオムライス498円」にした。

famima1.png


温めてふたを開けると、う~ん、ソースのいい香りが……!

famima2.png


見た感じは結構つやつやしていてふわとろっぽいんだけど、

famima3.png


玉子にスプーンを入れると、しっかり焼いてあるカンジ。

famima4.png


ケチャップライスの味はしっかりついている。
これだけだとちょっとくどいかな……。

ソースもそうかな。玉子あっての味になっているなあ。

なので、やっぱり玉子と一緒に食べるのがよい。

famima5.png


ふわとろというよりも、玉子焼きがおかずで、「玉子焼き&ケチャップライスwithデミグラスソース」という印象。

実はコンビニのオムライスは、気になっていたけど初めて食べた。
他のコンビニのも食べてみたいなあ……。

手軽に食べられるし。

よし、次はローソンにしよっかな、それとも……。

ほか弁とかでもあるのかなあ?????

もうすぐ食欲の秋。

いろいろと探してみようかな……。


Comment:6  Trackback:0
2013
09.15

われら青春 in the マック

Category: その他
秋真っただ中の、とある晴れた昼下がり。
街路樹をかいくぐった柔かい日差しに、南向きの大きな窓がキラキラと輝いている。

授業を終えた僕たち4人は、文化祭の打ち合わせでマックのテーブルを囲んでいた。

mac1.png


「やっぱさあ、金魚だけじゃなくて、くちぼそを中に混ぜようよ」
ポテトを手にしたKが言う。

大学の文化祭での僕たちの出し物は「金魚すくい」。
子供たちにとても人気があり、毎年、楽しみにしてくれている子もいた。

「おう、くちぼそは多摩川で釣れるもんなあ」
omunaoが相槌を打ち、Yに問いかける。
「Yはどう思う?」

「あ、いいんじゃない……」
どことなく上の空のY。

「今年はブラックバスはどうする?」
Iがハンバーガーを頬張りながらみんなの目を見回す。

「また売ろっかあ……。人気あるしな」
同意するK。

「売ろう売ろう!今年はいくらにしようか。1,000円かな?」
omunaoも賛成だ。

「……」
無言のY。

「金魚の仕入れはどうしようか? いつもの店でいいかなあ? なあY、またお前の知り合いの店に頼めるかなあ?」

「……」

「おい、どうしたんだよ、さっきから……」
Yの顔をのぞき込むomunao。

「……」

沈黙の時間が空気を重くする。

どうしたのだろう。
陽気なYの表情が、明らかにいつもと違う。

やがて、意を決したかのように、Yがぼそっとつぶやいた。

「チーズ……」

「え?」 

「チーズ、入ってないよな、これ」

「???」

みんなが一斉に、Yが手にしているハンバーガーをのぞき込む。

mac2.png


「おー、入ってないねえ……」

「オレ、チーズバーバー頼んだんだけどさあ……」

「え! それはおかしいじゃん」

「そうだよなあ……」

「でも、何でもっと早く言わないんだよ」
あきれ顔のK。

Yの手許のハンバーガーは、残り四分の一ほどになっていた。

「言いに行けよ」
真剣な声で、Iが言った。

「オレもそう思うんだ。言いに行っても、おかしくないよなあ。おかしいのは店だよなあ。なあ、なあ」
激しく同意を求めるY。

「うん、お前は何一つ間違っていない。さあ、行ってこいよ」
omunaoは、笑顔で、ポンとひとつYの肩をたたいた。

「おー、行ってくるよ」

スッと席を立つY。
決意の眼差しで直立したYの目が、秋の陽光に、キラリと光った。

おかしいものはおかしい。男のプライドをかけた戦い。聖戦へと向かう、Y。

威風堂々とハンバーガーの最後のひとかけらを手にした姿。
これぞ男。なんと頼もしく見えたことだろうか。

あんなに食べちゃったのに、ホントに行っちゃったよ……。

固唾を飲んで見守る3人。



それからしばらくして勝利の雄叫びとともにYが戻って来た。

「新しいのをくれたよ!」

mac3.png

自然と笑みがこぼれるY。

「おー、やったじゃん!」

誰からともなく祝福の声があがる。


それから僕たちは、この出来事を「チーズバーガー事件」と名付け、Yの英雄ぶりを語り継ぐことにした。


われら青春 in the マック。


今でも僕の脳裏にしっかりと焼きついている。

mac6.png

チーズチキン月見が食べたい……。


● いずみたくシンガーズ/帰らざる日のために





Comment:10  Trackback:0
2013
09.14

クイズの答えです!

Category: その他
では早速行きましょう!

【 問 1 】 次の店を、古い順(1号店ができた順)に並べてください。


1.マクドナルド
2.ロッテリア
3.ミスタードーナツ
4.モスバーガー
5.ファーストキッチン
6.ケンタッキーフライドチキン


< 解 答 >

1.ケンタッキーフライドチキン
2.ミスタードーナツ
3.マクドナルド
4.モスバーガー
5.ロッテリア
6.ファーストキッチン


では、それぞれの1号店ができた年月日をみてみましょう!

・マクドナルド

 1971年(昭和46年)7月20日、1号店である銀座店を銀座三越店内に開店

・ロッテリア

 1号店は1972年9月に東京都日本橋高島屋で開店

・ミスタード-ナツ

 1971年4月、1号店をダイエー箕面店(大阪府箕面市)の敷地内にパイロットショップとしてオープン

・モスバーガー

 1972年3月12日東京都板橋区成増で1号店をオープン

・ファーストキッチン

 1977年10月6日、東京・池袋東武百貨店B1営団地下鉄丸ノ内線池袋駅付近に1号店開店ドオープン

・ケンタッキーフライドチキン

 1970年3月、日本万国博覧会でKFCインターナショナルの実験店を出店
 1970年11月21日、1号店(名西店)が名古屋市のダイヤモンドシティ・名西ショッピングセンター内にオープン


とまあ、ファーストキッチン以外は皆、1970年代の前半に、ほぼ時を同じくしてスタートしたんですね!

しぶいのはドムドムバーガー。
みなさん、ご存知ですか?

ダイエーとアメリカマクドナルドが合弁会社を作ろうとしたんだけど、折り合わずご破算に……。
そこでダイエーが独自に作ったハンバーガーショップがドムドムバーガー。

ドムドムハンバーガーの名前の由来は、親会社であったダイエーの企業理念「良い品をどんどん安く」のどんどんを取ったもの。

実は、上記のどの店よりも先にできた。

1970年2月、東京都町田市のダイエー原町田店(現ダイソーギガ町田店・グルメシティ町田店)前に日本初のハンバーガーショップを出店。

今ではほとんど見なくなっちゃたけどねえ……。


【 問 2 】 次のコンビニエンスストアを店舗数の多い順に並べてください。

1.セブンイレブン
2.ミニストップ
3.ファミリーマート
4.サークルKサンクス
5.ローソン
6.スリーエフ

< 解 答 >

1.セブンイレブン
2.ローソン
3.ファミリーマート
4.サークルKサンクス
5.ミニストップ
6.スリーエフ

2013年1月現在の店舗数は次の通り。

都道府県別統計とランキングで見る県民性(コンビニ勢力図)より ← リンク


・セブンイレブン  14,807軒 
・ローソン     11,151軒 
・ファミリーマート  9,182軒
( am/pm含む) 
・サークルKサンクス 6,316軒 
・ミニストップ    2,154軒 
・デイリーヤマザキ  1,595軒 
・セイコーマート   1,157軒 
・ココストア      821軒 
・ポプラ        692軒 
・スリーエフ      657軒 
・セーブオン      583軒

うわー!上位だけですごい占有率!

スリーエフすくな!これは意外!

ちなみに、東北の一部(青森・岩手・秋田)や関西、四国ではローソンがセブンイレブンより多く、北海道はセイコーマートが1位です!

都道府県別統計とランキングで見る県民性(コンビニ勢力図)より転載します。

seiryoku1.png


へえ、地域によっても違うんだなあ。。。

みなさんはどのコンビニが好きですか?

あ! 

これ、投票作っちゃおうかな!

でも好みがあるのかなあ???

どうでしょうねえ……。

よろしかったらご意見をお聞かせください。
日ごろの皆さまのコメントに助けられています!


ではでは!





 
Comment:6  Trackback:0
2013
09.13

順番当てクイズ

Category: その他
今日もまたまたオムライスが出てこないんだけど……。

ミスドに行って、ふと思った。

そう言えば、ファーストフードの店っていろいろあるけど、どれが古いんだろう???

これはミスド。

mise2.png


これはモス。

mise1.png


で、これはケンタ。

mise3.png


もちろん、マックやロッテリア、ファーストキッチンなんかもある。

余談だけど、関西では「マック」は「マクド」って言うよなあ。。。

他の地方はどうなんだろう???

よろしかったら、みなさんが呼んでいるマクドナルドの通称を教えてください!マック? マクド?

ま、それはそれとして、ではいきなり問題です!

【 問 1 】 次の店を、古い順(1号店ができた順)に並べてください。

1.マクドナルド
2.ロッテリア
3.ミスタードーナツ
4.モスバーガー
5.ファーストキッチン
6.ケンタッキーフライドチキン

【 問 2 】 次のコンビニエンスストアを店舗数の多い順に並べてください。

1.セブンイレブン
2.ミニストップ
3.ファミリーマート
4.サークルKサンクス
5.ローソン
6.スリーエフ


正解は明日!

では、今日は「ハンバーガーショップ」からの連想で嘉門達夫をどうぞ!

● ハンバーガーショップ




● 替え唄メドレー




Comment:6  Trackback:0
2013
09.12

食欲の秋、が来そうかな???

Category: その他
今日は朝から会議で東中野に出張。

余裕を持って行き、めっちゃ久しぶりにミスドに入った。

おー! いい時に来たあああ!!!!!

栗系ドーナツがあるじゃん!

何の迷いもなく、「焼き栗ドーナツマロンチョコ」を購入。

こんなのです!

kapuri11.png


ショコラ生地にマロンチョコ。中にはマロンホイップが。。。

うわ、うんまああい!!!

小さい秋、小さい秋、見ーつけたあ……。

いやあ、ホント、朝から幸せな気分ですよぉ~。


その幸せな勢いで会議を終え、昼食。

パスタを食べようと、「鎌倉パスタ」を覗いたら待ち状態。
なので、同じフロアにある「カプリチョーザ」に。

kapuri14.png

「カプリチョーザ」はイタリア語で「きまぐれ」の意味。
気取りのないレストランだし、わいわいがやがや賑わっている。

何にしよ~かなあ???

やっぱ生パスタだよね。

ということで、生パスタセットで、パスタは「カプリチョーザのフェットチーネ サーモンのトマトクリームソース」を注文。値段は税込みで1,180円。

最初にサラダ、スープ、パンが運ばれてきた。

kapuri13.png

うん、おいしいおいしい。。。

さあそして、お目当てのパスタが……。

もともと平打ち麺が好きなので、これも楽しみ!

見た目がモチモチで美味しそう~。。。

kapuri15.png

いざ、実食!

……。

paruri12.png

うん、うまい!!
塩気がきいていて結構濃厚な味なんだけど、クリームがマイルドさを与え、絶妙のハーモニーを奏でてる!

フェットチーネの茹で具合、食感もいい!

満足満足。


ところで、今日行った東中野は、昭和の香りが充満している街。
あくせくした平日の日中なのに、とてものんびりとした空気が街を覆っている……。

この写真の右下の、駅の階段も何か昭和っぽい。

kapuri16.png


レトロな飲食店も多い。

上の写真の左に見える「昭和の町」の看板。

kapuri17.png


この「ムーンロード」は、テレビ東京で放映中の「孤独のグルメ3」(8月7日放映の第5話)で、主人公の井之頭五郎が入っていったところ。

今日は仕事なので時間がとれないけれど、今度ゆっくりと街並みに溶けこんでみよっかな。

もう少し涼しくなった、秋をもろに感じるよく晴れた昼さがりがいいな。

オムライスを出している店も既に何軒か見つけたし……。


では今日はこの辺で。


Comment:6  Trackback:0
2013
09.12

日本のアイドルから洋楽へ

Category: その他
今は、「何で音楽を聴く?」というと、テレビやラジオというのは頭に浮かばない。

「平凡」や「明星」の全盛期、つまり歌番組全盛期には、当たり前のようにお茶の間に歌謡曲があった。
意識しなくても、自然と音楽が流れていた。

歌番組では、アイドル歌手の歌声は勿論、洋楽も日本の歌謡曲の延長線上の扱いで取り上げられていた。

一世を風靡した、キッスや、ベイシティーローラーズはマニアックなのか、それとも日本のアイドルと同じなのか……。

芸術性と歌謡性。

子供心に、「洋楽を聴く」というのはとても大人なカンジがした。

billy5.png


そんな中、傾倒して聴いた一人がビリージョエル。

ストレンジャー、マイライフ、オネスティー……。

billy6.png


最初はポップなメロディーラインに引かれたのだけれど、聴いているうちに「訴えかけてくるもの」に引かれていくことに……。

THE NYLON CURTAIN

billy7.png


これは社会派的作品。

billy8.png



歩調正しく歩くことを学ばなきゃならない
プレッシャー
きみも他のみんなと同じなのだ
プレッシャー
今までは全速力で遠くまで逃げていたきみだけど
辿り着いた場所で
きみが感じるものといえば
顔面に突きつけられた装填した銃なのさ
……

ポップで覚えやすいメロディに乗った曲、プレッシャー。シングルカット第1弾。




僕らはここアレンタウンに住んでいる
街の工場は次々に閉鎖されていく
……

ペンシルベニア州の工業都市アレンタウンを襲う衰退と貧困。それでもその地で真面目に生きていく人々を歌った「アレンタウン」。シングルカット第2弾。



バリス島で 僕らは親友になった
そして 囚容所から同じ囚人として別れた
僕らは そう ナイフのように研ぎ澄まされていた
命を投げ捨てるには 僕らはあまりにも若かった
僕らは野生の馬のようにけいれんしながら入ってきた
そして 数字をつけられた死骸となって帰ってきた
……

ベトナム戦争に駆り出された兵士の視点で歌われた反戦歌「グッドナイト・サイゴン〜英雄達の鎮魂歌」。
シングルカット第3弾。




今の時代にこういう曲を聴くと、改めて「ボクたちはどこへ行こうとしているのだとうか?」ということを強く思う。


中学時代に書いた雑文。


光る花

君は道ばたに咲く"光る花"を知っているかい

薄気味悪く ぼんやりと光ってる

醜い花だから

みんな その花をさけて通る

でもなぜか

暖かそうで 優しそうで

耳をすましてごらん

彼の声が聴こえるだろ

やあ、みんな元気かって

"光る花"はいつも僕たちを見守ってくれているんだよ

君は知っているかい

"光る花"が昔は人間であったことを

僕たちと同じ人間であったことを

そして

彼の光が消えたとき

今度は 君が"光る花"になるということを



ではでは!


Comment:2  Trackback:0
2013
09.11

「平凡」な一日

Category: その他
書棚に眠っていた1冊の本を引っ張り出してきた。

「平凡」の最終号。

haibon1.png


うわ、懐かし!

70年代からのアイドル全盛時代。

heibon8.png

heibon6.png


たのきん、聖子ちゃん……。

heibon7.png


heibon9.png


バブル時代の幕開けとともに「アイドル」歌手の全盛時代に陰りが見え、歌謡番組が相次いで終了していく中、「平凡」はその歴史に終止符を打った。

「平凡」と言えばライバルは「明星」

いわゆる、平凡出版(マガジンハウス)VS 集英社

「平凡」VS「明星」
「平凡パンチ」VS「週刊プレイボーイ」
「アンアン」VS「ノンノ」
「クロワッサン」VS「モア」

さて、平凡が終わりを告げたのに対して、ライバルの明星は「Myojo」に改名して存続している。

その差は何か?????

ジャニーズ。

バブルとともに「光GENJI」に代表されるジャニーズのグループ一人勝ち時代となる。

「明星」は「Myojo」への変身とともに、ジャニーズ雑誌に変身したのだ!

一方、平凡は……。

heibon2.png

heibon3.png


「『平凡』最後のニューアイドル」の記事とともにサヨウナラ。

思い切り明暗をわけた。

とは言え、マガジンハウスはこの後、バブル時代に流行を作る出版社としてもてはやされるようになるんだけど……。



明日はこの続きを書いてみよっかな……。


heibon4.png

「罪深き、迷える子羊よ、入りなさい」

「へ?????」

「さあ、omunaoよ、心ゆくまで懺悔をなさい」

「な、何を????? い、いや、つい出来心で……」

「祈りなさい」

「は、はい……」

裁定やいかに。

omunaoの前で、無情にも神様の両手が交差された。

"バツ~"

バッシャー!

並々と水を蓄えたバケツが、omunaoの頭上で勢いよくひっくり返った。

「……」

なぜ。一体どうして。

ただただ「平凡」な時を過ごしていただけなのに……。

目から溢れるは天からの水か、はたまた。

ああ、無情、レ・ミゼラブル。

じっと天を仰ぐomunaoであった。



今日がいい一日でありますように。。。

ではでは!


Comment:10  Trackback:0
2013
09.10

お馬さんの名前

Category: 競馬関連
昨日の「オムライス」に続いて、食べ物関係の名前の競走馬を見てみよう!


イチゴメロンチャン

umanonamae6.png

おー、イチゴもメロンもすきだよ~。かき氷もね!

他に「イチゴ」関係だと、イチゴミルクやイチゴダイフク、イチゴバニラという馬が、「メロン」関係だとメロンチャンなんていうのがいた。


タマゴカケゴハン

umanonamae1.png

オムライス同様、残念ながら2戦で引退。

タマゴカケゴハンは好きだなあ。シンプルだけど、美味しいもんね。


ニンジンガスキ

umanonamae4.png

まあねえ、馬だからね。そりゃあ好きだろうよ。

面白い馬名をつける小田切さんが馬主。
近親にワシャモノタリン、タッチシタイがいると書いてある!


レンジデチン

umanonamae5.png

「チン!」
はい、出来上がり!
でも、電子レンジ料理はばかにできないよね。


モチ

umanonamae2.png

この馬も馬主は小田切さん。
通算3勝。惨敗したけど、G1の皐月賞にも出た。
粘り強かったのかなあ???


キビダンゴ

umanonamae11.png

うわー、真っ白だ!

引退後は東京競馬場で誘導場になったんだなあ……。


食べ物に限らずに面白い名前の馬を何頭か掲載します。

シシャモチャン

umanonamae10.png

他に、シシャモオージ、シシャモムスメもいました。


ヨバンマツイ

umanonamae9.png

サンバンナガシマという馬もいました。


タコ

umanonamae7.png

そんなあ……。ウマにタコだなんて……。


コレデイイノダ

umanonamae8.png

ボンボンバカボンバカボンボン♪

ではでは!


Comment:8  Trackback:0
2013
09.08

秋競馬スタート

Category: 競馬関連
中央競馬は、夏の函館、新潟、小倉の3場開催が終わり、秋競馬がスタートした。

開催地は中山(千葉県)と阪神。


ところで……。

オムライスという名の競走馬を見つけた!

0908nakayama10.png


へえー、そうだったんだあ。

2005年3月25日生まれ。

残念ながら2戦しただけで引退。

父の名は「キンググローリアス」

母の名は「トマトケチャップ」

今いたら間違いなく応援しるのになあ。。。

そうだ! 次回は食べ物の名前の馬を紹介しよう!


さて今日だけど。

中山競馬がちょっと面白かったので、自分のメモの意味も込めて書くことにする。

 ※競馬やボクの買い方に興味がない方は読み飛ばしちゃってください。


ボクは、その日の共通数値を探し出し、その数値を基に馬券を購入している。

以前にも書いたけど、もう一度書くと……。

1着から3着までの馬番を書き留める。
で、後ろから数えた番号(順番)も書き留める。
さらに、循環して200まで数える。

たとえば、10頭立のレースで、1着1番、2着2番、3着3番の場合。

先ずは素直に1、2、3。
次に後ろから(この場合は10番から遡って)数えると、各々、10、9、8。

さらに、循環させる。
1、2、3は、11、12、13、21、22、23、……。
10、9、8は、20、19、18、30、29、28、……。

レースが進むにつれて数字が絞られていく。

なので、だいたい午前中はデータ集めで、絞られた数字が出てくる午後からぽつぽつ買い始める。

さて、これは今日の中山の共通数値。

先ず、139。これは1~8レースまで続いた(飛んで、最終12レースも来たけど)。
しかも、3レースから7レースまではすべて1着。

0908nakayama2.png

続いてこれ。71。
これは9レースまで続いた。

0908nakayama1.png

この組み合わせで今日の勝負レースになったのが8レース。

10頭立の139に該当する9番ロックシンガーと、71に該当する10番イノチノリユウ。

0908nakayama4.png

結果、10番イノチノリユウが2着で、9番ロックシンガーが3着。
139は1着が続いていたしオッズもよかったので単勝も買ったけど、これはダメだった。

0908nakayama6.png


さて、冒頭に「ちょっと面白かった」って書いたんだけど、それは……。

「もしかしたら200まででなくもっと数えたら何かあるかも」って思って、今日は300まで数えてみた。

そうしたら、な、なんと!!

0908nakayama3.png

続く、続く。

あれ、これ、途切れないなあと思っていたら、全部で12レースまであるんだけど、結局230が最後まで馬券になった!

すげー、パーフェクト!

いやあ、これは強力!

とりあえず来週からも300まで数えよっと。


このように当日の共通数字を見つける方法を採用して、結構絞って馬券を買えるようになった。

これは全日、土曜日の中山。4レースから26が共通。

メインの11レースは15頭立で26は5番、11番。それに他の見方であぶりだされた13番セキショウ。

0907nakayama5.png


0907nakayama1.png


0901nakayama2.png


9月1日の小倉2歳ステークスはこの日の共通数字93。15頭立の93は3番のホウライアキコ。
3番は2歳戦グレードレース共通の18にも合致。これに2歳戦共通の1と、34の12番。
人気馬ばかりに合致したけど、1点に絞れた。

0901kokura3.png


0901kokura1.png


0901kokura2.png


さあ、秋競馬もこれで戦うぞ~!



Comment:2  Trackback:0
2013
09.07

景風るあのスイラムオ

Category: その他
最近は仕事でも私生活でもパソコンに向かう時間が長く、活字に接するのももっぱらパソコンで、という日々の繰り返しである。

でも、本が好きだ。

本を読むのも好きだけど、本を眺めるのも。

内容も好きだけど、装丁や腰巻(帯)も。

古書が好きだ。

時間と空間を超えて、その時代の人々の息遣いを詰め込んだ、一冊の本。

その中への、自由な、心の時間旅行……。


これらは今日購入した本。

furuhon1.png


戦前の本はタイトルが右から書かれている。

そういえば以前、「理科の日日」だと思って買ったのが「日日の料理」って本だったりした。

タイトルは「理料の日日」。

ほら、ちょっと騙されるでしょ?

え? お前だけだって?


さて、発行情報を見ると……。

昭和16年初版発行の「小説 葉隠」。

furuhon2.png


価格は1円50銭。

furuhon5.png


昭和24年発行「玉音頌(ぎょくおんしょう)」。

furuhon3.png


こちらは160円!

furuhon4.png


おー、100倍返し! じゃあなくて、100倍くらい上がっている!

ちなみに、昭和9年を100とした物価指数はこうなるらしい。

昭和 9年  100
昭和12年  110
昭和15年  180
昭和19年  210
昭和20年  250
昭和21年  400
昭和22年 2500
昭和23年 8000
昭和24年 19000
昭和25年 23000
昭和26年 30000
昭和27年 36000
昭和28年 35000

う~ん、確かに100倍だあ。。


それと、昭和16年当時は……。

あ! 東京市になっている!

furuhon6.png


東京市って???

当時の東京府の中の市らしい。

ほーっ。

廃藩置県で県ができたけど、その時は現在の都道府県と同じではない。

現在に至るまで、統合あり、分離あり。

神奈川県にしても、小田原県や荻野山中県というのがあった。

東京も15区から35区、そして今の23区と市町村へと変遷。

次回はちょっとその辺に触れてみよう。

ではでは!



Comment:6  Trackback:0
2013
09.07

【再掲載】 天使の忘れもの

Category: ストーリー
あー、アタマがいたい~。
急に涼しくなって寝冷えしたかな???

もう、朝晩は秋ってカンジですね。

さて、最近はオムライスを食べに行けていないのだけど、今までレポした中で一押しのが、食べレポ第6回の鎌倉にあるLa plata(ラ・プラタ)。

laplata1.png


雰囲気もいい。店内がクリスマス一色で、ドアを開けると異次元空間。

夏の終わりをしのんで、その店で思いついた夏の夜の夢的ストーリを再掲します。

すでに読んでいただいている方には申し訳ありません。もう一度おつきあいください。

laplata2.png


天使の忘れもの

 小さい頃の記憶は現実なのか夢の中のことなのか境界があいまいで、夢で見たことを本当にあったことと思い込み、大人になってもそれを実際の出来事だと信じ込んでいることがある。
 
 でもそれは、小さい頃に限ったことではないのでは。
 
 夢のような本当の話。本当のような夢の話。
 もしかしたら現実と夢の世界に境界なんてなく、気がつかないうちに人はそこを行き来しながら生きているのかもしれない。


「ほら、この店」
 夏の夕方が日の入りを躊躇する頃、慎司は、真っ白いワンピースと麦わら帽子を身にまとった晴香と一緒にラ・プラタに向かう階段の前に立った。
「きっと要望に合うはずだよ」


「松橋くん?」
 2週間ほど前の朝、いつもと同じ通勤電車のいつもと同じ席に座った慎司の前に、ミュールを履いた透き通った足が現れた。
 寝ぼけ眼で、ゆっくりと頭を上げ、足の持ち主の顔を見上げる。
 慎司を見ながら微笑む女性。
 ビデオカメラの焦点が合うように、やがて慎司の記憶の焦点が定まった。
「あ、えっ、なんで……」
 微笑みながら黙ってうなずくと、女性は
「隣、座ってもいい?」
 そう言いながら慎司の隣に腰掛けた。

 10年ぶりの再会だった。

「戻って来てたの?」
 中学の途中で日本を離れた晴香に向かって、慎司が言う。
「うん、たまたまね。またすぐ帰るんだけどね」

 初めて付き合った相手との、再会。

 偶然というのは突然にやってくる。たまたまわずかしか帰ってきていない晴香に、この時間のこの車輌のこの席で会うなんて。
 再会を喜ぶ黒目がちの大きな目。
 さらさらとした長い髪。
 きちんと両膝に置かれた小さな手。
 品のある落ち着いた声。大人になった晴香をちらちらと見やる慎司の中から、美しい思い出が堰を切ったようにあふれ出す。

 あふれ出すのは思い出だけではなかった。
 嫌いで別れたわけではない。物理的な距離は、まだ幼い二人には遠すぎた。
 満員電車の空間が、隣に座る晴香と二人しかいない観覧車の中のような錯覚に陥る。
 思いが、10年前に飛び込んでいく……。

「もしよかったら、連絡先とか教えてもらえない?」
 そんな慎司の言葉に戸惑いの表情を浮かべると、晴香は
「ごめんなさい。私、携帯持ってないし、連絡先はちょっと……」
 申し訳なさそうにそう答えた。
「そうなんだ。わかった。じゃあ、ボクは毎日この席に座っているから、時間があったらまた会いたいな」
 やがて慎司の降りる駅が近づいてきた。
 しばしの沈黙ののち、晴香がつぶやく。
「私も会いたい……」
 どこか憂いをたたえた声だった。
「ねえ、ひとつお願いがあるの」
 席を立とうとする慎司に向かって、意を決したような表情(かお)で晴香が言う。
「どこかで、あのときのクリスマスの続きがしたいなあ。私、2週間後にまたこの電車に乗る用があるから……そのときに会えたら」


 ラ・プラタの前に立った慎司は、優しく晴香の手を取り、階段をのぼった。
「なんかわくわくする」晴香の嬉しそうな声が壁に響く。
「じゃあ、入ろうか」そう言いながらドアを開ける慎司。

 その瞬間、一面クリスマスの世界が飛び込んで来た。

「すごーい」大きな目を更に大きくしつつ、それ以上は声にならない晴香。

 お客さんのいない静かな店内は、優しく暖かい雰囲気に包まれている。
 奥のテーブルに着くと、二人はグラスワインと天使のオムライスを注文した。
「これ、そっちに置いといて」
 甘えた声で麦わら帽子を差し出す晴香。それを受け取りながら思わず笑がこぼれる慎司の前を、晴香のつややかな髪の香りと温もりが通り過ぎる。
「こんなとこあったんだあ……」キラキラと輝く晴香の目は、あたりを見回した。
「探したよ、夏にクリスマスができるところ」
「ごめんね、わがまま言って」
「ううん」慎司はゆっくりと首を横に振って続けた。
「神様はボク達を見捨てなかったね。だって、ボクもあの時の続きがしたかったんだから……」

 中学2年のクリスマスイブ。この日、慎司と晴香は、近所の教会のクリスマスパーティーにクラスの仲間と参加していた。照明は落とされ、ほのかなキャンドルの踊りでパーティーは進んでいく。キリスト教のことはわからないが、パイプオルガンの音色にあわせてみんなで歌う賛美歌に、二人は厳かなものを感じていた。
 そんな中、キャンドルの向こうから晴香が慎司に耳打ちをする。
「ねえ慎司、結婚式ごっこしない。ほら、汝はこの者を妻としてって言うでしょ。あれやろうよ……」
「いいよ」一瞬とまどったが、慎司は頷いた。
 と、その時
「ではみなさん、席を変えて他の方々とお話しましょう」
 主催者の声が響いた。

 結局そのとき、晴香の要望が実現することはなかった。

「では、カンパーイ」
 ワイングラスを重ねる二人。
「あの時はりんごジュースだったね」
 二人の笑顔があふれる。
「そうだったね……。ねえ、続きをしようか」

 ♫ Silent night, holy night! All is calm, all is bright.……

「きよしこの夜」が流れる店内は、静粛な空気に包まれている。

「じゃあ私からね。松橋慎司。汝はこの者を妻とし、健やかなるときも病める時も、生涯変わらぬ愛を誓いますか」

「……はい、誓います……。じゃあ、次はボク。青山晴香。汝はこの者を夫とし、健やかなるときも病める時も、彼を愛し、彼を助け、生涯変わらぬ愛を捧げ続けることを誓いますか」

「・・・はい、誓います」

 粛々と、二人の時間は流れて行く。

 ♫ I‘m dreaming of a white Christmas ……

「うそでもいいから、慎司には一度言ってほしかったんだ。ずっとそれを思ってたの。それと、ここって、なんかお母さんのお腹の中にいるみたいですごく安心する……」
 曲が「ホワイトクリスマス」に変わった頃、天使のオムライスを口にしながら晴香が言う。
「ありがとう、慎司、私のために。これで思い残すことなく帰れるわ。私、すごく幸せよ……」
「今度はいつ戻って来られるの?また会えるよね」
 黙って首を横に振る晴香。笑をたたえた潤んだ瞳の中で、照明がゆらゆらと揺れている。

laplata4.png

 その夜、眠りについた慎司は、遠くから聞こえる晴香の声を耳にした。

「さよなら、慎司」

 ふと、窓の外を眺める。

 トナカイが牽くそりが、澄み渡る天空に向かって駆け上がって行く。
 そこには、まるでウェディングドレスか羽のついた天使の服のような真っ白いワンピースに包まれ、麦わら帽子が飛ばないように片手で頭をおさえながら、一方の手を大きく振る晴香の姿があった。

 それを優しく見守り、手を振り返す慎司。

 ラ・プラタのときと同じ麦わら帽子からのつややかな髪の香りが、そよ風に乗って慎司の元に届く。

 ありがとう、晴香。君は遠いところから、わざわざボクに会いに来てくれたんだね。

 あ、忘れ物……。
 慎司は天使のオムライスを前に二人で撮った写真を取り出し、紙飛行機にして飛ばした。
 紙飛行機は、スローモーションのようにゆっくりと、でも確実に、晴香の元へと飛んで行く。

 また出会ったら、今度こそ一緒になろうね。

 やがて小さくなったそりはひとつの光になり、ベガ、デネブ、アルタイルの夏の大三角形の中に吸い込まれ、静かに消えて行った。


 おわり

laplata3.png

Comment:0  Trackback:0
2013
09.06

オムライスの人気度

オムライスが嫌いって人はあんまりいないと思うけど、じゃあ、めっちゃ好きかっていう人が多いかというと、どうなのだろう?

いろいろなドラマにも出てくるし、安定した人気はあるけど、ラーメンやカレーに比べると飛びぬけているわけでもない気もする。

ということで、一体、世の中でオムライスはどれくらいの人気度なのか調べてみよう!

何かいいデータはないかなあ????

おー、これはいいかな!

JPN50選抜総選挙 -日本人の好きな料理- ← リンク

■テーマ : 「日本人の好きな料理」50品を選抜する。
■有権者数 : ライフメディア アンケート登録メンバー 478,292名
■選挙実施方法 : 一部メンバーへの事前スクリーンニング調査により「日本人の好きな料理」100品の候補を抽出し、全メンバーによる本投票にて候補者への投票数によりランキングを選定。
■投票結果 : 有効投票数 60,411件(投票率 12.6%)
■投票期間 : 2011年7月29日から8月4日

で、結果はどうだろう。。。

先ずは1~9位。

omuriceninki1.png

う~ん、残念ながら入っていない……。

寿司が1位でカレーが2位かあ。。

ではその下は?????

omuriceninki2.png

おー、あったった!!

17位かあ。。。

ま、中堅所ってカンジですかねえ……。


もうひとつ見てみよう。

日本スポーツ振興センター調査による【平成22年度児童生徒の食生活実態調査】の結果。

先ずは小学生。

omuriceninki3.png

寿司、つえー!!!!!!!

カレーもつえー!!!

でもオムライスも人気!
やはり子供には人気があるんだなあ。

寿司やカレーは男子の方が人気があるけど、オムライスは男子より女子に人気なんだあ。。


中学生はどうだろう?????

omuriceninki4.png

やっぱ寿司とカレーは強い!

男子の人気度が増している。

オムライスはデザートに抜かれた!

まあ、世の中を見てるとその通りなんだけど、女の子のデザート人気がスゴすぎる!


結論。

・オムライスは人気があるけど、寿司やカレーにはかなわない。
・オムライスは子供に人気があり、大人になると人気度がさがる。
・オムライスは子供でも、特に女子に人気がある。

なるほど。

ということは、ボクは世の中の流れに逆らっているのかなあ。。

ま、でも、好きなものは好きなのだから。

どんなときもどんなときも
僕が僕らしくあるために
「好きなものは好き!」と
言えるきもち抱きしめてたい♪

● 槇原敬之 - どんなときも。





Comment:6  Trackback:0
2013
09.05

パンダオムライス

最近、記事にパンダが出てくる回数が多いような気がする。

パンダ好きの方がいて、パンダの話を聞いていろいろと調べているうちに、妙にパンダに愛着がわいてきてしまった。

ところで、ふと、疑問に思ったことがある。

ジャイアントパンダって言うでしょ、パンダのこと。

そりゃあ大きいけど、なんでわざわざ「ジャイアント」を付けるんだろう……。

ということは、小さいのもいるのかなあ?????


そう、いるんですよねえ!

みなさまもご存知の小さなパンダが……。

レッサーパンダ

lesser panda

lesser panda


もともと、パンダ=レッサーパンダだったらしい。
それがジャイアントパンダが発見されて、パンダ=ジャイアントパンダになってしまった。

lesserは「より小さな」の意味だけど、「より重要でない」とか「劣った」の意味がある。

なので、軽蔑の意味が含まれるので、英語では最近レッサーパンダとは言わずにレッドパンダと言うらしい。

もともとパンダだったのに、ジャイアントパンダが出て来たおかげで「重要でない」とか「劣った」とか言われちゃったらいい迷惑だよね。

おい、ふざけんなよ、ケンカ売ってんのか? って思うよ。


まあ、そんな裏話(表話?)がパンダ界にはあったのだけど、話は変わって……。

そう言えば、「パンダなオムライス」があったなあと。

上野なんてパンダばっかだし。

ということで、パンダオムライスのある店を調べてみた。


上野グリーンサロン

オムライスdeパンダ980円とか、カレーdeパンダ800円とか、サンドdeパンダ980円なんてのがある。

残念ながらパンダオムライスの公認画像はないのだけど、こんなカンジの料理がある。


カレーdeパンダ。ホワイトカレーですね!

ueno panda1


パンダロール。

ueno panda2


パンダロールとラテ。

ueno panda3


パンダアイス。

ueno panda4

まだまだいろいろな店があるようなので、次にもうちょっと調べてみますかね。。


今、9月5日の朝5:00だけど、なんかすごい雨とカミナリ……。

なので、今日はこの辺で。

ではでは!

上野グリーンサロン 食べログ情報

上野グリーンサロン定食・食堂 / 上野駅京成上野駅稲荷町駅

Comment:2  Trackback:0
2013
09.04

【結果発表】 短期決戦! あなたはどのうまい棒が好きですか?

Category: お菓子
いやあ、大熱戦でした!
なるほどとうなずきつつも、意外だなあとも思う結果でした。

さあ、うまい棒人気No1がここに決まろうとしています。

みなさま、ご協力、誠にありがとうございました。
短期決戦ながら多くの投票を頂きまして、心より御礼申し上げます。


では、発表に参りましょう。

◆ 14位

獲得票数 0票

・オニオンサラダ
・テリヤキバーガー
・ピザ
・ぶたキムチ
・黒糖

残念ながら票を獲得することができませんでした。
これらを見ると、身近にないようなカンジですね。
それが影響したのでしょうか。

でも、逆に希少で、食べてみたい衝動にかられます。。

通販とかあるんですかねえ。
でも、商品代が1本10円で、送料が500円とかだったら……。


◆ 11位

獲得票数 1票

・エビマヨネーズ
・チキンカレー
・とんかつソース

1票の獲得にとどまりました。
これらも希少ですね。
エビマヨネーズは売っていましたが、そういえば「びっくりスモールパックW」というセットに入っていて、
「お宝 うまい棒2本入り」って書いてありましたね!


◆ 9位

獲得票数 2票

・サラミ
・シュガーラスク

サラミは売ってました!
なので、もう少し伸びるかなと思いましたが意外と人気がなかったですねえ……。
シュガーラスクは見たことないのですが、黒糖とともに他のとは全く違うカンジで、食べてみたいですねえ。


◆ 7位

獲得票数 3票

・チーズ
・たこ焼き

これは意外でした。
チーズはトップ争いをするのかなあって思っていたのですが……。
でも、出口調査で、「チーズはあんまり……」という声も聞こえてきていたので、あ、そうなんだと。
たこ焼きも美味しいと思うのですが、3票にとどまりました。
もしかしたら、チーズもたこ焼きも他のお菓子(特にチーズはライバルがたくさん)に行ってしまうもかもしれません。


◆ 5位

獲得票数 4票

・やさいサラダ
・チョコ

この辺は逆に意外と人気があるんだなあと思いました。
チョコは異色ですし、アイスの「うまか棒」と対決させてみたいですね!
やさいサラダは出回っているんですかねえ。


◆ 4位

獲得票数 5票

・牛タン塩

これは個人的には一番食べてみたいです。
なんかそそられます。。
昨日、新橋でタンの根本の「タンモト」を食べたんだけど、うまかったあああああああ!!!!!
って、関係ないですね……。

ここからベスト3の発表です!

◆ 3位

獲得票数 6票

・めんたい

これは定番ですね!
さすが、安定した人気を誇っているという印象。ボクも好きです。


◆ 2位

獲得票数 8票

・なっとう

これは意外や意外でした!
うまい棒のなっとう味は、関東では売り上げが伸びるものの、他の地方で伸びず、何回か製造中止を繰り返しているそうです。
でもネバネバ感が人気で根強いファンが多いようです。
これは食べないと……。

さあ、そして、優勝は……。

◆ 1位

獲得票数 10票

・コーンポタージュ

やはり強かった!
優勝候補筆頭、大本命の予想通り、見事に栄冠を手にしました!
コーンポタージュは言うことないですよね!
「やっぱコンポタ」という声が多く聞かれましたし、確かに「うまい!」棒です。

以下が投票結果です。

umaibou matome4


ということで、コンポタージュの優勝で幕を閉じるうまい棒選手権。

去りゆく夏への思いも込めて、うまい棒キャンプファイヤーでお別れです。

umaibou matome1


燃えろよ燃えろよ
炎よ燃えろ
火の粉を巻きあげ
天までこがせ

umaibou matome2


照らせよ照らせよ
真昼のごとき
炎よ うずまき
闇夜を照らせ

umaibou matome3


燃えろよ燃えろよ
明るくあつく
光と熱との
源なる炎

umaibou matome7

こらー!
誰だー、タバコ吸ってるのは!!!!

3年B組のomunaoかあ!!!!!!!

umaibou matome6

umaibou matome5

あ、やべっ。。。


Comment:10  Trackback:0
2013
09.03

短期決戦! あなたはどのうまい棒が好きですか?

Category: お菓子
オムライスから遠ざかっている今日この頃。

お菓子に傾倒しているけど、傾倒ついでに短期決戦を行います!


さあ、最終日です!みんさま、あつき投票をお願い致します!なお、通常の記事はこの下になります!(9/3追記)

ちょこっと予告していた、うまい棒の人気投票

ということで、

umaibou19.png


ちなみに、うまい棒は、年間で4億2千万本ほど売れていてるらしい。

ということは、ガリガリ君といい勝負だあ!!!

うまい棒がすごいのか、ガリガリ君がすごいのか、日本の人口を考えると一日に一人あたり2~3本食べていることになる。

そんな食べてるかあ???

ま、それはともかくとして。

投票は3日ほど行います!
おひとりで何回でも投票できます!



参加うまい棒は、すみません、独断で決めさせていただきました。

やおきんの商品カタログに掲載されている18種類です!

<参加うまい棒>

1 コーンポタージュ

umaibou3.png


2 めんたい

umaibou4.png


3 チーズ

umaibou2.png


4 サラミ

umaibou6.png


5 たこ焼き

umaibou7.png


6 エビマヨネーズ

umaibou5.png


7 やさいサラダ

umaibou8.png


8 牛タン塩

umaibou9.png


9 なっとう

umaibou10.png


10 オニオンサラダ

umaibou11.png


11 チキンカレー

umaibou14.png


12 テリヤキバーガー

umaibou15.png


13 とんかつソース

umaibou16.png


14 ピザ

umaibou17.png


15 ぶたキムチ

umaibou18.png


16 チョコ

umaibou1.png


17 黒糖

umaibou12.png


18 シュガーラスク

umaibou13.png


ではみなさま、よろしくお願いいたします!






Comment:12  Trackback:0
2013
09.03

知育菓子いろいろ

Category: お菓子
こどもの創造力をのばすお菓子。

知育菓子。


知育菓子って、いつから言うようになったんだろう。
以前から言ってたのかなあ???


おままごとや、プラモデルを作るような感覚なのかな??

そういえば、「おままごと」って最近聞かないなあ。。。

ということで、代表的(?)な知育菓子を買ってみた。


先ずはこれ!

おえかきパンダやき

chiiku1.png


クラシエフーズ株式会社が製造している。

チョコ生地でパンダの黒い部分をかき、白い生地を流し込む。

で、レンジでチンして出来上がり、だって!

チョコでちゃんとかくのが意外と難しそうな気もする。。


次にこれ。

まるめてパンダんご

chiiku2.png


これもクラシエフーズ株式会社製。

これは水だけで作れるので、いたってシンプル!

水と粉をまぜ、こねて、くっつけて、タレを作って、はい、出来上がり!
(言うのは簡単だよね)

なんか美味しそうだなあ。。。

3つめはこれ。

つくってみよう さくさくぱんだ

chiiku3.png


これはカバヤ食品株式会社製。

チョコをとかして型に入れる。

おっ、本格的だなあ……。

で、ビスケットと組み合わせて冷やしたら出来上がり!

ふ~ん。

でも、これって、通常のさくさくぱんだじゃなくて、ファミマの日焼け後のさくさくぱんだみたいに、一色にしかならないのかなあ。。

ま、いっか。

え?

さくさくぱんだに甘い???

いえいえ、そんなことはないですよ。

カバヤの回し者でもないし。

好きか嫌いかって言われたら好きだし、はまってるかはまっていないかって言われたらはまってるんだけど……。


みなさんもどうですか、お子さんと一緒に、あるいは童心に戻って、知育菓子。

パン田くんに負けずに作ってみませんか?


さて、でもどうしよう、これ。

ボクが作るのもなあ。。。


最後に。

フロムエーのCMを掲載しておきます!

ではでは!








Comment:4  Trackback:0
back-to-top