2016
12.09

マルメゾン本店

Category: その他
小田急線の成城学園前駅の改札を抜け、北口に出る。
見上げる空は青く、透明な風が舞う。
さて、今日はどんな日になるかな。
そんなワクワク感を抱く休日の午前中。

小田急線が地下に潜ってからすっかり様相が変わった駅前。
栄華飯店、マ・メゾン……。
大学生の頃に愛用していた店も、今はもうない。

しかし、変わらぬものもある。
成城大学の正門前から延びるいちょう並木。
そして、スイーツの名店……。

成城にはスイーツの美味しい店が多い。
なかでも、1965年創業の「成城アルプス」と1977年創業の「マルメゾン」は双璧と、勝手に決めつけている。

よし!マルメゾンに行こう!
レストランのマ・メゾン(マルメゾンとは無関係の店)はなくなってしまったけど、マルメゾンは健在だ。

南口で創業したマルメゾンは、2001年に、成城6丁目の一角に移転した。
駅から歩いて10分弱。
ちょっとだけ遠回りして、近所にある所ジョージさんの「世田谷ベース」の前を通る。

161209mal1.png


やがて交差点の向こうに目的地のマルメゾンの姿が現れる。

161209mal9.png


目にやさしい緑に囲まれたゲートをくぐり、店内へ。

161209mal3.png


ショーケースに並ぶスイーツがお出迎え!

161209mal2.png


色調、つくり共に落ち着いた店内は、足を踏み入れたとたんにゆったりとしたくつろぎの時間を約束してくれる。

161209mal4.png


さて、何をいただこうか???
うーん、迷うなあ……。

数あるスイーツの中から、大好きな定番を選択。
モンブランとシャンティイ(イチゴのショートケーキ)!
飲み物は、これまた大好きなエスプレッソ。

注文をすませ、奥の席へと向かう。
やあクマさん、おはよー!

161209mal13.png


更に奥にあるテーブル席へ。

161209mal5.png


庭が見渡せる席に陣取り、外に目をやる。
おー!置物の動物たちが楽し気に遊んでる!!

161209mal7.png


テーブルに飾られた可憐に咲く花も、癒しのひとときを演出してくれる。

161209mal8.png


ほどなくして甘い時間が到着!
見るからに美味しそう!!

161209mal10.png


先ずはモンブランを。

161209mal11.png


うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!
う、うまいーーーーー!!!
栗の美味しさを引き立てる上品な甘さが口中に広がる。
これはもう、todayは素敵なholiday間違いなし!

しかし……。

さらに……。

真打はシャンティイだった!

161209mal12.png


見た目はどこにでもあるようなイチゴのショート。
しかーーーーーーーーーーーーーし。

全然違う!
なんだこの美味しさは!
クリームはもちろん、しっとりとしたフルーティーな風味が溶けこんだスポンジが秀逸!
どうにも気になって調べたら、2016年11月24日の朝日デジタルの「東京)現代の名工に都内から19人」という記事を発見。

「現代の名工」(今年で50回目)は、各分野で優れた技能を持つ方を選び厚生労働省が発表するもので、マルメゾンの大山栄蔵氏がその一人に選出されているではないか!

以下、記事の抜粋。


****************************************


フランス菓子作りの先駆者 パティシエ・大山栄蔵さん(66)


約40年前、28歳で世田谷区成城に開店した「マルメゾン」を拠点に、本格的なフランス菓子を日本に広めた先駆者。各地から弟子入り希望者が集まり、人気パティシエの高木康政さんら約40人を輩出するなど、後進の育成にも力を注ぐ。

調理師学校を出て同校で製菓助手に。1964年の東京五輪を前にホテルオークラに招請されたアンドレ・ルコント氏の六本木の店で修業した。その後、渡仏して本場の店で4年半学び、帰国して店を構えた。

「おいしいものを作るにはいい材料と気持ちです」。素材にこだわり、北海道の牧場の生クリームとバターを使う。開店時から人気のイチゴのショートケーキ「シャンティイ」はスポンジにカステラ用の薄力粉を使って軽い食感にし、チェリーブランデーで風味を付ける。ほろ苦いキャラメル味の「ムース マルメゾン」も人気だ。

「夏は菓子が売れない傾向があり、大変な時期もあった」という。だが、店のある成城の人たちに支えられてきた。「成城は海外に住んだ人が多く、味に厳しいお客さんが多い。『おいしかった』と励まされたからこそ、やってこられた」。世田谷区赤堤と千歳船橋にも開店。客の好みの変化にあわせ、砂糖の量を減らしたり、低糖質の菓子を開発したりと挑戦を続ける。

「菓子職人の世界には定年も終わりもない。日本人が作る菓子が国際コンクールで上位に入るようになった。これからは、アジアに日本の洋菓子を広げていく時代だと思う」


****************************************


最後にある、「菓子職人の世界には定年も終わりもない」の言葉がこころに沁みる。

美味しい食べ物とのふれあい。
素敵な場所で過ごす時間。

あることを真摯に追求する人が提供してくれる美味しさは、単なる美味しさにとどまらず、大切なことをこころに届けてくれる。

人生は日々の積み重ね。
たかが一日。
されど一日。

何かを追い求め、その結果、手の中には何も残らないかもしれない。
でもきっと、こころの中には、とても大切な何かが残るはずだ。
ボクはこの日、間違いなく充実した一日を過ごせたと自負している。

161209mal14.png

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1008-0c6ee031
トラックバック
コメント
ケーキ美味しそうですね。
モンブランは大好きです(●^o^●)

でも、2つは多すぎじゃないですか(+o+)
Miyudot 2016.12.10 22:28 | 編集
Miyuさん、こんにちは!

いやあ、ホント美味しいですよ!!
パンが大好きなMiyuさん、スイーツもお得意ですか???

> でも、2つは多すぎじゃないですか(+o+)

あ!
や、やっぱりです、よね汗
黙ってようと思ってたのですが。。

美味しくて、ついつい・・・
Omunaodot 2016.12.12 07:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top