2014
01.30

ギャル曽根’s オムライス

いやあ、ビックリを通り越して、これはもうただただ感動!

何が?

はい。

先日、いもコンさん( 見切り品生活 ← リンク )がドレスドオムライスに挑戦している話を書いたけど、進化ぶりがスゴすぎる!

ホント、きれいなドレスをまとったオムライスが出来ている。

ぜひぜひ、ご覧ください!


さて、食べログでオムライスの店の情報をいろいろと見ていたら、「ギャル曽根も食べたオムライス」ってのがあった。

富山県にある島田食堂

口コミ情報を見てみると……。

>正直、その風貌だけでは入ろうとは思えませんが、ここは富山テラ飯代表。
>ギャル曽根も食べたという巨大オムライスで有名です

>お客さんの半分近くがオムライスを注文しており、個々のオムライスファンは結構多いみたいです。
>壁にギャル曽根が来店したときの写真が貼ってありました。
>ギャル曽根の食べたのはもちろんオムライス特大 プラス カレーライスとカツ丼 だとか

こんなカンジのオムライス。

140130sone1.png


とにかくボリュームがスゴいんだけど、それを簡単に食べてしまうギャル曽根さんはやっぱりさすがだ!

島田食堂 食べログ情報

島田食堂定食・食堂 / 東八尾駅笹津駅

さて、そのギャル曽根さん、料理も魅力的だ!
彼女のブログにはたくさんのオムライスが載っている。

これは2012年4月5日の記事。

オムライスにはいつも顔や文字を書きます(●´艸`)☆★☆
皆さんは何て書きますか?
何て書いてあったら嬉しいですか?(*ノ∀`)

140130sone2.png


おー!いいなあ!こんな夕飯を作ってもらえたら疲れがふっ飛ぶ!

こちらは「ギャル曽根幸せ簡単レシピ ← リンク」のオムライス弁当。

140130sone3.png


うわー!きれいだなあ!こんなお弁当を作ってもらえたら仕事がガンガン進む!

単なる大食いではなく、ほんと美味しそうに食べるギャル曽根さん(普段はそんな食べないらしい)。
見ていてとてもいい気分になれる。
そんなギャル曽根さんのセンスと気持ちが、オムライスにすごくよく出ていると思う。


さて……。

2012年11月、ギャル曽根さんは長男を出産。

直後のブログでは、1時間おきに授乳するもすぐはいちゃうとか、新米ママとしての苦悩を綴っている。

年末の時期で、話を一番聞いてもらいたいご主人はテレビディレクターという仕事柄、ほとんど家に帰れない。

ひとりで不安を抱えて過ごす日々。一日に何度も更新するブログは、読者と繋がっていることで“孤独”と“恐れ”を忘れたかったのだろうか……。

ギャル曽根さんの育ちを見ると、幼いころ、父親が事業の失敗で家出。母親がひとりで3人の子どもを育て上げたという。
日々の生活で寂しいと思ったことはさほど無かったが、ひとつだけ忘れられない思い出があるそうだ。
それは遊びに行っている間に、母親が出かけてしまった時のこと。
母親は姉と弟は連れて行ったのだろうか。ひとり残された彼女は「いつ帰ってくるのだろう」、「何で置いていかれたんだろう」と不安になり、夜まで待ち続けたという。

この時の“ひとりが怖い”という感情が、育児に対する不安や恐れに大きく影響していると、その当時指摘されていた。

“ひとりが怖い”

彼女のオムライスを見ていると、なんとなくそれがにじみ出ているような気がする。

愛情をたっぷり注いだオムライス。

その裏には、愛情を注ぎたい自分がいる。

そして、愛情を注がれたい自分がいる。

これはとても大切なことだと思う。

大好きと愛しているの違いは?

愛情を注ぎ、注がれる。

一方的ではなく、双方。

オムライスを作るひと。

それを食べるひと。

ケチャップで何て書こうかな?

ケチャップで何て書いてほしいかな?

オムライスひとつでも、愛情のキャッチボールはできる。

ボクはそう思う。

さあ、今日も素敵なオムライスを探しに行こう!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/341-f3f2bd72
トラックバック
コメント
おはようございます
ギャル曽根さんには、寂しい過去があったんだなと思いました。
愛情たっぷりのオムライスは良いですね
ネリムdot 2014.01.30 08:38 | 編集
ネリムさん、おはようございます!

> 愛情たっぷりのオムライスは良いですね

大切なことだなあって思います
ネリムさんが描くオムライスも、ほんわかしてて愛情とやさしさにあふれてますよね!
Omunaodot 2014.01.31 06:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top