topimage

2014-10

あした輝く - 2014.10.01 Wed

今、バーボンを片手にこれを書いている。

夏はスコッチ。
冬はバーボン。
まるで体内にきっちりと季節の変わり目を測れる装置があるかのように、ある日自然と、バーボンを飲みたいと思う日がやってくる。

仕事、その他もろもろ、ボクの疲れた心と体をゆっくりと弛緩させてくれる。リラックスした時間の一杯の琥珀色は、ボクにとってそんな存在。

そして、それは音楽も同じ。
ボクの心身を、明日への活力を秘めた世界へと誘ってくれる。

でも、しかし!

酒や音楽とともに、いや、ときにはそれ以上に、心と体を癒してくれる素敵なものを、ボクは持っている。



読書。それが、ボクが持っている素敵なものだ。

小さい頃から、ボクは読書が好きだった。
小説、詩、マンガ、フィクション、ノンフィクション、現代劇、時代劇、SF、……、ジャンルを問わず、時空を超えて、いろいろな世界とつながることができる。この世では永遠に会えることのない平安時代の君に思いを馳せ、ローマ時代の英雄と雌雄を決する。
なんて素晴らしいことなのだろう。

幼少の頃のボクは、「ひとりっこ」に加え、遠距離通学で幼稚園に通っていたこともあってか、近所に住む友人は少なく、ひとりで過ごす時間が多かった。
なので、余計に読書で「ひとりでさみしい。誰かとつながっていたい」といった思いを満たしていたのかもしれない。

そして今。

「みなさまのブログを拝読する」ことが、ボクにとってのもっとも楽しみであり心身を癒してくれる読書となった。

何度か書いているが、ボクのブログのコンセプトは、「つながり」、「ぬくもり」、「まごころ」の3つ。
この3つを求め、そして提供したいとの思いで、ボクはみなさまのブログに遊びに行かせて頂き、また、自らのブログを書き続けている。

今、ここに生きて在ること。

どんな名作や名文を読むよりも、みなさまのブログから伝わってくるこの実感が、ボクの心に響いて来る。
だって、みなさまのブログにあるのは、現実に、今を、この瞬間を生きている、こころからあふれ出た素敵な言の葉なのだから。

つながりを感じる。
ぬくもりを感じる。
そして、まごころを感じる。

ボクがいて君がいる。
君がいて彼女がいる。
彼女がいて彼がいる。
彼がいてボクがいる。

世の中はつながっている。
この世もあの世も、過去も未来も。

人と人はつながっている。
血が通っている。
こころが、通っている。

感動するこころ。
悔しいこころ。
助け合うこころ。

悲しい涙。
悔しい涙。
嬉しい涙。



10月になり本格的な秋を迎えた。
いつの夜からだろう。
セミの鳴き声が、秋の虫の声へと変わった。
夏はもう、かけらすら残っていない。

やがて秋も終わり、虫の声も聞こえなくなる冬がやってくる。

でも……、

冬の先には、春がある。希望に満ちた、春が。
セミだって、来年の輝きに向けて人知れず準備を進めている。

最後に、大好きなこの曲を。

今日より輝かしい、明日。
悲しみはさよなら。
だって、それはもう昨日のこと……。

なぜか、英語の歌詞が、日本語以上に心に沁みる。

※ちなみに、今日のブログタイトルは里中満智子さんの名作コミックのタイトルです

Only Yesterday / Carpenters

After long enough of being alone
Everyone must face their share of loneliness
In my own time nobody knew
The pain I was goin' through
And waitin' was all my heart could do

Hope was all I had until you came
Maybe you can't see how much you mean to me
You were the dawn breaking the night
The promise of morning light
Filling the world surrounding me
When I hold you

Baby, baby
Feels like maybe things will be all right
Baby, baby
Your love's made me
Free as a song singin' forever

Only yesterday when I was sad
And I was lonely
You showed me the way to leave
The past and all its tears behind me

Tomorrow may be even brighter than today
Since I threw my sadness away
Only yesterday

I have found my home here in your arms
Nowhere else on earth I'd really rather be
Life waits for us
Share it with me
The best is about to be
So much is left for us to see
When I hold you

Baby, baby
Feels like maybe things will be all right
Baby, baby
Your love's made me
Free as a song singin' forever

Only yesterday when I was sad
And I was lonely
You showed me the way to leave
The past and all its tears behind me

Tomorrow may be even brighter than today
Since I threw my sadness away
Only yesterday

Only yesterday when I was sad
And I was lonely
You showed me the way to leave
The past and all its tears behind me

Tomorrow may be even brighter than today・・・




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (133)
競馬関連 (23)
その他 (515)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (79)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR