2017
06.24

手のひらを太陽に

Category: その他
アンパンマンの生みの親であるやなせたかしさんが亡くなってから、もう3年以上が経つ。
それでも、アンパンマンは、不朽の名作、いや、永遠のヒーローとして君臨している。

水戸黄門でもウルトラマンでもない。
権力に頼らないし、大きくもならない等身大のヒーロー。

友だちは「愛と勇気だけ」。

ぼっちか?

いや、そうではない。
「アンパンマンのマーチ」の「愛と勇気だけがともだちさ♪」の歌詞は、その後の「ああアンパンマン やさしい君は いけ!みんなの夢 まもるため」に続くのだという。
つまり、愛と勇気を胸に、仲間を巻き込むことなくひとりで立ち向かうのだと。

そんなアンパンマンはやなせさんの魂そのものなのかもしれない。

さて、「やなせさんの魂」と言えば、もうひとつ思い浮かべるものがある。

子供の頃によく歌ったあの曲。

手のひらを太陽に

先ずは聴いてみよう♪

● 手のひらを太陽に tiebao -




Wikipediaによれば、この曲は1961年に、「NETニュースショー」の台本構成をしていたやなせさんが番組内で流す音楽として作詞したもので、知り合いのいずみたくさんが作曲し、いずみさんの推薦により宮城まり子さんが歌った。

ところでこの曲、よくよく聴いてみると、ひとつの疑問がわいてくる。

どんな疑問?

それは……。

ミミズだって オケラだって アメンボだって
みんなみんな 生きているんだ 友だちなんだ

これ、何気なく歌ってたけど、ミミズやオケラやアメンボを卑下していないだろうか?
「○○だって」だし。

2番では、
トンボだって カエルだって ミツバチだって
であり、
3番では、
スズメだって イナゴだって カゲロウだって
となる。

ここに登場する、ミミズ、オケラ、アメンボ、トンボ、カエル、ミツバチ、スズメ、イナゴ、カゲロウの計9種類の生き物について、やなせさんは見下していたのだろうか?

Wikipediaをさらに見てみると……。

以下、抜粋。

作詞者のやなせは、「厭世的な気分になって追い込まれていた時のことです。暗いところで自分の手を懐中電灯で冷たい手を暖めてながら仕事をしていた時に、ふと手を見ると真っ赤な血が見える。自分は生きているんだという再発見と、その喜びを謳歌して頑張らなくちゃと、自分を励ますためにこの詞を作った」と述懐している。また、元々は童謡ではなくホームソングを作るつもりで書いたという。なお歌詞の中でアメンボが出てくるが、これは当初はナメクジであった(竹内敏晴の証言、岩川直樹「ことばからみる今 アメンボとナメクジ」、「ちいさいなかま」2010年8月号、NO.547所収)。


なるほど。
なんとなくわかってきた。
「ミミズ、オケラ、アメンボ」ではなく、「ミミズ、オケラ、ナメクジ」ならマイナスイメージに思われる生き物でくくられる。
ミミズとナメクジは「うわっ!キモッ!」ってカンジで、オケラはお金がないときの「オケラになる」のイメージが強い。

アメンボの前はナメクジではなく「イモムシ」で、歌手の宮城まり子さんが嫌がったのでアメンボになったという説もあるが、ナメクジでもイモムシでも、何れにせよ「キモイ」イメージには変わりがない。

厭世的な気分になって追い込まれていた自分を「最下層の地を這う生き物」ととらえたのかもしれない。
地中や日陰で生きて、目立たない、気持ち悪いと思われるような存在。
生きる価値なんてない存在なのか???

そんなとき、「懐中電灯」という名の太陽が教えてくれたのだ!

いや、違う!
「手のひらに太陽を透かしてみて」はじめてわかる「血潮」の息吹。

今、ここに、生きている!

そう、生きとし生けるものがもつ価値。

何のために生まれて、何をして生きるのか?
(アンパンマンのマーチに通じる!)

みんなみんな生きているんだ 友だちなんだ♪
命を授けられた、この世に生きる仲間なんだ!

まあ、2番、3番になると、それほど「キモイ」と思う生き物ではないような気はするが(トンボやスズメは特に)、まあ、それはよしとしよう。

一応、各生き物に関する個人的分析をして表にまとめてみた。
マイナスイメージは、ありが「○」、まあまあありが「△」、なしが「×」。

170624tenohira1.png

みなさんのイメージはどうだろう???

つまらない分析はともかく、やっぱり、素敵な歌だ。
いつまでも聴いていたい。

さあ、いま一度、「手のひらを太陽に」を聴いてみよう!!

ではでは!

● 手のひらを太陽に  パパイヤ鈴木 & Friends(Smile for Japan Official)mov




スポンサーサイト
Comment:10  Trackback:0
2017
06.22

いつでもどこでもオムライス

時間がないとき。。

まあるい背中に元気を乗せて、

ささっと食べるオムライス

170622omu3.png

ローソンの、ふわとろ玉子のオムライス

170622omu4.png


いざ勝負!

まあるい背中に夢を乗せて、

競馬場で食べるオムライス

170622omu5.png


東京競馬場、ニュートーキヨーのオムライス

170622omu6.png


みんなでわいわい♪

まあるい背中に笑顔を乗せて、

仲間と食べるオムライス

170622omu1.png


いきつけの店の店長が作ってくれたオムライス
(寺本さん、ありがとう!!)

170622omu2.png

元気



笑顔

しあわせを運ぶ素敵な食べ物

いつでもどこでも、オムライス♪

170622omu7.png


Comment:2  Trackback:0
2017
06.17

へっころ谷

5月末のこと。
さわやかな風に誘われ、小田急線の六会(むつあい)日大前にある日大キャンパスに足を運ぶ。

目的は、薔薇。

思えば昨年、新宿御苑できれいな薔薇を鑑賞し、なんだか花を愛でる気持ちが芽生えてきた。
今年も薔薇を観たい。
近所で観れるところはないものか?
鎌倉文学館はどうか?
洋館に映える薔薇は確かに美しいだろう。
しかし、何の因果か、ちょうど目にしたテレビのニュースで取り上げられているではないか。
これは混雑必至。

のんびり、ゆっくり、ゆったりと、薔薇を鑑賞したい。

ならば日大生物資源科学部の農場にある薔薇園はどうか?
きっと穴場に違いない。

思い立ったが吉日。
5月も終盤。
薔薇の季節も終わりを告げる。
何の迷いもなく、目的地は決定した。

六会日大前駅に降り立ち、キャンパスの中を通って薔薇園へと向かう。

ほどなくして到着。

思惑通りのまばらな人影。

170617bara8.png


そして、満開の薔薇。

170617bara1.png


赤い薔薇。

170617bara3.png

紫の薔薇。

170617bara4.png


真紅がまぶしい「ノックアウト」。

170617bara6.png


黄色が艶やかな「伊豆の踊子」。

170617bara7.png


日大カラーのピンクが鮮やかな「日大グローリー」。

170617bara5.png


どれもこれもみな、こころ癒してくれる。

桜の季節から薔薇の季節へ。
薔薇の季節から紫陽花の季節へ。
紫陽花の季節からひまわりの季節へ。

それぞれの季節を彩る花を愛で、堪能する。
なんて素敵で贅沢なことだろう。。

美しい花たちに、感謝!

170617bara2.png


さてさて。
花と来れば次は団子。

「花より団子」ではないけれど、美しい花を見ておなかいっぱいになるわけもなく、いや、美しい花を観た後は、より一層美味しいものが食べたくなる。

向かった先は日大農園から徒歩で10分程度のところにある、へっころ谷 ( ← リンク )

170617hoto5.png


へっころ谷は、「手作りほうとう」をはじめ、自家菜園の野菜や近隣農畜産農家の産品、天然発酵食品を使った料理を提供してくれる1978年(昭和53年)総業の老舗。

狭い入り口を抜け古民家の店内に。

170617hoto4.png


「へっころ谷」は「山奥のへんぴな場所」を意味する造語。
入った途端、まるで平衡感覚を失うかような奇妙な感覚に陥る。

ここはどこ?
天界?
夢か現か。
そんな中、名物のほうとうを注文。
できあがりの時間まで、こころを開放し店内の空気に身をゆだねる。

170617hoto6.png

とんぼを追いかけ、ザリガニ釣りに夢中になった幼き日々。
古民家の壁に、柱に、思い出が映し出される……。


170617hoto8.png


やがてほうとうができあがり目の前に運ばれる。

170617hoto1.png


武骨で素朴な料理だけど、なぜか得体のしれない「力」を感じる。
なんだろう、このオーラのようなものは。

170617hoto2.png


箸を入れ、一口、口に運ぶ。

170617hoto3.png

ん?

な、なんだこの感覚は!

野菜をはじめ、食材に栄養がぎっしりと詰まっているのだろうか?
一口、また一口と食べるたびに、美味しさとともに体にエネルギーが注入されて行く感覚を覚える。

自然の力の成せる業か。
いやあ、これはすごい!

へっころ谷のホームページには次のように書かれている。

ご来店ありがとうございます。

「一期一会」。
皆様とへっころ谷との出会いは長い人生の中で一度きりの奇跡的な出来事かもしれません。
そして、農家さんが丁寧に丹精込めて作ったお野菜たちが、たまたまこのへっころ谷の厨房に届くのも奇跡的な出来事。
私達はこの二つの奇跡的な出来事を結ばせていただくというとても幸せなお志事をさせていただいております。
ありがとうございます。

おくつろぎのひととき
へっころ谷のご飯で
「一期一会」を感じ楽しんでいただけたらこの上ない喜びです。

みんなニコニコ 美味しいごはん
こころ喜ぶ 美味しいごはん
お客様の笑顔と健康を願って

なるほど。
一期一会かあ……。

出会いと別れ。
2017年5月の薔薇にさよならを告げ、2017年6月の紫陽花と出会う。

食事を終え、ぼんやりと入り口付近をみやる。

いろいろな人生が交錯する一瞬。
駅近くの、交通量の多い通りに面した「山奥のへんぴな場所」で過ごす、「今」という「一期一会」の時間。
ゆったりと流れる時間の中、店内に差し込む光が、なぜかとても神聖なもののように思えてくる。

風雨に負けずに食材を育てる人がいる。
それを美味しい料理に仕上げる人がいる。
その料理を食べさせてくれる場所を作る人がいる。

" さあ、召し上がれ "

ボクのこころの中にある「山奥のへんぴな場所」で、たくさんの笑顔がはじける。

こころのふるさと。

「一杯のほうとう」を通じてボクの体内に注入されたエネルギー。
それはきっと、いろいろな人の「まごころ」から発せられたエネルギーに違いない。

170617hoto9.png


へっころ谷 店舗情報

■TEL:0466-82-1702
■住所:神奈川県藤沢市亀井野3-30-1
■交通手段:小田急江ノ島線「六会日大前駅」より徒歩10分
■営業時間:[月~金] 11:30~15:00 17:00~21:30(L.O)  [土・日・祝] 11:30~21:30(L.O)
■定休日:火曜日


Comment:0  Trackback:0
2017
06.10

たいめいけん そごう横浜店

道すがらにいただく元祖タンポポオムライス

170610taimeiken8.png


「そごう横浜店」にある店のオムライス。
「フェリーチェ」「サロン ウフ エ モア」と2店舗の記事を書いたけど、まだあるんだなあ。

この店のオムライスを食べねば!!

地下2階のイートインコーナーにある、たいめいけん そごう横浜店

たいめいけんと言えば、そう、タンポポオムライスの元祖!

以下、2014年4月に書いた記事からの抜粋。


******************************************

ふわとろ系オムライスを世に知らしめたのは、伊丹十三監督の映画「タンポポ」(1985年)である!

映画の中で、浮浪者が子どもにオムライスを作ってあげようと人のいない厨房に忍び込む。
そこでつくられるふわとろのオムライス。

140421rekishi2.png


撮影を行った東京・日本橋の洋食屋「たいめいけん」で劇中のオムライスを「タンポポオムライス」として売り出したところ、大ヒット!
以降、世の中に「ふわとろ系」オムライスが一気に増えた。

こちらが「たいめいけん」のタンポポオムライス!

140421rekishi4.png


******************************************

「たいめいけん そごう横浜店」では、そんな「たいめいけん」のオムライスの味を楽しめる。
ケチャップライスの中の具をはじめ、本店のオムライスに比べるとちょっと見劣りするけど、その分リーズナブル。
ちなみに、価格の比較は次の通り。

オムライス
本店:1,700円 そごう横浜店:1,000円

タンポポオムライス
本店:1,95円 そごう横浜店:1,200円

場所は地下2階なので、わかりやすいし行きやすい。
駅方面から大時計を抜けて店内に入り、そのまままっすぐ進めばたどりつく。

イートインコーナーなので、席はカウンター7席のみ。

ではさっそく。

せっかくなので、ノーマルとタンポポと両方食べちゃおう!

こちらはノーマルのオムライス。

170610taimeiken4.png


きれいに焼かれたたまごに、センスよくかけられたケチャップ。
さりげない2つのハートマークもポイントで、なんだかこころがあたたまる。

170610taimeiken5.png


では、いっただきます!!

170610taimeiken7.png


ケチャップライスの中の具はハム。
バターの香りがケチャップと溶け合っていておいしい!!!!!
とても品の良い味付けで、口の中でしあわせが膨らんで行く。

続いてはタンポポオムライス。

170610taimeiken2.png

美しい!!!!!

170610taimeiken3.png

ではナイフを入れて……。

170610taimeiken6.png

おーーーーーーーーーーーーー!!!!!
感動ーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

ノーマルオムライスもいいけど、やぱりタンポポだね!
バターのよく効いた味付けには、ふわとろのたまごがよく合っている。

170610taimeiken1.png


うん、満足!!

買い物客でごった返す「そごう横浜店」。
7席しかないので「待つかなあ?」と思いきや、回転も早く待たずに入ることができた。
上階のレストラン街での食事のように「ゆったりと」というわけにはいかないけど、「たいめいけん」のオムライスをさくっと食べられるのはうれしい。

みなさま、買い物がてらに、ぜひお立ち寄りを!!


たいめいけん そごう横浜店

■TEL : 045-465-2111
■営業時間 : 10:00~19:30 (L.O)
■定休日 : 不定休(そごう横浜店に準ずる)


Comment:8  Trackback:0
2017
06.03

Omunaoの台湾見聞録 最終回

Category: その他
2泊3日の台湾旅行。
からっとした穏やかな天気に恵まれ、快適な日々を過ごすことができた。

恵まれたのは天気ばかりではない。
現地の皆さんとの「ふれあい」。
 
朝市で「これが美味しいよ」と熱心に教えてくれる地元のお客さん。
一緒になって乾杯してくれる中華料理屋のおかみさん。
人のよさそうな足つぼマッサージのおじさん。
台湾は親日の方が多いと聞くけれど、身をもって感じることができた。

なにげない風景。
170603taiwan4.png


その中には、日本の店も結構目立つ。

ヤマハ
170603taiwan2.png


寿司屋
170603taiwan5.png


矢場とん
170603taiwan7.png


佐野ラーメン
170603taiwan6.png


小樽ラーメン
170603taiwan3.png


台湾のビールもおいしかった。
親日を感じ過ぎて、親交を深めるべくついつい台湾の味ではなくシンガポールを中心に飲まれている「タイガービール」に走ってしまったこともあったが……。

170603taiwan13.png


え?
これは親日関係ない?

うっ……汗

それと、かわいいキャラが多い。

キティちゃん
170603taiwan11.png


ぐでたま
170603taiwan9.png


まあ、この辺はおなじみのキャラ。

しかーし、これだけではない。

2014年3月15日の記事で紹介した「痛電車」!
140315shindai3.png


街を歩けば、こんなのも!
170603taiwan8.png


先に紹介した「鼎泰豐(ディンタイフォン)」のマスコットキャラ!
170505taiwan4.png


そして、壁の落書きまでもが……。
170603taiwan10.png


ネットでは「オタク先進国」なんて言い方もされているけれど、これも親日の現れなのかな???
そもそも台湾自体が、大きな中国と違って子ぢんまりとしたかわいい雰囲気があるけどね。

そんな台湾に関する、素朴な疑問。

なんで「中華民国」ではなく「台湾」って呼ぶのか?

ちょっと、歴史をひも解いてみよう。
もともとは、中国が「中華民国」。
清朝の皇帝である溥儀(映画、ラストエンペラーの主人公)が退位し、袁世凱が大総統(大統領)に就任。
これが中華民国の始まり。
この当時、台湾は日本の統治下にあった(日清戦争後、戦勝国の日本に帰属。1945年の太平洋戦争の終戦まで続いた)。

さてさて。

太平洋戦争以前のこと。
中国では蒋介石と毛沢東が争っていた。
「国民党」で資本主義を目指す蒋介石。
一方、「中国共産党」で社会主義を目指す毛沢東。
戦争中は「日本」という共通の敵を倒すために手を組んでいたが、戦後、再び争うことに。
結果、毛沢東の「中国共産党」が勝利し、1949年に「中華人民共和国」の成立を宣言。今の中国が誕生した。

負けた国民党はどうしたのか?
そう、台湾に向かい、首都を南京から台北に移して「中華民国」の継続を名乗った。
なので「台湾=中華民国」。
実効支配しているのはかつて中国全土を支配していた中華民国の政府である。

じゃあ、なんで普段から「中華民国」と言わないのか?

それは国交の問題があるから。
中華人民共和国と中華民国はともに、他国と国交を行う際、自国以外に「中国政府を認めないこと」を必須条件としている。
なので、台湾(中華民国)を国として認めると中国(中華人民共和国)との国交ができない。
つまり、世界各国は中国と台湾の二者択一状態にある。

結局、アメリカを始め、多くの国は中国(中華人民共和国)政府を承認。
日本も1972年の「日中国交正常化」により中国と国交を締結(=台湾を国家として承認していない)。
まあ、ここで言う「国交」はあくまでも国と国の関係のことであり、貿易はあるので交流はしているし、世間的にも(自分的にも)、「中国と台湾は別の国」といった受け止めをしている。

ちなみに中国と国交がある国は171ヵ国で、台湾と国交がある国は23ヵ国。
なので、台湾は「中華民国として独立している」と言い張っているものの、国際的にはは中華人民共和国の一部の扱いが主流。

では、中国と台湾の関係はどうか?

2008年に総統に就任した馬英九は、台湾経済の発展を促進すべく中国との関係性を改善する方針をとったが、「将来的に台湾が中国に吸収されてしまうのでは」との反対の声も上がることに。
これを受け、2016年に総統に就任した蔡英文は、「中国とは圧力に屈しない新思考の交流を」と呼びかけている。
これからどうなるのか。注目したいところである。


ということで、全6回にわたって台湾見聞録を掲載してきた。

楽しかった台湾旅行。

今の気持ちは、、、


また台湾に行きたい!!!!!!!!!

飲食も、街歩きも、とにかく魅力的。
南も行きたいし、台北ももう一度行きたい。

今度はいつ行こうかな。。

この風景の中に身を投じ、

170603taiwan15.png


溶け込みたい……。

170603taiwan1.png


台湾のオムライスも食べたい。

ここに行けなかったし! ( ← リンク )

あ!そうだ!!

これを食べないと!!

泊ったホテルのカウンターで売っていて、すごいインパクトで訴えかけてきたカップラーメン……。

170603taiwan14.png

OMG!

ではでは

おわり


Comment:2  Trackback:0
back-to-top