topimage

2019-12

怒られ屋(再掲載) - 2014.03.01 Sat

ブログ開始1周年記念特集。
今日もブログ開始時のストーリーを再掲載します。

え? 単なるて・ぬ・き?
うわっ!
いやいや、そ、そんなことは(汗)

今日は藤沢市にあるポポロを舞台としたストーリー。

ボクも日々、ビジネスマンとして働いている。
資本主義の中で、いかに成果を出すか?
責任のある立場でもあるので、それはシビアに考えている。

とは言え、「自分にとって大切なことは何か?」といったことを考えた場合、ビジネスの世界で接するものや学ぶものが全てが自分の考えと一致しているわけではない。
いや、資本主義の限界さえ感じる。

これからどんな時代になるのだろう……。

他力本願ではなく、ボクは自力で生きて行く。


怒られ屋

「はい、大丈夫です。……。今回の件を反省して、次回の納品のときはくれぐれも気をつけてくれとのことです。……。そうですね、最後はにこやかな表情でしたので問題ないと思います。……。では今日はこれで直帰します。……。お疲れ様でした。……。はい、失礼します」

 上司への報告の電話を切ると、美喜男はメニューを片手に「Restaurant & Pub ポポロ」と書かれた窓の外に目をやった。
 天気予報に反して突然降り出した横殴りの雨が、4月の夕方を飲み込んでいる。
 この分だと、しばらくはやみそうにないな。
 みんなとのこの店での約束の時間には、まだ1時間以上ある。何も考えずに入っちゃったけど、豪雨の中を歩き回る気にもなれないし、先に軽く飲んでようかな……。
 そう思った途端、仕事の緊張感から解き放たれた。

 ビールを注文し、三分の一ほど一気に飲み干す。
 と、同時に、最近口癖になっているいつもの言葉が、無意識のうちに口をつく。

 あー、疲れた。

 ビールを片手に、美喜男の目はぼんやりと宙を泳ぐ。

 あー、疲れた……。……。

 ため息のシャボン玉が、リフレインの列を作ってふわふわと飛んで行く。

“いやー、本当に君がいて助かるよ……”
“突然で悪いんだけど、すぐに対応に行ってほしいんだ……”
“お願い!どうにかならないかなあ……”
“悪いとは思っているんだけどさ……”

 上司や同僚の声を乗せたシャボン玉が、浮かんでは消える。

 怒られ屋のミッキー。
 それが社内で美喜男についたニックネームだ。
 どんなに怒っているお客でも、最後は円満に収めてしまう。
その不思議な手腕を上司に買われ、クレームやトラブルが発生するとお呼びがかかる。営業の総括職なので、職務と言えばそれまでだが、そんな役割が定着するとさすがに自分の価値というものがわからなくなってくる。
 おまけに、あまり下が入って来ない環境のせいか、入社以来もう10年も若手扱いされている。
 確かに童顔で草食系のイメージがあり、頼まれれば断れない性格であると自分でも思う。人を蹴落としてまでも上に行きたいとも思わないし、喧嘩をせず下手に出て、にこやかに生きていくのが性にあっているのかもしれない。
 だけど、それでいいのだろうか?
 競争社会に取り残され、男の威厳がないまま年を重ねる。
 怒られ屋なんて呼ばれて、たとえそれがいい意味で言われているとしても何も嬉しくはないし、便利屋かパシリ以外の何者でもないではないか……。
 あー、疲れた。
 こんな人生で満足か?
 とは言え、だからと言って何ができるわけでもない。
 何なんだこのオレは……。

 軽く飲むはずのビールが、4杯目からは焼酎のロックになり、やがてバーボンになった。

 そうだ、いい機会じゃないか。
 みんなが来たら言ってやろう。何が怒られ屋だ。
 オレはそんなことをするために生きてんじゃねえよ。
 そうだよ、今日言えばいいんだよ。
 そうだよ……。
 そうだよ……。
 ……。

140301poporo1.png


 そんなつぶやきは、いつの間にか寝息に変わっていた。

 それからどれくらい経ったのだろう。

「松下さん……。松下美喜男さん」
 呼びかける男の声がする。
 ボーッとする頭で、声に反応する。
「……はい」
「まだ宴会が始まる前だと言うのに、随分と飲んでいますね」
 声の主は、しょうもない人ですねといった口調で話を続けた。
「どうしたんですか一体。だいぶお疲れのようで」
 美喜男は焦点が合わない目で、顔をあげた。
 見ず知らずの、美喜男と同年輩くらいと思われる男の姿が目の前に現れた。
 ぼんやりとした視界の先にある顔は、美喜男に勝るとも劣らぬおとなしそうな童顔で、柔和な笑みを浮かべている。
 誰だっけ?
 美喜男は記憶の糸を手繰る。
 全く思い出せない……。
 知っているふりをして、あっ、久しぶり、なんてしらじらしい演技は自分にはできない。
「すみません、ちょっと記憶が不確かで……、どちら様でしたっけ?」
「あ、全然気にしないでください。そうですよね、覚えていらっしゃらないでしょう。お会いしたのは、なにせまだ幼少の頃ですし」
 男は笑みをたたえたまま続けた。
「申し遅れました。ヒジカタタイガと言います。名前負け、してますよね」

 名前を聞いてもとんと思い出せないのだが、美喜男の嗅覚は、ヒジカタタイガと名乗るその男にどことなく自分と似た匂いを感じとった。
 酔いも手伝い、すぐさま意気投合した様子で男の話に耳を傾ける。
 どうやら、彼も会社でいいように使われているようだ。
 お互いの社内での話に花が咲く。
「同じです、同じです。そうなんですよね、まったく。面倒なことは全部押し付けですよね」
美喜男が大きく相槌を打つ。
「こんな話で盛り上がれるのは他にないですね」
 笑顔の男が追従する。
 男がトイレに立つまで、そんな会話がしばらく続いた。

 トイレから戻ると、このタイミングを待っていたかのように、男は真面目な顔で美喜男に話し始めた。
「ところで松下さん。僕はそれでもいいと思っているんですよ」
 え、どうして?
 男は続ける。
「何て言うんですかねえ。僕の信念と言うか。戦っていないようで、実はすごく戦っていて……」
 バーボンのグラスにやろうとしていた美喜男の手がとまる。
「そういう自分をボクは褒めてやりたいと思っています。誠実に生きる、誠実に対応するのが僕の信念ですし、ボクの取り柄です。だから、みんながどういうつもりで僕に接しているかなんて全く気になりませんし、どうでもいいんです。会社は利害関係が働く場ですから確かに本当の仲間は作りにくいとは思うのですが、何事にも誠実で、誰に対しても誠実で、自分にも誠実であれば、きっと周りの信用も得られ、いいように使われているように見えても実はとても頼りにされていて、本当の仲間ができるし、そういう人たちを信じたいと。たとえテクニックを磨いても、偽りの心には誰も振り向いてくれないのではないでしょうか……」

 決してそらすことのない堂々とした澄んだ瞳が、じっと美喜男の目を見つめている。
「松下さんも、そうなんじゃないですか。いつも誠実であろうと思うからこそ、決して逃げることなく自分を精一杯ぶつけるからこそ、仕事仲間もお客さんも、みんなが認めてくれる。誠実であり続けるのは大変で立派なことです。そのことに、もっと自信と誇りを持っていいんじゃないですか……」

 誠実であること。何事にも。誰にも。自分にも。そして、仲間を信じる……。

“松下さんも、そうなんじゃないですか”
“もっと、自信と誇りを持っていいんじゃないですか”

 男の言葉が、頭の中で、何度も何度もこだまする。

 誠実、仲間、自分の信念……。

 ……。

「松下さん……。松下美喜男さん」
 呼びかける男の声がする。
「……はい」
 ボーッとする頭で、声に反応する。
「まだ宴会が始まる前だと言うのに、随分と飲んでいますね」
 声の主は、しょうもない人ですねといった口調で言う。
 美喜男は焦点が合わない目で、顔をあげた。
「……ヒジカタさん……」
 寝ぼけ眼で周りに目をやりながら美喜男が言う。
「ヒジカタさん?」
 見ず知らずの……、いや、後輩の山岡の、ちょっと心配そうな表情(かお)が目の前に現れた。

「あ、山岡。いや、ほら、ここに座っていた人、いただろ」
 え?首をかしげ、キョトンとした表情を浮かべ山岡が言う。
「誰もいませんでしたよ。松下さん一人でテーブルに突っ伏して……」
 いやいや、ほら、一緒に飲んでた彼のバーボンのグラスがテーブルの上に、あれ?
「松下さん夢でも見てたんじゃないですか。目を覚まして見てくださいよー」
 山岡に促され見渡すと、店には同じ部署の同僚や先ほど報告の電話をした上司、加えて他部署のメンバーの顔がずらりと並んでいる。
 あれ、今日は3~4人での飲み会じゃなかったっけ……。
「ミッキー、後ろ、後ろ」
 面食らう美喜男に、同僚の吉田が後ろを見ろと促す。

“ミッキー、入社10周年&誕生日おめでとー”

 いつの間にか、美喜男が座っている後ろの壁に横断幕がはられている。
「みんなの意見で、びっくりさせてやろうってことになってな」笑顔の上司が言う。
「オレたちの感謝の気持ち。お前の大好きなオムライスもたくさんあるぞ」吉田が握手を求める。
「松下さんのお祝いだったら、是非私たちも参加させてくださいってお願いしちゃいました」隣の部署の女性社員たちが言う。

 誠実であること。何事にも。誰にも。自分にも。そして、仲間を信じる……。

 彼は誰だったんだろう……。

 ふと、美喜男の頭に忘れかけていた記憶が蘇る。

 ヒジカタタイガ……ヒジカタ? タイガ?

 あっ!

 子供心に好きだった新撰組の土方歳三と、「愛と誠」の太賀誠。
 「誠」の隊旗を掲げ幕府軍に仕えた新撰組。
 その副長として、幕府軍最後の砦五稜郭にて一人敵地に飛び込んだ土方歳三。
優しさゆえに冷徹な鬼となった男は、最期まで仲間を裏切ることなく誠実を貫いた。
 そして、早乙女愛を守るべく命を賭して戦い抜いた太賀誠。
 心優しき悪は、やっと素直になれた最期の瞬間までは、”愛”のために無愛想でつっぱった鎧を着続けた。

「さあさあ、カンパイしよー」仲間の楽しそうな笑顔がはじける。
 そんな笑顔を見ながら、美喜男は思った。
 オレは、鬼になることも無愛想の鎧を着ることもなく誠実な自分を貫けるではないか。
 怒られ屋ミッキー ――そう呼ばれるのは世の中で自分ひとりだけ。何が悪いんだ。

 猛威を振るっていた横殴りの雨はいつしかやみ、晴れ渡る夜空に満月が浮かんでいる。

「カンパーイ!おめでとう、ミッキー!」

 今、美喜男の11年目のスタートが切られた。

 心に、「誠」の確かな一文字を刻み込んで……。

140301poporo2.png


● COMMENT ●

こんにちわ
ミッキーの努力は皆はちゃんと見ているんだなと思いました

こんにちは。

心が温まる素敵なストーリーをありがとうございます。

本当にそうですね。
自分に誠実であること
自分に正直に生きること
言葉で言うことは簡単だけど、なかなか出来ないことだと思います。
だから・・・心に刻んでおきたいですね。

Re: タイトルなし

ネリムさん、こんにちは!

自分で書いていて何ですが、ミッキーには大切なことを教えられた気がします
で、よかったなと……

みんながみんなを認め合い、みんながみんなに「ありがとう」と言える職場
それが強い組織にもつながるのだと思います

Re: タイトルなし

アンナさん、こんにちは!

アンナさんのポエムには「思い」「真心」「誠実」があふれています
それが共感を生むのだと思います

そしてさらに、相互に共感しあい……

だからこそ、アンナさんに共感していただき、とても嬉しく思います!
常日頃思うのですが、日常の雑多な中ではなかなかうまくできない(とれない)「心の触れ合いの時間」をブログでは大切にしていきたいです

改めて。。
アンナさん、いつまでもよろしくお願いしますね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/370-88301e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ある雪の日の、真夜中の羽田空港 «  | BLOG TOP |  » おかしなオムライス

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (129)
競馬関連 (23)
その他 (508)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR