topimage

2018-11

愛を知る県訪問記 2018夏 その3 - 2018.08.25 Sat

多治見を後にして、向かったのは愛知県長久手市にある
トヨタ博物館 ( ← リンク )

180820omu15.png


クルマ好きにとって、ここは天国!!
あこがれていたクルマや好きだったクルマが、これでもかとばかりに並んでいる。
心は、それはもう大騒ぎ。
童心に戻って写真を撮りまくり!!
では、一気に行きませう♪

これは2005年に行われた「愛・地球博」で使われたバス。

180820omu4.png


もう13年前のデザインなんだけど、近未来的。
一方で、こんなバスも!

180820omu1.png

ボンネットバス。

田舎のバスはおんぼろ車♪
タイヤはつぎだらけ 窓はしまらない♪

運転席もめっちゃシンプル!

180820omu2.png


では、館内に!

自動車黎明期の数々のクラッシックカーも展示されているが、ここでは割愛。

ブガッティ タイプ 35B (1926年・フランス)。

180820omu5.png


エットーレ・ブガッティの作品のなかで最も有名な量産レーシングスポーツカー。
カーグラフィックTVのオープニングが脳内でリフレイン♪




フォルクスワーゲン "輸出仕様" (1951年・ドイツ)

180820omu16.png

言わずと知れた、通称「ビートル」。
ワーゲン占いなんてのもあったっけ。
・ワーゲンを一日3台見たら幸運
・5台または7台見たら幸福になれる
・白は幸運のワーゲン
・黄色は幸福に一気にゴール
・水色または緑色はカウントリセット、数え直し、ふりだし
・黒または赤はゲームオーバー、1日ツイテない


トヨペット クラウン RS型(1955年・日本)

180820omu3.png


初代クラウン。
前後のドアが「観音開き」に開くことで有名。
2000年には、トヨタ自動車生産累計1億台達成記念車として、このクラウンを模した「オリジン」が1,000台限定で発売された。


ニッサン セドリック 30型(1960年・日本)

180820omu23.png


トヨタがクラウンならば、日産はセドリック。
個人的にはピニンファリーナがデザインをした2代目 130型系が大好きで、ミニカーは宝物だった。


クラウンvsセドリックならば、こちらはBC戦争!

ダットサン ブルーバード 411型(1965年・日本)

180820omu12.png


トヨペット コロナ RT40型(1964年・日本)
※写真は1967年製

180820omu6.png


日産のブルーバードトヨタのとコロナで繰り広げられた熾烈なマーケティング競争。
トヨタ博物館でも、しっかりと隣同士に並べられている。


トヨタと日産の熾烈な競争と言えば、BC戦争もあるが、こちらも!!

ダットサン サニー B10型(1966年・日本)

180820omu21.png


トヨタ カローラ KE10型(1966年・日本)

180820omu20.png


サニーの1000ccに対して、カローラは1100cc。
「プラス100ccの余裕」をうたい文句に、こんなCMも!




これに対抗して2代目 B110型サニーは1200CCに。
そして、CMでは……。




いやあ、面白い!

さあ、どんどん行きましょう!


ホンダ S500 AS280型(1964年・日本)

180820omu8.png


運転席もカッコイイ!

180820omu9.png


トヨタ 2000GT MF10型(1968年・日本)

180820omu10.png


これぞ名車!
もう、余計な言葉はいらないね!
隣は「ヨタハチ」ことトヨタ スポーツ800 UP15型(1965年・日本)。
漫画「逮捕しちゃうぞ」では美幸が乗ってたなあ……。


トヨタが2000GTならば日産はこちら!

ニッサン フェアレディ Z432(1970年・日本)

180820omu14.png


それぞれのメーカーのスポーティーなクルマは憧れの的だった。

トヨタ車で大好きだったのがこれ!

トヨタ セリカ TA22型(1970年・日本)

180820omu7.png

やっぱり、ツインカムの1600GT。
1800STはにせもの扱い。


いすゞ 117クーペ PA90型(1970年・日本)

180820omu27.png


いやあ、美しい!
発売は1968年で、最初は一部手作りだった。


三菱 コルト ギャランGTO-MR型(1971年・日本)

180820omu13.png


ジー、ティー、オー
これも大好きだった。
グレートティーチャーオニヅカじゃないよ。


軽自動車も特徴的だった。

スバル 360 K111型(1958年・日本)

180820omu18.png


通称「てんとう虫」。


ホンダ N360 N360型(1969年・日本)

180820omu19.png


通称「Nコロ」。


変わり種もいろいろ。

メッサーシュミット KR200(1955年・ドイツ)

180820omu22.png


フジキャビン 5A型(1955年・日本)

180820omu17.png


続いてはルパン三世でおなじみのクルマ。

フィアット ヌォーヴァ500L(1972年・イタリア)

180820omu29.png


アメリカンドリームもたくさん!

タッカー’48(1948年・アメリカ)

180820omu28.png


フォード サンダーバード(1955年・アメリカ)

180820omu25.png


キャデラック エルドラド ビアリッツ(1959年・アメリカ)

180820omu26.png


シボレー インパラ(1959年・アメリカ)

180820omu24.png


締めはこちら!

フェラーリ BB512(1979年・イタリア)

180820omu11.png


ランボルギーニ・カウンタックと「公道世界最速」の称号を競いあっていたスーパーカーの代表格!
このクルマからボクはフェラーリファンに。
デザインも良いが、「フェラーリサウンド」と言われる音がなんとも言えない。

ということで、紹介したいクルマはまだまだたくさんあるのだけどこの辺で。
みなさまの思い出の一台は何ですか?

最後はこの曲で!

●小林旭 自動車ショー歌




180820omu30.png

● COMMENT ●

こんちはー

ブルーバード 411型、いまみてもカッコイイですねー。
箱型でここまでかっこいいのはなかなかないですよね。

セリカのデザインは、傑作のひとつだと思います。
個人的には、日産・フェアレディZ4代目のZ32型と並んで、
極めてオリジナリティの高いデザインだと思っています。

いすゞ 117クーペは、カッコイイというのではないのですが、
味のあるデザインで好きです。
'80年代半ばでも、街をよく走っていましたよね。
いまでは、全然見なくなってしまいました。

ギャランGTOねぇ、当時としては思い切った
スポーツデザインでしたよね。
ギャランFTOというのもありましたね。

メッサーシュミットのKR200は、
映画『未来世紀ブラジル』で使われているので
初めて観ました。
街を走っているのも、2度ほどありまっせー。

フジキャビン5A型は、こちらで初めて知りました。
'50年代に、こんなのがあったんですね!
おどろきー

コメント失礼します!!

トヨタ博物館行ってみたいですね。
日本車も歴史が長いので名車が放つオーラは相当なものでしょうね。

こういうノスタルジックな雰囲気のなかで、昔ながらのオムライスなど食べれば気分最高に
なりそうですね(#^.^#)

こんばんわ
お洒落な車ですね

Re: こんちはー

つかりこさん、こんにちは!
返信が遅くなりすみません。。

1台1台じっくりと見てきましたが、実際に運転できたらなあって思いもあり、うれしいやら悔しいやら。
そんな魅力にあふれたクルマたち。
この「思い」は大切にしていきたいです。。

Re: タイトルなし

エムロックさん、こんにちは!

返信が遅くなりすみません。。

> 日本車も歴史が長いので名車が放つオーラは相当なものでしょうね。

いやあ、すごいですよ!
今でも光り輝いていて、走っていたらすごく目立つでしょうね

> こういうノスタルジックな雰囲気のなかで、昔ながらのオムライスなど食べれば気分最高に
> なりそうですね(#^.^#)

はい!
にやけっぱなし間違いなしです!!

今度は黄色いZで乗り付けますよ!

Re: タイトルなし

ネリムさん、こんにちは!

はい!
すごくお洒落で、魅力的です
どれもこれも味わいがあり、見ていて飽きることがありません
逆に、今のクルマで博物館ができるのだろうか?と思ったりします。。
クルマ好きとして、クルマたちはいつまでも光り輝いていてほしいと思います


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1151-b1f08b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Love at First Sight! «  | BLOG TOP |  » 愛を知る県訪問記 2018夏 その2

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (105)
競馬関連 (23)
その他 (505)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (209)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR