topimage

2018-06

ナポリタンに関する考察 - 2017.11.24 Fri

ナポリにはないケチャップ炒めのスパゲッティーナポリタン。
名前からしてイタリア発祥かと思いきやそうではない。
もともとフランス料理でトマトソースを使った料理をナポリ風と呼んでいるところに由来しているようだ。
ナポリタンを「ナポリの」ではなく「ナポリ風」ってとらえれば、「ナポリの食べ物じゃあないけど、なんかナポリっぽいでしょ」という主張のネーミングとして理解できる。

なんか、半分騙されているようでまぎらわしいけどね。
関西では「ナポリタン」ではなく「イタリアン」とも呼ぶし、何なんだろう……。

そもそもナポリタンの「タン」って何?
「ナポリアン」とか「ナポリン」ではなく、何で「タン」?

ナポリアンではインディアンみたいだし、ナポリンではミポリンみたいになっちゃうから?

ナポリ風がナポリタンなら、ノンタンはノン風?
コスミポリタンはコスモポリ風?
アンポンタンはアンポン風?

うーむ。
謎だあ…・…。


ところで。

「○○風」を「○○の」ではなく「○○っぽい」ととらえると、ナポリタンの他にも疑わしいのがあるのではないだろうか?

例えば、アメリカンがつくもの。

アメリカンコーヒー。
アメリカンドッグ。

まずは「アメリカンコーヒー」。

アメリカにアメリカンコーヒーはない。
" weak coffee " というらしい。
もっとも、アメリカのコーヒーは薄いので、さらに薄いのが出てきてしまうとか。。
やっぱり、「アメリカにあるっぽいコーヒー」なのかあ。

続いて「アメリカンドッグ」。

wikipediaを見ると次のように記載されている。

日本では、小麦粉・卵・砂糖・ベーキングパウダー・牛乳か水を混合して衣を作る。
アメリカンドッグとは日本独自の名称であり、発祥国であるアメリカ合衆国ではコーンミール(トウモロコシの粉)を原料としたコーンブレッドの生地が使われるため、日本以外のほとんどの国々では「コーンドッグ」(Corn dog)と呼ばれている。


やっぱり!!

これも「アメリカにあるっぽいドッグ」なんだあ!!!

ちなみに、「アメリカンドッグ」は「アメリカン」も気になるけど「ドッグ=Dog」も気になる。

アメリカっぽい犬?

これまたwikipediaを見てみると……。

名称の由来については「フランクフルトをダックスフントに見立てて『ホットドッグ』と説明文を添えた新聞漫画から広まった」、「当時、犬の肉が入っているという都市伝説があったソーセージをドッグとあだ名するようになった」など諸説あるという。

なるほど。

マックも猫肉のような伝説もあるのかあ。
でも、それがそのままネーミングされてるのも何だかなあ……。

仮にダックスフント由来しているとするならば、「アメリカンドッグ」は「アメリカにあるっぽいダックスフントみたいな形をしたフランクフルトが入っている食べ物」の意味になる。

いやあ、誰がつけたかその名前。
奥が深いね……。

では、今日は「アメリカン」にちなんだ曲を。


● 杏里 思いきりアメリカン




● サーカス アメリカンフィーリング 



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1109-686cc999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オムライス鯛焼き «  | BLOG TOP |  » 純喫茶モネ

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (104)
競馬関連 (23)
その他 (498)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR