topimage

2014-01

海辺にて - 2014.01.04 Sat

夕闇迫る片瀬海岸に足を運んだ。

140102katase2.png


海辺には、楽しげに砂浜で戯れる人々のシルエットが映し出されている。

140102katase7.png


海とは、もう随分と長い付き合いになる。

特に片瀬海岸とは……。

140102katase3.png


「やあ、調子はどうだい?」

海は、いきつけのBarのマスターよろしく、カウンターの向こうから、グラスを磨きながら優しく話しかけてくれる。

「まあまあかな……」

「今日は?」

「いや、正月だし、あいさつがてらに……」

沈みゆく夕陽を背に、マスターがかけてくれた、とっておきの潮騒の歌に耳を傾ける。

140102katase5.png


ゆったりとした時間が体を包み込む。

ふと、空を見上げる。

白い雲が、無邪気に、自由奔放に、ペイントを繰り広げている。


ここにはたくさんの思い出がつまっている。

楽しかったことも。

悲しかったことも。

どれもこれも、帰らざる日々の、よき思い出。


ボクにとって、海って何だろう?

どこまでも続く海。

母なる海。

流れゆくもの、流行。

変わらぬもの、不易。

海は不変?

それは永遠?


愛は?

友情は?

健康は?

平和は?

自由は?

お金は?

正義は?

社会秩序は?


観光客でにぎわう中にも、人の営みが息づいている。

140102katase6.png


140102katase4.png


今日を生きる。

今を生きる。

明日は、その先にあるもの。

昨日があるから今日がある。

今日があるから明日がある。

明日があるから、希望がある。

希望があるから、……。


人はこの世に生まれ、やがてこの世に別れを告げる。

パンドラによって開けられた箱からは、疫病、苦痛、悲嘆など、多くの厄災が飛び出した。

しかし、「希望」は今だ箱の中にある。

希(のぞみ)、望(のぞみ)。

希望はどこにあるのだろう?

それは、箱を開ける勇気を持って、自ら信じ、自ら探し、自ら実現するもの。


よし、今年も、いや、今日もガンバろう!

140102katase1.png


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (133)
競馬関連 (23)
その他 (515)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR