topimage

2019-05

特定秘密保護法可決の日に当たり…… - 2013.12.07 Sat

はじめに。

今日の記事は賛否両論あるかも知れません。
ご興味のない方は読み飛ばしください。

********************

特定秘密保護法が可決された。

この法は、安全保障に関する情報のうち「特に秘匿することが必要であるもの」を「特定秘密」として指定し、取扱者の適正評価の実施や漏洩した場合の罰則などを定めることを目指すもの。

政府が法律を作ろうとしたきっかけは、2010年に起きた尖閣諸島沖漁船衝突映像のインターネット流出事件がきっかけと言われている。

秘密保護法の骨子は以下の通りである。

・「その漏えいが我が国の安全保障に著しく支障を与えるおそれがあるため、特に秘匿することが必要であるもの」を行政機関が「特定秘密」に指定する

・秘密を扱う人、その周辺の人々を政府が調査・管理する「適性評価制度」を導入する

・「特定秘密」を漏らした人、それを知ろうとした人を厳しく処罰する

今後、この法が「スパイ防止」に役立つのか? はたまた「言論の自由」や「知る権利」を奪うものなのか、しっかりと見届けたい。


さて今日の記事だけど、この法が可決された今、真面目な顔で戦後の日本の統治(裏の話)について語ってみたいと思う。

1945年8月15日。日本の敗戦で太平洋戦争は終結した。

ここから戦後の日本が始まる。

戦勝国が日本に対して恐れたもの。

それは大和魂。

まあ、特攻隊とかを見たら理解できないだろうね。
そもそも「散る美学」とか「敗者の美学」なんてのはDNAに刻まれていないだろうし。

さて、日本を統治するためにどうやって大和魂を封じるか?

植民地統治の常套手段を用いればよい。
現地の有力者を抱き込む。そして虐げられていた少数民族を使って統治させる。

CIAは考えた。

そこで登場するのが「巣鴨プリズンコネクション」。
戦後、A級戦犯だった児玉誉士夫、笹川良一、岸信介、正力松太郎らが投獄されていたのが「巣鴨プリズン」であり、ここで戦後の日本統治の使命を与えられた関係はそう呼ばれている。

絞首刑は免れないはずのA級戦犯の彼らは理由もなく釈放されるのだが、釈放を決定をしたのはGHQを直轄していたトルーマン大統領だったといわれている。

何故?

CIAのエージェントとしてアメリカの命に従って日本の諜報活動をさせ、一方で日本を仕切らせるためである。

戦時中、海軍に所属していた児玉誉士夫は、中国(上海)で、戦闘機生産のためのダイヤ、プラチナ、タングステン、コバルト、ニッケルなどを調達する任務を与えられる。

そこでできたのが物資を調達する「児玉機関」。そして、その児玉機関を支配していたのが笹川良一であり、上海から持ち帰った資金は、一説に現在の時価にして3750億円とも。

この金を日本統治に使わない手はない。

この資金の一部を自由党(自民党の前身)の結党資金として提供。このとき共に動いた岸信介は後に総理大臣になるが、この流れをくむのが今の自民党「清和会」である。

これで政治の構造は出来た。

次に行うこと。

民衆の統治。

そのためには必要なのは興業、娯楽。

さあ、正力松太郎の出番だ。

言わずと知れた「読売中興の祖」。日本におけるそれぞれの導入を強力に推進したことで、プロ野球の父、テレビ放送の父、原子力発電の父とも呼ばれている。

民衆の興味を興業、娯楽に向かせることで大和魂の牙を抜く。

これで「恐れていた大和魂を亡きものにして日本を統治する」礎の出来上がり。
あとは「虐げられていた少数民族」にコントロールさせれば方程式の完成だ。

虐げられていた少数民族???

そう、朝鮮民族。

芸能界、プロレス、パチンコ、等々、興業や娯楽の主催は在日韓国・朝鮮人が多い。

最後は、政治、興業、娯楽に裏社会との繋がりをつければ、はい、資金調達もOK!

これが戦後の日本統治の基本スタイル。

以上、簡単なさわりを書いてみた。

今日この記事を書いたのは、ただただ世の中に流されるのではなく「世を知り自分の視点を持つ」ことを訴えたいため。

別に「反政府」などといった政治的な思想はない。

社会の仕組み、世の中の動き、歴史が物語る人間の行動と社会秩序。

自分は、我々は、その中で生きている。

理想を掲げるもよし。

現実を直視するもよし。

世を知り、他人(ひと)を知り、己を知る。

そう言う自分はまだまだ未熟で全くできていないが……。

何れこの続きを書くかもしれないし、書かないかもしれない。

今日の話、ご興味のある方は一度調べてみてはいかがでしょうか???

● COMMENT ●

こんにちは
知らないことばかりで、びっくりしています。
奥が深そうなので、調べて見たくなりました。

Re: タイトルなし

サンデーランチさん、こんにちは!

> 知らないことばかりで、びっくりしています。
> 奥が深そうなので、調べて見たくなりました。

ありがとうございます。
まやかしから何から情報は錯そうしていますが、いろいろ調べると「なるほど」と思うことがあります。
教科書で教えられる歴史の裏にあるもの、そこに「人間」を感じます。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/285-1d593e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファミリーマートの新作オムライス «  | BLOG TOP |  » ガッコウ

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (124)
競馬関連 (23)
その他 (508)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR