2016
11.13

1001回目に当たって、「未来」「夢」「希望」

記念すべき1001番目の記事。
100+1ではなく、1000+1。
101匹ワンちゃんでも、

161113omu8.png
出典:ディズニー公式Twitter


101回目のプロポーズでもなく、

161113omu7.png
出典:フジテレビオンデマンド


1001回目だあ!!

大好きなオムライスを、単なる食べ物としてだけではなく「人々を笑顔にするしあわせの象徴」として、自分の思いや考えを表現したい。
キーワードは「つながり」「ぬくもり」「まごころ」。
そんな思いで書き始めたこのこのブログ。
何だか感慨深いなあ。
アメリカの大統領選も終わったし、新たなる一歩を踏み出さないと……。

キーワードの「つながり」「ぬくもり」「まごころ」。

何気ない毎日の触れ合いの中で発せられる「まごころ」のこもった言葉。
「行ってきます!」
「行ってらっしゃい!」
「だだいま!」
「おかえり!」
「元気?」
「ありがとう!」
「ごめんなさい」
そこに、蔑みや憎しみや争いはない。
あるのは、「ぬくもり」を宿した「つながり」。

そして、その先にあるのは、

「未来」「夢」「希望」。

ボクが子供の頃、「大人になったら何になりたい?」なんていう会話は日常的に交わされており、「現実」など知らずに夢を持つのが当たり前だった。

「夢と希望をいだいて、明るい未来へ向かって突き進もう!」
世の中のそんな風潮の中で、
「ボクはプロ野球選手になりたい!」
「私は歌手になりたい!」
現実を知らずに、純真無垢な気持ちで目を輝かせながらそう語る子供たち。

しかし、大人の階段をのぼる過程で、世の中の仕組みや自分の実力といった「高くそびえる現実の壁」が目の前に立ちはだかる。
そしていつの日か、夢は泡と消え、未来に暗雲が立ち込め、希望を失う。

ときに人生は四季に置き換えて語られる。
たとえば古代中国の五行思想の「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」。

■ 青春 16歳~30代前半
■ 朱夏
  前半 30代前半~40代後半
  後半 40代後半~50代後半
■ 白秋 50代後半~60代後半
■ 玄冬 60代後半~

一般的に言えば、こんなイメージか。
恐いもの知らずで突っ走る青春時代。
気力を漲らせ邁進する働き盛りの朱夏時代。
道を説き後進に道を譲る白秋時代。
しして、静かに余生へと向かう玄冬時代。

ところで。

人生を四季に例えることができるように、日本社会も四季に例えることができるのではないだろうか?
現代の日本社会を振り返ると、自分が生きて来た時代だけあって、特にそう思う。
仮に、「日本社会くん」と名づけよう。
この「日本社会くん」、高度経済成長期を彼の「青春」とすると、「青春」の始まりは16歳という定義に従って、1954年時(高度経済成長期の始まり)が16歳となる。
逆算すると生まれは1938年(昭和13年)。


■ 高度経済成長期:1954年(昭和29)年から1973年(昭和48年)。16歳から35歳


1968年には国民総生産(GNP)が世界第2位になり、未来へ向かって突き進んでいた時代。
テレビ・洗濯機・冷蔵庫「三種の神器」と呼ばれ、急速に家庭に普及していった。
東京オリンピック(1964年)や大阪万博(1970年)をはじめ、いろいろなイベントも開催され、新幹線や高速道路も整備された。
まさに未来に向けて青春を謳歌していた時代。


■ 安定成長期:1974年(昭和49年)から1991年(平成3年)。36歳から53歳

「朱夏」の前半から後半に入りかけて来たころまで。
オイルショックを機に高度経済成長時代は終焉し、5%程度の安定した経済成長率の時代へと突入した。
マイクロソフト(1975年設立)の「Windows」の登場など、情報産業が発達しはじめたのもこの時代だ。
体力勝負の若い頃(高度経済成長期)ではなく、知力で勝負。
気力も充実した働き盛りの時代。
そう、バブル崩壊の1991年までは……。


■ 経済停滞期:1992年(平成4年)から現在 2016年(平成28年)。54歳から78歳

年齢的には「朱夏」の後半から「白秋」を超え「玄冬」に入っている。
この時代(今も)、経済成長はストップし「失われた20年」などとも言われている。
バブル全盛で乗りに乗って過ごしてきたが突然リストラにあったような状況。
国の債務(借金)は、公式発表では1,000兆円超、一節には2,000兆円を超えていると言われている。
日本の人口を1億人で計算すると、ひとりあたり2,000万円の借金がある計算になる。

そして広がる格差社会。
利益を追求する企業にとって、最も減らしたいのが労務費。
正社員を減らし、労務費の安いパート、アルバイト、契約、派遣といった非正規社員で仕事を回す。
こうして収入の少ない親が増える。
親の経済力は子供への投資の可否にも直結し、「親の世代が貧困ならばその子供たちも貧困から抜け出せない」といった構図が出来上がりつつある。

リストラにあった日本社会くん。
「未来」「夢」「希望」。
そんな絵空事を信じて生きていけるわけがない。
だから、その姿を見た若者も先を案じてしまう。
大手マスコミが報道しない情報をネットで収集できる時代だから、なおさらに。

以下は、 2014年(平成26年)6月に内閣府が発表した「平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」( ← リンク )。

・自分に自信を持っているか?

161113omu1.png

161113omu2.png


・悩み事や心配ごとはあるか?

161113omu3.png

161113omu4.png


・将来イメージ。40歳になったとき自分は?

161113omu5.png


愕然……。
この結果をどう捉えるか。

企業は、退職金の不要な、かつ、ボーナスの不要な、かつ、必要な時に必要な人員を確保できる「非正規社員」の活用によって、より多くの利益を稼ぎ出す。
資本主義の競争の中では当たり前の活動だ。
しかし、個人にとっては、決して当たり前の活動ではない。

世界に目を転じよう。
日本の若者の意識を他の国と比較した資料を見てその結果に愕然としたのだが、かといって、他の国の状況が日本と違うのかというとそういうわけではない。

アメリカでもパートや臨時雇用が増加している。
そんなタイミングに行われた今回のアメリカ大統領選挙。
選挙前、マスコミ報道ではヒラリー・クリントン氏が有利と報じられていたアメリカ大統領選挙。
いろいろな情報をネットで仕入れていたのだが、「マスコミは民主党支持なのでこう煽っているが、実際には圧倒的にドナルド・トランプ氏を支持する国民が多く(一節には80%とか)、間違いなくトランプ氏が当選する」と明言していた筋もある。
それは、日本同様に(日本以上に?)格差社会が広がるアメリカの非正規労働者の、金持ち優遇政治と行き過ぎた格差社会を批判するトランプ氏への圧倒的な支持だと。
確かに、富裕層(マスコミを操作する層を含め)からすると抑圧しないと世の中の構造が変わってしまうかもしれない一大事だ。

これから世界は変わるのだろうか???
アメリカの影響は日本も受ける。

お隣りの韓国はどうか?
朴槿恵大統領の支持率が5%に落ち込んでいる。
中でも、20、30代の支持率は、わずか1%。事実上「ゼロ」という意味だ。
学歴社会の中で必死に勉学に励む若者。
その若者たちが、朴大統領が親友と言われる崔順実氏に機密文書を流出させ た問題や不正入学の問題などによってやる気をなくしているという。

「未来」「夢」「希望」。
果たして、ひとりひとりがそれをもって生きていける時代が来るのだろうか???

ひとつ言えるのは、「絶望は希望を生まない」ということ。

四季、それはよくできている。
春夏秋冬。
冬が終わると、また、春がやってくる。

人生の冬を迎えた日本社会くん。
彼はその人生経験を通じて、「新しい春を探しなさい」と訴えかけているような気がする。

そう。他力本願ではなく、自分で、自分の手で、自分の足で探しなさいと。

あと1ヶ月半で2016年も終わる。
2017年には、どんな春が待っているのだろう。
次は2000回を目指して記事を書いて行こうと思う。

キーワードは変わらない。
「つながり」「ぬくもり」「まごころ」。

その先にあるのも変わらない。
「未来」「夢」「希望」。


さて、最後に話題を変えて。

年末といえばお歳暮。
いろいろな商品があるけど、こんなのはいかが?

161113omu6.png
出典:Amazon

オムライス発祥の店、北極星のオムライス。
電子レンジで加熱すれば食べられる。
Amazonや楽天をはじめ、いろいろな通販サイトで購入できる。

さあ、おいしいオムライスを食べよう!!

ではでは!!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1001-302a96f0
トラックバック
コメント
 昔、NHKスペシャルで「親より豊かになれない」アメリカの社会情勢を取材した番組を放送していました。二十年位前だったでしょうか。今、日本が正にその通りであります。そしてアメリカは復活・・・する事もなくそのまんま。資本主義社会と言う強欲の成れの果てが途上国への工場移転であり、国内産業の衰退であります。その恩恵を最も受けてきた中国は共産党独裁と言う余りに歪な社会。自分に都合のよい不平等な法律で外国資本を搾取し台頭して、今や世紀のならず者国家として国際社会の不安定要素。と言うか元凶。まったく、資本家の強欲は己の首を自ら絞めている。それは社会の閉塞感を助長し、人々から夢や希望を奪っています。果たして、世界はこの袋小路から抜け出す事は出来るのでしょうかねぇ。
 夢も希望も失って久しい中年男がぼやきましたよっと。
miss.keydot 2016.11.13 22:09 | 編集
1001回記念
おめでとうございます。

貴重なアドバイスをいただきありがとうございました。
自分自身で、春を探すこと。

その通りでしょうね。(^_-)-☆
Miyudot 2016.11.14 07:04 | 編集
鍵コメさん、こんにちは!

ありがとうございます!!
とても励みになり、エネルギーをいただけます。
これからもよろしくお願いしますね!!
Omunaodot 2016.11.16 05:52 | 編集

miss.keyさん、こんにちは!

ネットの普及も資本主義の形を変革させていますね。
特に金融資本主義とか・・・。
情報がある者(得られる者)、権限がある者がますます優位にたつ世の中。
従来は「井の中の蛙」だった(知らぬが仏かも)人々がその現実を知るようになり、世の中も変わってきていると思います。
これから世の中がどうなっていくにせよ、自分をしっかりと持つことが大切だと思います。。
Omunaodot 2016.11.16 06:00 | 編集
Miyuさん、こんにちは!

ありがとうございます!
お役にたてていればうれしいです♪

人のせいにせず、他力本願ではなく、自分自身で春を探す。
これはすごく大切であり、

「未来」
「夢
「希望」

これらはその結果として得られるものだと思います。。

Omunaodot 2016.11.16 06:04 | 編集
鍵コメさん、こんにちは!

はじめまして!
ありがとうございます!!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますね♪
Omunaodot 2016.11.16 06:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top