2013
09.17

日本語とヘブライ語

Category: その他
以前、北海道の知床で、「地の涯(ちのはて)」というホテルに泊まった。
知床五胡を巡るには絶好の場所だし、近辺で野生の鹿や北キツネにお目にかかれることもある。

何よりも「ちのはて」という名前がすごい!
ホテルの方に伺ったところ、「知床」というのはアイヌ語で「ちのはて」を意味するとのこと。

なるほどねえ。知床ってそういう意味だったんだあ……。

ボクは何かと起源や元祖に関する話が好きなので、物知り博士になった気分で知床の意味を周囲に触れ回ったりした。

起源に関して勝手に類推するのも好きだ。
たとえば、アイヌ民族と沖縄民族ってともに縄文人っぽいから、元は一緒で、弥生人に追いやられて北と南にわかれたんじゃないのかなあ、とか。


さて今日は、そんな興味から見つけた「日本語とヘブライ語の関係」について。

日本語とヘブライ語が似ているというのは、眉唾ものかもしれないし信憑性はわからないが、「日ユ同祖論(日本とユダヤのもとが同じ)」に代表されるように、いろいろと言われている。

wikipedia「日ユ同祖論」← 詳しくはこちら(リンク)

例をみてみよう。

表記は、上から「日本語」「ヘブライ語」「訳」

君が代

君が代は
クムガヨワ
立ち上がれ

千代に八千代に
テヨニ ヤテヨニ
神に選ばれしシオンの民よ

さざれ石の
サッ(サ) サリード
喜べ!神の国を受け継ぐ残された民よ

いわおとなりて
イワオト ナリタァ
神の予言が成就する

苔のむすまで
コ(ル)カ ムーシュマッテ
全地で語り鳴り響け!


かごめかごめ

かごめかごめ
カゴ・メー カゴ・メー
誰が護る 誰が護る

かごの中の鳥は
カグ・ノェ・ナカノ・トリー
硬く安置された物(神輿・アーク)を取り出せ!

いついつでやる
イツィー・イツィー・ディユゥー
契約の箱に封じ込められた神器を取り出せ

夜明けの晩に
ヤーアカヴァニティー
神譜を取り 代わるお守りを作った

鶴と亀がすべった
ツル・カメ・スーベシタ  
未開の地にたくさん水をひいて

後ろの正面だあれ
ウッシラ・ショーメン・ダラ
水を溜め、その地を統治せよ!

その他、「ソーラン節」の意味とか、相撲の「はっきよい、のこった」は「やっつけろ。お前は敵を撃破した」だとか、いろいろと言われている。

言葉だけでなく、神社やお祭りも。

え~と、たとえば鳥居。

モーセが、「エジプト脱出(ヘブライ奴隷集団の脱出)」の際、ヘブライ人たちに“殺戮の天使”の害に合わないためにと、玄関口の二本の柱と鴨居に羊の血を塗らせ、“殺戮の天使”が静かに通り過ぎるまで家の中で待つように指示したとある。ちなみに「トリイ」はヘブライ語アラム方言で「門」という意味。

この「エジプト脱出」の前夜の話は「過越祭」となった。この祭を調べてみると、日本の正月によく似ている……。

それと、羊かあ……。

そういえば、「羊を神に捧げる」という話がある。

「犠牲」の「犠」は、牛と羊で我を隠している。

「羊」という漢字は羊を前から見た姿で、「美」は後ろ(上)から見た姿という。

羊は、人の代わりに犠牲となってくれる美しい生き物???


そう考えると、いろいろなものがつながってくる。

いやあ、世界はつながっているのかあ?????

興味がある方は調べてみたらいかが。。。

では最後に、世界をつなげた歌をどうぞ。

● 恋のマイアヒ



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/203-b071e271
トラックバック
コメント
す、すげーぇぇぇ
前々からOmuさんは只者ではないと思っていたが・・
どちらの教授ですか?
ハノイ!dot 2013.09.18 08:05 | 編集
出たっ! 空耳ソング、マイアヒ~♪

なつかしいわ~。
世界がつながっているのは~、

地球はひとつ~
みんなの仲間~♪ (← 知ってる?)

だからですよ~ん(*^_^*)
さとちんdot 2013.09.18 12:24 | 編集
こんにちは。
日本語とヘブライ語>面白いですね!こんなに酷似しているなんて。
お恥かしながら、北海道に住んでいても「アイヌ」の事もあまり知らなければ知床にも行った事ない私です…////
札幌からでも知床は遠い遠い地の果てですわ~
でも札幌でもその辺の山に入ればキツネや鹿やクマはいそうですよ^^
とっしdot 2013.09.18 18:03 | 編集
ハノイさん、こんにちは!

> 前々からOmuさんは只者ではないと思っていたが・・

いえいえ、思い切りただものです~!!

> どちらの教授ですか?

えーとですねえ、バカ田大学ですよ!
アンサイクロペディアの説明ですと以下の通りです。

バカ田大学(ばかだだいがく、英語: Bakada University 略称: バカ大)とは、アジアを代表する日本の総合大学である。一般的にCambridge、Harvard、Bakadaをビッグ3と呼び、世界最高の研究・教育機関とされる。ノーベル賞受賞者を多数輩出し「東洋最高の学府」とも呼ばれる。入学するのにはセンター試験を全教科満点・卒業生10名以上の推薦・読書感想文・面接・一発ギャグ・あいうえお作文など数多くの関門が存在する。代表的な卒業生にはバカボンのパパや小池徹平などがいる。バカボンのパパを記念して「バカボンのパパ記念講堂」が建設されている。 一部報道では、美国のブッシュ氏も卒業生とされているが、大きな間違い。

医学部は外国語(英語・ドイツ語)、数学、国語、理科(物理・化学・生物)、地歴、公民(政経倫理のみ)、一般教養の10教科が必須科目であり、その上合格最低ラインが98%の得点率である為、世界最難関である。 その他学科は外国語(英語)、数学、国語、地歴、公民の5教科であるが、ほとんどが常識越えの専門分野からの出題であり、やはり合格は難しい。

ということで、生徒がすごいので、結構大変な毎日なんですよお。。。
Omunaodot 2013.09.18 23:09 | 編集
さとちんさん、こんにちは!

> 出たっ! 空耳ソング、マイアヒ~♪
>
> なつかしいわ~。

ね!なつかしいですよね!
ボクも思わず聞き入っちゃいました。。。

> 世界がつながっているのは~、
>
> 地球はひとつ~
> みんなの仲間~♪ (← 知ってる?)
>
フォーリーブスですよね!
もしかしてファンでしたか???

> だからですよ~ん(*^_^*)

そうですね!
ここで知り合えたみなさんも、みんなみんなそうですよね!!
みなさんに支えてもらっているのを実感しています。
ボクもガンバッテ、毎日ブログ更新しますよ~!
お互い楽しみながら進んでいきましょうね!
Omunaodot 2013.09.18 23:18 | 編集
とっしさん、こんにちは!

> お恥かしながら、北海道に住んでいても「アイヌ」の事もあまり知らなければ知床にも行った事ない私です…////
> 札幌からでも知床は遠い遠い地の果てですわ~

あ、札幌なんですね!いいなあ!!
広いし、道内でも違う生活圏なので、行かないですよね……。
ないものねだりかもしれないけど、やっぱり北海道は憧れですね。。。

> でも札幌でもその辺の山に入ればキツネや鹿やクマはいそうですよ^^

知床五胡には「熊出没注意」の看板がありましたが、もし出てきたらどうしようと本気で思いましたよ。。
そういえば、何年か前に円山公園に熊出没のニュースがありましたね!
市街地で熊に会ったらびっくりですよねえ。
Omunaodot 2013.09.18 23:28 | 編集
> たとえば、アイヌ民族と沖縄民族ってともに縄文人っぽいから、
> 元は一緒で、弥生人に追いやられて北と南にわかれたんじゃないのかなあ

↑僕もそう思っています。
九州や東北、いや日本中に、「熊襲」顔の人がいますよね?
そいう人たちの先祖はみんな縄文人では?

僕の実家は北海道ですが、
番犬の代わりに熊を門の横に小屋を作ってつないであります。
北海道の暴走族は、冬はスノーモービルで活動してます。
・・・とか言うと、だいたい信じますよねぇ?
つかりこdot 2013.09.20 15:06 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

そうですよねえ!
いやあ、つかりこさんとはいろいろと考えも共感できますねえ!!
アイヌと沖縄、もうちょっと突っ込んでみよっかなあ。。

そうなんですかあ、北海道では番犬は熊なんですかあ。。
スノーモービルの暴走族……。

そういえば、あれは北海道のどの町でしたっけ。
冬の寒い日に、特攻服に身を包んだ若者が、タケヤリ、デッパのチバラギ仕様のスノーモービルでババンバンバンって音を響かせながら走ってましたねえ。。。
思わず後を追っかけてしましましたが……。

なんて夢を今日は見たいなあ。。。
Omunaodot 2013.09.21 02:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top