topimage

2018-05

感謝の意を込めて - 2017.12.31 Sun

2017年12月30日。
つかりこさんの記事の余韻冷めやらぬ身は、自然と毛呂の地を目指す。

町田で小田急線からJR横浜線に乗り換え、八王子へ。
そして八王子からはJR八高線に乗車。

ハチ公線ではない。
八王子と高崎を結ぶのでその名がついている(本当は高崎のひとつ手前の倉賀野までが八高線で、倉賀野~高崎間は高崎線)。
しかし、実際に八王子から高崎への直通が走っているわけではない。
八王子発は高崎行ではなく高麗川から川越線に入る川越行であり、高崎方面に行くには高麗川で高崎行に乗り換える必要がある。

毛呂は、八高線の高麗川の次の駅。
だから、高麗川で乗り換えなければならない。
八王子で八高線に乗るときに、「毛呂に行くかって? だんな、毛呂は八高線の駅ですぜ。八王子と高崎だから八高線。こんなにわかりやすい路線はないでしょ。山手線とか中央線といったアバウトな名前ではなく一目瞭然。さあさあ、安心してお乗りくださいな」というだましの手口に乗ってはいけない。
高麗川の隣りの駅だが、高麗川で乗り換えるのを忘れて川越方面に行ってしまったら大変なことになる。
取り返しのつかない、後悔の一日となってしまう。

「そんな大げさな」と思うかもしれない。
いや、決して大げさではない。
なぜか?

だって……。

これが高麗川駅の高崎方面行の時刻表!

171231moro23.png


乗り損ねたら1時間以上待つ。
だから、飛行機に乗るような気持ちで、しっかりと搭乗しないといけない。
それが八高線なのだ。

それにしても、八高線なのに何で高麗川で乗り換えるなんて面倒なことになっているのだろう。
もしかして八高の高は高崎の高ではなく高麗川の高なんてオチがあるんじゃあないよねえ。

なんでだろう?

その答えは、高麗川で耳を澄ませば簡単にわかる。

高崎行の車両から「ブウォ~ン」とうなりを上げるエンジン音。
バスかよ!
そう、まるでバスのような音が。
しかも、前面のガラスには「ワンマン」の表示。

171231moro4.png


ワンワンではない。
ワンマン。

余談だが、幼少の頃「ワンマン=わがまま」という意味だけと思っており、勝手に「ワンマンバスって運転手がわがままだと宣言しているバスなんだあ」と思い込んでいた。

話を戻そう。

バスのような電車。
いや、電車ではない!

鳴り響くエンジン音。
そう、それははDMF13HZA(新潟鐵工所製)またはDMF14HZA(カミンズ製NTA855-R4)の、排気タービン過給器・吸気冷却器付き直列6気筒、直接噴射式ディーゼルエンジンの音なのだ!(それがすごいエンジンなのかどうかは知らないし、知ろうとも思わないが)

こちらは2014年に八高線80周年を記念して塗られたカラーの車両。

171231moro3.png


高麗川から先は非電化区間。
だから走れる車両も違い、乗り換えないとならない。

無事に乗り換えを終え、10:24に毛呂に到着。

171231moro1.png


毛呂
MORO
もろ
モロ

なんか、そんな堂々と「モロ」なんて言われると恥ずかしいなあ……。

あ、違うか!

駅舎を抜け商店街へ。

171231moro10.png

171231moro11.png


なんとなく懐かしさを帯びた風が、頬をかすめる。

171231moro5.png


それにしても閑散とした通り。
今日はもう、みな閉店してるのかな?
ということは……。

もしかして……。

がーん!

お目当てのオムライスがある「千種」も閉まってる!

171231moro6.png


仕方がない。
今日はあきらめて、もうひとつのお目当ての散策を楽しもう。

商店街を抜けると、埼玉医大の大きな建物がお目見えする。
静かな田舎町に現れた白い巨塔!

171231moro12.png


埼玉医大の入口を正面に三差路を左折し、目的地へと向かう。

コカコーラのかすれた看板。

171231moro8.png


ホーロー看板。

171231moro9.png


田舎街にはつきものの、のどかな景色。

やがて毛呂山総合公園の施設が視界に。

171231moro14.png


澄んだ空気に映える、真っ青な空と公園の景観。

171231moro13.png


こころいやされる気色を満喫しつつ、目的地へと向かってさらに歩を進める。

171231moro15.png


高台へと続く坂道をのぼり、毛呂駅から歩くこと1時間程度。

目的地に到着!

171231moro22.png


ここは鎌北湖。
農業用貯水池として1935年(昭和10年)に完成した人造湖で、周囲約2キロ、水深20メートル。
静かなで優美なその佇まいから「乙女の湖」とも呼ばれている。

171231moro21.png


春は桜。
夏は新緑。
秋は紅葉。
この三つの季節には見どころがあり、それを目的にした観光客も多いのだろうが、冬は閑散としているのだと思う。
レストハウスの年内の営業がすでに終了していることもあってか、この日に目にしたのはヘラブナ釣りの客のみ。

でも逆に、冬の、この静寂さが景色に深みを与えてくれる。

ぼんやりと湖に目をやりながら、ふと思う。

何で鎌北湖に来たかったのだろう?

見たこともないし、聞いたこともない。
そんな湖に、自分でもわからず、無性に行きたいという念に駆られた。
理屈ではなく直観的に「行きたい!」と思った場所。

その答えが、だんだんと見えてくる。

山の緑や木々が放つ霊力。
自然の力が体内に取り込まれるような、不思議な感覚。
そして何より、おだやかであたたかい陽光。

171231moro18.png


落ち着いたその風情に、身も心も弛緩し、癒しの世界へといざなわれる。

湖に陽光が取り込まれ、

171231moro20.png


そして、一体化する。

171231moro17.png


なんてきれいな光。

" さあ、この世界においで! "
こころにささやく「自然」の声。

水と光が織り成す世界に、こころが浮遊する。

思い起こせば……。

作家を目指していたあのころ。

見えていたものなど何もなった。
ただただ物書きになりたいという漠然とした憧れがあっただけで、中は空洞。
それでも、形だけ追っかけて、いつかは実現できると。

自分の存在理由=自分の夢ややりたいことを実現すること、

その思いしかなかった。

「北風と太陽」の話で言うならば、「人生の機微」や「人の気持ち」のことなど考えずに、がむしゃらに北風を吹かせばいいと考えていた。

近年、そんな自分の中に芽生えた、新たな気持ち。
ブログを通じていろいろな方と知り合い、人生を学び、今、思うこと。

自分の存在理由=人に頼られ、信用されること、つまり信頼されること

北風ではなく、太陽。

月並みだが、人という字は人と人との支えあいを示す。
それが実感としてわかる。

ボクが今、こうしてこの世に生きているのは、こころの底からボクを信頼して感謝してくれる方のため。
それが自分の存在理由であり、生きる証。
その支えによって、自分は生きている。

もちろん、一方的なものなどあり得ない。
信頼も感謝も、双方向で成り立つもの。

あるときはあたたかい陽光を与え、あるときは与えてもらう。

171231moro16.png


太陽の向こうにある明日に向かって続く、光り輝く道。

171231moro19.png


つながり
ぬくもり
まごころ

未来

希望

青空に描かれた一筋の飛行機雲が、行くべき道を、そして大切なものは何かを教えてくれる。

171231moro2.png


みなさま、今年1年ありがとうございました。
深く、深く、感謝です。

それでは、よいお年をお迎えくださいませ!!

● COMMENT ●

でしょ、でしょ?
思いのほか乗り換えが多いし、
待ち時間も長いんですよねえ。
僕の時は、帰りに毛呂駅で時刻表を見たら、
1.5時間待ちでしたよ。
八王子行きは、だいたい1時間に1本なのですが、
昼の1~2時あたりは、2時間に1本だったんです。
北海道のローカル線じゃないんだから・・・ぶつぶつ

やー、ホントに行かれたんですねー、毛呂へ。
やー、ホントにモロに何もなかったでしょ?
僕は、撮影の仕事があって、しょうがなく行ったのですが、
なんか、責任を感じちゃいます。

でも、鎌北湖、ここは気になっていました。
あの辺のハイキングのメッカの一つのようです。
やはり、春から初夏がいいのかもしれませんね。
でも、その頃だと意外と驚くほどの人出があったりするんですよ、あの辺。
逆に、静かでいい時に行かれたのかもしれませんね。

今年もモロモロご教示いただき、ありがとうございました。
くる年も、ぼちぼちおつきあいくださいませー。
何かおもしろいことやりましょうかねー。

Re: タイトルなし

つかりこさん、こんにちは!

いやあ、モロですよ、モロ
そう聞いたら行くしかないじゃあないですかあ笑

冗談はさておき、やっぱり素敵な地でした

学生の頃は入間郡を「ニンゲン郡」とか「イルマの竪琴」なんて茶化していましたが、今は入間が持つ「場の力」に深く感銘しています

今年も一年、ありがとうございました!

では、よいお年をおむかえくださいませ!

面白い企画やりましょう!!

こんにちは、ご無沙汰しております。
ちょうどつかりこ様のブログ記事を拝見した後にこちらに窺いましたもので、非常にタイムリーでした。
今年も残すところ数時間ですが、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

今年一年お世話になりましたm(__)m

来年も( `・∀・´)ノヨロシクお願いします。

いつだかにお会いしたkappexe3とか言うものです
ブログの内容が凄すぎて、こちらもどこかお店に行って情報提供も兼ねてコメントしようと思っていたら年の瀬になってしまいました。
というわけでURLに記載されたお店ですが、鉄板オムライスがお店の看板メニューのようで、3種類の中から好きなソースを選ぶことができます。
ホワイトソースとデミグラスソースのハーフアンドハーフを食べましたが、どちらも好みな味でした。
食レポって難しいですね...笑

来年も変わらずよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

野津征亨さん、こんにちは!

こちらこそ、ご無沙汰です_(._.)_
ありがとうございます!!
今後ともよろしくお願いします!!
では、よいお年をお迎えくださいませ!!

Re: タイトルなし

エムロックさん、こんにちは!

こちらこそ、お世話になりました_(._.)_
来年もよろしくお願いします!!

では、よいお年をお迎えくださいませ

Re: タイトルなし

kappexe3さん、こんにちは!

コメントありがとうございます!!
相変わらず多忙な毎日でしょうか???
お店の紹介、ありがとうございます!!
今度、レポさせていただきますね♪

また湘南台近辺で遊びましょう!

新年あけましておめでとうございます
風景写真を見て心が和みました。
今年も宜しくお願いします。

Re: タイトルなし

ネリムさん、こんにちは!

あけましておめでとうございます
ありがとうございます!!

こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1128-de1198a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あけましておめでとうございます! «  | BLOG TOP |  » 2017年を振り返って

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (103)
競馬関連 (23)
その他 (498)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (208)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR