topimage

2018-08

愛を知る県訪問記 2018夏 その3 - 2018.08.25 Sat

多治見を後にして、向かったのは愛知県長久手市にある
トヨタ博物館 ( ← リンク )

180820omu15.png


クルマ好きにとって、ここは天国!!
あこがれていたクルマや好きだったクルマが、これでもかとばかりに並んでいる。
心は、それはもう大騒ぎ。
童心に戻って写真を撮りまくり!!
では、一気に行きませう♪

これは2005年に行われた「愛・地球博」で使われたバス。

180820omu4.png


もう13年前のデザインなんだけど、近未来的。
一方で、こんなバスも!

180820omu1.png

ボンネットバス。

田舎のバスはおんぼろ車♪
タイヤはつぎだらけ 窓はしまらない♪

運転席もめっちゃシンプル!

180820omu2.png


では、館内に!

自動車黎明期の数々のクラッシックカーも展示されているが、ここでは割愛。

ブガッティ タイプ 35B (1926年・フランス)。

180820omu5.png


エットーレ・ブガッティの作品のなかで最も有名な量産レーシングスポーツカー。
カーグラフィックTVのオープニングが脳内でリフレイン♪




フォルクスワーゲン "輸出仕様" (1951年・ドイツ)

180820omu16.png

言わずと知れた、通称「ビートル」。
ワーゲン占いなんてのもあったっけ。
・ワーゲンを一日3台見たら幸運
・5台または7台見たら幸福になれる
・白は幸運のワーゲン
・黄色は幸福に一気にゴール
・水色または緑色はカウントリセット、数え直し、ふりだし
・黒または赤はゲームオーバー、1日ツイテない


トヨペット クラウン RS型(1955年・日本)

180820omu3.png


初代クラウン。
前後のドアが「観音開き」に開くことで有名。
2000年には、トヨタ自動車生産累計1億台達成記念車として、このクラウンを模した「オリジン」が1,000台限定で発売された。


ニッサン セドリック 30型(1960年・日本)

180820omu23.png


トヨタがクラウンならば、日産はセドリック。
個人的にはピニンファリーナがデザインをした2代目 130型系が大好きで、ミニカーは宝物だった。


クラウンvsセドリックならば、こちらはBC戦争!

ダットサン ブルーバード 411型(1965年・日本)

180820omu12.png


トヨペット コロナ RT40型(1964年・日本)
※写真は1967年製

180820omu6.png


日産のブルーバードトヨタのとコロナで繰り広げられた熾烈なマーケティング競争。
トヨタ博物館でも、しっかりと隣同士に並べられている。


トヨタと日産の熾烈な競争と言えば、BC戦争もあるが、こちらも!!

ダットサン サニー B10型(1966年・日本)

180820omu21.png


トヨタ カローラ KE10型(1966年・日本)

180820omu20.png


サニーの1000ccに対して、カローラは1100cc。
「プラス100ccの余裕」をうたい文句に、こんなCMも!




これに対抗して2代目 B110型サニーは1200CCに。
そして、CMでは……。




いやあ、面白い!

さあ、どんどん行きましょう!


ホンダ S500 AS280型(1964年・日本)

180820omu8.png


運転席もカッコイイ!

180820omu9.png


トヨタ 2000GT MF10型(1968年・日本)

180820omu10.png


これぞ名車!
もう、余計な言葉はいらないね!
隣は「ヨタハチ」ことトヨタ スポーツ800 UP15型(1965年・日本)。
漫画「逮捕しちゃうぞ」では美幸が乗ってたなあ……。


トヨタが2000GTならば日産はこちら!

ニッサン フェアレディ Z432(1970年・日本)

180820omu14.png


それぞれのメーカーのスポーティーなクルマは憧れの的だった。

トヨタ車で大好きだったのがこれ!

トヨタ セリカ TA22型(1970年・日本)

180820omu7.png

やっぱり、ツインカムの1600GT。
1800STはにせもの扱い。


いすゞ 117クーペ PA90型(1970年・日本)

180820omu27.png


いやあ、美しい!
発売は1968年で、最初は一部手作りだった。


三菱 コルト ギャランGTO-MR型(1971年・日本)

180820omu13.png


ジー、ティー、オー
これも大好きだった。
グレートティーチャーオニヅカじゃないよ。


軽自動車も特徴的だった。

スバル 360 K111型(1958年・日本)

180820omu18.png


通称「てんとう虫」。


ホンダ N360 N360型(1969年・日本)

180820omu19.png


通称「Nコロ」。


変わり種もいろいろ。

メッサーシュミット KR200(1955年・ドイツ)

180820omu22.png


フジキャビン 5A型(1955年・日本)

180820omu17.png


続いてはルパン三世でおなじみのクルマ。

フィアット ヌォーヴァ500L(1972年・イタリア)

180820omu29.png


アメリカンドリームもたくさん!

タッカー’48(1948年・アメリカ)

180820omu28.png


フォード サンダーバード(1955年・アメリカ)

180820omu25.png


キャデラック エルドラド ビアリッツ(1959年・アメリカ)

180820omu26.png


シボレー インパラ(1959年・アメリカ)

180820omu24.png


締めはこちら!

フェラーリ BB512(1979年・イタリア)

180820omu11.png


ランボルギーニ・カウンタックと「公道世界最速」の称号を競いあっていたスーパーカーの代表格!
このクルマからボクはフェラーリファンに。
デザインも良いが、「フェラーリサウンド」と言われる音がなんとも言えない。

ということで、紹介したいクルマはまだまだたくさんあるのだけどこの辺で。
みなさまの思い出の一台は何ですか?

最後はこの曲で!

●小林旭 自動車ショー歌




180820omu30.png

愛を知る県訪問記 2018夏 その2 - 2018.08.17 Fri

中央線の定光寺を離れ、次に向かうは多治見。
あれ、愛を知る県は?
岐阜やんかあ!!!

そう、多治見市は岐阜県。
でも、定光寺からは10分程度だし、問題なく訪問圏内だ。

それに……。

名古屋も熱いけど、多治見はさらに熱い。
最高気温は40°越えを記録。

体温が40°を越えたらもう大変。
だ、大丈夫かあ!
死ぬなよ!!!

39°と40°は大きく違う。
昭和39年と40年の違いにも似た、大きな壁。

そんな熱さを体験してみたい。
太陽よ、サウナで鍛えしこの体躯を、尋常ならぬ灼熱で溶かしてみやがれ!
(サウナで鍛える?)
(と、溶かす??)

さあ来い太陽!
待ってろ多治見!

昼時に多治見に到着。

が、しかし、

この日はそんなに気温が上がらず、残念ながら結局は40°を体験することはできなかった。

ちっ!
おい太陽、おじけづいたのかよ。
(ありがとう、太陽! よ、よかったあ!40°越えなんて、死んじゃうもんなあ。。ドキドキ)

また今度、楽しみにしてるぜ。
(でも、やっぱり暑い。今度は秋に来たいなあ……)

さて、昼食にしよう。
オムライス?
いや、イタリアン。

訪問したのは、多治見駅から徒歩で10分ほどにある、
欲ばりイタリアン ボンジョル豚 多治見店

180817omu1.png


この店は、有限会社Bフードサービス ( ← リンク )が経営。
多治見店とあるが、「ボンジョル豚」はここのみ。

ホームページには、次のコンセプトが書かれている。

***********************************************

こだわりのイタリアンをわいわい気軽に楽しんでほしい。
そんな気持ちで誕生しました。
テラス席を含む店内はゆったりとしたレイアウトにより、ランチはもちろん歓迎会、誕生会や各種パーティー、貸切まで幅広いニーズにお応えします。

***********************************************

なるほど。
確かに店内は、広々としている上に配色も落ち着いていてとても居心地が良い。

席に着きメニューを拝見。
注文するのは、お目当ての「ボンジョル豚の優雅なランチセット」。
名物の「バーニャカウダー」におかわりOKの「自家製ローストポーク」。
メインはパスタ、ピザ、パエリア、ミート、フィッシュの中から選択でき、それにデザートとドリンクがつく。

メインを何にしようか?
せっかく「ボンジョル豚」なんだから、ここはミート(豚肩ロース肉のフライドポーク和風ソース)でしょ!

ほどなくしてバーニャカウダーとロースポークが運ばれてきた。

180817omu5.png


お洒落に盛られた野菜。
それに、ソースの香りが食欲をそそる。
「バーニャ」は「ソース」、「カウダー」は「熱い」の意味。
室内は冷房が効いているので、真夏に食べるのもまた一興。

では、いっただきまーす!!

うん!
野菜もポークも美味しい!!
野菜の食べ方にしても、サラダをほお張るのではなく、温かいソースに浸してひとつひとつ味わいながらゆったりといただく。
なんだかリッチな気分。

続いてメインのフライドポーク。

180817omu4.png


うん、これも美味しい!!
ソースがさっぱりしていて、これまた食が進む。

食後のデザートとコーヒーをいただき、満足満足。

いま一度「Bフードサービス」のホームページに目をやる。

Bフードサービスの源は”人”。
そんな”人”が織りなす飲食への挑戦こそBフードサービスのDNAなのです。

単に美味しいだけではなく、フロアの店員さんの笑顔の対応も、会計時に丁寧なあいさつをしてくれた若い店長の対応も、とても好感が持てて素晴らしい。

みな、情熱と自信を持って、生き生きと働いている。
そんな若者の姿を見るのはとてもうれしい。

180817omu2.png


ホームページにあふれる、数々の「熱い」言葉。

”多治見は私たちが熱くする!”
”夢は叶う!”
”とことん追求”
”お客様の笑顔が大好きです!”
”地域一番店めざします!”
”いつも元気!”
”毎日真剣!”
”自分らしく働きたい”
”笑顔のあふれるお店に!!”
”仕事=楽しい!”
”何事にも感謝の気持ち”
”ご馳走はお客様の感謝”
”沢山の笑顔に会いたくて”
”料理の創造=幸せの追求”

そして、代表取締役稲垣さんの言葉。

”やりたい事をやりたい!”

ギラギラと輝く太陽。
燃えたぎる、情熱。

暑い町、多治見。
いや、熱い町、多治見。

愛を知る県の隣りの県で、熱い夏を、実感。

■ 欲ばりイタリアン ボンジョル豚 多治見店 食べログ情報 
・電話:050-5589-0400
・住所:岐阜県多治見市太平町4-20 コクブビル1F
・営業時間:[ランチ] 11:00 ~ 15:00 ( L.O 14:30 )
        [ディナー] 17:00 ~ 24:00 ( L.O フード23:00 ドリンク23:30 )
・定休日:無休

180817omu6.png

愛を知る県訪問記 2018夏 その1 - 2018.08.14 Tue

Omunao調査隊がミネラル調査に出かけてから帰ってこない。。
ミネラルの深い謎に、調査が難航しているらしい。

その合間に別の記事を!

(単にミネラルの記事がまとまらないだけでしょ?)
(うっ!)

さて、閑話休題。

8月11日。
久しぶりに愛知県へと向かう。

愛を、知る、県。

1週間前に新幹線の切符を購入したのだが、さすがに夏休みだけあってなかなか指定席がとれない。
やっと購入できたのは小田原7:08発のこだま631号名古屋行き。

180814omu2.png


これで名古屋までずっと行かれたら楽なのだが、この列車の指定席がとれたのは静岡までで、指定席で行くには面倒なことに静岡でひかり461号岡山行きに乗り換え。

乗り換えることでのメリットはないものか。
名古屋への到着時間は、こだま631号が9:09。
一方、ひかり461号は9:07。
ふーむ。
自由席は超満員で座れるどころではないし、指定席がとれただけでよしとするか。

何はともあれ名古屋に到着!

180814omu1.png


さて、今回訪れた場所を地図に示してみよう。

180814omu13.png

180814omu12.png


例年にも増した猛暑の、いや、酷暑の愛知県。
そんな中、先ず向かったのは、瀬戸市定光寺町にある
薬膳茶ソイビーンフラワー atきらら

180814omu6.png


ここではマイナスイオンの緑に囲まれながら、かつ、滝を眺めながらゆったりとした時間を楽しむことができる。
営業時間は、10:00~日暮れころ。

180814omu4.png


日暮れころってaboutだなあ。
でも、それがいい。

ここは、閉店した滝カフェ 器楽々(きらら)を引き継いで2015年に開店した店。
だから、店の名前に「atきらら」がついてる。

暖簾のかかった入口を抜けて風情のある階段を降りる。

180814omu9.png


180814omu10.png


階段を降り切ると、そこには都会の喧騒から隔絶された癒しの空間がお目見えする。

耳を澄ませば、聞こえるは心地よいせせらぎの音。
振り向けば、頬をなでるは木陰からやって来た爽やかな風。
そして、堂々と佇むは、居心地の良さを約束してくれる古民家。

店内に足を運び滝の見えるカウンター席に着く。

180814omu7.png


昼食には時間が早いのでコーヒーを注文。
コーヒーにはパンかドライフルーツがつく。

180814omu3.png


滝を眺めながらいただく美味しいコーヒー。
コーヒーには、色鮮やかな緑が映りこむ。

「休日を満喫している」。

そんな実感にあふれる。

コーヒーを飲み終え会計を済ませる。

さて帰ろう。

ん?

何だ?

2階へと続く階段がある。

2階には何があるのだろう?
好奇心に駆られて2階へと上がる。

すると……。

180814omu11.png


な、なんと、2階にはいろいろな雑貨が!

180814omu5.png


面白い雑貨が並んでいるし、服も売っている。

店主の趣味で商品をそろえているのだろうか?
うーむ。
面白い店だ。

こういった店にはなかなか巡り合えない。
愛を知る県、やっぱり面白い!

■ 薬膳茶ソイビーンフラワー atきらら 食べログ情報
・電話:0561-48-6669
・住所:愛知県瀬戸市定光寺町323-12
・交通手段:JR中央線「定光寺」駅下車、定光寺方面へ徒歩10分
・営業時間:[金・土・日・月・火]
・定休日:水曜・木曜

180814omu14.png

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (104)
競馬関連 (23)
その他 (505)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR