topimage

2015-02

豊かさって何だろう? 第2回 狭心症 - 2015.02.11 Wed

失われた10年。
失われた20年。

バブル崩壊後の日本経済についてでよく目にする言葉。
「失われた」には、「バブルの時代は良かった。そこが基準であり、そこに戻らねば」の意味が込められている。

でもそれは、バブルを知っている人たちの言葉であり、バブルを知らない人々が言っている言葉ではない。

ボクも含め、「明るい未来を想像するんだ! みんなで創造するんだあ!」と叫んだりするけど、よくよく考えてみると、「何をもって明るい未来」なんだろう。

世間で言う「一流学校」を出て、「一流企業」に就職する。
そんな過去の既定路線は崩壊している。

バブルを知らない子供達。
明るい未来なんて、想像できない。

以下はネットで見つけた、詩。
「戦争を知らない子供達」の替え歌。

バブルが終って 僕らは生まれた
バブルを知らずに 僕らは育った
大人になって わかり始める
格差の意味をかみしめながら
僕らの名前を 覚えて欲しい
バブルを知らない子供たちさ

非正規社員じゃ 許されないから
三低男じゃなきゃ 対象外だから
今のわたしに 残っているのは
みじめをこらえて 歌うことだけさ
僕らの名前を 覚えて欲しい
バブルを知らない子供たちさ

ken tsurezureより

バブル前の価値観でバブル以前の状況を是としてそこを目指すことが良いことなのか?

時代は変わりつつある。
価値観も変わりつつある。
そして、宿っている魂が変わりつつある。
もしかしたら、前頭葉のつくりも変わりつつあるのでは???

たとえば、新型うつ。
仕事ができなくなり、休暇を取る。
でもプライベートでは元気に飲み会に参加したり旅行に行っ たりする。
周りにとっては意味不明、わけがわからない。
それを見た職場の上司や同僚が、「仮病だろう」「まったく近頃の若い者は」と憤る。
礼讃はしないけど、ボクはこれを病気ではなく、新たな価値観を生み出すニュータイプなのかもしれないと思っている。

限られた牌を奪い合う資本主義。
人の生活を豊かにするための機械化は、労働における人減らしを促進する。
食べきれないほどのご馳走をむさぼる飽食の一方で、飢餓に苦しむ人がいる。
でも、みんなの口に運ばれる食料はなく、「70億の人の命を保つ食料はない、食料危機を迎える」などと言われる。
本当かなあ???

今日の最後は、RADWIMPSの狭心症を。

曲の前に、ラジオで野田洋次郎さんが語る「狭心症」の歌詞や意味について。




人は、何をめざし、どこに向かって行くのだろう???

● 狭心症  RADWIMPS




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (131)
競馬関連 (23)
その他 (510)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR