topimage

2014-06

夢と現実の狭間で - 2014.06.17 Tue

巷はワールドカップで盛り上がっている。
少なくともボクの周りは結構みんな熱心で、ボクも早くも寝不足の日が続いている。

世界のひのき舞台で活躍する選手たち。
ああだのこうだの言われるけれど、まさに、「選ばれし者」。
サッカーに限らないけど、そのすごさはわかっているつもりだ。
ホント、並大抵のことではない。

幼少時代に地域で飛びぬけた子供が「天才」ともてはやされる。
その「天才」が集まり、県大会や地方大会でしのぎを削る。
そして、全国大会に出られるほんの一握りの子たちが、さらに頂点を目指す。

全国のトップになった子たちは、英才教育を受け、今度はナショナルチーム入りを目指す。
そこでまた優劣が明らかになる。
それでも、それを恐れずに挑戦しなければ未来はつかめない。
努力に努力を重ね、あきらめずに夢を追う。
勝負の世界、あきらめたら終わりだ。
コーチも、「最後まであきらめるな」と叫ぶ。

そして、その先にあるもの……。

(神様が選んだとしか思えない)選ばれし者だけが得ることができる、栄冠。
大多数は、夢を追えば追うほど、最初は簡単に勝てた自分が勝てない自分になり、やがて限界を知る。

小さい頃からトップを目指してきた人間が打ちのめされて味わう、挫折。
夢をかなえた者にも、次の世界や後から追われるプレッシャーが待ち受けている。

そんな戦いを日々続けてきた人たちが、競技から離れていう言葉。

「今は楽しく試合ができる」
好きで始めた競技。プレッシャーから解放され、好きなことを自由にできる楽しさ。
「こういう気持ちで選手時代を過ごせたらよかったなあ……」
なんて思うのだけれど、選手時代にはわからないのもまた人生。

横浜にあるマリノスタウン。

140618marinos1.png


今日も未来のJリーガーや日本代表選手を目指してピッチに立つ子供たち。

140618marinos2.png


この子たちにも延々と続く戦いの世界が待ち受けている。

そんな子供たちに、大人が伝えてあげれれるものは何だろう?
残してあげられるものは何だろう?

厳しさの中の優しさ。
優しさの中の厳しさ。
決して笑顔を忘れないこと。
常に自分を信じること。

夢を見て、夢を追い、夢をかなえる者。夢破れる者。

しかめっ面をして眉間にしわをよせて生きていたって面白くない。
過去にとらわれ、打ちのめされ挫折した自分を卑下しても仕方ない。

一番不幸なのは、自分が大好きだった競技(こと)を大嫌いになってしまうこと。
そして、自分を大嫌いになってしまうこと。

横浜マリノスのジュニアユースからユースに上がれずに桐光学園に進んだ中村俊輔。
ガンバ大阪のジュニアユースからユースに上がれずに星稜高校に進んだ本田圭佑。
挫折を乗り越えて掴みとった、夢。

明日のことはわからない。
うまくいくかどうかもわからない。

夢と現実の狭間でもがき苦しむ。

でも、成長する自分を思い描き、今日を、今を生きる。
明日は、そういう人に来るものだ、と思う。

140618marinos3.png

おむらいす亭 西友二俣川店 - 2014.06.17 Tue

いつでもどこでもおむらいす

身近にあって簡単に行けると思うとなかなか行かなかったりする。
そんな店が「おむらいす亭」。
「焼肉屋さかい」や居酒屋の「村さ来」などで有名な株式会社ジー・テイストが展開するチェーン店。

夕闇迫る相鉄線二俣川駅南口に降り立つ。

140617omurice1.png


昼間の暑さが嘘のように、爽やかな涼風が吹き抜ける。
駅からバスロータリーを背にゆるやかな坂を登るとすぐ、左手に目的地の西友が姿を現した!

さて、オムライス亭はどこかな?
外には大きな看板があるが……。

140617omurice5.png


店舗案内で位置を確かめる。

140617omurice4.png


なるほど、1Fの飲食街の一角にあるようだ。

ミスドの横を抜け……。

おー! あった!

140617omurice2.png


「おむらいす亭」の名の通り、店の前には美味しそうな幾多のオムライスがショーケースに鎮座ましましている。

140617omurice6.png


うわあ、こりゃ迷うなあ……。

「いらっしゃいませ」
明るい笑顔に誘われ、いざ、店内に。

席は、カウンターが7席と、2人掛けが5つ。それに4」人掛けが3つ。
先客は2組だけ。
すいていて、とても静かだ。

さて、何にしようか???

辺りを見回すと、オムライスの創始者と言われるパンヤの食堂(現北極星)の北橋茂男さんの話が書かれている。

140617omurice3.png


昔ながらのオムライス。
うん、やっぱりここは基本のケチャップだな。。
数ある中から、この日は「ソーセージとほくほくポテトの懐かしの味!赤ケチャップ800円」を選ぶ。

ほどなくして、ソーセージとポテトを従えたオムライスが登場!

140617omurice8.png


うおおおおおお!!!!!!
まさにB級グルメをうならせるような存在感を示すソーセージとポテト、そして真っ赤なケチャップがたっぷりかかったオムライス。

140617omurice9.png


玉子はいい感じで焼けていて、トロトロではない。そんなに主張は強くないな。。

140617omurice10.png


中のケチャップライスもマイルドでそれほど主張を感じない。

140617omurice11.png


これはソース次第だな……。
そんなことを思いながら、先ずはキャベツを平らげ、オムライスをパクリ!

140617omurice12.png


なるほど、懐かしの味というだけあって、これはケチャップが要だな!

このケチャップの量は「ポテトにもソーセージにもつけて食べてください」と言っているよう。

ということで、ポテトにもケチャップ。

140617omurice13.png


ソーセージにもケチャップ。あ、この写真はつけて食べちゃったあと。

140617omurice14.png


とにかく、ケチャップ、ケチャップ、ケチャップ!!

他のソースで食べるオムライスも気になるところ。

おむらいす亭を経営していたオーズ・インターナショナルが2006年に倒産。後を引き継いだのがジー・テイストだ。
卵にはこだわりがあり、青森、長崎、宮崎の生産農場で「ネッカリッチ(炭+木酢液)」を餌に混ぜ、育った鶏の卵(幸卵)を使用している。
お値ごろ価格だし、テイクアウトもできる。
味はそこそこで、全国チェーンのライバルである「ポムの樹」や「ラケル」のようなオシャレさは感じないけど、いつでも、どこでも、オムライスが食べたくなったら気軽に食べられる店。
そういった店はあるようでない。
とても身近で貴重な店だと思う。

140617omurice7.png

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (133)
競馬関連 (23)
その他 (515)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (79)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR