topimage

2018-11

のみものを巡る冒険 その1 - 2017.12.02 Sat

ビンから缶へ。
缶からペットボトルへ。
今回からその変遷や存在理由(レゾンデートル)について追っかけてみよう。

まずは幼少の頃を思い出して……。

幼少の頃、市販の飲み物といえば「ビン」だった。
牛乳屋さんが配達してくれるビンの牛乳。
お風呂屋さんではビンのコーヒー牛乳。
日本酒も一升ビンで、酒蓋集めに奔走した。
法事やパーティーでは、親やおじさんたちはキリンのビンビール。

そしてこどもやアルコールの飲めない方は、ビンのコーラやジュース(※注)。

※注:本来、果汁100%でないとジュースとは呼ばないが、いや、呼んではいけないと昔恐い先生に怒られたが、その先生もこの記事を読んでないだろうし、ここでは便宜上そうでないものも含めてジュースとする

よく飲んだよなあ……。
いったいどれくらい飲んだんだろう。

味は基本的にコーラ系、サイダー系、オレンジ系、グレープ系の4種類。
なかでも、オレンジ系はいろいろなシーンで登場した飲み物。

炭酸系と非炭酸系(勝手にそう呼んでいる)にわかれるが、何れも印象深く記憶に刻まれている。

では、ボクの中の三大オレンジジュース。

◆ 炭酸系


ミリンダ
チェリオ
ファンタ

171202omunao2.png
出典:ミドルエッジ、Nコンシェル、Drink! Drink! Drink!


・ミリンダ
ペプシコが世界中で販売しており、日本では1964年に発売された。
コカ・コーラVSペプシコーラ
その代理戦争がミリンダVSファンタ
コカ・コーラやファンタの知名度が高かったので、ペプシコーラともども、ボクの中では仮面ライダーに対する「ニセライダー」的な存在だった。
ゴメン、ミリンダ!

・チェリオ
株式会社チェリオコーポレーションによって製造、販売されている。
コカ・コーラのファンタの成功を見て、アメリカで販売されていたハウディを改名して発売したのが始まり。
ハウディのままで販売をしたかったのだが、アメリカ本社の許可が降りずに瓶の形状のみ流用した形でチェリオの名で発売に至った。
学校の帰り道にある駄菓子屋の自動販売機にあったっけ……。 

・ファンタ
なんと言っても、ファンタは外せない。
ファンタなくしてオレンジジュースなし。
ファンタの前にファンタなし、ファンタの後にファンタなし。
ファンタは、1940年に第二次世界大戦でコカ・コーラの原液を輸入できなくなったコカ・コーラ社のドイツ法人で開発された。
商品名を決める会議で、主任が「想像力(Fantasie)を使え」と言ったのに対して「Fanta」([faːnta])との即答が返ってきたことで名前が決定したそうだ。


◆ 非炭酸系

プラッシー
ビヤリース
パンピー

171202omunao1.png
出典:LOHACO、一世風靡ナツカシモノ 飲み物編、アサヒ


・プラッシー
ハウスウェルネスフーズ(2006年4月2日までは武田食品工業)が1958年に発売。
ビタミンCを入れ、「みかん果汁+C」からプラッシーと命名。
お米屋さんで売っていて、誕生会などでは近所のお米屋さん(同級生の家)に注文。
その子を誕生会に呼ばないと気まずいよねえ。。
でも、女の子だから呼ぶと「ヒューヒュー」って言われて黒板に相合傘を書かれちゃうし……。

・パンピー
ビン入りの乳酸菌飲料と言えばパンピーオレンジ。
明治ブランドで売っていたが、製造は子会社のパンピー食品株式会社(英語名::Pampy corporation)。
子どもごころはこの美味しさに奪われた。
近所には売っている店がなく、所用で親に連れられてパンピーを売っている深沢バス停前の駄菓子屋に行かれる日が待ち遠しかった。

・ビヤリース
1951年にアサヒ飲料から発売。
読みはバヤリースだが、当初の表記はビャリースだった。
フルネームは「バャリースオレンヂ」。
1987年から「バヤリースオレンジ」に変わり、若干長いものに巻かれた感がある。
「バに続く小さいヤはどうやって読んだらいいんだろう??」と悩んだあの頃が懐かしい。
法事ではこれが主流だった気がする。

そんなのがボクの中のオレンジジュース。

では、続きは次回。

● COMMENT ●

キリン  キリンレモン キリンオレンジ
アサヒ  ミツヤサイダー バヤリースオレンジ
サッポロ  リボンシトロン リボンオレンジ
コカ・コーラ  スプライト ハイシ―オレンジ
こんな所ですかねぇ。今も売ってます?

Re: タイトルなし

miss.keyさん、こんにちは!

いやあ、懐かしいですねえ!
ハイシーオレンジなんて、ツボです
酸っぱい記憶が・・・。

今もあるか、確認してみますね!

おはようございます
ビンから缶に変わるのは時代を感じますね

Re: タイトルなし

ネリムさん、こんにちは!

そうですね。。
しかも、移り変わりが早いです。
調べてみると面白いので、ちょっと歴史を探索してみますね♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1117-2513698a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はしだのりひこさんを偲んで «  | BLOG TOP |  » 春の空 春の海 の再掲載 

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (105)
競馬関連 (23)
その他 (505)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR