topimage

2018-05

ブログ再開!  - 2018.03.19 Mon

1月28日の記事を最後に、ブログの更新から遠ざかっていた。
更新していないにもかかわらず、日々、訪問してくださった方々、コメントをくださった方々には感謝の念が堪えない。
ボクの中で、申し訳ない気持ちと、訪問だけではなく拍手まだしてくださるうれしさが共存していて、つまるところは、

月並みですが、こころより御礼申し上げます。

ところで、なぜ更新から遠ざかっていたのか?

このブログを始めてからもう随分と長いこと経つけど、今一度原点に帰ろうかと。

大好きなオムライスを「幸せの象徴」としてとらえ、「つながり」「ぬくもり」「まごころ」をコンセプトにしたブログ。
そして、訪問した店で思いついたストーリーを書く。
これが原点。

最近は、オムライスは食べれどなかなかストーリーを書く時間が取れず、「単なる食レポになっているのでは?」といった疑問が自分の中でどんどん膨らんできていた。

自分がやりたいことは何?
何のために?
誰のために?

そこで、充電期間(冬眠かも)を設けて「オムライスのある風景とは?」の自問自答を繰り返し、結局は原点回帰の結論に。
ただし、ストーリーを書く時間はとれないかもしれないかもしれないので、その代わりとして、オムライス店紹介+αを記事に加えようと思っている。

さて、その第一回目。

去る2月24日。
栃木県の小山に行ってきた。

夕刻、小山駅に到着。
西口の駅前広場に降り立つ。

180319omu4.png


目的は次回話すとして、小山は通過するばかりで降りるのは初めて。
パッと思い浮かぶのは2005年に閉園した「小山ゆうえんち」。
それと、かつては野球が強かった小山高校。
ヤクルト、巨人、阪神で活躍した強打者、広沢克実の出身校である。

駅を背に、西方向へと伸びるメインストリートを歩く。
しばらくは立派な商店街が続き、国道4号線と交わる交差点を過ぎたあたりから郊外の景色が広がり始める。

こちらは市役所に隣接する「小山御殿跡」の広場。

180319omu2.png


江戸時代の途中(1682年)までここには徳川将軍家の日光社参時の宿泊施設があったとのことで、今は各種イベントの会場として使われている。

小山御殿跡を横目に更に歩を進める。
と、やがて、大きな橋が。

橋の名は「観晃橋」で、その橋がかかる河川の名は「思川」。
思川は、栃木県鹿沼市の足尾山地地蔵岳を源流とする渡良瀬川の支流。

180319omu3.png


おもいがわ。
思いが流れる川。
すごい名前の川だ。

いったい、どんな由来でつけられたのだろう?
小山市郷土文化研究会「小山の伝説」によると、以下の2つ。

その1 「思いの川」伝説
昔、花見が岡(下野市)の豪家のひとり娘お三輪が病床についた。
婿の市太郎は、お三輪の回復を祈るため、毎晩、黙って家を抜け出し、川を渡って惣社の明神までお詣りしていた。
ところが、市太郎が毎晩黙って家を抜け出すのは、他に好きな人ができたと思いこんだお三輪は、夫を愛するあまり大蛇に姿を変え、夫をのみ込んでしまった。
2人の思いから、「思川」と呼ぶようになった。

その2 「田心姫」伝説
神話に出てくる、水に縁のある女神「タゴリヒメ」を漢字で書くと「田心姫」と書く。
昔、思川の流域に水田が発達するようになったとき、人々は川の恵みの大きさをたたえ、「田」「心」の2字を「思」という1字につめて、「思川」と呼ぶようになった。

その1は恐ろしい話だ。
病気の身で大蛇に変身できるほどのパワーがあるとは……。
しかも、外出の理由を何も聞かずにのみ込んでしまうなんて。
市太郎さんは「男は黙ってサッポロビール」の職人気質だったのかな?
何れにせよ、お互いにもう少し会話をすれば避けられた出来事ではないだろうか。

その2は納得。
言われてみると、まったく意識していなかったけど、「思」は「田」+「心」だ。
農耕文化の日本。
田んぼで、豊作と家族の幸せを祈りつつ仕事をしていたので「田」に「心」で「思」。

なるほど。

それにしても「思川」には考えさせられる。
由来はともかく、ボクにとっては「思いが流れる川」。

「思い」
それはとても大事なこと。

「思い」があるから生きている。
生きているから「思い」がある。

ブログへの思い。
自分がやりたいことへの思い。

まさに思いあぐねてあた時だけに、「思川」の名は心に響く。

180319omu1.png


さて、そろそろ行こうか。
しばし思川の夕景を眺めた後、再び目的の地へと歩き出す。

ここまで来ればもうすぐ着く。
目的地の名は、たから園現代工芸。
そこは、「大いなる思い」に満ち溢れている……。

● COMMENT ●

 お、小山だ。わたくし、6年位前まで此処に住んでましたよ。小山駅西口歩いて二分。市役所の目の前でした。ちなみに小山御殿跡は最近まで荒地でした(笑
 思川は思川桜が有名(?)です。ピンクの八重っぽい小山の固有種で川沿いにずらっと並んでます。季節には祭りとかも開かれて結構にぎやかなんですが、いまいち知名度が上がらないのは何故だろう。

Re: タイトルなし

miss.keyさん、こんにちは!

おー!
小山に住んでいらしたんですね!!

思川桜、いいですね!
ぜひ観てみたいものです

あちらこちらにある日本の原風景を、
これからは今まで以上に大切にしながら
しっかりと見つめていきたいです♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1136-38790442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

素晴らしき、思い、wish、そしてその体現! «  | BLOG TOP |  » きみの朝

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (103)
競馬関連 (23)
その他 (498)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (208)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR