topimage

2013-09

戦争を知らない子供たち - 2013.09.19 Thu

帰ってきて、思わずTBSでやっていた「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」に見入ってしまった。

4時間の最後は誰が出てくるのかなあと思ってみていたら、杉田二郎さんが出てきて、「風」と「戦争を知らない子供たち」を……。

ともに北山修さんの作詞なのだけど、今日は戦争を知らない子供たちについて……。


戦争を知らない子供たち。

作詞:北山修 
作曲:杉田二郎

1970年に発表され、1971年2月にレコードが発売された。

当時はベトナム戦争の真っ最中。日本もアメリカの戦争遂行に基地の提供といった形で協力しており、文化人や学生を中心に反戦平和運動は盛り上がりを見せていた。

そのような世相の中、この曲は大阪万博でのコンサートで初めて歌われ、日本における代表的な反戦歌となることに。

ただ、作詞の北山修さんは、当初は親しみやすく新しい反戦歌としてこの曲を作詞したとしていたのだけど、1980年頃から自ら下らない幼稚な歌詞だと発言したり、「自分たちが大人になっていく過程で大人たちに言われた『俺たちは戦争で苦労したんだ。いま、お前たちが好き勝手なことができるのは俺たちが苦労したおかげなんだ。』『いまの若い奴等は軟弱だ。俺たちは軍隊で鍛えられているからお前たちとは違うんだ』などという言葉に反抗したくて作ったんだと思う」という話を度々語るようになった。

一方で作曲した杉田二郎さんは、昔も今も「これから生まれてくる子供達がいつまでも『戦争を知らない(戦争のない平和な世界を生きる)子供たち』であってほしい」との思いをこの歌に込めている。

実はこの曲、北山さんは真っ先にザ・フォーク・クルセダーズ(「帰って来たヨッパライ」が有名ですね)の盟友加藤和彦さんに作曲してもらおうと思ったら、鼻で吹いて突っ返されてしまい、やむなく杉田さんの元に持って行ったという。

加藤さんとは逆に、杉田さんは北山さんの詞に素直に感動し、喜んで曲を付けた。

その後も、北山さんは自身割り切れなさを感じることも多かったというこの歌詞に素直に曲を付け、胸を張って歌い続けた杉田さんの姿には励まされたと言っている。


「戦争を知らない子供たち」

反対にあるのは「戦争を知っている大人たち」

頭脳警察の替え歌は「戦争しか知らない子供たち」


戦争は悪か

戦争があるから平和があるのか

DNAに刻み込まれているものは何か

大人の利権

子供の戯言

子供の純真

戦争、平和、オムライス

あれ?

戦争って何だろう???

平和って何だろう?????

オムライスってなんだろう???????

ぼんやり考えていたら朝になってしまった……。


今日もまた、窓の外から、一日の始まりを告げる鳥のさえずりが聞こえて来た。





スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (132)
競馬関連 (23)
その他 (511)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR