2017
02.26

まだまだ続く、桜ざんまい!

Category: その他
先週は春一番が吹いた。
鼻水とくしゃみがとまらない。
そして、目がかゆい。

春が加速している。
よし、ここまで春を感じているならば、プラス思考でもっと春を満喫しようじゃないか!
そう、たとえ火の中、水の中……、までの勇気はないから、せめて花粉が舞う山の中!
そんな勇気もないけど、ちょっとした山ならいいかな。
箱根はやばいから、ちょっとその手前ぐらい。

そんな自問自答をしながら小田急線に乗っていたある日、一枚の車内刷り広告が目にとまった!

なになに、第19回まつだ桜まつり!!

へえー!
河津町でけじゃなくて、松田でも桜を楽しめるのかあ。
割と近いし、行ってみようかな。

河津桜で味をしめたこころに迷いはない。
小田急線で新松田にGO!
余談だけど、途中、電車の中にいながら、愛甲石田~鶴巻温泉あたりの区間でくしゃみ連発。
行きも帰りもそうだった。
この辺は花粉が多いのかな???

新松田に到着!
昼時だったので、先ずは腹ごしらえ。
駅前の箱根そばに飛び込む。
入口には桜まつりにちなんだメニューのポスターが!

170226matsuda3.png


カリカリ梅のかき揚天そば。
限定メニューだし、数多くある箱根そばのチェーン店の中でもこの店ならではだろうし、即時決定!

170226matsuda2.png


かき揚のサクサクに梅のカリカリの食感。
味も甘酸っぱさが口に広がって美味しい。

170226matsuda1.png


お腹を満たして、高台にあるまつり会場の西平畑公園へと向かう。

駅前には、電気で走る無料の送迎バス。
なんだか面白そうだけど、ローカルな商店街の街並みも見ながら行きたいので、歩いて行こう。

170226matsuda6.png


商店街を抜け、坂道と階段を登り、15分ほどで会場に到着。

あいにくの曇り空で富士山はうっすらとしか見えなかったけど、眺めはいい。

170226matsuda4.png


ここの桜も河津桜。
見事に咲き誇っている!!

170226matsuda7.png


河津町ほどではないけれど、大勢の花見客でにぎわっている。
桜ごしに見る売店も盛況のようだ。

170226matsuda10.png


ん?

170226matsuda11.png


揚げたてのみかんはいかがですか?

揚げたてのみかん???
サクサクとろーり???

ホクホクプライス!!
2個300円(税込)。

みかんコロッケ

なんじゃそりゃー!!!!!!!

コロッケの中にみかん?
その組みあわせ、あり?

酢豚の中のパイナップル。
ポテトサラダの中のリンゴ。

そもそも好物の中の果物にはいい印象がない。
むしろ「なんで入れちゃうかなあ。なくていいのに」と思う。

でも気になる。

う~む。
ホクホクプライスだし、買ってみようかな……。

いやいや、ちょっと待てよ。
だまされてはいけない。
美しいバラにはとげがある。
美味しい話にはウラがあるのが世の常。

やみくもに「とろーり」を使うのは、「ふわとろブームに物申す者」として聞き捨てならない。
それに2個300円って、コロッケの相場としてホクホクプライスか?
そもそも「ホクホクプライス」って何だ?
「ホクホク」というプラスイメージの言葉を見て、脳内で直感的に「いいね」ボタンを押しちゃったが、ここはひとつ冷静になろう。

goo国語辞典に記載されている「ホクホク」の意味は次の通り。

1 うれしさを隠しきれないさま。「商売繁盛でほくほくしている」
2 焼いたりふかしたりした栗・芋などの、あたたかくて、やわらかいさま。ぽくぽく。ほっくり。「ほくほくした焼き芋」
3 ゆっくりと歩くさま。「―とかすんで来るはどなたかな」

なるほど。
これをもとに「ホクホクプライス」を分析してみよう。
ホクホク+プライス(=価格)

1 うれしさを隠しきれない価格
2 あたたかくてやわらかい価格
3 ゆっくりと歩く価格

3はないかな。
となると1か2だが、おそらく、その融合ではないかと思う。
つまり、「あたたかくて、うれしさを隠しきれない価格」。

次に「ホクホクプライス」が「誰にとって」なのかを考えてみよう。

1 お店の人にとって
2 お客さんにとって

1はどうか?
「いやあ、2個300円で買ってくれたらオレたちぼろもうけでホクホクだぜ!」といった意味になる。
これでは単なる暴利。
おそらく、そういう意味で使っているのではないのであろう。
たとえ心の中でそう思っていたとしても、商売の都合上それを堂々と看板に出して表現してたとしたら、間違いなく客の購買意欲はなくなる。

なので「ホクホクプライス」なのは、消去法で考え2のお客さんにとって。
これを踏まえると、「ホクホクプライス」の意味は「さあ、みなさん。あったかくなれて、うれしいかぎりのお値打ち価格ですよ」となる。
まるでどこかの通販のような恩着せがましさを感じないわけでもないが、ホクホクプライスの後に!が2個ついているところに、消費者に「ま、いっか」と思わせる人間心理をうまくつく「ダメ押し戦略」と「商魂」を感じる。

以上を総合して、「ホクホクプライス!!」は「さあ、みなさん。あったかくなれて、うれしいかぎりのお値打ち価格ですよ。買っちゃお、買っちゃお」という意味と解釈することにしよう。

みかんコロッケかあ…・・。
ホクホクプライスかあ……。

「さあ、Omunaoさん。あったかくなれて、うれしいかぎりのお値打ち価格ですよ。買っちゃお、買っちゃお」
みかんコロッケが、営業スマイルの販売店員よろしくボクの腕をひっぱる。

う、ううう……。

さあ、どうする。
河津でモッフルを買わなかった後悔の念が頭を過ぎる。

……。

ううう……。


まんまる笑顔のみかんコロッケをホクホクプライスで購入♪♪

170226matsuda9.png


中にはマーマレードのようなみかんジャム。
でも、そんなにあまくはないし、違和感はない。

170226matsuda12.png


みかんコロッケを販売しているのは小田原市内の(株)門屋食肉商事。
愛媛県など全国のみかん産地をリサーチし試行錯誤を重ね、「混ぜ込むとみかんの風味が弱くなる」という理由から、みかんをゼリー状にして足柄牛を混ぜた男爵イモで包む方法に辿りついたという。

まつだ桜まつりでしか食べられないようだから、話のネタに食べてみるのもいいし、それに、地産地消。
その地の産物を堪能するのも素敵なことだ。

このまつりでは「つるし雛」も飾られている。
桜と一緒にパチリ!

170226matsuda8.png


桜のおかげで、バスもワクワクを運ぶ楽しい乗り物のよう。

170226matsuda5.png


おだやかな陽ざしを浴びる木々。
その間をすり抜けてきた透明な風が、頬をかすめる。

春だねえ。。

まつだ桜まつりは3月12日まで開催している。
近隣の方はぜひに!!

170226matsuda13.png

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1035-feb9b105
トラックバック
コメント
箱根そば、以前、四谷の駅前にもあって、よく行きましたよー。
安いし美味しいですよね。
梅のかき揚げは食べたことがなかったです。
さっぱりして、美味しそうですね。

みかんコロッケ!
これはインパクトでかいですね。
でも、鴨のオレンジソースなんてのもあるので、
案外イケるのでしょうか。
お菓子感覚?
つかりこdot 2017.02.28 14:37 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

箱根そば、美味しいですよね!
小田急線のいろいろな駅にあり、お値ごろなのでよく食べます。
梅のかき揚げも美味しかったです。

みかんコロッケは・・・。

確かにお菓子感覚ですね!
コロッケと思って食べるよりお菓子と思って食べた方がいいですね。
けっこうさっぱりしてます。
味は、好みですかねえ・・・。
まあ、ペヤングのチョコのような違和感はありません笑
Omunaodot 2017.03.01 06:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top