2017
09.10

メルシー

若人の輝く行手を見届ける早稲田のソウルフード


170910omu1.png


オムライスに限ったことではないが、早稲田界隈には魅力的な店がそろっている。
その代表格が老舗のメルシー

170910omu2.png


「メルシー」はフランス語で「ありがとう」の意味で、1958年(昭和33年)の創業。
この年は東京タワーが出来た年で、高度経済成長期に入った日本が輝ける未来へと突き進んでいた時代。
そうそう「ALWAYS 三丁目の夕日」の設定もこの年だっけ。

老舗のラーメン店で「メルシー」とは、当時随分とハイカラな名前をつけたんだなあって思うけど、店の看板にも「軽食&ラーメン」とあるように、元々は喫茶店でその名は常連の早大生によって名づけられたそうだ。


昼時の人気店はさすがに超満員。
前に待ちがひと組いて、その後並んで順番待ち。
でも回転は早く、10分も待たずに入店できた(あと5分遅かったら10人待ちくらいになっていた!)。

入口を入ると「ここは昭和です!」の主張が目に飛び込む。

茶色が基調の店内。

170910omu5.png


ブンブン回る、壁に取り付けられた扇風機。

170910omu11.png


4人掛けのテーブルが6つと6人掛けのテーブルがひとつ。
効率よくさばくために相席は必須で、この日ボクの隣りには若者男子ふたり組が陣取った。
ボクの前に並んでいた二人組だ。

(隣の若者たち「ラーカタ!」)

席につきさっそくオムライスを注文。
「ちょっと時間がかかるけどいいですか?」
店員さんが問いかける。
それに対してOKの旨を伝え、辺りを見回す。

ん?

うわっ!
みんなラーメンを食べてる!!

正確に言うと、ラーメン、もやしそば、タンメン、チャーシューメン、五目そばといった種類があるんだけど、何れにせよ麺類。

オムライスを食べている人は……。

い、いないかな……。

あ!

いた!

ひとりいらした!!!

妙な親近感を感じる。
ほぼ満席で30人近くが麺をすする店内。
海外で日本語の会話を聞いたときのような、そんな親近感が……。

なんて冗談はさておき、隣の若者たちの分をはじめ、次々と出来上がるラーメンを横目にできあがりを待つ。
厨房から聞こえてくる中華鍋をおたまでたたく音がここちよい。

(隣の若者たち「やっぱこれでしょー!」「オレ、3年ぶり」)

オープンキッチンなので厨房の様子は手にとるようにわかる。
大変そうだけど、活気に満ち、みんな生き生きと働いている!

そうこうしているうちにオムライスが運ばれてきた。

170910omu3.png


おー!
美味しそう!!
せん切りキャベツとの相性もよさそうで、ケチャップのかかり方もいい!

170910omu6.png


見た目だけではない。
「アツアツだよ!」と言わんばかりのにおいが立ち込める。

(隣の若者たち「妙に美味しいよなあ」「ソウルフード笑」)

ではさっそく、いっただきまーす!

170910omu4.png


うん、美味しい!
よく炒められたチャーハンのようなケチャップライス。
中の具材は玉ねぎ、豚肉で、ラードがその旨みをまとめあげている。
ケチャップライスだけでもいける。
別メニューでポークライスがあるけど、それがこれなのかな???

隣の若者たち。辣油を入れ、無言でラーメンに集中。
こちらはオムライスに集中。

「ごちそうさま!」
若者たち、ラーメンを完食。
はやっ!

ラーメンかあ……。

( 妙に美味しいよなあ )

( ソウルフード笑 )

若者たちの言葉が、ボクの中でリフレインする。

う……。

ううう……。

オムライス完食が近づいてきたころ、ラーメンに洗脳された頭からラーメンが離れなくなる。

ラーメンも食べたい……。

ラーメンも食べちゃおうかな。。

ラーメンも食べないと。。

ラーメンを食べずに帰れるものか!

「すみません、追加でラーカタ!」

あー!
言ってしまったあ!
ちなみにラーカタは「ラーメンかため」のこと。


ジャーン!

170910omu7.png


では参りませう♪

170910omu9.png


なるほど!
煮干しの効いたスープに中太ストレート麺。
「もちもち」の麺はジャンクフード的な要素もあり、食べれば食べるほど、魔法にかかったように不思議とその美味しさが増してくる。うん、わかるわかる。
これはクセになりそう。


辣油を入れて味変。
ひと粒で二度おいしい状態。

170910omu8.png


いやあ、さすがメルシー。
ラーメン一杯400円だし、ゆっくり過ごせる店ではないけど近くにあったら間違いなく通う。
この日も、オムライスが590円でラーメンが400円だから1,000円でおつりが来た。

帰り際、改めてメルシーの看板を眺める。

メルシー(ありがとう!)。
笑顔の看板がつぶやく。

呼応すべく、心の中でつぶやく。
こちらこそありがとう。

昭和から続く老舗がどんどんと閉店していく昨今。
このような店は、ずっとあり続けてほしいと思う。

「ありがとう」を大切に、いつまでも。
頼むよ、早大生諸君!


■ メルシー 食べログ情報

・電話 03-3202-4980 (予約不可)
・住所 東京都新宿区馬場下町63
・交通手段 東京メトロ東西線「早稲田」駅(3a出口)より徒歩1分
・営業時間 11:00~19:00
・定休日 日・祝

170910omu10.png



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1082-676ef34e
トラックバック
コメント
メルシー・・・。
老舗なのにハイカラなお名前(^^)

オムライスはとってもおいしそうですが、ラーメンもおいしそう。辣油をいれると味の変化が楽しめそうです。

東京なのにお値段もお手頃。
良いお店を知りました(#^^#)
エムロックdot 2017.09.13 11:40 | 編集
エムロックさん、こんにちは!

なんだか惹きこまれるんですよね、メルシー。。
食べ進めるにつれ美味しさが増しますし。
ぜひ、食べてみてください!!
Omunaodot 2017.09.14 07:03 | 編集
Omunaoさん

メルシーとはこういうお店だったのですね!
名前からしてこじゃれたお店を想像してました^^;

オムライスが美味しそう・・・!
あの銀のお皿ごと美味しそうです><
シンプルさがたまりません。

ラーメンもいいですね!
煮干が効いたスープというのがまたそそる・・・。
食べずに帰ると後悔しそうな気持ち、分かります^^;

どうも、私の好き系のお店みたいです笑
早稲田に出たときは行ってみます。
学生さんと食べるのは、ちょっと緊張しますが・・・^^;
慧喜dot 2017.09.17 20:30 | 編集
慧喜さん、こんにちは!

返信が遅くなってすみません_(._.)_
はい、こういうお店です笑
とにかく人気店で、入れ替わりたちかわりお客さんが来るので、
緊張するひまもないかもしれませんよ♪

百聞は一見に如かず
ぜひ、行ってみてください!!

Omunaodot 2017.09.21 05:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top