topimage

2019-12

A Place In The Sun - 2019.12.23 Mon

2019年も、残すところあとわずか。
元号が変わった今年は、時代が確実に歩を進めていることをより実感させてくれる。

はたしてどんな未来がボクたちを待ち受けているのだろうか。

ボクは信じる。
それが輝く未来であることを。

191218omu3.png


人生は楽しいことばかりではない。
いや、むしろ、根底にあるのは苦しみや悲しみだと思う。
この世に生まれた瞬間から人は死への歩みを始める。
別れを繰り返し、そして、やがて自らもこの世に別れを告げる。

憎しみを覚え、悲しみを知り、苦しみを背負い、それでもなお歩み続ける。

何のために生きているのか?
誰のために生きているのか?

それを考えるのも苦痛だ。
だから、笑顔でありたいし、笑顔が見たい。

191218omu1.png


オムライスのある風景。

ボクは、自分が食べるのも、人が食べているのも、人が作るのも、なにもかも大好きな「オムライス」を幸せの象徴としてこのブログを書いてきた。

嬉しいときも、怒っているときも、悲しいときも、楽しいときも、オムライスは笑顔を運んでくれる。
そんな、魔法のような食べ物、オムライス。

そんなオムライスがもたらしてくれる風景をボクは愛している。
先行きの不透明な時代(いま)だからこそ、今まで以上にそれを愛し大切にしていきたいと、切に思う。

そう、

あまくてふわふわのオムライス。
それは、闇夜の心に道を示してくれる灯の光。

191218omu2.png


まあるくあたたかいオムライス。
それは、かじかむ手に夜明けを告げてくれる朝の光。

191218omu6.png


きいろくかわいいオムライス。
それは、微笑みを届けてくれる眩い陽光。

191218omu4.png


コクのあるおとなテイストのオムライス。
それは、人生の機微を教えてくれる街角の斜陽。

191218omu5.png


闇があるから光がある。
陰があるから陽がある。

終わり行く2019年。
来る2020年。

輝く2020年。
いや、ひとりひとりが輝かせる2020年。

そんな2020年を祈念し、盲目のスティービーが歌うからこそより一層光輝くこの曲を……。


■ A Place In The Sun Stevie Wonder



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (135)
競馬関連 (23)
その他 (519)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (79)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (214)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR