topimage

2014-06

雨の日に観る物語 その3(更新) - 2014.06.12 Thu

孤悲。
互いのこころが、同調し、溶け合う。

チョコをつまみにビールを飲むユキノ。
味覚障害に陥ったユキノにとって、唯一味がわかるもの。
それがチョコとビール。

そんなユキノだが、なぜかタカオの作る弁当の味はわかる。
「歩き方を忘れた」ユキノと、「ユキノのための靴を作る」タカオの、言葉を越えて通い合う、こころ。

梅雨が明け、雨の降らない日が続く。
つまり、会えない日が続く。
やがて夏休みが終わり、9月。

ユキノを退職に追やる原因を作った3年女子の相沢に平手打ちを食らわせ、相沢のとりまきにぶっとばされたタカオは、晴れた日にいつもの庭園に足を運ぶ。
そして、そこにはユキノの姿が。

140612kotonoha2.png


初めて会ったときにユキノが口にした万葉集の歌、
「雷神(なるかみ)の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」
に対する返歌を歌うタカオ。
「雷神(なるかみ)の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば」

「雨が降ったら君はここにとどまってくれるだろうか」
「雨なんか降らなくてもここにいるよ」

「ねえ、その顔どうしたの?」
絆創膏を貼ったタカオの顔を見てユキノが問う。
「先生のまねしてビールを飲んで、酔っ払って山手線のホームから落ちました」
「うそ!」
「うそです。ケンカくらいします」

その後、突然の豪雨に襲われずぶぬれになったふたりはユキノのマンションに。

アイロンをかけ、タカオの服をかわかすユキノ。

140612kotonoha3.png


手慣れた手つきで料理を作るタカオ。
作っていた料理は……。

そう、これ!

140612kotonoha4.png

オムライス!!!

140612kotonoha5.png


「結局これが言いたかったのか!」って思われそうだけど、決してそういうわけではない。

オムライスを食べ終わり、コーヒーを飲むふたりが、そろって思う。

「今まで生きてきて、今が一番幸せかもしれない」

140612kotonoha6.png


幸せの象徴として登場する(と勝手に思っている)オムライス。
やっぱり素敵な食べ物だ!

ご飯を食べ終わり、くつろぐふたり。
タカオはユキノに「ユキノさん、おれ、ユキノさんが好きなんだと思う」と告げる。
その言葉を聞いたユキノは「ユキノさんじゃなくて先生でしょ」と嘯き、タカオに、来週四国の実家に帰ると……。

やりきれないタカオはユキノの部屋から出て行く。

ユキノのこころに、うまく歩くための靴をはかせてくれたタカオ。
かけがえのないものを、今、失おうとしている……。

140612kotonoha7.png


部屋を出て行ったタカオを、「裸足(自らの足)」で追うユキノ。

140612kotonoha8.png

140612kotonoha9.png


踊り場でボーっと外を見やるタカオ。

140612kotonoha10.png


「おれ、やっぱりあなたのこと嫌いです。最初からあなたは、なんだかやな人でした」
ユキノへの思いを無理やり断ち切ろうとするタカオ。
「あんたは一生ずっとそうやって、大事なことは絶対に言わないで、自分は関係ないって顔してずっとひとりで生きていくんだ」と涙ながらに叫ぶ。

140612kotonoha18.png


そしてその叫びは、ユキノのこころのバリアを突き抜けた。

140612kotonoha11.png


大人の階段で立ち止まってしまった27歳のユキノは、もう一度最初から階段を上るべく、15歳(のこころ)のユキノになり、タカオの胸(こころ)に飛び込んで行く。

140612kotonoha12.png


「毎朝ちゃんとスーツ着て学校に行こうとしてたの。でも恐くて。どうしても行けなくて。あの場所で、わたし、あなたに、救われてたの……」
泣きじゃくるユキノ。

そして、このとき、孤悲が孤悲でなくなった。

エピローグ。
季節は冬。

140612kotonoha13.png


いつもの庭園でユキノから届いた手紙に目をやるタカオ。

140612kotonoha14.png


携帯でのやりとりではなく、手紙のやり取り。
素敵な言の葉が舞う。

140612kotonoha15.png


カバンから、できあがった靴を取り出すタカオ。

140612kotonoha16.png


"歩く練習をしていたのは、きっとおれも同じだと、今は思う。"
"いつかもっと、もっと遠くまで歩けるようになったら、会いに行こう。"

孤悲を抱いていたふたりが、互いに「こころの靴」をはかせ合い、今、歩き始めた。

ラストシーン。
雪原(雪野)に残る、タカオの確かな足跡。

140612kotonoha17.png


ストーリーも、映像も、タイトルも、セリフも、曲も、どれもこれもが透明な美しさに満ち溢れたこの映画は、見終えたボクのこころの深いところに響いている。

"愛"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。

最後に。

男として、雪野さんの幸せを、心から祈る……。

雨の日に観る物語 その3 - 2014.06.12 Thu

すみません、続きは今晩掲載します。。


140612kotonoha1.png


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (134)
競馬関連 (23)
その他 (515)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (79)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR