topimage

2018-11

コシバ食堂 - 2017.11.14 Tue

カオスの街に根付く永遠のアナクロニズム

171113omu4.png


午後6時。
川崎駅付近での仕事を終え、夜の帳が下りた人混みに身をゆだねる。

家路を急ぐ人。
杯を求め居酒屋へと向かう人。
人それぞれ、思い思いの目的を持ちながらも、きれいな行列が横断歩道を渡って行く。

さてと……。

駅へ向かう人波に逆らいつつ市役所通りを東へと進む。
砂子の交差点をすぎ、市役所前の交差点が視界に入る。

171113omu1.png


川崎。

そこは、神奈川県では横浜に続く大都市であるが、横浜に比してなんとなくダーティなイメージがある都市だ。

「川崎ぜんそく」といった公害で有名になったせいか。
それとも「堀之内」といった風俗街の印象か。
あるいは「川崎競馬」、「川崎競輪」といったギャンブルのイメージが強いのか。
はたまた、闇市の時代から続く裏の世界が醸し出す雰囲気なのか……。
ここ市役所前も戦後は闇市のメッカとして君臨した地であり、場の持つ力なのだろうか、市役所通りから一本入った路地からは場末の香りがぷんぷんと漂ってくる。

171113omu2.png


そんな一角にお目当ての店はある。

駅方面から見て、市役所通りの市役所前東交差点を右折し平和通りに入りすぐの場所に位置する、コシバ食堂

171113omu3.png


1950年(昭和25年)創業のこの店は、戦後の時代から川崎を見続けてきた老舗だ。
その割に建物が新しく見えるのは、2013年11月に隣家の火事で全焼し、同じ地に再建したためだ。

まずは美味しそうな料理が並ぶサンプルケースでオムライスを確認。

171113omu7.png


扉を開けて店内へと足を運ぶ。
「いらっしゃいませ」
お年は召しているものの矍鑠としたおかみさんの大きな声が響く。

先客はふたり。
カウンター席にひとりと、テーブル席にひとり。
ともに若い男性で、その振る舞いから常連客とお見受けした。

席はカウンター5席と2人掛けのテーブル席が4つ。
この日もボクも含めてみな個人客であるように、4人掛けのテーブルではないのを見ると、この店を訪れるのは個人客が多いのであろう。

171113omu6.png


テーブル席に陣取りさっそくオムライスを注文。

171113omu13.png


出来上がりを待つ間にメニューを拝見。
さすが「味のデパート」の冠をつけるだけのことはあり、定食、飯類、丼物、スパゲッティー、一品料理と、レパートリーはふんだんにある。
ちなみにここは「ニラレバ」である。
(やばい、くせになっている……)

171113omu14.png


やがてオムライスが到着。
中華スープとのセットで、見た瞬間に美味しいことが間違いないことを確信。

171113omu9.png


福神漬けもいいアクセントになっている。

171113omu11.png

ではさっそく。

171113omu12.png


オムライスにスプーンを入れたとたん、マーガリンの甘い香りが広がる。

ケチャップライスは濃い目で、中にはゴロゴロとしたハムと玉ねぎ。

玉子の焼き具合が絶妙で、中側はとろとろで白身がいい塩梅に具材と絡み合う。

171113omu10.png


うん、おいしい!!!!!!!!!!!!!!

オムライスって、これでいいんだよね。
うむも言わせずそう思わせるものがこの店にはある。
70年近くも川崎の地で多くの人々の胃袋を満足させてきたコシバ食堂。
小さな店だけど、その存在感と安心感はハンパない。

食後、おかみさんに挨拶をして会計をすませる。
「おいしかったです」
「ありがとうございます」
おかみさんの甲高い声が耳に響く。
「いつまでもやっていてくださいね」
「はい、ありがとうございます」
老婆の若々しい笑顔がはじける。

カオスの街、川崎。
その中にしっかりと根付いた老舗、コシバ食堂。
いろいろな客と接しいろいろな光景を見てきて、そして、火事の憂き目からも見事に復活した。

閑散とした商店街に出て空を見上げる。
上空から吹き降ろす晩秋の風は冷たく身に染みるが、おなかもこころも、妙に暖かい。

■ コシバ食堂 食べログ情報
・電話:044-233-0807
・住所:神奈川県川崎市川崎区東田町6-1
・営業時間:11:00 ~ 15:00 17:00 ~ 21:00
・定休日:土曜日、第3土日は連休

171113omu5.png

● COMMENT ●

Omunaoさんこんにちは
昔ながらのオムライスってやっぱり良いですよね。
創作性も冒険したくなりますが、やはり原点に帰ると言うか、私は元祖が1番好きですね。何でもそうですがロングセラーにはそれなりの理由がありますよね。
コシバ食堂さんのオムライス食べてみたいです。川崎は過去に1度しか訪れた事がないですが、機会があったら食べてみたい。

Re: タイトルなし

芽吹さん、こんにちは!

はい、まったく同感です!!
ロングセラーにはきちんとした理由があると思います。
こちらにお越しの際はぜひに!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1099-a7e28695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遠き地に思いを馳せて ~こころの自由飛行~ «  | BLOG TOP |  » 「ラストレシピ」コラボ商品 島津亭のオムライス

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (105)
競馬関連 (23)
その他 (505)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR