topimage

2018-09

素晴らしき、思い、wish、そしてその体現! - 2018.03.27 Tue

思川に思いを馳せ、いざ目的地へ!

目的地は先の記事にも書いた、たから園現代工芸 ( ← リンク )。

この日に開催されていたのは、「四狭間かなたさん、星温美さん、田島慧喜さん」の三人展。
この三人展は、読売新聞ニュース ( ←リンク ) にも掲載された展覧会で、Trip of the art ( ← リンク )の慧喜さんに招待いただき楽しみにしていた。

思川を渡りしばらくすると、通り沿いに佇む「たから園現代工芸」のお茶屋のような建屋がお目見えする。
(実は、小山に到着後、なかなかギャラリーに到着しないボクを心配してくれたオーナーの配慮もあって、当事者の四狭間さんと慧喜さんがクルマでわざわざ途中まで迎えに来てくださった。これには深謝!!)

180327omu1.png


「お茶屋のような建屋」と書いたが、現にお茶を販売している店舗と併設されており、北関東の郊外 (日本古来の趣が残り、かつ、ちょっと寒空が似合う雰囲気と勝手に思っている)にぴったりの、まさに「この地にしてこのギャラリーあり!」といった様相を醸し出している。

中に入ると、その様相はより一層色濃く感じることができる。
静謐の中に漂う心地よい空気。
それは洋風の荘厳さではない、「和」のぬくもり。

そして、素朴であたたかい陶器とやさしさにあふれる絵画の融合が奏でる調和。
不思議なほどに、お互いがお互いを引き立てあっている。

180327omu2.png


なぜだろう???
しばし思考を停止させ、感じるがままにこの空間が発するメッセージを受け取る。

そんな中、陶器の説明が書かれた紙に目をやる。

と、偶然なのか必然なのか、そこには「須恵器(すえき)」の文字が……。

180327omu3.png


おー!
これだあ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

須恵器(すえき)と慧喜(えき)の融合!

ひとり勝手に納得。

その後、作品を堪能。

慧喜さんが自らの原点とおっしゃる「I 'm seeking. (私は捜している)」。
この色使いとデザイン(線の入れ方等)は独特の豊かなセンスだと思う。

180327omu6.png


今回真っ先に目をひかれたのが「冬将軍の娘Ⅰ」。
しかし、すでに売約済。
残念!

180327omu4.png


で、入手したのがこちら!

180327omu5.png


「天狼の瞳」。
額縁も含めて慧喜さんの自薦もあり、喜んで購入させていただいた。

「天狼」とは冬空に輝く「シリウス」の別名。
太陽を除けば、地球から見える最も明るい恒星が「シリウス」。
まさに、ひときわ明るく輝きながら冬の寒空に突き刺さる、美しきシリウスの瞳。
観れば観るほどその素晴らしさにひかれる逸品だ。

さて。

慧喜さんについてもう少し書かせていただく。
プロのアーチスト(画家)として、今年は退路を断ち、さらなる飛躍を遂げようとしている。
個展も計画されているし、いろいろな方面からその絵の素晴らしさが評価されはじめている。
秀でたテクニックだけあっても評価は得られない。
人に訴えかける「本人の魂」がどれだけ込められているか。
「この絵の中に飛び込んで行きたい」と思えるか。
それは、理屈の世界ではない。

荒々しい絵も描きたい。
今年は田島慧喜に別れを告げる。
そう本人は話されている。

思い
wish

未来

希望

自らの未来を、夢を、希望を、自らの手でつかもうとする、思い、wish

よいときばかりではない。
スランプもあるだろう。
弱気になるときもあるだろう。
しかし、自分を信じて、逃げることなくそれに真剣に向き合う。

「天狼の瞳」は「慧喜さんの瞳」かもしれない。
「田」+「心」が「思」ならば、「彗」+「心」が「慧」。
「彗星」が放つ、「心」の中の一瞬の光。
その意は、「一瞬のひらめき」だという。

一瞬のひらめき。
センス。
そして、魂の叫び。
これから慧喜さんがどんな「絵」=「慧」=「世界」で魅了してくれるのか、楽しみで仕方ない。


さてさて。

絵を楽しんだ後は次の目的地へ。

そう、お目当てのオムライス!
次回はその記事を!!

● COMMENT ●

Omunaoさん

小山まで足をお運び頂き、
こうして記事にして頂いて本当にありがとうございました!

須恵器=慧喜、
言われるまで、私はまったく気付かず...ーー;
Omunaoさんの着眼点、さすがと思いました。

「天狼の瞳」についての説明も有り難うございます!
冬が好きな私、「冬将軍の娘」もそうですが、
どうしても冬をテーマに描きたかったんです><
特にシリウスは、以前から大事にあたためていたモチーフでした。

ギャラリーでは遅くまでお付き合い下さって、
また色々と話を聞いていただき、有り難うございました!

その想いを、文章としてこうして形にして頂き、
とても嬉しく思います。

読ませて頂いて、元気をもらいました!
更に力強く踏み出していけそうです。

次回のオムライス記事も楽しみにしてます♪

Re: タイトルなし

慧喜さん、こんにちは!

素敵な絵をありがとうございます!!
シリウスは、なるほど、大切なテーマであり、そういった思いが込められてるんですね!
これからの慧喜さんの世界の広がりがますます楽しみです♪
先ずは個展に向けて突き進んでください!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1137-a70634d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2018 さくら、咲く «  | BLOG TOP |  » ブログ再開! 

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (104)
競馬関連 (23)
その他 (503)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR