2017
08.30

オムライスが大好きになって得られたものは何ですか?の再掲載

オムライスが大好きで、その大好きなオムライスをテーマ(主軸)にあれこれ書いてみたいと思い、この場でつらつらと書き記している。

このブログを機に、おかげさまで、いろいろな方と話しをさせて頂いたり交流させて頂くことができた。
みなさまには、ホント、感謝感謝。。

3年前に以下の記事を書いたのだけど、考えや思いは今もそのときとまったく変わっていない。
これからも、オムライスを通じて思いの丈を綴り続けたい。

では、3年前の記事を……。


「やっぱり大好き!オムライス」というオムライスの情報シェアサイトがある。
このサイトは、「ごく一般の人が感じている目安というべきものを意識できればよい」とか、「色々な角度で人々の回答などを拝見すると身近な事から今迄意識していなかったことまで、もしかすると良い情報をゲットできるかもしれない」といった考えをベースに、オムライスに関する色々な疑問を集めその回答を掲載している。

多くの質問があるのだけれど、「たとえば」で紹介すると……。

【質問】 オムライスが大好きになって得られたものは何ですか?

・様々なオムライスに関する知識が増えました。
・幸福感です!
・たのしい食事の時間です☆
・色んな知り合いと話をした経験です。
・友人が増えたと考えています。
・すきになったことがきっかけで、その食べ物について調べたり、ウェブなどで情報を収集するようになりました!
・幸せな時間です。今でも、料理へのアンテナは常にたてていますよ(^_^)/
・オムライスを単純に詳しくなりました。
・得られたものは、仲良しですかね。グルメな仲良しが増えたと思う!
・飲食店を紹介して喜ばれることが増えました。
・まぁ、得られた物と言えば、材料や作り方にも詳しくなったことですかね。
・旨いお店の知識が増えました(^_^)/
・すきになったお陰で、時間があるときはよく食事に行くようになりました。
・ひとが増えました。いっしょに食事に行ったり、その他のことでも一緒の時間を過ごしたりします。
・言葉では言い表せません。
・飲食店の友達と仲良くなれたことです。
・店の主人とも仲良くなって、気軽に通える店の一つになりましたよ。
・価値のある時間ですね。この間もご近所に、おいしそうな店が開業したので、家族と共に食事に行ったばかりです。
・普段の食事に関する多用な知識を手に入れました。
・食事に関して関心を持つようになったことですね。

なるほど。。
やはり、いろいろなものが増えて世界が広がったというのが多い。知り合い(人との繋がり)とか、お店とか、食材とか、オムライスそのものとか。
それに、何と言っても、幸せで楽しい時間。
オムライスをひいき目で見ているかもしれないけど、ふわっと丸くて黄色くて、美味しいし、ケチャップで好きなことを書けたりするのは他にはない独特の食べものだと思う。

以前にも書いたけど、このブログを始めるにあたって、「オムライスのある風景」というタイトルだけは決めていた。
キーワードは「つながり」「ぬくもり」「まごころ」。
そのキーワードが詰まっている食べ物であるオムライス。
共通言語と成り得るオムライスを象徴として、自分の思いや考えを表現したい。
それをブログタイトルに込めている。

それと、もうひとつのキーワード。
「今」という時間の大切さ。
今があるからこそ、今を生きているからこそ、明日がある。
でも、逆に、過去があり未来があるから今がある。
過去を積み重ねて未来に向かって行く。その中の「今」という一瞬を切り取ってスケッチブックに絵を描くようなストーリーを書きたい。
そう思っている。

なんとなく朝晩が涼しくなってきて、だんだん秋めいてきた。
美味しいものを食べながら、秋っぽいストーリーが書けたらいいなあ……。

ところで、みなさんの、「オムライスが大好きになって得られたもの」は何ですか?
よろしければご意見をお寄せください!!



140902hakucyo1.png


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2017
08.22

【再掲載】 ランチの女王とキッチンマカロニ&キッチンマカロニを探せ

久々の更新。。

先日、DVDで「ゴールデンスランバー」を観た。
いやあ、面白かった!
感想は改めて書くとして……。

「ゴールデンスランバー」に出演していた竹内結子を見て、ふと「ランチの女王」を思い出した。
ということで、今日は以前に書いた「ランチの女王」関連の記事の再掲載。


*********************


ランチの女王。

フジテレビ系で2002年7月1日 ~ 9月16日に放送されたテレビドラマ。

ランチが大好きな主人公の麦田なつみ(竹内結子)が洋食屋「キッチンマカロニ」で働きながらその家に住むことになり、そこで繰り広げられるラブコメディー。

出演は、竹内結子の他に、江口洋介、妻夫木聡、伊東美咲、山下智久、山田孝之、瑛太、森田剛、若林豪、、堤真一ら、わおー、豪華キャストだああ!

で、第1回のタイトルが「恋するオムライス」なんだけど、ここでなつみが食べるオムライスが、本当に美味しそ~う。しかも、このドラマが月9初主演の竹内結子だけど、すごく美味しそうに食べる。


先ずはこれ。なつみがランチで食べるオムライス。

lunch omurice1


ひとくち、パクっと……。

lunch omurice2


うーん、いい表情!!

lunch omurice3


と、せっかく美味しそうにたべているなつみだったんだけど、食べている最中に鍋島健一郎(堤真一)にムリやり店を引っ張りだされる。なつみはカフェで働いているんだけど、客の健一郎から突然婚約者のふりをしてほしいと頼まれ、キッチンマカロニへ。この後、なつみはここで働くことになるんだけど……。

lunch omurice11


で、キッチンマカロニでオムライスを注文し、これは鍋島純三郎(妻夫木聡)がオムライスを運んで来たところ。

lunch omurice5


これがキッチンマカロニのオムライス!

lunch omurice6


スプーンに映るなつみと、オムライス。

lunch omurice8


ホカホカの湯気がたつオムライスにスプーンを……。

lunch omurice9


おいしー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

lunch omurice7


この後キッチンマカロニでいろいろとあり、結局カフェをさぼって家に帰ると、店長から「もう来なくていい!」の留守電が。それと、友人のミキから「誕生日おめでとう!」の留守電。

この日は23歳の誕生日。

幼い頃に生活苦のために父親に捨てられた過去を持つなつみ。
これは父親とオムライスを食べたのを回想するシーン。


オムライスの向こうに幼いなつみの姿が……。

lunch omurice12


オムライスを前にするなつみ。

lunch omurice10


実はなつみもいろいろな過去を背負っている。
昔は不良グループの幹部クラスで、元彼の修史( 森田剛)に騙されて、知らずに覚醒剤を運んでいたことがトラウマ。

その修史は、気が短く暴力的で喧嘩に滅法強いけど、なつみの幼少の境遇を知っている唯一の人間で、本当はなつみ想いで根は優しい。
最終回でビーフカツレツを食べに「キッチンマカロニ」へ来た時に待ち伏せしていた警官隊に逮捕されるかど、その際になつみ、勇二郎(江口洋介)、純三郎に「何年でも待っているから、食べに来い」と言われ、初めて他人の優しさと温もりに触れ、涙を流したりする。


そんなドラマなんだけど、これを書いていて、突然思った。

う~ん!キッチンマカロニのオムライスが食べた~い!


ということで、キッチンマカロニを探してみよう!

でも、架空の店だもんねえ……。

う~む、どうしよう。。。

人間は考える葦である。

えーと、えーと……。


そうだ!

先ずは、このオムライスをどこの誰が作っていたのかをつきとめよう!

で、探してみたら見つかった!!! やったあ!

こちら。辻調理学校の先生方がお作りになっていたんですね!

ランチの女王 ← リンク。

そうそう、これこれ。

lunch omurice21

lunch omurice22


レシピも出ている!

lunch omurice25


これはなつみの思い出の洋食屋さんでの食事のときに各自がオーダーしたもの。

lunch omurice23


本もあったんだね。今はないのかなあ???
Amazonで中古品は売っているようだね。

lunch omurice24



さて、キッチンマカロニのオムライスはわかった。

じゃあ、キッチンマカロニはどこにあるのだろう?????

で、探してみたら見つかった!!! やったあ!

どうやら、東京都文京区本郷六丁目の民家がそうらしい。

え!

2011年に解体……。

今はない。ちぇっ。

なんだよー、ないんかい。。。

ま、ないもんはしかたがない。

ただでは起きない七転び八起ならぬ七転びナオキ!

(あ、これじゃあ転んだままじゃん。ま、いっか)

そうだ!

「キッチンマカロニ」という名の店を探そう!


で、探してみたら見つかった!!! やったあ!

てか、いっぱいあるぞー。。。

伊豆仁田、大垣、布施、岩内、野田阪神、……。

さて、この中にお目当てのオムライスがある店はあるのかな?

えーと、うーむ、伊豆仁田のキッチンマカロニには正統派オムライスがあるようだけど、残念ながら画像はないようだ。ちぇっ。

キッチンマカロニ(伊豆仁田) 食べログ情報

キッチンマカロニ洋食 / 伊豆仁田駅



え? そんなに食べたいなら自分で作れって?????

じゃあ、ガンバってみよっかね……。


Comment:2  Trackback:0
2017
08.13

洋食麦星 byグリル満天星 小田急本館新宿店

夏の夜空に思いを馳せながら

170813omu5.png


先日、所用で新宿に出かけた。
さて、今日はどこで食べようか?
暑いからあまり歩きたくないし駅付近がいいなあ。
昼時だったので、そんなことを思案。

そう言えば……。

先日再掲載したラ・プラタの記事にあるストーリー「天使の忘れもの」の最後のシーンで出てくる、ベガ、デネブ、アルタイルの夏の大三角形。
七夕のイメージが強いせいか、夏の夜空には何だかロマンを感じる.。

そんな夏の夜空に輝く大三角形だけど、春にも大三角形がある。
「春の大三角形」は、うしかい座α星アルクトゥールス(麦星)、おとめ座α星スピカ(真珠星)、しし座β星デネボラの3つの星からなる。

170813omu9.png
出典:星空☆ミニガイド


麦星かあ……。

あ!

そんな連想で訪問したのが、洋食の老舗グリル満天星の姉妹店、洋食麦星 byグリル満天星 小田急本館新宿店

小田急線の改札を抜け、駅構内通路を進み小田急百貨店を目指す。
ほどなくして店内に入るエレベーターが視界に入る。

10F以上用のエレベータに乗り12Fにあるレストランフロアへ。
12Fには、麦星の他に、「うなぎ双葉」、「天ぷら 銀座 天一」、「とんかつ和幸」など、14店舗が軒を連ねている。

店の前に到着。
店のロゴの下には、看板メニューの「洋食プレート」の写真がデカデカと映し出されている。

170813omu4.png


オムライス(ここでの呼び名はオムレツライス)、ハンバーグ、海老フライの3点セット。
これはもう、「巨人・大鵬・卵焼き」とか、「ランちゃん・スーちゃん・ミキちゃん」とか「バース・掛布・岡田のクリーンアップトリオ」とか「アタックNo.1の八木沢三姉妹が繰り出す三位一体攻撃」とかに勝るとも劣らぬ、昭和の時代から変わらずにハートを熱くしてくれるスーパースターの集まりだ!

うぉー!
思いきり食欲がみなぎる!!!!!

子供かよ!

うっ!

まあ、その辺は言及しないことにしよう。

そんな「洋食プレート」の写真を横目に店内へ。
正午前後は激混みが予想されるので早めの入店。
おかげでまだお客さんはそれほど多くない。

案内された席に着きメニューを拝見。
当然、洋食プレートにもひかれるけど、ここはオムレツライスを選択。
ランチでスープとサラダもついてるし。
(お!大人じゃん!自分で自分をほめてみる)

170813omu7.png


注文を済ませ、店内を眺めまわす。

さすが老舗洋食屋の姉妹店。
とても落ち着いた雰囲気で、ゆったりと食事を楽しめるつくりになっている。

170813omu6.png


やがてスープとサラダが運ばれる。
おー!美味しそう!

170813omu8.png


ではいっただきまーす!

ん?

な、なんなんだあ、このサラダのシャキシャキ感は!!!!!

すごいシャキシャキ。
ダイコンはもちろん、カイワレまでもがめっちゃシャキシャキしている。

コンソメ風味のスープは上品な味つけ。
「これからメインが来ますので舌の準備にどうぞ」とスープに言われている気がする。

そしていよいよメインのオムレツライスの到着!!

170813omu1.png


これぞ伝統的な洋食屋のデミソースがけというカンジ!
グリーンピースが彩を添えるとともにそのイメージを演出している。

170813omu2.png


さらに、満天星系の特長として中に小エビやホタテが入っている。
ハムやキノコ(シメジなど)、ミックスベジタブルなどが入ったケチャップライスは、しっかり色づけされてとてもきれい。
といって、決して自己主張することのない味わい。
やはり、コクのあるデミソース、ケチャップライス、マイルドなたまごのバランス、というか、三位一体の味。
はるか彼方まで広がる大いなる夜空に輝く「大三角形」のように、その三位一体は、1+1+1=3ではなく1+1+1=∞の味。
口の中でどこまでも広がって行く!!
さすが満天星の中のキラ星、麦星!

170813omu3.png


食後、満足感に包まれながらコーヒーを飲む。
新宿には好きな店が多いけど、ここもそのひとつになるな。
値段はちょっと髙め。
でも老舗洋食屋の伝統を実感できる味が手軽に味わえるなら充分。

食べログの店舗紹介には以下のように書かれている。

*******************************

【小田急百貨店新宿店12F】老舗 グリル満天星の姉妹店!
名物 オムレツライスをぜひ

麦星は、うしかい座の一番明るい一等星アルクトゥルスの和名です。
日本では古来より麦の収穫の時期に、天空でひときわ明るく見えた事から こう呼ばれ、親しまれています。
各界の食通のお客様方にご愛顧頂いておりますグリル満天星の姉妹店。
健康に気を使った選べる付け合せは野菜をたっぷり使い、体に優しい洋食を目指しています。

*******************************

名物のオムレツライス。

作り手。
食べ手。
そして、生産者。
様々な人々の願いや思いが永年に渡って育んできたオムレツライス。

「そちそうさま!美味しいですね!!」
お礼を述べて店を出る。

大いなるエネルギーを吸収したおかげで元気百倍!!
さあ、外は暑いけどガンバろう!


■ 食べログ情報

・電話 03-5323-2229
・住所 東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急百貨店新宿店 本館 12F
・営業時間 11:00~22:00(L.O.21:15)
・定休日 不定休(小田急百貨店に準ずる) 

170813omu10.png


Comment:6  Trackback:0
2017
08.03

Yahooライフマガジンの取材を受けました!

先日、Webマガジンに掲載する記事に関する取材のオファーを頂いた。
テーマは、ボクのお薦めのオムライスの美味しい老舗3店舗の紹介。

取材は無事に終了し、現在、記事を書いていただいているところ。

大好きな店にお願し、そこでの取材。

170803omu1.png


もちろん、大好きなオムライスを食べながら……。

170803omu2.png

この素敵なオムライス、どこの店のかわかりますか???

そう、このオムライス、いや、正確に言うと「オムコロ」を提供くださっているのは、キッチンマカベ

170804omu4.png


「マツコの知らない世界」でも紹介させていただいたが、オムライスの中にはハム、玉ねぎ、グリーンピースが入り、とてもきれいなオレンジ色に染まっている。
ラードの深いコクが口に広がるケチャップライス。これがケチャップと玉子と相まって、酸味と甘みの絶妙なバランスをかもし出している。
マツコさん絶賛のコロッケも美味しい!
外のサクサク感と、その中につつまれたクリーミーな世界が口の中で絶妙にマッチ。
いやあ、ホント、食べていてしあわせ度数急上昇ってカンジ。

170804omu5.png


さてさて。

今回オファーをくださったのは、Yahooライフマガジン ( ← リンク )

「Yahoo!ライフマガジン」は、「普段の生活をより楽しく過ごすための情報や知って いると役に立つ情報、次の休みの日にお出かけしたくなるような情報をお届けする」というコンセプトのもと、 編集部が厳選した、グルメ、おでかけ 、イベントなどのライフスタイルを豊かにする情報を提供している。
数ある情報の中から自分が好きな情報をピックアップできるし、「今日どうしようかなあ?」なんてときにもとても役立つ。

今回は、ボクが推奨する「オムライスの美味しい老舗の3店舗紹介」ということで、キッチンマカベの他に、はやしやアカシアを紹介させていただいた。

こちらは取材をしてくださったライターの樋口さん(左)とカメラマンの浅野さん。

170804omu3.png


うーん、素敵な笑顔だあ!!

キッチンマカベのみなさまにも快諾をいただいた。
おかげざまで取材と撮影も順調に進み、とても楽しい時間を過ごすことができた。

170804omu6.png


記事が掲載されるのは8月7日。
みなさま、ぜひご覧くださいませ!!


Comment:6  Trackback:0
back-to-top