topimage

2016-02

何のために、誰のためにブログを書く???、の再掲載 - 2016.02.15 Mon

光陰矢の如し。
時のたつのは早い。
ついこの前に新年を迎えたと思ったら、もう2月も中旬。

時の流れに流されるのではなく、あるいはベルトコンベアに運ばれて行くのではなく、自分の意志で何かに向かっていかないと……。

今日はそんな思いを新たに、昨年のこの時期に書いた記事の再掲載。


******************************


ボクはブログを楽しんで書いている。
いろいろな方のブログを拝読するのも大好きだ。

みなさんはどうですか?
更新に追われて義務的になったり、バッシングされて塞ぎ込んだりしてしまったりすると、せっかく書き始めたブログに対して「自分は何でブログをやってるんだろう」なんて思ってしまう。

今日はこの辺について言及してみようと思う。

中日ドラゴンズの球団ブログに、次のような記事が掲載されている。
時は昨年の10月29日。シーズンも終わり、来年に向けて心身共に鍛える秋季キャンプの時期。


***************************

秋季キャンプが29日、ナゴヤ球場と阿久比球場でスタートしました。
ナゴヤ球場では練習前、集まった選手たちに、谷繁元信選手兼任監督がこう語りかけました。
「今、自分が何をしなくてはいけないのか、各自考えてください。課題をもって、何のために、誰のためにやっているのかということを意識して、練習に取り組んでください」

監督の訓示が心に響いたキャンプイン。
選手たちは初日から精力的に動きました。
すべてのメニューを終えたのは、日がすっかり沈んだ夜。
実りの秋とするために。
キャンプは11月20日まで続きます。

***************************


谷繁さんの言葉の以下の部分に焦点をあててみよう。

「何のために、誰のためにやっているのかということを意識して」

「何のために」
「誰のために」
目的を達成しようとする場合、これは明確にしておく必要があるポイント。
これがないと、目的とは違った方向に答えが導かれてしまったり、ぼんやりとしてしまったりする。

たとえばプロ野球の場合。

「何のために」
・技術を磨くために
・レギュラーをとるために
・1軍にあがるために
etc

「誰のために」
・自分のために
・ファンのために
・家族のために
etc

さて……。

ブログってどうなんだろう???

「何のために」
・自分の思いを伝えるために
・商売のために
・記録のために
etc

「誰のために」
・自分のために
・同人のために
・広く知ってもらうために
etc

人によって、それは異なる。
「ときと場合によって異なる」という人もいると思う。
ときには日記として。ときにはエッセイとして。
ときにはブログを書いている人へ。ときには本好きな人へ。

各々で「何のために」「誰のために」が異なるので、「いろいろな人と知り合って和を広げたい。みんなに伝えてあげたい」と思っている人が、「個人的な日記」として書いている人の記事を読んで、「あ、素敵なブログ。紹介したいな……」と思って「紹介してもいいですか?」と尋ねても、「個人的な日記なので」と断られることもあるだろう。

そもそも、ブログって何だろう???

インターネットの普及につれて、多くの人が個人のWebサイトで日記をつけ始めた。
「Webサイトでの日記」は独自の進化を遂げ、紙の日記とは違う新しいメディアとして台頭。これに伴い新しい形式の日記風サイトを指す言葉として「Web」と「Log」(日誌)を一語にした「weblog」(ウェブログ)、略して「blog」(ブログ)という言葉が誕生した。

黎明期は、「読者を求めない個人的な日記」ではなく、「マスコミでは取り扱わない(取り扱えない?)情報や思いを綴り伝えるもの」や「同人とのつながりを求める」ものが主だったと思う。
代表的なのは、「さるさる日記」(1998年にサービスを開始し、2011年に閉鎖されたweb日記サイト)上に掲載されていた日記。その中のひとつ、「きっこの日記」などは人気を博した。
日本でブログが急速に普及し始めたのは2002年頃で、2005年~2006年にかけて利用者は倍増し、2,539万人に達している。
おそらく、「電車男」のヒットがひと役買っているのだと思う。

ブログ人口が増えると共に、より簡単に人とのコミュニケーションが図れるようになった。
(人口が増えないと読者も増えないし、共感もできない)

同時に、多くの人が持つ「人とつながりたい」という願望が叶うことになった。

人とつながりたい。
もっと多くの人とつながりたい。
自分をわかってもらいたい。

これが叶う! パラダイス!!

はてさて、結果やいかに……。

パラダイスになった?
パラダイスのはずが炎上しまくったり。

「人とつながれるようになった」ことで、思いもよらない結果を導いてしまうことに。
公開された場に簡単に参入できるということは、裏を返すと「こころが通じない人も多くいる」ということ。
「もっとたくさんの人とつながりたい!」との思いが実現されると、むしろ、「めんどくさいつながり」の割合があまりに高いことに気づかずにはいられなくなってしまった。

リアルの延長線上に考えている人。
リアルではない世界を考えている人。
「つながり」にもいろいろとある。

意見が合わず、バッシングされる。
「嫌だったら読まなきゃいいじゃん。放っておけば」と思うのだけど、言わずにはいられない人もいる。

そうなると、「公開」が「後悔」になる。

今はTwitter、Facebook、LINEなどの「知り合いどうしのコミュニケーションツール」が普及している。
これらは「知らない人とつながるためのツール」ではなく、「すでに知っている人と、よりつながりを深めるためのツール」である。
こちらに移行し、ブログをやめてしまった方も多いと思う。
あるいは、コメント欄を閉じている方も多い。

ネットに「もっと多くの人とつながりたい」と求めていたこころは、ネット上での人間関係の煩わしさに疲れ、「つながりたい人とだけつながって、つながりたくない人とはつながらないようにしたい」といったことを求めているのかもしれない。
より広域へと向いていたネットコミュニケーションは、今後、より閉鎖的な方向に向いて行くのだろうか……。

「何のために」
「誰のために」

これがぶれると、ブログを書いている自分のこころは、どこか違うところを彷徨ってしまう。
バッシングや辛口コメントで言いたいことが言えなくなったり、受け狙いの記事を求めたり。

ボクの場合はこう。

「何のために」
・自分の思いや考えや書いたストーリーを、共感いただける方に読んでもらうために
・将来、ストーリーを書籍化するために

「誰のために」
・自分のために
・共感、支持してくださる方のために

「キーワード」
・つながり
・ぬくもり
・まごころ

みなさんはいかがですか?

最後に、「電車男」の主題歌、E.L.O のTwilight を。

ではでは!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (124)
競馬関連 (23)
その他 (508)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR