topimage

2019-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンいまい - 2019.03.18 Mon

街角に綴られたネバーエンディングストーリー

190317omu2.png


---------------------------------------------------------------------------------------

小田急線各駅停車の旅というわけではないのだが、相模大野に続いて今回はお隣の町田。

190317omu16.png


駅北口より町田街道沿いに広がる栄通り商店会を進む。
駅周辺は賑やかなこの商店会も、郊外に向かうにつれて人通りは少なくなる。

190317omu17.png


目的地に行く途中にある「居酒屋藤」にはこんな張り紙が。

190317omu18.png


45年かあ……。
長きに渡って親しまれてきた店の、たった一枚の張り紙に記されたお客さんへの感謝の気持ち。
やはり寂しいものがある。

町田駅から歩くこと約10分。
そんな感傷に浸りながらお目当ての店に到着。

店の名は、キッチンいまい

190317omu7.png


こちらは1962年(昭和37年)創業の老舗洋食屋。
外観を写真に収めた後、ドアを開けて店内に。

190317omu15.png


さっそく、オムライスとアイスコーヒーを注文。

「アイスコーヒーは食後になさいますか?」
丁寧な口調で問う奥様。

「いや、先にお願いします」
コーヒーには脂質を分解したり糖の吸収を抑える働きがあるとのことで、最近は食前に飲むことにしている。

ほどなくしてコーヒーが運ばれてきた。
器に入ったガムシロップとスジャータに何だか懐かしさを覚える。

時間は11時50分。
コーヒーを口にしながら料理の出来上がりを待つ。

スピーカーからかすかに聴こえてくる曲は、リマールの歌う「ネバーエンディングストーリー」。
大好きな映画で、これまた懐かしい。

室内は昭和レトロの雰囲気を出しつつも、とてもきれいに掃除されている。
特に、床がピカピカで、食事をする身にとってとても心地よい。

190317omu3.png


やがてサラダが到着。

190317omu4.png


レタス、キャベツ、トマト、キュウリ。
ありきたりの素材だが、どれもこれもみな美味しい!

続いてコンソメスープ。
こちらも丁寧に作られていて計算されつくした味わい。
何気ないようでいて凄いプロ技が光る。

190317omu6.png


店の調度から料理まで、何もかもが丁寧に手を抜くことなく磨き上げられている。
これはますますオムライスが楽しみだ。

190317omu14.png


そして、オムライスが出来上がり目の前に。

190317omu9.png


おー!
美しい!!
まさに絵に描いた、洋食のお手本のようなオムライス。
お皿のIMAIの文字にもよく合ってる。

190317omu10.png


さらに、このオムライスはただ美しいだけではない。
その香りがすごい。
「たまごをいい塩梅に焼くと、こんなにいい匂いがするんですよ」と言わんばかりの美味しそうな匂いが、ふわーっと漂ってくる。

190317omu11.png


中のチキンライスはそんなに濃くはない!
では、さっそく、いっただきま~す!!

190317omu8.png


おおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!
たまご、よし!
チキン、よし!
ご飯、よし!
タマネギ、よし!
しめじ、よし!

なんだこの丁寧さは!!
ひとつひとつの素材単体も味わい深く、それらを併せ炒めた味も素材の良さが引き出されていて素晴らしい。
まさに、老舗洋食屋職人の神髄ここにあり!

190317omu5.png


感動の食事を終えて会計を済ませる。

「いやあ、ホント美味しいですね。たまごの焼いた匂いから引き込まれました」
奥様に感想を述べる。

「ありがとうございます」

「それと、店の掃除が行き届いていてとても綺麗ですね。特に床がピカピカで、その丁寧さが料理に通じていると思いました」

「そこまでおしゃっていただけるなんて。床は主人がこだわって毎日毎日磨くんです」
そう言うと奥様は、うれしそうに厨房にいたご主人に話しかけた。
「床がすごくきれいですって!」

そのそぶりを見て、ご主人が厨房から出てこられた。

「床がすごくきれいですって!」
再び繰り返す奥様。
「?」
無表情のご主人。

「床がすごくきれいですって!それが料理に現れてるですって!!」
「?」

80歳を優に超えたご主人は耳がよく聞こえないとのこと。
奥様の何度目かの言葉に、ようやくご主人の顔がほころぶ。

「私は外人で。通訳がいないと話せないんですよ」
奥様の方を指さしながら、照れながらそう語る洒落の効いたご主人。

「うちは主人が頑固で、手作りのソースも創業以来味を変えてないんですよ」
お互いを見つめるご主人と奥様の笑顔がはじける。

「写真を一枚いいですか?」

190317omu1.png


誇りと確かな年輪が刻まれたご主人の素敵な笑顔。
厨房にいらしゃるもう一方はご子息だろうか。
この店には、いつまでもここに在り続けていてほしいと、切に思う。

店の入り口付近にはルート66の看板が。

190317omu12.png


人生の旅路にも似た、果てしないアメリカ横断の旅。
いや、果てしないアメリカ横断の旅にも似た、人生の旅路。

挨拶をすませて店を出る。

店内でかかっていたあの曲が脳内再生される。

ネバーエンディングストーリー。

ひとりの人生も、一軒の店も、どれもみな、それぞれが描くかけがえのないネバーエンディングストーリー。

キッチンいまい。
栄通りの街角に綴られたそのネバーエンディングストーリーが、明日への道を教えてくれる。


● Limahl - Never Ending Story - 1984
.


■ キッチンいまい 食べログ情報
・電話:042-722-0505
・住所:東京都町田市中町2-1-1
・交通手段:小田急町田駅より徒歩10分
・営業時間 11:00~14:00 17:00~20:00
・定休日:土曜日

190317omu13.png

● COMMENT ●

ご主人の笑顔が素敵です(#^.^#)

お仕事の丁寧さが分かると食べる方もうれしくなりますよね。
今回も素敵なお店を紹介していただきました!!

Re: タイトルなし

エムロックさん、こんにちは!

ありがとうございます!!
ホント、素敵な店ですよ♪
この笑顔、いつまでも在り続けてほしいですよね

Re: オムライスで有名なお店情報

鍵コメさん、こんにちは!
貴重な情報ありがとうございます!!
興味津々、ぜひ行ってみたいです♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/1173-d56c889b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八起 横浜店 «  | BLOG TOP |  » ジョリーマァム (Jolly Mom)

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (124)
競馬関連 (23)
その他 (508)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。