2013
12.15

出場選手、横顔紹介! その3

Category: その他
最後は、その他部門のエントリー商品のプロフィールです!

マルハニチロ北日本 十勝幸福行きビーフカレー

131215curry17.png

北海道及び青森に工場を立地するメリットを活かし、長年培われた食品の加工技術と新鮮な原料を使った北海道発・青森発の逸品を提供するマルハニチロ北日本。
「十勝幸福行きビーフカレー」は日本の農産基地十勝の工場にて、地場原料を主体に北海道産原料を使い作られた商品です。十勝の大地より美味しい「幸福」を届けられる様真心を込めて作られています。


瀬戸農産物加工企画組合 岡山フルーツカレーシリーズ

131215curry18.png

岡山ご当地カレー。
岡山フルーツカレーは、カレーの引き立て役としてフルーツを使い、奇をてらわずカレーの味を追求した大人のカレーです。甘いだけのシロップ漬けではなく、旬のフルーツの風味・酸味もしっかり生かした製品だからこそ出来る仕上がりり。 爽やかな辛みの利いたカレールーと、刻んだシロップ漬けフルーツのコク、カレーとしての配合が絶妙です。 3種類の味(太秋柿、ピオーネ、白桃)を楽しめます。


いなば タイカレー

131215curry19.png

「ツナとタイカレー」(グリーン、レッド)2種は2011年9月に発売。その半年後に「チキンとタイカレー」(イエロー)が発売されました。ツナコーン等のシリーズ缶や味付けシリーズ缶を出していた「いなば」は、新たなバリエーションを考える際に、こうした味付け缶やおかず缶をタイの工場で製造していることから、タイの定番料理『タイカレー』を考えつきました。
今やネット上などで「美味すぎる」と話題になり、品薄のニュースも報じられる逸品です。

明治 マジックスパイススープカレー

131215curry20.png

スープカレーブームの火付け役。絶妙にブレンドされたスパイスが醸し出すその味は、「一度食べたらやみつきになる」と言われ、“マジスパフリーク”なる言葉を生み出すほど熱狂的に支持されています。
有名ミュージシャンやスポーツ選手も通い続ける“マジスパ”は、札幌本店、下北沢店ともに長蛇の列が絶えることがありません。
マジックスパイスマスター下村さんがバリ島でソトアヤムを食べた時に「この感動した味をみんなにたべさせたい!」との思いからソトアヤムを日本人向けに味をアレンジしていき、試行錯誤の末に出来上がったのがこのスープカレー!
自らインドや、タイをまわって探した約30種類のスパイスを使用しています。
「甘い・辛い・酸っぱい」の“三位一体”が売り!!


いやあ、カレーって、ほんといろいろとあるんですね!

改めて、そのスゴさを感じます。。。

<番外編>

おまけに、ちょっと番外編を……。

北海道のスープカレーを探していて見つけたのがこちら!

北海道グルメマート」 ← リンク

北海道の美味しいものをネットで購入できます!

もう、見ながらごく自然に手が購入手続きに反応して……。

● 北海道カレー福袋

おー!いろいろと食べ比べできそー!!

131215curry21.png



● 吉田商店チキンスープカレー

函館のスープカリー喰堂、「吉田商店(←リンク)」。

美味しいとのネットの評判を見て迷わず購入です!

131215curry22.png


さて、投票の方は大大大激戦!

みなさま、ぜひぜひ、引き続きカレーなる投票をよろしくお願い致します!!!!!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/295-91742785
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top