2015
09.30

かぼちゃの馬車に乗って夢旅行、再び

今日で9月も終わり。
朝夕はすっかり秋めいてきたけれど、日中はまだ暑さのかけらが……。

ということで、ビールがうまい!
今日は昨年のこの時期に、美味しいビールを飲みながら書いた記事。。

ふと思い出したんだけど、ビールってグラスではなくて陶器で飲むとスゴくおいしい。
泡がきめ細かくなるので、一時期、備前焼の陶器で飲むのにはまってたけど、いつしか、やっぱりビールはちゃんと中が見えた方がいいなあって思って陶器は使わなくなった。

でも、また陶器でビールを飲むのもいいかもなあ。。

関東で有名な陶器と言えば???

そうだなあ、栃木県の益子焼!!
江戸時代末期、嘉永年間に常陸国笠間藩(現笠間市)で修行した大塚啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まったとされる益子焼。そんな陶器の郷に、今の時期にぴったりの、「かぼちゃ」のお店がある。

カフェ&ランチ かぼ茶庵(益子の茶屋2号店) ( ← リンク )

これはホームページに掲載されている「益子巡りマップ」。③が「かぼ茶庵」だね!

141004mashiko1.png


では早速、食べログに掲載されているお店紹介を見てみよう!

益子焼の街「益子」。実は隠れたカフェの名店が多いのも魅力の一つなんです。かぼ茶庵の名前の由来はからだにやさしい「かぼちゃ」から、そんな身もこころもほっこりできるような空間作りとワンランク上のカフェフードでおもてなし致します。こちらにお越しの際には併設していますロクロ体験コーナーや益子焼のギャラリーにもお立ち寄りください。 益子の魅力がギュギュっとつまったかぼちゃ庵へぜひ。

ほうほう、ロクロ体験もできるんだあ!

カフェ&ランチ かぼ茶庵 食べログ情報

かぼ茶庵カフェ / 益子駅


次はホームページにあるお店紹介。

益子町のカフェ。「カフェ・ランチかぼ茶庵」(益子の茶屋2号店)。カラダにと~っても良い「カボチャ」を使って、スープやサラダ、焼き菓子、スイーツを作っております。素朴なテイストの自家製かぼちゃスイーツでのティータイム。ランチは季節のパスタやオムライスが人気!素朴な益子焼きに載せてお料理をお出しさせていただいております。益子町のカフェにぜひお出掛けください。雑貨も販売しております。

出たあああああああ!!!!!
オムライス!!!!!!!!!!!!!!

益子焼にのせたオムライス!
いやあ、いいなあ。
どんなのがあるのかな???
どれどれ……。

お! いろいろとある! しかも、かぼちゃだ!

デミハヤシソースのオムライス
141004mashiko2.png


2種ソースのオムライス 海老トマトクリーム&デミハヤシソース
141004mashiko3.png


2種ソースのオムライス かぼちゃ&デミハヤシソース
141004mashiko4.png


黒ごまカレーのオムライス
141004mashiko5.png


うわあ、どれも美味しそうだあ!

この季節に、ほんとピッタリ。
からっとした透明な風が舞う日に、陶器の郷に行ってこんなオムライスを食べたい。

そうだなあ。夢の中で出かけようかな。
12時の鐘が鳴ったら、かぼちゃの馬車に乗って、満天に輝く星空を眺めながらのんびりと夢旅行。
ハッピーハロウィンの街を通過して、陶器の郷へ。

141004mashiko6.png


素敵な陶器と、素敵な料理と、そして、素敵な笑顔。

なんだか、ストーリーが浮かんできそうな気がする……。


スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2015
09.28

オムライスをおいしくするソース、再び・・・

最近、オムライスを食べていない。
野菜とたんぱく質中心の食生活をしているので、ちょっとガマン。

せめて記事の中ではオムライスを楽しもうということで、今日は家庭のオムライスをより一層おいしくしてくれるソースの紹介記事の再掲載!!


140709omu2.png


140709omu1.png


140709omu3.png


140710omu1.png


140710omu2.png


オムライスの命と言えば。

ひとつは、卵。
オムライスに使う卵へのこだわり。
これはいろいろな店がうたい文句にしている。
先日紹介したオムライス全国チェーン店の「ラケル」や「おむらいす亭」のホームページもそれが書かれている。

では、もうひとつは……。

そう、ケチャップ!
ということで、今日はケチャップに注目。
といっても、ハインツとかデルモンテとかカゴメではなく、ご紹介するのはこのケチャップ。

その名も……、

オムライス好きのケチャップ!

140710omu3.png


長野県松本市にある「株式会社ナガノトマト」( ← リンク )が販売しているケチャップ。
ナガノトマトは1957年(昭和32年)の設立で、 トマト製品の他、なめ茸製品も販売している。

そして何といっても、ナガノトマトのケチャップは、オムライスの発祥の店「北極星」で使われているのだ!!

140710omu4.png

もうひとつ。
「オムライス好きのケチャップ」に続いてご紹介するのは……、

オムライスをおいしくするソース

1924年(大正13年)設立の静岡県浜松市にある鳥居食品株式会社(トリイソース)が販売しているソースだ!

こちら ( ← リンク ) がトリイソースのホームページ

141002torii1.png


「オムライスをおいしくするソース」だけではなく、定番の「ウスターソース」、「中農ソース」をかじめ、「カレーがからくおいしくなるスパイス」や1ヶ月30本限定の「桶底のちから」などを販売している。

ホームページにある、「トリイソースの味の秘密」を見てみよう!!

その1 日本で唯一の製法で行う木樽熟成

数多くのスパイスを配合して作るソースでは、それぞれのスパイスの良さを抽出してブレンドすることで最良の味になります。トリイのウスターソースでは、国内唯一の製法である低温二段抽出法を採用することで、それぞれのスパイスに最適な温度と時間で旨味を抽出し、まろやかなスパイスの風味を演出します。
当社のソースの味は、当社だから出せる味だと自負しています。なぜなら、熟成は創業時から使い続ける木の桶で行うからです。
木は呼吸します。90年使い続けている桶だからこそ、そこにこれまで幾度と無く作り上げられたソースの味が加わり、まろやかな味わい深いソースが出来上がるのです。


その2 感じる野菜

通常ウスターソースでは、野菜を煮込んだ後、その煮汁だけをソースに使用し、野菜は捨ててしまいます。
しかし、当社のソースはせっかくの野菜のうまみを100%生かすために、あえて手間をかけて粉砕し、立体感のある味に仕上げています。ソースの底に残ったわずかな固形分が、実はトリイの味の秘密なのです。


その3 まろやかな香辛料の風味

通常香辛料といえば刺激的な味を思い浮かべると思います。しかし、当社のウスターソースが醸し出すのは“まろやか”な香辛料の風味です。
ソースを作る際には、香辛料を粉砕し、パウダーにしてソースに混ぜる場合がほとんどです。しかしながら、当社では熟成時にソースに原形のままの香辛料を漬け込み、香辛料からにじみ出た風味でソースに味をつけます。
そのため、刺々しい香辛料の味は消え、ソースになじむ“まろやか”な風味がつくのです。

なるほど。
ウスターソースにその特徴が多く出ているのかな??
「お客様の声」もウスターソーに寄せられたものが掲載されているし……(どうやらウスターソースが1番人気らしい)。

ではいよいよ、オムライスをおいしくするソースのご紹介!!

141002torii2.png


こちらもホームページを見てみよう!

当社のオムライス専用ソースは9種類以上の野菜・果実を使用し作っています。
人工抽出したエキスなどの動物性素材は一切使用せず、すべて野菜や果実の自然食材を使用しているため、素材本来の味を味わうことができます。添加物も一切使用しておりません。
また、老舗ソース屋のブレンド技術により、その野菜や果実の旨みを最大限に引き出しております。
そして、野菜や果実だけでなく、そこに使用する調味料には、種子島のさとうきびから作った粗糖、メキシコ湾の原塩、自家製の醸造酢など、野菜や果実の旨みを引き立てる調味料にもこだわって作りました。
そのため、オムライス(卵)に味を加えつつも、素材(具材)本来の味を引き立たせるソースに仕上がっております。

すごいなあ、種子島のさとうきびにメキシコ湾の原塩かあ。。

ソースの販売だけでなく、ホームページの中には、「オムライスをおいしく作るレシピ」 ( ← リンク )も掲載されている。

また、「オムライスをおいしくするブログ」 ( ← リンク )もある!

気になるお値段は、1本435円。
5本セットで2,160円、12本セットで5,184円。
これに送料がかかるのだけれど、12本セットだと送料は無料。

う~ん、食べてみたいなあ。。
送料がもったいないからまとめ買いしよっかなあ……。

今度購入して食べてみたらレポートします!!

しかし、探してみると、こういうオムライス用のケチャップやソースってあるもんなんだなあ。
他にもあるのかなあ。
これも引き続き探してみます!!

ではでは!


Comment:0  Trackback:0
2015
09.26

【再々掲載】 最後の未勝利戦 ~ 僕が僕であるために ~

Category: ストーリー
9月最後の土日がやってきた。

春は出会いと別れの季節。
そして、秋にも、別れが……。

毎年この時期になると、必ずやってくる別れ。
それは、競走馬たちとの別れ。

競馬では、3歳の9月末までに一度も勝てなかった馬の大半は処分されてしまう。
もう、出るレースがないのだ。
素質を見込まれ生き残って上のクラスのレースに出たり、地方競馬に移籍したり乗馬になったりする馬もいるけど、それはほんの一握り。

今週は、文字通り命を懸けた最後の一戦が行われる。
経済活動に組み込まれ、「生産と廃棄」を繰り返される馬たち。
人間もまた……。

今日は競馬場に行き、最後の「3歳未勝利戦」を戦う馬たちの姿を見てくる。
ということで、今回は主人公と馬の名前をダブらせたストーリーの再々掲載。

生きるって何だろう。
何のために。
誰のために。

そう言えば昔、「ナオキ」という馬がいた。
wikipediaで見てみよう!

"30戦13勝。1975年の宝塚記念優勝。"

おー、スゲーじゃん!
しかも、唯一の母子制覇。記録まで持っている。

で、引退後は???

"引退したナオキは、生まれ故郷の大塚牧場で種牡馬生活を開始。"

ふむふむ。

"だが、肝心の産駒の成績が思わしくなく間も無くシンジケートは解散。"

えー!!

"その後は、種付け頭数は少ないものの充実した生活を送っていたが……。"

どうしたどうした?

"1990年のこどもの日に久し振りの種付け中に心臓発作を起こし急死してしまった。"

なにーーーーーーーー!!!!!!!!!

なんてこったあ!!!!!!!

え? 「名は体を現す」って?????
どこからともなく、そんな声が聞こえてきそうだ……。



最後の未勝利戦

 あー、ねみい。
 徹夜明けの無精ひげと、ブルージーンズのバックポケットにねじ込んだ競馬新聞。大きな欠伸をひとつすると、無造作に分けられた髪をかき上げながら平川正夫はパドックへと急いだ。
 9月最終週の日曜日。意地っ張りな夏に別れを告げる風が、中山競馬場のターフを吹き抜ける。

 パドックに着くと、正夫は足を投げ出しドカッと階段席に腰をおろした。
 ふー、きっついなあ。でもよかった、間に合った。
 荒い呼吸に混じる安堵のため息が、天高くそびえる秋空に吸い込まれる。

 第3レーススタート35分前。パドック前の柵にかけられた色とりどりの応援の垂れ幕。出走馬の姿は、まだない。
 目の前の電光掲示板を見やる。オレンジの文字たちが、病院の待合室で順番を待つ患者のように、無言で礼儀正しく並んでいる。
 サラ系3歳未勝利戦。16頭立て。眠気に喝を入れた目が、お目当ての馬の情報にフォーカスされる。

 1枠1番 マサオガンバレ。単勝11.2倍。馬体重436キロ。

 5番人気か。まあまあかな……。よかった、体重も減ってはいない。メンバー的にそんなに早いペースにはならない。なんとか逃げきれるはず。いけるよ、いける。信じてるよ、オレは……。

 正夫がその馬に出会ったのは去年の夏のことだ。

 何? マサオガンバレだと? ふざけた名前つけやがって……。
 そう思いつつも、当然自分と同じ名前の馬は気になるもの。いつしか毎レース追いかけるようになっていた。
 出走13回。1着0回。2着3回。3着4回。4着以下6回。それが、その馬のそれまでの戦績だ。
 良血との評判で、勝ち上がりは時間の問題と目されていたのだが、今日まで1勝もできずにいる。初戦は単勝1.7倍の圧倒的な1番人気で3着に敗退。次戦も1番人気で2着。その後も大負けはしないものの、勝ちきれない歯がゆいレースが続いた。最後のひと踏ん張りがきかない。ゴール前の追い比べで競り負けてしまうのである。

 オレは、絶対にお前とサヨナラなんてしたくないし、しないからな……。
 やがてパドックの奥から、1頭また1頭と馬が姿を現した。ゼッケン1番をつけたマサオガンバレはその先頭を歩いている。
 陽光に輝く金色のたてがみ。栗毛色に四白流星の、遠くからでも人目を引く美しい馬体。四白流星とは、4本の足の先がソックスをはいたように白く、顔の真ん中にもすっと白い線が入っている馬を言う。
 そして、ちょっとうつむき加減に真っ直ぐ前を見つめるつぶらな瞳。決して誘導員をひっぱることも、いきり立つそぶりもみせない。
 堂々とした歩きっぷり――そう言ったら聞こえがいい。
 でも、実際は……。

「競走馬としてはおとなし過ぎる」
 それが淡々とレースをこなすマサオガンバレに与えられたレッテルだった。

 おとなし過ぎる、か……。

 薄笑いを浮かべた、つい先日のあの声がよみがえる。

「だいたい君はおとなし過ぎるんだよ。男は黙って何とかの時代じゃあないし、浪花節は今時流行らない」
 正夫が勤務する会社にヘッドハンティングされ、この7月から直属の上司になった部長の甲高い声。上司と言っても、年は正夫と同じだ。正夫も若くして管理職に抜擢されて課長職に就いたのだが、その上を行く存在。エリート中のエリート、と言っていいだろう。今や年功序列の世の中ではない。能力主義。新卒を育てるよりも外部の脂ぎった血を入れて活性化する。外資系の資本が入り込んだ正夫の勤務先は、その最たるものであった。

「ですが部長、私はそれがおかしいと言っているのです。確かに投資は控えるべきです。しかし、一切の投資なしにこれ以上の効率化を図るのは不可能です。人員の削減だって限界にきています。社員ひとりひとりにも生活があるんです」

「平川君、残念ながら日本はもや市場のひとつにしかすぎんのだよ。市場の成長が考えられなければ資金は主要市場向けに使われるのは経営として当たり前だろ。何れにせよ、現行の契約社員は20%削減だ。次回の契約で全員6か月契約を3か月に変更するのは役員会で決まったこと。それをどう実現するかが管理職の役目であり、評価だ。君ができないと言うなら私にも考えはある。いいかい、世の中に君の代わりはいくらでもいるんだよ」

 君の代わりはいくらでもいるんだよ。
 オレの代わりはいくらでも……。
 オレの代わり……。

 いつからだろう、単なる応援を超えてマサオガンバレに自分の生きざまをオーバーラップさせるようになったのは。

140914keiba1.png

「とまーれー」
 パドックでは騎乗合図がかかる。

 マサオガンバレの一挙手一投足をこの目にしっかりと焼き付けてやる。
 な、マサオ、お前もオレも勝てずにいるけれど、お前はお前しかいないし、オレはオレしかいないんだよな。

 騎手がマサオガンバレの背にまたがる。
 同時に、正夫とマサオガンバレの目が交錯する。
 瞬間、柔らかい日差しを浴びたマサオガンバレの目が、キラリと光る。

 正夫、いつもいつも応援に来てくれてありがとう。
 ねえ、見てて。ボク、今日は違うんだ。
 わかってるんだ。今日勝てなかったらどうなるかって。
 今日勝ち上がれなかったら、もう走るレースがないもんね。
 ボクも正夫と別れたくないし、また応援に来てほしい。
 だから、今日のボクを信じて……。

 やがて周回を終えた馬たちが、パドックの奥へと消えて行った。
 うん、今日はいける!
 何の裏付けもないが、正夫の直感がそう叫んでいた。

 なあマサオ、もしお前が勝ったら、オレも勝利を目指してもう一度自分の人生を考えてみようと思うんだ。
 オレは何のために生きているんだろう。
 オレは誰のために生きているんだろう。
 オレの代わりは、オレの代わりは、オレしかいない。

nakayama3.png


 午前11時5分。第3レース発走のファンファーレが鳴り響く。最後の未勝利戦。このレースが、これまで一度も勝てていない3歳馬のラストチャンス。ここで勝てなければ、待っているのは……。

 よし、マサオ、お前の走りをしっかりと見てやるからな!
 ゴール番付近で身を乗り出す正夫。

 全馬ゲートに収まり、スタートが切られた。
 マサオガンバレは見事なダッシュを決める。
 よし!
 大逃げを打つマサオガンバレ。後続との差はグングンと開いて行く。
 いいぞ、いけるぞ!
 マイペースで軽快にバックストレッチを走り抜ける。
 3コーナー、4コーナーを回り最後の直線へと向かう。
 必死の形相のマサオガンバレの手応えが次第に怪しくなる。
 騎手が懸命に手綱をしごき、ムチを入れる。
 が、追いついてきた後続がマサオガンバレに襲いかかる。

「行けー!マサオ! マサオ、ガンバレー!」
 声の限り叫び続ける正夫。

 中山の上り坂を必死に走るマサオガンバレ。
 まだトップをキープしている。

「もう少しだ! お前はお前しかいないんだ! マサオー! マサオー」

 苦しそうな表情のマサオガンバレが、一瞬、ゴール付近の正夫の姿を見てニコリと笑った、ように正夫には思えた。

 正夫の目の前を悠然と飛ぶ赤とんぼが、澄み渡った青空に溶け込んで行く。

「マサオー!」

 明日への架け橋を、今、ともに渡る正夫とマサオガンバレ。

 透き通った叫びが、赤とんぼに負けないくらいに高みへと吸い込まれて行く。

 マサオ、ガンバレ! 

 ゴールは、すぐそこだ。

nakayama2.png



● 僕が僕であるために 尾崎豊




Comment:2  Trackback:0
2015
09.25

Siriに聞いてみた!

Category: その他
先日、「やりすぎ都市伝説」をテレビで見ていたら、Mr.都市伝説 関暁夫さんが「Siri」に関する話をしていた。

Siri(Speech Interpretation and Recognition Interface:発話解析・認識インターフェースの略)はiOS向けのアプリケーションソフトウェア。iPhoneに搭載されていて、自然言語処理を用いて質問に答えてくれる。

起動方法は至って簡単。
「設定」の「一般」にある「Siri」をonにしておき、使うときは「ホームボタンを長押しするだけ」。

実際に話しかけてみよう!

Omunao 「今、何時かな?」
Sirfi 「5時39分です。早すぎますよ」

おっ!すげー。

Omunao 「好きな食べ物は?」 
Sirfi 「それについては言いたくありません」 

なんだよ、もったいぶるなよ。。

Omunao 「何をやってるの?」 
Sirfi 「考えごとをしていました」

ふ~ん。

Omunao 「アンドロイドの方が好き」 
Sirfi 「でも…でも…私はあなたの代わりを見つけたりしませんよ。多分」

おお!
 
Omunao 「生麦生米生卵」 
Sirfi 「では負けずにこちらも。蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ」

やるなあ!
ではもう一度。

Omunao 「生麦生米生卵」 
Sirfi 「早口言葉なら負けませんよ。隣の客はよく柿食う客だ」

うわあああ!

Omunao 「スティーブ・ジョブズてどんな人?」 
Sirfi 「スティーブのことをたずねてくださってありがとうございます。AppleのWebサイトに、彼についてのページがあります」

なるほど。

Omunao 「しりとりをしよう」 
Sirfi 「わかりました。では、私から始めますよ。やかん。あれ?」

ぼけるんかあ!

Omunao 「イライザ」 
Sirfi 「興味がおありだったんですね」

はい!

Omunao 「イライザについて知りたい」 
Sirfi 「ELIZAは私の親しい友人です。優秀な精神科医でしたが、今はもう引退しています」

へえ。。

ということで、なるほど、面白い!
あまりやってると危ない人になりそうだけど……。

関曰く、Siriは「アメリカ政府による全世界のインターネット傍受」のために作成されたもので、アメリカ政府はこのアプリを使って世界の人々の「動向」を探っているのだと。
つまり、世界の人々は「何に興味を持ち」「何を知りたがっているのか」を調べ、人々の興味関心を知ることにより操ろうとしているというわけである。

さてさて、人工知能の行方、どうなるのかな??

今日の最後は、昨日この世を去った川島なお美さんを偲んで……。
ご冥福をお祈りいたします。





Comment:4  Trackback:0
2015
09.24

【再掲載】 ふたりテッちゃん 番外編

Category: 未分類
今日は、「ふたりテッちゃん」の番外編の記事の再掲載。

2年前の、冬。
クリスマスの頃の新橋駅前のSL広場にて。

ここは「待ち合わせ」で有名な場所。
このときは、可愛いゆきだるまが、ふたつ、そして、C11の運転席にはサンタクロースが……。
思わずシャッターを切っていた。

140105sinbashi1.png


新橋駅前にC11が設置されたのは昭和47年(1972年)10月のこと。
「汽笛一声新橋を♪」で始まる鉄道唱歌にあるように、新橋は日本の鉄道の発祥の地である。
その、鉄道発祥の地に、鉄道開業100周年を記念して置かれたものだ。
以来、C11 292号機は、ここ新橋で多くの人生を見守って来た。
いったい、どれくらいの人がここで待ち合わせ、人生が交錯していったのだろう……。

テツオとテツコを主人公にした「ふたりテッちゃん」を書いたとき、ひそかに、「あ、新橋で会えるといいなあ」なんて思っていたのだが、現実はそうはいかなかった。
まあ、それだと出来過ぎだし、会えたのが直流と交流が交差する黒磯っていうのも、書いてて「あ、そういうのもあるなあ!」って面白かった。

140105shinbashi2.png


「omunaoさん!」
ん? 誰?
「こんにちは!」
見覚えのある、寄り添うふたつの笑顔が近づいてくる。
「あ! テツオさんとテツコさん!」
「はい、お久ぶりです!」
声をはずませる笑顔が、ボクの目の前でペコリとお辞儀をした。
「やあ、その後はどう? 仲良くやってる?」
「おかげさまで。なかなか会えないですけど、こういった長期休みなら会えるので、一緒に旅を……」
そう言うテツコの白い頬が、ちょっと赤らんでいる。

よかった! ひと安心だ。
「ところでomunaoさん、C11のCって、わかります? 999で有名なC62とか、デゴイチの愛称で親しまれているD51とかありますが、そのCとかDって何だと思います」
出た!! テツオのテッちゃんぶりがいきなり発揮された。
「Cとか、D???」
カルビーのビーはビタミンBとかなら以前調べたので知っているのだが……。
「それはですねえ……」
テツオは、動輪の数が3つがC、4つがDであり、数が少なくより大きな動輪をつけられるCはスピードが必要な旅客向けであり、逆に小さい動輪を多くつけられるDはパワーが必要な貨物向けであることを教えてくれた。
なるほど。
さらに、戦争中は物資を運ぶための貨物用蒸気機関車(Dタイプ)が多く作られ、戦後余剰となったものが旅客用に改造されたのだとテツオは言う。
「へえ! D52が改造されてできたのがC62なんだ!」
「999は、原作や映画では現存するC62 48号機、アニメは架空の50号機なんです! 48号機は作者の松本零士さんがコレクションとしてプレートを所有していたのでそれに決めたんですよ。そうよね、テツオさん!」
テツオの腕を抱き寄せるテツコが、テツオの顔を得意気にのぞき込む。
ボクはなんだか、とても嬉しくなった。
これからふたりはどんな旅を続けるのだろうか?

140105shinbashi3.png


それからふたりとの会話を楽しんだボクは、いつまでも手を振ってくれるとびきりの笑顔に別れを告げた。

旅かあ……。
新幹線で行く旅。
蒸気機関車で行く旅。
旅行ではなく、旅。
何を求め、どこへ。
過去への旅。
未来への旅。
今年はどんな旅をしようかな……。

果てしなく続く、人生の、旅。

140105shinbashi4.png


Comment:0  Trackback:0
2015
09.23

【再掲載】 ふたりテッちゃん その7 ( 最終回 )

Category: ストーリー
9月27日、金曜日。午前6時30分。
高層ホテルの窓の向こうには、白い雲を従えた青空がどこまでも広がっている。
さて、出発しよっと!
仙台駅を7時1分発の電車に乗る。そうすれば、昨晩テツオと決めた目的の駅には11時3分に着く。

tetsuo71.png


あと、4時間半。
テツオさんは、私の事をどう思ってるんだろう。
会ったこともないし、声を聞いたこともない。でも、私の中で勝手にテツオさんの声を決めつけている。
早くその瞬間(とき)が来てほしいけど、来てほしくない。
会えるのは素直にうれしい。だけど、ちょっと、コワい。
何だろう、この気持ち……。
救いの手?
それとも……。
テツコの中で、過去の記憶がよみがえる。
消そうと思えば思うほど、しつこくつきまとう、忌まわしい記憶。
誰か、私を、助けて……。

テツコが鉄道に興味を持つようになったのには、あるが発端があった。
「あんな男とは別れちゃいなよ!」
同僚の前川つばさと夕食に行ったテツコ。つばさの話を聞き、怒りがおさまらない。
「でも……」
「ねえ、つばさ。いくらなんでもあなた人が良すぎるわ。前に貸した300万だって返ってこないんでしょ!私の友達をだますなんて、つばさがゆるしても私が許さない。あの人は私から見たら最低よ。ねえ、わかる、つばさ。目を覚まして!」
テツコが社会人になって、初めて気心が知れた友人。
社会人特有の損得の人間関係がはびこる中、親友とまではいかないまでも、つばさとは心底気が合うと信じていた。

翌日。
この日は客先に直行し午後に社に戻ったのだが、なぜかお茶室でのみんなの視線が冷たい。
「お疲れ様です!」
いつもなら元気よく返ってくるはずの返事が、ない。
最初は意に介さなかったテツコだが、つばさにまで無視されたときはさすがに血の気がひいた。
どうして?
そんなテツコに、隣の席の先輩女性社員が声をかける。
「あなた、随分とひどいことをするのね」
「え?」
「前川さん、あなたに傷つけられたって。平気で私や私の彼氏の悪口を言って、あんな冷徹なひどい人だとは思わなかったって。」
「……」
「それに、あなた随分と男遊びをしていて、カッコいい男には目がないんだって。だから、前川さんの彼氏も横取りしたいからわざと悪口を言って別れさせようって」

目の前の景色がゆがんでいく。
時計の音が、カチ、カチと、耳に響く。
いや、これは時計の音じゃない。抑えきれない胸の鼓動だ。
ど、どうして。どうしてそうなるの……。
友人としてよかれと思って、救わなきゃと思って、思い切って話をしたのに。
何で私に相談したの?
だったら、「がんばんなよ、彼を信じてさ」なんて、そんなウソをつけばよかったの。

職場の「裏」の連絡網の力には計り知れないものがある。噂は加速度的に広まっていく。
一度広まると、もう、どうしようもない。
男性社員の目も、けがらわしいものを見るように、心なしか冷ややかだ。
日に日に自分の居場所がなくなっていく。
私は誰?
何を信じていけばいいの?
誰を信じればいいの?
どこかへ行きたい。
ここではない、どこかへ……。

会社帰りのひとりぼっちの電車の中、妄想が身をつつむ。

 ♪線路は続くよ どこまでも
  野を越え 山越え 谷越えて

このまま乗ってたら、どこまででも行かれるのかなあ……。
楽しいところに行かれるのかなあ……。

tetsuo73.png



6時57分。
お互いに7時前後の電車に乗ったら丁度いいね。
テツオは昨晩自分がテツコに伝えた言葉に忠実に、通勤ラッシュの東海道線に乗り込んだ。
今まで経験したことのないような都会の電車の混雑。
まあ、東京までは我慢だな。

tetsuo72.png

もうすぐ会える、か。
心の中で、ふとつぶやく。
満員電車の車窓に、テツオの思いを乗せた景色が流れて行く。と同時に、テツコへの思いが秋色の座席に腰かける。

なんという偶然なんだろう。
テツコ。
2ヶ月前、鉄道ファンサイトで見つけたその名前。
北海道の稚内に住んでいるという。
住んでいる所にあまり電車はないし、線名などはよくわからないけど、乗るのが大好きな「乗り鉄」だという。
明るいのが取り柄という。
テツコさん、何か同じにおいがする。
本当に鉄道が好きなのかな?
何となく、現実から逃げているような、そんな気がして仕方がない。
テツコとのいろいろなやりとりの中でテツオの直観がそう反応していた。
テツコさんに会ったら、ちゃんと聞いてみよう。
嫌われてもいい。本音で話をしよう。
大丈夫、嫌われることはないさ。
だって、現実の世界でもで経験したことのない「運命的な出会い」をボクのこころが感じているのだから。
ボクのこともきちんと話をしよう。
テツコさん、実は、テツコさんっていう名前、ボクの死んだお姉ちゃんと同じ名前なんだ。
ボクが生まれる前に死んじゃった。
ボクの名前は両親がつけたんじゃなくて、父親の会社の人がつけたんだって。お姉ちゃんのことを知らない人が。
両親はびっくりして、すぐにテツオに決めたんだって。
ときどき、ボクはお姉ちゃんの分まで生きているのかなあなんて思う。
今では二言目に、後継ぎとして足りないとか、お姉ちゃんが生きていたらどうのとかって言われるけどね。

ねえ、テツコさん。
実は、テツコさんはそんなに鉄道に詳しくないだろうって思って、二人が会う駅はちょっと意図的に決めたんだ。
知ってる? 二人が会う駅のこと。
黒磯駅。
ここから南は直流の電車。北は交流の電車。電気が変わるんだ。
電気機関車もこの駅で入れ替えをするんだよ。
お互い別々の人生を歩んできて、知り合って間もないし会ったこともないのに、なぜかすごい親近感がわいて。
何だか他人には思えないんだあ。
きっと、お互いに何かを抱えていて、でも、そんなことも笑いながら話せるような気がして。
だから、もしテツコさんに何か現実逃避したいようなことがあったとしたら、人生の見方を変えて、一緒にマイナスをプラスに変えれたらいいなあって思う。
直流を交流に、交流を直流に変えるように。黒磯駅で、ボクがその切替スイッチを押せたらいいなって思う。
そして、情けないけど、ボクが自分ひとりではなかなか推せないでいるボクの切り替えスイッチを、一緒に押してもらいたい……。

tetsuo74.png



10時55分。
黒磯駅の東側にある変電所上空では、気持ちよさそうに秋風を浴びたトンビが悠然と旋回している。
「ビシュ!」
交直切り替え区間を通過する電車のパンタグラフから、火花がスパークする。

11時。
各々を乗せた車内に、間もなく黒磯到着のアナウンスが流れる。

11時3分。
テツコの視線が、ゆっくりと滑り込むホームに注がれる。

2分前に到着したはずのテツオの姿は……。

最北端と最南端から来たふたりのテッちゃん。
今、その人生が出会い、通電し、重なろうとしている。


おわり


Comment:0  Trackback:0
2015
09.22

【再掲載】 ふたりテッちゃん その6

Category: ストーリー
18時27分、テツコは仙台駅に降り立った。
秋の日はつるべ落としとはよく言ったものだ。
ちょっと前まではまだ昼間が元気に活動していた時間が、いつの間にか夜にとってかわられている。
心地よい風を浴びながら、今日の行程を振り返る。

tetsuo61.png


海峡線は特急しかないとか、まだ八戸とか、今日は何かと焦ってたんだよなあ……。
こうやって振り返ると、北海道、東北って広いなあって、改めて思う。
さーて、ホテルを探して、ご飯を食べに行こーっと。
テツオの指示に従い、今日は仙台に宿泊することにした。

まだ時間は早い。のんびりと仙台の駅前を散策する。
やがてテツコの目に、「陽だまり食堂」の看板が飛びこんできた。
うわー、なんか暖かそうなお店……。
あ、しかもオムライスだあ!
「ハヤシライスとオムライスの美味しい洋食店」の看板が、テツコを店内へと引きずり込む。
自他ともに認めるオムライス大好き人間。もう、何の躊躇いもなかった。

どれにしようかな?
18種類あるオムライスから選択できる。迷いなく入った店での嬉しい迷い。
あ、これ……。
真っ先に目に入って来たのは、「3種類のオムライス食べ比べセット。ふたりで食べるなら」の文字。
カップル、女性限定かあ……。
テツオさんは、今日はどこまで行かれるのかなあ?
こういうの、一緒に食べたいなあ……。

何なんだろう、この思いって。

会ったことがなくて、
初めて会うのに何日も時間をかけて、
どこで会えるのかもまだわからなくて、
早く会いたいんだけど、
でもすぐに会えないでワクワクしてる今がすごく楽しくて。

頬杖をついて、ひとりボーっと過ごす陽だまり食堂のカウンター席。
杜の都の空で、月が笑っている。

tetsuo62.png


弁当にありつけたおかげで、テツオは、予定より早い米原発12時30分の電車に乗れた。
ここからはひたすら東海道線を乗り継いで行く。
岐阜県の大垣、愛知県の豊橋で乗り換え、順調に静岡、熱海と進む。

熱海に着いたのが18時14分。
今日の終わりは7時くらいにしようと決めていたテツオは、更に進み、19時9分着の平塚をこの日のゴールに定めた。

tetsuo63.png


居酒屋で夕食を済ませ、ほろ酔い気分がホテルでくつろぐ。
ベッドに横たわり、テツコから来たメールを開く。
テツオが送った「今日は平塚泊」への返信メールだ。

 お疲れさまですぅ!
 へえー、平塚なんですね!!
 ちょっとビックリです
 だって、私は仙台じゃあないですかあ
 仙台と平塚の共通点はなんでしょう?
 正解は、
 はい、七夕祭りで~す
 私、七夕の日になると、今日は晴れるかなあっていつも思うんです
 織姫と彦星はちゃんと会えるといいなあって……
 明日は晴れますかねえ?
 どこで会えるんだろう
 すごく楽しみです
 では彦星さま、素敵な明日を夢見て、おやすみなさい!

 夢見る織姫より  


携帯を置き、あおむけになって天井を見やる。
夢見る織姫かあ……。
ふたりの間に天の川はあるのかなあ?
テツコさんに会ったら、何を話そうかなあ。

そのあとは???

あした、リアルに会える。
妙な胸の高鳴り。
愛おしさがつのる。
切なさがつのる。

おいオレ、大丈夫か?

仙台と平塚。
その距離、約400キロ。
遠いのか、近いのか……。


つづく

tetsuo64.png

-----------------------------------------------------------------------------

なんと、テツコさんはオムライス好きだってんですねえ!
旭川で食べたときはまだわからなかったのですが……。
で、テツコさんが入った、「陽だまり食堂」← ホームページ。

食べログ情報はこちらです。

陽だまり食堂洋食 / 広瀬通駅あおば通駅仙台駅

すごい!
オムライス、オムライス、オムライス!!
どこまでもオムライス!
あっちもこっちもオムライス!
右も左もオムライス!

テイクアウトもできるようです。
こちらがテイクアウトの陽だまり風オムライス大盛580円!!

tetsuo65.png


こういう店が近くにあるって、いいなあ。。。
では今日はこの辺で。
みなさま、よい一日を!!


*************************************

あれ?

あーーー!!!!!

「陽だまり食堂」って、昨年の5月に仙台に行ったときに入った店じゃん!!!

再掲載に当たって記事を読み返してして気がついた。
もしかしたら脳内にある無意識の記憶が「陽だまり食堂」に足を運ばせたのかもしれない……。
以下はその時の記事。
ついでに再掲載。。

*************************************

さあ、せっかくなので仙台のオムライスを食べるぞ~!!
どこへ行こうか???
オムライス選手権で取り上げた「たまご舎」や「アメリカングリル」もいいけれど、名前にひかれた店がある。

それは、陽だまり食堂 ( ← ホームページにリンク)

仙台駅の西口に降り、広瀬通の一本南側(仙台駅を背にして左側)の道を広瀬通駅方面に進み、2つ目の交差点の左側にある(豊栄堂ビルの地下1階)。

店に降りる階段の前には「ハヤシライスとオムライスのおいしい洋食店」の看板が!

140429sendai1.png


うわああ! いろいろなオムライスがある!!
そそられる~!!
やっぱ、ここはオーソドックスにケチャップがけの「陽だまり風オムライス」に決まりだな……。
そんなことを思いながら、階段を降り店の前へ。

と、そこに新たな看板が登場!
今度は、行く手を阻むドラクエのラスボスのように鎮座ましました看板が!
(火は吹かないけど)

じゃ~ん!

140429sendai2.png


なんですとーーーーーーー!!!!!!!!!!!!
スペシャルランチセットだとーーーーー!!!!!!!!!

一日限定20食のタンシチュー風オムライス。

「これを食べると決めないとここは通さんぞー」
ラスボスの目が、キラリと光る。

うわああああ、これはまずいことになった。。。

よし、見なかったことにしよう。
看板の横をよそよそしい目で通り過ぎ、店内に。
中に入ってしまえばこっちのものだ。

ホッと一息。

「いらっしゃいませ」
入口のすぐそばにあるレジからお姉さんの明るい声が……。

どうやら先にレジで注文と会計をする仕組みらしい。

「えーと、タンシチュー風オムライスを」

ん?
あれ?
おい。
おーい!
そこのお前。
おいオレ! 何やってんだよーーーーーー!!!!!!
初めて行った店はオーソドックスな定番メニューを頼むんじゃなかったけ???

どうしたんだろう? おかしいなあ???
いやあ、何というか、まーそのー、ギュウタンとオムライスのコラボは、いわゆるひとつのオムライス愛をギュウっと抱きしめてタンタンたぬきのきん……♪おっと危ない!タンタンはパンダだけど、いいじゃんかよー、だって食べたいんだよー!
そんな、わけのわからぬ心の動揺を隠しつつ、ポーカーフェースで案内されたカウンター席につく。

140429sendai5.png


時間は11:10。先客は2組ほど。
地下なので店内はちょっと暗めだけど、その分明るめの調度で清楚な雰囲気を醸し出している。
レジカウンターを境に、4人掛けのテーブル席が2つと、2人掛けのテーブル席が4つ(片側はロングソファー)。カウンターは6席。
「いろいろな種類のオムライスを安く提供」というのが売りで、嬉しいことにランチタイムは17:00までやっている!
カウンター席の目の前の厨房では、職人っぽいけど優しそうな雰囲気のシェフが黙々と料理を作っている。
ケチャップはハインツかあ……。

140429sendai6.png


そんなことをボーっと思っているうちにオムライスが登場!

140429sendai10.png


「スゲー!」
見た目に圧倒され思わず声が出てしまい、店員さんに笑われてしまったあ。。
いやあ、これはかなりのボリューム。
ハヤシソースがたっぷりで、見た目もきれい。
では早速、いただきます!

140429sendai7.png


なるほど!
ハヤシソースが多いせいか、あるいはチキンライスが淡白なせいか、玉子とライスがソースに負けている気もするけれど、じっくり煮込んだ濃厚(でもしつこくない)ソースのほんのりとした酸味とケチャップライスのバターの甘さがほどよくマッチしてる。
うん、口の中での広がりは、まさに「陽だまり」のほっこり感!
それと、オニオンとベーコンのスープとの相性もいい。
タンはどうかなあ????

140429sendai12.png


おー! やわらかい! 
でも、しっかりと食べ応えがあって、お腹に「ズシン」とくる。
これは、身も心も大満足!

そうこうしているうちに、まだ12:00前だけど、結構お客さんが入って来た。
そうだろうな。コスパもいいし、人気店っていうのも頷ける。
ひとりでも複数人でもどちらでも気軽に入れる雰囲気だし。

陽だまり食堂のホームページには、次のようなプロフィールが書かれている。

------------------------------------------

現在の仙台パルコの建設が決まり、ひとつの食堂が閉店しました。
その食堂の名前は「駅前食堂」。小さな食堂でしたが行列ができるほどの賑わいでした。そして、3年の時を経て、その伝説の食堂が、仙台クリスロード近くに、「陽だまり食堂」と名に変わり、リニューアルオープン!!
人気のハヤシソースは、当時の味をそのままに再現!
女性に人気のオムライスは、
①ご飯と卵の混まぜリゾット風♪
②ふわふわ卵のあとのせタンポポ風♪
③卵でご飯を包んだ昔ながら風♪ 
①~③それぞれ6種類ずつラインナップ♪
オムライスのルーツと言われる3つの焼き方すべてをお楽しみいただけます。

------------------------------------------

へえ、なるほど、素敵な店の復活なんですね!
ところで、みなさま覚えていますか?
①は東京銀座「煉瓦亭」のライスオムレツが起源ですね!
②は東京日本橋「たいめいけん」のタンポポオムライス!
③は大阪心斎橋「北極星(旧パンヤの食堂)」のオムライス!

どれを選ぶかはみなさまのお好みで!!

ではでは!


Comment:0  Trackback:0
2015
09.21

【再掲載】 ふたりテッちゃん その5

Category: ストーリー
テツオからのメールが届いたのは、八戸駅に到着する5分ほど前のことだった。

「テツコさん、こんにちは。
 今、米原に着きました。

 ここでお昼を食べて、13時くらいには出発しようと思います

 テツコさんはどの辺ですか?」

えーーーーー!!!!!
なんでー、もう米原なの! 早~い!

九州を出て、中国、近畿と、既に3つ目の地方に入っているテツオ。

それに比べて、まだ北海道の隣りの青森にいる自分がとてもぐずぐずしているように、テツコには思えた。

あー、どうしよう……。

八戸です、って応えたら、え! まだ八戸!って言われそう……。

いま盛岡ですとか言っちゃおうかな。。

でも、よくないよなあ、絶対。

それに、すぐにうそってわかっちゃうだろうし……。

あー、どうしよう、どうしよう……。

う~ん。

でもさあ、私だってガンバって来てるんじゃん。

さぼってるわけじゃあないし。

昨日も森駅に着いたのは遅かったし、今日だって始発だし……。

そうよ、北海道や青森は広すぎるのよぉ。


そんなこんなで返信を戸惑っているうちに、電車は八戸駅に滑り込んだ。

あ、早く返信しなくちゃあ!

堂々と言えばいいのよね、今、八戸ですって。

ピンと背筋をのばし、決意の表情のテツコ。八戸駅に降り立つと、真剣な目で、スマホの画面に文字を打ち込んだ。

hachinoheeki1.png


あーよかった。テツコさんは順調に進んでいるようだ。

テツコの戸惑いなんぞつゆ知らず、返信メールを見たテツオは、ほっと一息、安堵のため息をついた。

さてと。

「これからどうしましょう」、か……。

そう書かれたメールの最後の一文を読み終わると、テツオは腕組みをして天をあおいだ。

ルートを決めないとなあ。

太平洋側を通るというのは決めていたが、震災にあった東北地方の海沿いは、今でも路線が寸断されている。

とすると、東北線かなあ???

テツコさんには、とりあえず仙台に向かってもらおう。

あまり急いでもどっちにしても今日は会えないだろうから、仙台でのんびりしてもらうのがいいな。

それを伝えよう。

で、自分はどうしようかな?

えーと、今日は19時か20時くらいまでで行けるところにすると、熱海あたりかな……。

テツコにメールを送り、乗る電車を12時59分発に定めると、テツオは、食べ鉄を満足すべく歩を進めた。

ここはやはり近江牛でしょう!

美味しい肉に目がないテツオ。

犯人を追いつめる刑事、いや、警察犬のような嗅覚が、近江牛ただ1点に集中される。

ほら、あった!

ほどなくして、優秀な警察犬はずばり犯人を突きとめた。

米原駅で売られている井筒屋の近江牛大入飯。ほんのりカレー味のご飯と近江牛がベストマッチの絶品だ。

これなら車中でも食べられるから、1本早い電車に乗れるかな?

そんなことを思いつつ、嬉しそうに弁当をかかえるテツオであった。

oumigyu1.png

つづく

---------------------------------------------------------------------

いやあ、井筒屋さんのお弁当、美味しそうですねえ……。

他にもいろいろとあって、こういうのもあります。

近江牛勝負刻 3500円。

oumigyu2.png

「近江牛と近江米の一本勝負!選び抜かれた厳選素材の味をお楽しみ下さい。3日前のご予約が必要となります。」とのことですので、残念ながらテツオは今回は食べることができませんでした。

うわあ、これはそそられますねえ。。。

一度は予約して食べてみたいものです……。


Comment:0  Trackback:0
2015
09.20

【再掲載】 ふたりテッちゃん その4

Category: ストーリー
8時50分、テツコを乗せたスーパー白鳥20号は予定通り蟹田駅に到着した。

乗り換えの津軽線の青森駅行は8時57分発。なんとナイスな接続!

もしこの電車に乗れなかったとしたらどうなっていたんだろう……。

恐る恐る時刻表を調べてみる。

木古内発が8時47分のスーパー白鳥22号でしょ。

で、9時38分に蟹田に着く。

ふむふむ。

なーんだ、40~50分差かあ。

待つけど、そんなに思ったほどでもないなあ。

そのあとは……。

……。

「えーーーーーっ!!!!!!!」

驚きのあまり思わず大きな声をあげたテツコに、まわりの人が何事かと振り返る。

蟹田駅で8時50分発に乗れなかったら、次は11時28分発まで電車がない。

うわー、本当によかったあ……。

テツコは改めてほっと胸をなでおろした。

9時43分、電車は順調に青森駅に到着。そこから青い森鉄道で八戸へと向かう。

あ、9時51分がある!

なんてついているのかと思いきや、51分発は浅虫温泉行。残念ながら八戸までは行かない。

次の八戸行は10時42分発。

なによー。でも、これくらい何てことないわよね。

せっかくだから青森駅周辺をぶらぶらしてみよっかな。

駅ビルが近いけど、それだと他の駅と変わらなさそうだし……。

どうしようかなあ???

あ、そうだ!

電車の待ち時間は約1時間。ある景色がテツコの脳裏を過った。

幼少の頃から母親の鼻歌を聞いていた影響か、カラオケで十八番の「津軽海峡冬景色」。

青森と言えば、昔はトンネルがなくて船で北海道に渡っていて、青函連絡船の八甲田丸が繋留されて博物館になっているんだっけ。

青森駅から八甲田丸までは徒歩で5分。9時からオープンしているので丁度よい。

駅から目的の方向に歩くと、ほどなくして八甲田丸の雄姿が現れた。

tetsuo41.png



上野発の夜行列車 おりた時から

青森駅は雪の中

北へ帰る人の群れは 誰も無口で

海鳴りだけをきいている


煙突には国鉄時代のJNR(Japanese National Railways)マークが輝く。

tetsuo42.png


船内には高度経済成長期へ突入した昭和30年代頃の青森駅前を題材にしたジオラマが。

1964年製の、いろいろな人生を運んできた連絡船。

まだまだ不便だったんだろうなあ。

この時代に、好きでわざわざ普通電車だけでこうやって旅してるのって、もしかしてすごく贅沢なことかもなあ……。

それにしても、この時代って何か、今よりもみんな生き生きしてるような気がする……。

煙突の展望台に昇り、青い海に囲まれた景色をぼんやりと眺めながら感慨にふけるテツコだった。

tetsuo43.png


うどんでお腹を満たしたテツオは、予定通り8時56分発の長浜行に乗車した。

このまま順調に行くと、12時3分に乗り換えの米原に到着する。

さてと。

米原がちょうどいいな。着いたらテツコさんに連絡をしよう。

テツオはお昼の目的地を米原に定めた。

加古川を越え、明石に入り、やがて明石海峡大橋が眼前に現れる。

更に電車は、舞子の浜、須磨の浦と、歴史を彩る海沿いの地を走り抜けて行く。

窓の向こうに、ちょっと切ない秋風を感じる。

「淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝覚めぬ 須磨の関守」

百人一首、源兼昌の歌が頭に浮かぶ。

須磨は平安時代の流刑の地で、在原業平の兄、行平が光孝天皇の怒りを買い流れ住んでいた場所。

それに基づいて創作されたのが源氏物語の「須磨の巻」であり、源兼昌の歌は、光源氏が詠んだ、

「友千鳥 もろ声に鳴く暁は ひとり寝覚の 床もたのもし」

を踏まえた歌だ。

今度は誰かと一緒にこの景色を眺めたいなあ……。

まだ見ぬテツコの笑顔が、車窓の向こうに現れる。

自然と頬がゆるむ。

景色とともに、ゆっくりとした時間が、流れて行く。

tetsuo44.png


つづく


Comment:0  Trackback:0
2015
09.19

【再掲載】 ふたりテッちゃん その3

Category: ストーリー
" 飛び乗って! "

テツオからのメールが届いたのは、スーパー白鳥20号発車のアナウンスとほぼ同時だった。

きつねにつままれたような表情のテツコ。本能的にテツオの言葉に従い、気がついたときには車内に飛び込んでいる自分がいた。

どういうこと? 約束違反では???

とにかく乗れたことを伝えないと……。

" 乗れました! でも"

ただそれだけを返信てから少しして、テツオからの第二弾メールが届いた。

「あ、そっか!」

安堵の表情を浮かべながらペロッと舌を出したテツコは、自由席の3号車に向かうと、窓際の席に腰を下ろした。

それにしても、メールが来てよかった。本当にギリギリのすごいタイミングで、なんか不思議なカンジ……。

まだドキドキしてる。すごいなあ……。

そんなテツコを乗せたスーパー白鳥20号は、知内駅を過ぎると、やがて北海道に別れを告げるべく青函トンネルへと入っていった。

tetsuo101.png


和食が食べたい。

何を食べようか自問自答していたテツオは、駅ビルのピオレ姫路ごちそう館に向かいつつ、食べる物を決めていた。

目の前に、「つるまる饂飩(うどん)」の文字が飛びこむ。

よし、ここにしよう。

即断即決がテツオの取り柄だ。

結果的には、この決断力が功を奏した。

迷うことなく店を決め、記念に店の写真をとろうと携帯を取り出したおかげでテツコからのメールに気がついたのだった。

ん? " 特急じゃないと青森に行かれないんです。どうしよう "って。

あ! もしかしてテツコさんは勘違いをしている!

テツオはあわてて飛び乗るように指示したのち、じっと結果の連絡を待った。

数分ののちにはほっと胸をなでおろすことになったのだが、とても長く感じられる時間だった。

"でも"、か……。

やっぱりテツコさんはルールを勘違いしている。

テツオは注文を済ませると、テツコに説明のメールを送信した。

よかったです、乗れて!
そうそう、「何でスーパー白鳥に乗ってもいいのか?」ですけど。
「普通料金以外の支払いはダメ」が今回のルールです。
なので、特急でも特急料金がかからない路線は乗車OKです。
ほら、私鉄なんかだとよくありますよね。
JRで言う快速のようなイメージで。
京浜急行とか、阪急とか、西鉄とか。
津軽海峡線は木古内から蟹田までなら特急料金なしで乗車できるので、その区間はOKなんです。
あ、もちろん席は自由席(2か3号車)に座ってくださいね。
それと注意です。
そのまま乗っていれば新青森まで直通で行かれます。
でも、特急券が不要なのはあくまでも木古内から蟹田の区間だけ。
それ以上乗ると料金がかかるので、必ず蟹田で乗り換えてください。
では、またお昼に!

メールを打ち終わり携帯をポケットに突っ込むと、テツオは、とっくに運ばれてきているうどんを勢いよくすすった。

8時26分発はちょっと間に合わないかな。

えーと、そのあとは8時56分かあ……。

ま、ちょっとゆっくりしてから行こうかな。

それでも、13時前には名古屋に着くだろう。

それにしても、テツコさんは間にあってよかった。津軽海峡線は本数が少ないからなあ……。

テツオも一安心。

ほっとした手が、しょうが天を口に運ぶ。

ん、うまい!

テツコとのやりとりに時間をついやし自分が一本遅い電車に乗るはめになったが、これで今日もいい一日になりそうな、そんな予感に包まれたテツオであった。

tetsuo102.png


つづく


Comment:0  Trackback:0
2015
09.18

【再掲載】 ふたりテッちゃん その2

Category: ストーリー
9月26日、木曜日。

テツオさんはどこにいるんだろう。もう九州は出たんだろうなあ。今日、会えるかな?

さわやかな目覚めをむかえたテツコは、大きくひとつ伸びをすると、颯爽と森駅の改札を抜けた。

すっかり秋めいた風が、自然と緩む頬をからかうように撫でながら通り過ぎて行く。

" 26日の午後になったら状況を連絡し合いましょう "

それが出発前のテツオとの取決めだ。

お昼までにどこまで行かれるかなあ???

5時34分発の函館行きの電車の窓からぼんやりと外を眺めるテツコ。

流れる景色の中に、頬杖をつく自分の姿が、かすかに車窓に映し出されている。

なんだか、とっても幸せな気分だなあ……。

そんなテツコをアクシデントが襲ったのは木古内駅でのことだった。

えー!どうしよう……。

ここからは津軽海峡線で青森方面へと行かなければならないのだけれど、
木古内から青森県の蟹田に行くには、特急電車しかない。

特急は使わない約束。どうしよう……。

次の電車は8時4分発のスーパー白鳥20号。

これに乗る以外に、方法はない。

ピ~ンチ! どうする、テツコ……。

morieki10.png


6時15分。北海道より5度程度は高い気温の岡山の朝。それでも夏の勢いは影を潜めたようだ。

腕時計に目をやりながら、テツオは頭の中の時刻表と会話する。

うん、お昼までに名古屋ぐらいには行かれそうだな。

澄んだ空気に包まれた山陽線のホーム。

まだお腹がすかないから、朝食は、40分くらいある姫路での待ち時間に食べることにしよう。

ゆっくりと入線してきた6時15分発の電車のドアが開く。

缶のブラックコーヒーを飲み干し、テツオは最後尾の車両の椅子に腰をおろした。

ここから最初の乗り換え地点の姫路までは1時間30分程度。岡山県から兵庫県までは、意外と早く行かれる。

瀬戸内の海をながめ、やがて電車は兵庫県の赤穂市へ。

そして7時47分。定刻に姫路駅に到着した。

さて、どこで食べようかなあ???

ホームから構内、駅ビルを物色し始めたテツオ。電車に乗るのが好きな「乗り鉄」であるとともに、駅弁や行った先でご当地ものを食べるのが好きな「食べ鉄」でもある。丁度そのときに届いたテツコからの携帯メールには、まったく気がつかない。

okayamaeki10.png


時計の針が8時を指した。

あーもう、返信が来なーい!

さっきから同じところを行ったり来たりしながらテツオからの返信を待つテツコ。

スーパー白鳥20号の発車時間が、刻一刻とせまる。


つづく

-----------------------------------------------------

さて、omunao鉄道は脱線してここでオムライス情報!!

旭川での昼食でテツコが食べたオムライスを紹介しましょう!!

旭川市豊岡にあるケープコッド (CAPE COD)

駅からは遠くて、実際に待ち時間に行かれるかは詮索しないでください。。。(汗)

どうやらお好み焼き風オムライスとか、カレー風味オムライスなどがあるようです。
食べログの口こみの評判も上々!

画像はあるかなあ????

おー、あったああ!!!!!

keep1.png


これはカレー風味のオムライスのようです……。

keep3.png


「カレー風味」だけでなく、「カレー」も売りのようです。

おー、もうたまりませんねえ。。。

近隣の方がいらっしゃいましたら、是非行ってみてください!


ケープコッド 食べログ情報

ケープコッドオムライス / 南永山駅新旭川駅旭川四条駅


Comment:0  Trackback:0
2015
09.17

【再掲載】 ふたりテッちゃん その1

Category: ストーリー
窓の外は雨。
秋の長雨になるのかなあ???
さて、2年前のこの時期に書いた「ふたりテッちゃん」。
今回はその再掲載です(連載です)。


*****************************************


9月24日、22:00。

" 私は稚内駅を6時24分の電車に乗りま~す! "
テツオのパソコン上で、ワクワクであふれたテツコの言葉が躍る。

" 僕は西大山駅を5時45分発に乗るよ! "
D51の重厚さで、キーが打たれる。

" すごい楽しみだわあ。どこでテツオさんと会えるのかしら…… "

" 僕もとても楽しみ。テツコさんと、早く会いたい…… "


2ヶ月ほど前に、鉄道ファンのサイトで知り合ったテツオとテツコ。

まるで幼なじみのように、何の違和感もなく一瞬のうちにうちとけたふたりは、ともにこの時期に休暇をとりあう計画を立てたのだった。

北海道の稚内に住んでいるテツコ。

一方のテツオは鹿児島の指宿在住。

何の因果か日本の両端に住むふたりの不思議な出会い。

鉄道好きには、乗るのが好きな「乗り鉄」、写真を撮るのが好きな「撮り鉄」、廃車間近の列車を興味の対象とする「葬式鉄」などがいるが、ふたりとも乗るのが好きな「乗り鉄」だ。

鉄道好きの話に花が咲きすぎ満開状態。もう、誰にもとめられない。

" じゃあさあ、お互いに特急とか飛行機は使わずに普通電車に乗って、テツコさんは最北端の稚内駅から南に、僕は最南端の西大山駅から北に向かって、丁度ピタリと合ったところで会おうよ! "

そんなテツオの提案に、テツコは二つ返事で賛同した。

ふたりは一体、どこで会えるのだろうか?????

さあ、テツオとテツコの出会いの旅が、今、始まろうとしている。


9月25日、朝。

6時24分発の宗谷本線に乗ったテツコは名寄に向かった。

乗車時間4時間30分。

名寄に着くと、そこから乗り継いで旭川へ。

これがまた2時間ほどかかる長旅だ。

本当に北海道って広いなあ……。

そんなことをぼんやりと思っているうちに、やがて電車は旭川に到着した。

次は岩見沢に向かうのだが、約1時間ほどの待ち時間がある。

ここで昼食に大好きなオムライスを食べ、15時22分に岩見沢に到着。

さらに乗り継ぎ、この日は結局、22時37分に着いた森駅がゴール。

さすがにひろい北海道。一日で本州に渡ることはできなかった。

「今日は森駅で宿さがしだわ……」

名物の「いか飯」を購入して、テツコは駅前のホテルへと足を運んだ。

ikameshi.png


tetsuo1.png


一方、5時45分発の電車で西大山駅を出発したテツオ。

途中、食事休憩をとる時間も惜しみ、ひたすら乗り継ぎ先へと進む。

昼食は八代で買った鮎屋三代弁当。

鮎の甘露煮がどかっと入った弁当だ。

ayu.png


その後順調に、夕方には小倉を過ぎ、21時頃には広島に到着。

よし、もうひとガンバりだ!

テツオは更に乗り継ぎ、岡山へと向かう。

そして日付が変わった0時8分。長い一日を終えて岡山へと到着したテツオであった。

tetsuo2.png


つづく


Comment:0  Trackback:0
2015
09.15

なごやめし博覧会2015

Category: その他
風の心地よさが増すにつれて、食欲も増す。
もう、その勢いは誰にもとめられない。
ね、そこのあなた、そうでしょ!

さて今日は、そんな食欲の秋にぴったりの「あの」博覧会のご紹介。
昨年も紹介したけど、今年もいよいよ開催の時期が迫ってきました。

さてさて何でしょう???

これです!!!!!

ご当地グルメの宝庫、名古屋で開催される、なごやめし博覧会2015 ( ← リンク )。

夏に「愛を知る県」を訪問した身としては、昨年とは思い入れがちょっと違う。
「なごやめし博覧会」は名古屋市内の飲食店を中心とした回遊型「なごやめし食べ歩き」と新たななごやめしをWEB投票で決める「新なごやめし総選挙」からなる「なごやめし」をテーマにした一大イベントで、今年は10月1日(木) ~ 11月15日(日)に行われる。

「食べ歩き」の方は、手羽先、味噌かつ、新なごやめし、名古屋コーチン、台湾ラーメン、あんかけスパ、味噌煮込みうどん、カレーうどん、味噌とんちゃん、ひつまぶし、エビフライ、小倉トースト、きしめん、鉄板スパ、天むす、どて煮、ういろう、味噌おでんなどといった盛りだくさんのメニューが楽しめるし、一方の「新なごやめし総選挙」では、参加店舗が開発したオリジナルメニューが楽しめる。

更には、今年もまたスペシャルサポーターが、な、な、なんと「名古屋おもてなし武将隊」、「チームしゃちほこ」、「BOYS AND MEN」と、これまたものスゴイことになってる!!!!!!!!!!!

うわああ。
もう待ちきれない。
パブロフの犬状態.。
どうにもとまらない!!!

では、紹介2回目にして早くも恒例になった「あれ」を探してみよう!

「あれ」とは???

そりゃあ聞くだけやぼってもんでしょ。
決まっとるわあ。

そうです……。

われらが天使、オムライス!!!!!

おっと、いけねえ。
その前にこっちの天使に登場いただかないと……。

はい、我らが天使、昨年同様、カラーネーム名古屋レッドの秋本帆華ちゃ~ん!

150915nagoya5.png


よし、モチベーションアップ↑
乗ってきたぞ~!!


ではオムライスにまいりませう♪

えーと……。

……。

??

???

?????

???????????

あれ?

ないよ、オムライス。

なんで?

カゴメオムライススタジアムでは、「ことこと屋」が見事日本一の栄冠を手にしたというのに……。

仕方がない。
ここはなごやめし総選挙にエントリーしている中で、個人的に気になる食べ物を紹介しよう♪


先ずはこれ!

「名古屋肉味噌カレー研究所」の「名古屋肉味噌カレー」

150915nagoya1.png


八丁味噌を使用した肉味噌ととんこつベースの和風カレー。
名古屋ご当地カレー専門店ならではの味!!

続いてはこちら!

「中華そば高松」の「台湾つけそば」

150915nagoya3.png


香り高い小麦麺をとことん味わえる台湾つけそば。
パンチの効いた辛さが決め手!

台湾ラーメン系ならこれもいい♪

「三平ラーメン」の「台湾まぜ麺+おかわり自由なチャーハン付」

150915nagoya2.png


もっちりした極太麺でヤミツキになる辛さの新名古屋名物登場!
チャーハンもついてボリューム満点で大満足。

では次に参りませう。

お!これもそそる!!
店の名前もいいね。。

「男は黙って前を行け!天白塩釜口店」の「名古屋つけてみそかけてみそピリカラ汁なし(ナカモ味噌コラボ)」

150915nagoya4.png


ナカモ味噌を使用。
自家製極太麺に特選たまり醤油を絡め、特注魚粉の風味をプラス!


う~ん、どれも美味しそう。
だけど、こうやって選んで並べてみると、なんかみんなタマゴが乗ってるのばかりだなあ。。

まだオムライスへの未練が……。
いや、単なるタマゴ好き???

ま、それはともかく。

いいなあ、なごやめし!
まだまだいろいろとある。
web投票をすると、ANAの国内往復航空券をはじめ、抽選で素敵なプレゼントが当たる。
みなさま、ふるってご投票を!!

それと、やっぱり現地で食べないとね。

よし!

愛を知る県訪問パート2。
行くぜ、ナゴヤ!
食べつくしてやる~!!
まってろよ!!!


Comment:2  Trackback:0
2015
09.13

今日はごめん寝・・・

Category: その他
だめだああ……。
春眠暁を覚えずならぬ、秋眠暁を覚えず

ねみ~い。
おきれな~い。
ブログの更新ができな~い。

1年前も同じことを言っていた。

ということで、今日は謝罪の意を込めて……。

パワーアップしたごめん寝。

150913gomenne1.png
www.flickr.com


150913gomenne2.png
i.ytimg.com


150913gomennne3.png
plaza.rakuten.co.jp


150913gomennne4.png

‎@nyan_co_nyan

140918gomenne1.png
pic.twitter.com/Yw8IfhbWCC


140918gomenne2.png
pic.twitter.com/zfTbzP96bP


140918gomenne3.png
pic.twitter.com/5mZLFzwbRM


140918gomenne4.png
pic.twitter.com/aPtwc05oTo


140918gomenne5.png
pic.twitter.com/I4sCBiB1Vu



Comment:4  Trackback:0
2015
09.12

秋のオムライス2015

140913omu1.png



140913omu3.png



140913omu2.png


140913omu4.png


140913omu5.png


150912akiomu1.png



ということで、久々に登場のomuくん、naoちゃん、riceくん、そしてketchupちゃん。

どんなオムライスを食べようか??
だいぶ涼しくなってきた。
ここは、昨年もやった秋の味覚だね!

さて、秋の味覚と言えば?

えーと……。

アサヒグループの「毎週アンケート」によるとこんなことになってた。

1秋刀魚 69.4%
2 栗 42.8%
3 松茸 36.9%
4 梨 33.9%
5 柿 22.1%
6 新米 17.3%
7 ぶどう 13.0%
8 さつまいも 8.6%
9 キノコ類(松茸以外) 8.1%
10 銀杏 5.6%

調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)10,992人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2005年9月21日~9月27日

さあ、今年もみんなで一緒に、秋の味覚のオムライスを食べに行こう!

では上位ふたつのオムライスを探してみよう!

先ずは1位の、秋刀魚オムライス!

え~、そんなのあるかあ?と思ったけど、あるんだよね~。

昨年紹介したのはこちら。
何でもあるクックパッドで発見!

sweet_dolphin530 さんの、干物リメイク!サンマの和風オムライス ( ← リンク )

140913omu6.png


記事を見てみましょう。

残った干物や塩焼きをリメイク!サンマご飯の和風オムライス!
たっぷり三つ葉がポイントです!
冷めても美味しくお弁当にも・・。

ほー、さっぱりしていていいかも。。

ポイントは何かな??

ご飯によく合うサンマをチャーハンにしました。
三つ葉を加えることで、くさみが気にならず、さっぱりといただけます。
サンマの塩分によって、調味料は調節してください。
薄焼き卵は片栗粉を加えると破けにくいです。


で、今年はこちら。

きみ坊 さんの、骨まで食べれる秋刀魚のオムライス ( ← リンク )

150912akiomu2.png


つくり方は次の通り。


1.秋刀魚を内蔵を取り除き調味料を入れて圧力鍋で煮込む!

2.秋刀魚を3カットする!

3.ライスをフライパンで炒め秋刀魚を1カット分を入れてよく炒め、秋刀魚の煮汁を適量入れてチャーハンをつくる!

4.チャーハンを皿に盛り付け、卵を溶いてオムレツを作り、卵にかける!

5.残りの煮汁でキノコを煮て、とろみをつけ残りの秋刀魚を入れて軽く煮込む!

6.オムライスの上からかけて出来上がり

さんまが「まる」っと入ってて生々しい。
ご飯は味が濃いめが美味しいとのこと。
煮汁でチャーハンをつくるのもミソだね!!
(「さんまの蒲焼」の缶詰でつくるオムライスもある)


では次に、秋の味覚2位の栗オムライス。

昨年紹介したのはこちら!

岡山県倉敷市にある、珈琲屋カフェオーレ ( ← リンク )

140913omu7.png


ホームページを見てみると……。

ん?

ありがとうございました。
2015年6月30日(火)をもちまして閉店しました。
長年のご愛顧ありがとうございました。
ホームページは閉鎖予定です。


えーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!
なんだってーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!


悲しいねえ。。
秋に愁いはつきものか。
素敵なお店が、またひとつ消えてしまった……。


以下は閉店前に掲載されていたもの。

オムライスとフランス菓子のお店 珈琲屋カフェオーレです。
1990年から、岡山県倉敷市笹沖で営業させて頂いています。
倉敷美観地区などの観光名所から離れた場所にありますが、 岡山県倉敷市へおいでの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

和風から洋風まで、15種類以上の創作オムライスとタルト・ムースなどのデザートが人気。
昼の部14:30までのランチタイムサービスは、お好きなオムライス+お好きなドリンク+お好きなデザートのセットで1000円。オムライスはテイクアウトできます。
タルト円形ワンホールのご予約を店頭にて承ります。

140913omu8.png

これは栗とキノコのオムライス

140913omu9.png


和風の味付けをしてコトコト煮詰めた、ほんのり甘みのある栗と新鮮なキノコを、生クリームを加えた白いごはんにプラス。とろとろふんわりな半熟玉子で包んだクリーミィなリゾット風のオムライス。


この店には、これ以外にも15種類以上の創作オムライスがあった。

ふつうのオムライス
ポークヒレカツのオムライス
梅と大葉のオムライス
高菜とカツオ節のオムライス
キノコとグリーンアスパラのオムライス
セミドライトマトのオムライス
トマトとグリーンアスパラのオムライス
チキンとパイナップルのオムライス
森のキノコのオムライス
オムライスクラブ
帆立と小海老のオムライス
イカとイカ墨のオムライス
アンチョビキノコのオムライス
バジルとモッツァレラチーズのオムライス
蒸し鶏とセミドライトマトのオムライス
花ズッキーニとモッツァレラチーズのオムライス
ズッキーニとアンチョビソースのオムライス
牡蠣と菜の花のオムライス


どれも美味しそうだなあ。
一度行ってみたかった。。

25年でその歴史に終止符かあ……。

ま、仕方がない。
気を取り直して8位のさつまいもを見てみよう。

こちらもククパッドより。

管理栄養士 柴田真希さんの雑穀を使ったメニューのひとつ、さつまいもの和風オムライス ( ← リンク )

150912akiomu3.png


ではつくり方を。

1.さつま芋を8mm角に切る。舞茸は小さめにほぐす。

2.米・雑穀を洗い1合分の水加減にする。
  薄口しょうゆ 小さじ1、塩 小さじ1/6を入れて、上にさつま芋・舞茸をのせて30分以上浸水させてから、通常通り炊く。

3.卵3個、豆乳50cc、白だし小さじ1を混ぜて、油のひいたフライパンで半熟になるように焼き上げる。

4.ごはんを盛り付け、(3)のたまごをのせ、上から万能ねぎをかける。


いいねえ、これ!
さっぱりしていて、夏の暑さに疲れた体には丁度よさげ。。
雑穀はヘルシーだし。

ちなみに、柴田さんの、雑穀を使った 簡単でおいしくてキレイになれちゃう レシピをご紹介している公式HP、食べるエステ美穀小町 ( ← リンク )には素敵な情報が満載。「美肌を手に入れたい女性へ」なんてのもありますよ♪ 


ということで、食欲の秋がやってきました。
みなさんはどんな「秋の味覚」が好きですか?

ちなみにボクは果物アレルギーで、りんご、梨、桃とかが食べられない。
これは残念!

美味しいのにね。。

ではでは!

追伸

これを書いている途中で地震発生。
いやあ、びっくり。
みなさま、平和な一日を!


Comment:4  Trackback:0
2015
09.08

ふらっか~ず

Category: その他
なるほどと思う企業や商品名の由来。
先日の記事に、北海道生まれの広告制作会社勤務で、スポーツ、飲み食い、音楽、読書、映画などなど、興味と興味深い記事ががゆらゆらゆらゆら揺れる「ゆらゆら草」 ( ← リンク ) のつかりこさんから、とっておきのコメントを頂いた。

以下、全文引用。

**************************************

ではでは、とっておきのハナシを一発・・・。

昔、某自転車メーカーの新製品のネーミングの依頼を受けたんですよ。

自転車の前カゴって、たくさん荷物を積むとハンドルがフラフラしますよね。
その製品は、カゴや子供用の座いろいろ席が、ハンドルの中心の重心軸に置いて、フラフラしないように作られたものだったんですよ。

それで、「○○バスケット」とか「ジャイロ」とかママさんということで「トート」とか、100案以上も考えたんですが、いい感じのネーミングでも同業種の登録商標にひっかかって、全然きめられなかったんです。
「車」や「バイク」、「自転車」などのネーミングは、実際に使われていなくても、ものすごくたくさん登録されていて、ちょっと語呂のいいものはほとんど他社の権利下になっているんですよ。

それで、乗り物にふさわしい名前はまったくだめだ、ということでやけくそで、いくつか出した中に「ふらつか~ず」というのを入れといたんです。
ハンドルがふらつかないから、「ふらつか~ず」です。
「階段すべらーず」と同じ発想です。(笑)

けっきょくそれに決まって、「ふらっかーず」となったのが、丸石自転車の「FRACKERS」なんです。

なに、知らない?
小さい子のいるママさんの間では、まあまあ知られているんですよ。

とんだ、自慢&宣伝になっちゃいましたが、僕も丸石も弱小なので、まあ、いいじゃないですか。

**************************************

うおおおおおおお!!!!!!!!!!!
これは面白い!

早速、FRACKERSのサイトを訪問。

以下が「ふらっか~ずについて」のページに書かれている内容。

ネーミングの由来にもなった、ふらつき防止機能の進化は当然ながら、大切なお子さまを乗せるベビーチェアにも大幅に改良を施しました。
これまで以上に、安全に快適に走れるのはもちろん、より使いやすく長く愛用できる1台に なりました。
安全、高品質、品格を兼ね備えた「ふらっか~ず」。
洗練されたデザインと豊富なカラーも加わり、お洒落なママたちも納得。
子ども乗せ自転車を作り続けてきた「丸石サイクル」ならではの技術と信頼の結晶です。

150908jitensya2.png


へえー、確かに、ふらつき防止機能がネーミングの由来だあ。。

「ゆりかごに優しく包まれるたまご」のイメージのロゴもいい!

150908jitensya1.png


素敵な思いが込められた自転車。
こういう商品は、いつまでも変わらずにあり続けてほしい。

つかりこさん、素敵なおもしろ情報をありがとうございました!!

さてさて。

自転車と言えば……。

やっぱこれでしょう!

男の子たちを虜にした自転車。

そう、スポーツサイクル!
別名、フラッシャー付き自転車。

以下は、記憶をくすぐる大人のWebメディア「ミドルエッジ」 ( ← リンク ) より。

子供達が憧れて乗る自転車は、ジュニアスポーツ自転車という商品として確立していました。
昭和40年代半ば~昭和50年代半ば、日本の1970年代に小・中学生時代を過ごした子供(主に男子)にとって避けて通れない存在でした。

では、つかりこさんに敬意を表して、先ずは丸石サイクルの逸品!
石野真子さんがCMキャラ。

150908jitensya3.png


続いてはナショナル。
こちらは三原順子さん。

150908jitensya4.png


う~む。
これ、今乗ってたらめっちゃ目立ちそうだなあ。。
探したらあるのかなあ。
スーパーカーブームもあって流行った自転車だけど、今ではスーパーカーよりも希少かも……。

では、今日の最後はこの曲で。


● 自転車泥棒  ユニコーン





Comment:8  Trackback:0
2015
09.05

ボブソンって……

Category: その他
企業や商品のネーミング。
世に認知されるために、それはそれはとても重要なもの。
見ていて「何でその名前ががついたのかなあ?」なんて思ってしまう。

商品開発時に、開発担当者の友人の「りかこさん」がとてもおいしそうに食べている姿を見て、「じゃがいも + りかこ」からその名がつけられた「じゃがりこ」。

以下の頭文字を並べたオートバックス(AUTOBACS)。

Appeal(アピール)
Unique(ユニーク)
Tire(タイヤ)
Oil(オイル)
Battery(バッテリー)
Accessory(アクセサリー)
Car electronics(カーエレクトロニクス)
Service(サービス)

ちなみに、社名は株式会社オートバックスセブンだけど、TOBACSの6つに加えて「お客様のために第七の商品を探し続ける」という意味で「セブン」が追加されているそうだ。

ところで……。

そろそろ衣替えの時期。
厚手のジーンズを出していてふと気になった。

いろいろなブランドがあるけど、その名前の由来って何だろう……。

リーバイス
リー
ラングラー
エドウィン
ビッグジョン
ボブソン
などなど。

どうにもこうにも気になって、ご飯が喉を通らないし眠れないので調べてみることにした!



リーバイス(Levi's)

創業者のリーバイ・ストラウスの名に由来している。
正式名称は Levi Strauss & Company (リーバイストラウス&カンパニー)
業界最古で、1853年の設立。
日本はまだ江戸時代だから、この頃に広まったらちょんまげにジーンズだったんだね。
ジーンズ第一号の超定番「リーバイス501」をはいたサムライ。土方歳三とかなら似合いそうだなあ。。

150905denim1.png



リー(Lee)

こちらも創業者の名前に由来。1889年にヘンリー・デビッド・リーが設立し、正式名称はH.D.Lee Mercantile Company (H.D.リー・マーカンタイル・カンパニー)。
ジェームズ・ディーンがリーのジーンズを愛用していて、代表作「理由なき反抗」と「ジャイアンツ」の2本に、リー・ライダースLOT101Zをはいて出演。影響を受けた若者の間で流行り、これを機にジーンズがファッションとして世に普及した。

150905denim3.png



ラングラー(Wrangler)

リーバイス、リーと並ぶアメリカの3大ジーンズブランドのひとつ。
ブルーベル社(1986年にアメリカの大手衣料企業のVFコーポレーションに買収され、消滅)のウエスタンウエア部門を担うブランドで、「家畜の世話をする人、カウボーイ」の意味。
すごいのは「ギャル」という言葉を浸透させたこと。
「ギャル」はラングラーが1972年には女性用に売りだした"GALS"に由来している。

150905denim2.png



エドウィン(EDWIN)

株式会社エドウィンは日本の企業。
1950年代に常見米八商店から発展したTUNEMIが中古ジーンズをアメリカから輸入し販売を始めたのがはじまり。
その後1960年代に日本で初めて独自製法によるジーンズの製造販売を開始した。
名前はデニム(DENIM)から来ている。
「D」と「E」を逆転し、「NIM」を180度反転して「EDWIN」。
外国製品や関西製品(後述のビッグジョンやボブソン)に負けずに「江戸(EDO)」が「勝つ(WIN)」という説もあるけど、これは俗説っぽい。

150905denim4.png



ビッグジョン(Big john)

岡山県倉敷市児島に本社を置く服飾メーカー。
創立者、尾崎小太郎の名前に由来する。
「小太郎」をもじり、リトルジョン(「太郎」が日本でポピュラーな名前、「ジョン」はアメリカでポピュラーな名前)を考案したけど、「リトル」では大きな商売はできないと判断し、リトルの反対の「ビッグ」をつけてビッグジョンとした。

150905denim5.png



ボブソン(Bobson)

1948年に岡山市で創業した山尾被服工業がはじまりで、1970年にジーンズの製造販売を開始。
翌1971年に「BOBSON(ボブソン)」ブランドが企画・製造・販売され、1973年(昭和48年)にはブランド名に合わせて株式会社ボブソンに社名を変更した。
で、ボブソンの名前の由来なんだけど、これには笑った。
日本製ジーンズを世界に向けて販売し、「ボブ(アメリカでポピュラーな名前)が損をするように」という願いを込めてつけられたんだって。
同じ岡山の発祥で、ジョンはビッグでボブは損かあ。。
ボブソンをはいてるアメリカ人(どのくらいいるかは知らないけど)を見かけたら教えてあげたいね。

150905denim6.png


ということで、名前の由来って、やっぱ面白い!
あなたのお気に入りのジーンズ。
さらに愛着がわくのでは(笑)

ではでは!


Comment:6  Trackback:0
2015
09.03

秋霖に打たれこころ彷徨う

Category: ストーリー
悪天候が続く毎日。
日中はまだ蒸し暑さが残るものの、一雨ごとに確実な秋の訪れを感じる。

人影のない海の家。
仲間を求め、ひとり最後の力を振り絞る蝉の声。

去り行く夏。
秋は過ごしやすくとても好きな季節だけど、でも、ちょっと寂しい。

こころの隙間に雨が降る。
秋霖に打たれ、ひとり彷徨う。
ちょっと感傷にひたりながら、好きな曲を題材に思いついた過去記事ふたつの再掲載……。



夢飛行


休日前夜。
お気に入りのバーボンを味わいながら、これまたお気に入りの音楽に耳を傾ける。
激流のごとく時間の中にあったこころは、次第に弛緩し、海に注ぐ大河の時間に溶け込んで行く。

部屋の灯りを落とす。
日常から離陸したボクのこころは、ゆっくりと上昇を続け、30,000フィートに達したところで安定飛行に移る。

バーボンと溶け合う、ロックグラスの透明な氷。
シルクの風を受け、自在に飛び回るこころ。

時間(とき)は、ゆったりと流れ行く。
人生における、至福の時間だ。

140119bourbon1.png


● Sleepwalk(夢飛行) Larry Carlton






雨待ち風


いやあ、まいったよ。

君とふたりで一本のマイクに笑顔を寄せ合い歌っていた歌。
まさか、その世界が現実になるなんて。

何となく嫌な予感はしてたんだ。
君と会っている時間があまりにも楽しすぎて、本当に夢のようだったから。
未来を恐れて、決して止まることのない時間を必死で止めようとする自分がいた。

君がくれた宝物。

それはそよ風の声。
それは夕なぎの瞳。
それはシルクの手。

そして、決して色あせることのない、キラキラと輝く思い出。

永遠なんてありえない。

そうつぶやく君の笑顔はどことなく儚げだった。
近くて遠い、手に入れてはいけないもの。
そんな簡単なことに今さら気がついた。

ふたりで通ったオムライスの店。

あの席に座るのが、まだちょっとだけつらいから、今日は買って帰る。

なんだか雲行きが怪しくなってきた。

ほかほかのオムライスがさめないうちに、
雨がほほを濡らさないうちに、
早く帰って食べるよ。

君がため……。

「ありがとう」を乗せた書きかけの夢が、音もなく散って行く。

140119amemachikaze1.png


● 雨待ち風 スキマスイッチ





Comment:2  Trackback:0
2015
09.02

一皿のオムライスで感動を

窓の外は雨。
9月の声を聞いた途端、秋雨前線が大活躍。

そんな2015年の秋の始まりだけど、食欲の秋でもあり、美味しいオムライスが無性に食べたくなってくる。

お酒を楽しみながら美味しいオムライスを食べられる店はないかなあ……なんて探していて見つけたのがここ。

kitchen Eggs(キッチンエッグス) ( ← リンク )

所在地は東京都足立区。京成線の千住大橋駅もしくは地下鉄の北千住駅から徒歩で10分程度のところにある。

何と言っても、店のテーマがいい!

「一皿のオムライスで感動を」。

いいねえ!
この言葉を聞くだけでワクワクする。

こだわり抜いた卵。
トロトロ・ふわふわ食感のオムライス。
それに、美味しいお酒。

オムライスの種類も豊富で、ランチメニューだけでもこんなにある!

昔ながらのケチャップオムライス
チーズインデミグラスオムライス
チーズインドライカレーオムライス
おろしチキンカツオムライス
チキンカツカレーオムライス
イカスミソースオムライス
ポテトグラタンのせデミグラスソースオムライス
ツナとポテトのバジルクリームソースオムライス
ツナと水菜のおろしポン酢オムライス
ベーコンとほうれん草のトマトソースオムライス
サーモンとほうれん草のクリームソースオムライス
生姜焼きのせマヨネーズかけオムライス

どれもこれも食べてみたい!

百聞は一見に如かず。
店のホームページにある写真を見てみよう!!


簡素だけど、モノづくりへの「こだわり」を感じさせる外観
150902eggs3.png


清楚な雰囲気の洒落た店内
150902eggs1.png


ワインを片手に
150902eggs8.png


素敵な料理に舌鼓
150902eggs2.png


メインのオムライスを食したら
150902eggs5.png


150902eggs7.png


150902eggs4.png


締めは素敵なデザートで
150902eggs6.png



うわうわ。
もうだめ。

食べログの口コミの評判も上々。
これはいい!

空高く、馬肥ゆる秋。
omunao秋の陣。
食欲との闘いが、今、はじまる。。


キッチンエッグス 食べログ情報

キッチンエッグスオムライス / 千住大橋駅北千住駅


Comment:2  Trackback:0
2015
09.01

パンダオムライスの再掲載

今日から9月。
ふと、過去の9月の記事を見ていて、なつかしく思う。
これはそんな記事のひとつ。

パンダに関する記事の再掲載です。

**************************************

最近、記事にパンダが出てくる回数が多いような気がする。

パンダ好きの方がいて、パンダの話を聞いていろいろと調べているうちに、妙にパンダに愛着がわいてきてしまった。

ところで、ふと、疑問に思ったことがある。

ジャイアントパンダって言うでしょ、パンダのこと。

そりゃあ大きいけど、なんでわざわざ「ジャイアント」を付けるんだろう……。

ということは、小さいのもいるのかなあ?????


そう、いるんですよねえ!

みなさまもご存知の小さなパンダが……。

レッサーパンダ

lesser panda

lesser panda


もともと、パンダ=レッサーパンダだったらしい。
それがジャイアントパンダが発見されて、パンダ=ジャイアントパンダになってしまった。

lesserは「より小さな」の意味だけど、「より重要でない」とか「劣った」の意味がある。

なので、軽蔑の意味が含まれるので、英語では最近レッサーパンダとは言わずにレッドパンダと言うらしい。

もともとパンダだったのに、ジャイアントパンダが出て来たおかげで「重要でない」とか「劣った」とか言われちゃったらいい迷惑だよね。

おい、ふざけんなよ、ケンカ売ってんのか? って思うよ。


まあ、そんな裏話(表話?)がパンダ界にはあったのだけど、話は変わって……。

そう言えば、「パンダなオムライス」があったなあと。

上野なんてパンダばっかだし。

ということで、パンダオムライスのある店を調べてみた。


上野グリーンサロン

オムライスdeパンダ980円とか、カレーdeパンダ800円とか、サンドdeパンダ980円なんてのがある。

残念ながらパンダオムライスの公認画像はないのだけど、こんなカンジの料理がある。


カレーdeパンダ。ホワイトカレーですね!

ueno panda1


パンダロール。

ueno panda2


パンダロールとラテ。

ueno panda3


パンダアイス。

ueno panda4

まだまだいろいろな店があるようなので、次にもうちょっと調べてみますかね。。

今日はこの辺で。

ではでは!

上野グリーンサロン 食べログ情報

上野グリーンサロン定食・食堂 / 上野駅京成上野駅稲荷町駅


Comment:0  Trackback:0
back-to-top