2016
12.31

川越再訪その2 with 蕎麦

Category: その他
午前11時20分。
さあ、蕎麦を食べに移動しよう。
それにしても寒い。
内陸だけに寒さも増しているのだろうか。

このままの状態で冷たい蕎麦を食べたら凍えそう。
体が、「蕎麦の前に何かあたたかいものを」と叫んでいる。

そんな状態で川越市駅に向かっていたところ、目に留まったのがこの店。

笠置そば 川越店 ( ← 食べログリンク )

161231soba2.png


「関東チルドフーズ事業協同組合」が東京近郊で展開しているチェーン店で、「この味は立ち食いそばの域を越えている」と評判の店だ。
ちなみに「関東チルドフーズ事業協同組合」だが、会社情報はWebでは見当たらず、「株式会社おいしいB」を彷彿とさせる謎めいた存在である。

さてと。

蕎麦かあ……。

これから食べに行くのは、蕎麦。
その前に、蕎麦。
えー?
普通、蕎麦の前に蕎麦を食べるか???

こちとらオムライスの前にオムライスをこなしてきた身。
そんな疑問には一切耳を傾けず、暖を求める体は躊躇なく店内に足を運ばせる。

161231soba1.png


カウンターに座りメニューを見やる。
さすがにここでガッツリ行っちゃうとメインの蕎麦に影響しそうだ。
かき揚がめっちゃ美味しそうだけど、ここはこらえて「わかめそば」を注文。

注文してから茹で始める丁寧な作業。
うーん、期待がもてる。

ところで、何で「笠置そば」って言うんだろう。
由来は次の通りらしい。

いにしえの奈良の都に近い笠置山麓から湧き出る清水は、奈良盆地の平野を潤すとともに、古くは飛鳥文化を育んできました。
日本最古の神社の多くはこの山の懐に包まれています。
おいしい水と気候が麺作りに適しており、その影にひっそりとかくれ継承され続けております。
そばの風味を引き立てる用に改良された小麦粉を原料に加え、かたくなに守りつづけてきた製法技術を今に伝えるのが「笠置そば」なのです。

おー!なるほど!
すごい、日本古来の伝統なんじゃん!

そうこうしているうちに蕎麦ができあがった!

161231soba3.png


お!美味しそう!!
いっただきま~す♪

うん、美味しい!
なんだかとても上品。
器も、蕎麦も、つゆも。

麺はこしがしっかりしていてのどごしもいい。
ちょっぴり甘目のつゆにもよく合っている。
いいじゃん、これ。
これで420円だからコスパも最高!!
うん、いいよいいよ。
いやあ、これはいい店を知った。
体もあたたまった。
ありがとう、笠置そば!

では、この勢いで次へと向かおう!

東武東上線で川越市駅からふじみ野駅に移動。
所用時間約10分ほどでふじみ野に到着。

161231soba4.png


ここから駅の東口に出て徒歩5分ほどで目的の店に!

その店の名は、天和庵 ( ← リンク )

161231soba12.png


庭の景色を眺めながら蕎麦を楽しめると評判の店だ。
予約は不可で、昼しか営業していない( 11:30 ~ 15:00 )。
かつ、休みは不定休なのでWEBサイトで事前に確認をしてから行くことが不可欠。

161231soba7.png


きれいな庭を横目に店の扉を開ける。
「いらっしゃいませ。少々おまちください」
さすがに人気店だけあって、まだ12:00前なのにほぼ満席。

しばらくして、ただひとつ残っていたテーブル席に着席。
みんな、おいしそうに蕎麦を食べてる。

さて、どれにしようか……。
二八蕎麦もしい、十割そばもいい。
うーん、悩むなあ……。

よし、順番に両方行っちゃえ!

ということで、つけとろせいろ(二八そば)、続いて彩りせいろ(二八を十割に変更)を注文。

出来上がりを待つ間に蕎麦茶を楽しむ。
これがすごくいい香りで美味!

161231soba9.png


そして、隣席の3人組のお年を召したお客さんの会話に耳を傾けると。
「なんでここの蕎麦はこんなにおいしいんだろうねえ」
「ここの蕎麦を食べちゃうと、ほかでは食べられないよ」

おー!
やっぱり美味しいんだあ。。

しばらくして「つけとろせいろ」が出来上がった!

161231soba10.png


きれいな麺。

161231soba11.png


いっただきま~す♪

うわっ、美味しいいいい!!!!!!!!!!!!!!

いいカンジにこしがあって、すごくのど越しがいい。
ヌーハラなんてなんのその、日本男児たるもの外圧に負けてはいけない。
ここはズルズルっと!

大和芋もとろとろモチモチで美味しい。
これぞ日本の醍醐味。

「満足」に追い打ちをかけるべく、続いて彩りせいろ。
鰹節、揚げたそばの実、大根、ねぎが入った逸品。

161231soba6.png


ではこちらも、いっただきま~す♪

161231soba8.png


うわあ。。
蕎麦の香りがすごくいい!
薬味との相性も抜群!
それに、かつおだしが効いたおつゆの中の、かりかりに揚がったそばの実とねぎの組み合わせが秀逸。
大根も美味しい。
香りも味も食感も、何もかもが最高だね!
いやあ、ちょっと早いけど、これは素晴らしい年越し蕎麦だあ!

お店の方に伺ったところ、一番人気は二八せいろとのこと。
香り豊かな太打ちを食べたい方には田舎深山そばもある。
接客もいいし、天和庵(ここ)は落ち着いてくつろげる評判通りの素敵な店だ。

161231soba5.png


ところで……。

この店では北海道・福島産のそば粉を使っているが、実はこの近辺はそばの産地でもある。
ふじみ野から南西に向かうと美芳町に行き着く。
そこには、自家製栽培の蕎麦を提供する「みよしそばの里」がある。
以下、「みよしそばの里」 ( ← 食べログリンク ) の案内より。

年に2回の夏蕎麦と秋蕎麦を栽培しており、旬の味を2回味わえます。
収穫した蕎麦は、全国各地の蕎麦店へと供給しています。
また、蕎麦の花を始め、四季の花を目の前で楽しみながらの食事が出来ます。
ヒマワリ、コスモスでは摘み取り企画も実施しています。

「川越に行き、あわせて美味しい蕎麦が食べたい」との思いで探し、「天和庵」にするか「みよしそばの里」にするか迷ったけど、今回は天和庵に決めた。
さすがに、蕎麦の後に蕎麦を食べて、更にその後に蕎麦はキツイ。
でも気になる。
次回はぜひ、「みよしそばの里」を訪問したいと思う。

161231soba13.png


さてさて。

2016年はこれが最後の記事。

いろいろとあった2016年。
やっぱり印象的なのは「マツコの知らない世界」に出させていただいたことかな。
みなさまに支えて頂いているこのブロブがきっかけで実現したこと。
ほんと、感謝感謝です。

それと、大好きなオムライスにも感謝。
(うん、今日は今年最後のオムライスを食べよう!)

みなさま、今年一年、大変お世話になりました。
来年も何卒よろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えくださいませ♪

ではまた来年!
(明日だけど……)


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1015-a28d6c1d
トラックバック
コメント
おー、そちらへ行ったんですねー。
ぼくは近くだというのに、行ったことがないんですよー。
いいなー。

んー、麺が思いのほか白いんですね。
白いからと言って、「更科そば」とは限らないのですが、
蕎麦の香りがよいとのことでしたら、
蕎麦を挽いて出る粉をいっしょくたに混ぜないで、
最後のほうに出る緑色の粉を省いたものを使っているのかもしれません。
んー、とても興味深いです。
「行かなくちゃリスト」に入れときますねー。
「みよしそばの里」は、ウチから車で15分ですので、
粉を時々買い求めて、自分で打ったり、ガレットにしたりして食べてまっせ。
あそこの粉は、都内の名店なんかも使っていたりして、
埼玉自慢の蕎麦粉です。

ですが、あそこに食べに行くのはちょいとおすすめできませんかなあ。
あそこは、もろに製粉業者と捉えたほうがいいです。
レストランというか食堂というかが、併設されていますが、
僕の印象では、料理屋とか食事処というより、蕎麦粉を買いにきた人が
粉の出来の「味見」をする場所といった感じですねー。
だし汁もあまり凝っていなしぃ。

あ、営業妨害をするつもりはありませんので、
蕎麦のワン・ノブ・ゼム知るぞ、ということでしたら、ぜひぜひどうぞ。
そうそう、粉を買おう、というのでしたら、バツグンです!
たしか、最寄り駅から遠いので、お知らせいただければ、
マイ日産カーでお送りいたしまっせー。
つかりこdot 2017.01.02 00:42 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

お待ちしておりました笑
「みよしそばの里」はそうなんですね!!
そば粉を買いに行くところ
なるほどー
でも、一度行ってみたいので、何れつかりこさんの解説つきでお願いします♪

さいたまの蕎麦って、調べ始めたらなんだか妙に気になるんですよ。。
つかりこ先生の過去記事で勉強させていただきますね!
Omunaodot 2017.01.02 09:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top