topimage

2018-09

香港ロジ  - 2018.01.21 Sun

渋谷で味わう香港気分

180121omu1.png


先日、渋谷で知人と食事をする機会があった。
この壁画は京王井の頭線渋谷駅からJR渋谷駅に向かう通路にある岡本太郎氏作の「明日の神話」の一部。

180121omu14.png


水爆実験で犠牲となった第五福竜丸が被爆した際の炸裂の瞬間がモチーフとなっている絵で、悲惨な体験を乗り越えて再生する人々のたくましさを描いたとされる。

大阪万博のシンボルタワー「太陽の塔」と対をなす氏の代表作で、1968年から翌年にかけてメキシコの建物の壁画として制作されたのだが、その建物が建設中止となってしまい、いつしか行方不明に。
その後2003年に発見されて修復開始。
大きな修復を施す必要がある状態だったが、その作業も無事に終わり、2008年10月からこの地に鎮座している。

芸術は爆発だ!

かつてのCMでおなじみなった氏の言葉であるが、この「生命力」の表現たるや、目の前で観るとやはり圧倒される。
世界的に「きな臭さ」を感じる今、ひとりひとりが、この絵の意味をじっくりと考えるべきではないだろうか。

180121omu16.png
出典:小学館


木枯らしの舞う冬の午後。
寒々しい通路から改札を抜け屋外へ。
真っ青な空に輝くまばゆい陽光が、女神のぬくもりをプレゼントしてくれる。

180121omu13.png


さて、どこで食べようか??
駅の近くがいい。

お気に入りの「かいどう」は残念ながら日曜日定休。
この店は、何れ記事で紹介したいと思う。

180121omu2.png


さてさて。

そうだ!

ぽっかぽかに温まる料理が近くに……。

「かいどう」のすぐそばにある、お粥が食べられる店。

向かった先はこちら!

香港ロジ ( ← リンク )

180121omu10.png


扉を開けて店内へ!

全部で20席にも満たない小さな店だが、活気に満ちており、お客さんの満足そうな笑顔にあふれている。
ここは香港の屋台?
店内に流れるカンフー映画の主題歌のようなBGMも手伝って、そんな雰囲気が店全体を包んでいる。

これは美味しくないわけがない。
直観的にそう思う。

席についてメニューを拝見。
お粥以外にもいろいろとあるのだけれど、やっぱりお粥は外せない!

ということで、以下を注文。

ザーサイ鶏肉粥セット
鶏肉とたまごの粥
ニラレバ炒め
空心菜にんにく炒め

ほどなくして、次々と料理が出来上がりテーブルに!

180121omu18.png


ザーサイ鶏肉粥セット

180121omu4.png


アップはこんなカンジ

180121omu5.png


セットについている蒸し餃子

180121omu6.png


鶏肉とたまごの粥

180121omu9.png


ニラレバ炒め(ここはレバニラではなくニラレバ!)

180121omu7.png


空心菜にんにく炒め

180121omu3.png


いやあ、どれも美味しい!!

お粥って、日本では風邪をひいたときや七草にしか縁がないイメージだけど、これはいい。

香港ロジのホームページにも、以下のように書かれている。

その決意を胸に創業からかれこれ10年になりました。
香港ロジでは「粥」が名物です。
日本では「粥」は体が弱っている時に食べるイメージかもしれませんが、 中国では普段から「粥」食べており、もっとポピュラーな料理と言えます。

多少日本語の言い回しに違和感を感じるけど、それがかえって説得力ある思うあるよ!

店内をぐるりと見やる。

壁に貼られた青島ビールのポスター。

180121omu11.png


一統天下、唯独青島

これもインパクトある思うよ!
Google先生に翻訳お願いしてみるあるよ!

青島を除いて世界を支配する

はあ?

何だあ?

excite先生に聞いてみるあるよ!

独占して、ただですか?青島

はああああ??????????

ますます意味不明。

調査を続けたところ、どうやら「天下を統一するために、青島ビールを飲まないといけないんだ」の意味らしい。

青島ビールのポスターの隣の壁にはこんなメニューが……。

180121omu12.png


スペアリブも気になるけど、右上の「香港タクシ飯」って?

タクシードライバーのご飯?

漢字で「的士飯」と書いてある。

で、「的士」を調べると「タクシー」の意味。
やっぱりタクシードライバーのご飯だあ!
どうやらこれは、タクシー運転手が短時間に食べられるので好んで食べる丼物のよう。

どんなものか?

こちらは「ドコモの出前・フード宅配サービス デリバリー」に掲載されている香港ロジの香港タクシ飯。

180121omu17.png
出典:デリバリー

このページには以下の説明が記載されている。

NHKの料理本の取材を受けました。
当店イチオシ!
お肉とイカと野菜がたっぷり入ったあんかけごはんです。
あんかけは別の容器でお持ちしますが少しずつご飯にかけて召し上がれ。

なるほど!
海鮮中華丼ってカンジかな。
この説明文、丁寧な言い回しで最後が妙にフレンドリーなのがいいあるね!


それにしてもこの店は、裏路地にあるのにすごい人気。
食べている間も次から次へとお客さんが来る。

間違いなく、完全に日本人のこころをつかんでる。

なぜこんなにも人気なのか?

それはホームページの企業理念を見れば一目瞭然!
以下がその内容。

「お客様に感激申し上げ、安全で安心な食を手ごろな価格でお応えする」

数あるお店の中から、当店を選んで頂き、わざわざご来店くださったお客様に対して、感謝をすると共に、そのわざわざ来てくださったお客様に対して、誠心誠意、真心を持っておもてなしをしてお客様にお応えする。
そして語り合うことを通 して人々が仕事や生活のなかで溜こんだストレスを解消し、活力を取り戻すための交流の場と時とを提供することをみずからの使命とし、これからも生きた市場に密着した積極的な活動を推進していきたいと考えています。
将来の野望はお粥の宅配サービスを通して、少子高齢化の日本社会に役に立てるよう頑張りたいと思っております。


多分、「お客様に感激申し上げ、安全で安心な食を手ごろな価格でお応えする」は日本語としては「食をお応えするのかよ!」と突っ込みが入ってしまうところだと思う。
でも、「お応えする」と言いたい気持ちがストレートに伝わってくる。

キーワードを拾ってみよう。

お客様
感謝
誠心誠意
真心
おもてなし
語り合うこと
ストレスを解消
活力を取り戻す
交流の場と時

すごく謙虚で、お客様第一主義を絵にかいたような言葉が並んでいる。

そして、このような言葉が並んだ最後は、「将来の野望」である。

いやあ、いいあるねえ。
ものすごい生命力とたくましさ!

真冬の渋谷の街で、先ほど目にした岡本太郎氏の描く生命力と香港ロジの生命力が融合し、巨大なエネルギーとして体内にとりこまれる。

藝術是一場爆炸、香港ロジ!
一統天下、唯独香港ロジ!
健康的來源、香港ロジ!

さあ、今度来たら何を食べようかな!


■ 香港ロジ 食べログ情報
・電話:03-3464-1866
・住所:東京都渋谷区桜丘町2-3 堀ビル 1F
・交通手段:JR山手線・埼京線【渋谷駅】南口 徒歩2分
・営業時間:11:00~15:00/17:00~23:15(L.O.)
・定休日:土曜日


180121omu15.png

● COMMENT ●

 文法なんて知りませんが、

唯、青島独(の)みを持って天下を統一する!!!

つまり、俺(青島ビール)が一番だ、文句あっか・・・でしょうかね。
 お粥は私もよく食べますよ。昨日の残りの御汁に冷や飯放り込んで、解き玉子を回しかければ出来上がり。最後にプランターの三つ葉を落とせば彩りも・・・三つ葉、すっかり枯れてたorz・・・葱で代用。
 全然話は変りますが、世界三大料理は

イタリア料理
トルコ料理
和製中華料理
日本料理
怖いもの食べたさのイギリス料理
山盛りの大皿オムライス

とさせて頂きます。え゛、六つある?キニスンナ

Re: タイトルなし

miss.keyさん、再びこんにちは!

おー!
世界三大料理!!
6つある三大料理の中でも、山盛りの大皿オムライスが一番だなんて感動です!!!!!!!

え?

そんなこと誰も言っていない???

おかしいなあ・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1134-15db2282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

きみの朝 «  | BLOG TOP |  » 【結果発表】 たこ焼き vs たい焼き

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (104)
競馬関連 (23)
その他 (503)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR