2014
03.15

「あけぼの」との別れ、そして……

Category: その他
子供の頃、寝台列車に憧れた。
夜通し走る神秘的な旅。
何も考えずに、寝台からただただボーっと眺める、寝静まった街。
無人の駅を通り過ぎ、列車は、線路の継ぎ目が奏でるリズミカルな音にあわせて闇夜を走り抜けていく。
それはまるで、非日常に包まれたお伽の国の乗り物のようだった。

そんな寝台列車も、時の流れの中で居場所を失い、次第に姿を消しつつある。
2014年3月14日。またひとつ、永年に渡って多くの旅人を運んで来た寝台列車がその歴史に終止符を打った。

上野~青森を結ぶ、寝台特急「あけぼの」。

140315shindai1.png
(wikipediaより)

あけぼのが運行を始めたのは、昭和45年(1970年)10月。東北地方の出稼ぎ労働者や集団就職の若者を乗せてきた。
高度経済成長期に東北から上京した若者が、後に出世して誇らしげにあけぼのに乗って帰省したため、「出世列車」とも呼ばれていたという。
残念ながら、近年は乗車率が約6割に下がり、車両の老朽化も進んだために廃止が決まった。

午後9時16分。夢、希望、涙、……思い出を詰め込んだ列車は、「ありがとう」「よくがんばった」といった歓声や拍手に見送られ、上野駅13番線ホームから最後の旅へと走り始めた。

さよなら、あけぼの。


さて、寝台列車といえば食堂車。
そうだ!食堂車のオムライスって???

「あけぼの」は廃止されたけど、こちらは健在!
大阪~札幌間を走る豪華寝台特急、「トワイライトエクスプレス」

140315shindai2.png
(wikipediaより)

トワイライトエクスプレスの3号車にはレストランカー「ダイナープレヤデス」が連結されている。
夕食サービスは時間指定制で、メニューは季節ごとの入れ替わり。また大阪発は正午前の発車なので、13時から16時まで「ランチタイム」としてランチメニューを提供。メニューはオムライス・カレーライスなどが中心。札幌発は発車が14時台と遅いため、14時40分から16時まで「ティータイム」としてスイーツとコーヒー・紅茶程度のみを提供している。

140315shindai5.png
(wikipediaより)

さてさて、メニューを見てみましょうかね。。。

ディナーはこちら!

ディナーコース12,000円

140315shindai6.png
(トワイライトエクスプレスホームページより)

・2種類のジュレとフヌイユ、菜の花のピューレ
・レンズ豆のスープ カプチーノ仕立て
・真鯛のシャンパンソースオレンジ風味のホワイトアスパラ添え
・黒毛和牛のステーキ ロッシーニ風
・春の赤いフルーツ淡雪仕立てキャラメルソースとバニラのアイスクリーム添え
・コーヒー又は紅茶

うわああああ、いいなあ!!
「素敵な方と一緒に素敵な会話を楽しみながら素敵な料理を楽しみたい」ってカンジ!

和食党の方はこちら。
日本海会席御膳6,000円。

140315shindai4.png
(トワイライトエクスプレスホームページより)

これも美味しそう!!!!!!!!!

ランチはどうかな???
お目当てのオムライス……。

140315shindai7.png
(トワイライトエクスプレスホームページより)

ビーフカレー1,050円は、トワイライトの仕込み厨房で100%手作りのカレーソース。
カレー粉に更に10種類以上のスパイスを加え3日間煮込んでおり、リンゴやバナナ、チャツネなどのフルーティーな味わいが特徴。

オムライス950円は、トワイライトの人気№1ランチメニュー!
オムライスはトマトソースで味付けし、上から仕上げに自家製トマトケチャップをかけている。


ランチタイムは大阪を出発して間もなくかあ……。

車窓に流れる景色。
この旅の先に何があるのだろう??
素敵な旅路を思い描き、踊る心。

う~ん。たまらない!
うわあああ、いいなあ!!!!!!!!!!!!

といったところで、さ、現実に戻って今日もガンバろ!

最後に……。

台湾鉄道の食堂車の紹介。
どうやら、注目されている食堂車があるという。

え? どんなの?????

これだ!!!!!!!!

140315shindai3.png
(ロケットニュース24より)

うわあああああ!!!!!!

痛車!!!
痛電車!!!!!

おい! 何やってんだよ、台湾!

台湾鉄道少女という台湾鉄道のオリジナルキャラクタらしい……。
台湾鉄道少女のFacebookページによると、2012年12月に幾度もの会議を経て台湾鉄道管理局は鉄道少女を正式に新しい食堂車のデザインに採用することを決定したとのこと。2014年2月現在、まだ運行されていないが、この3月には運行される見込みのようだ。

台湾のネットユーザーからは
「イラストだけかと思ったら本当に走っててビビった」
「食堂車をメイド喫茶にしてほしい」
「台鉄がついに本気を出した!」
といった声が上がっていると言う。

さよなら、あけぼの。
こんにちは、痛電車……。

うおおおお、今日もまた、時は流れ行く。。。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/383-593654e1
トラックバック
コメント
おはようございます。
あけぼの引退は寂しいですね。
痛電車可愛いです。
ネリムdot 2014.03.15 08:34 | 編集
青森-上野間の寝台特急、太平洋岸まわり(東北本線?)のやつなら、
往復乗ったことがありますよ。
高校の修学旅行でです。
「はくつる」か「ゆうづる」だったと思います。
たしか、片道12時間くらい乗ってたと思います。
京都で寺を見物してても、体がガタンゴトン揺れていましたわ。

ちなみに・・・
苫小牧→(国鉄・特急)→函館→(青函連絡船)→青森→
(寝台特急)→上野→(山の手線)→東京→(新幹線)
→京都
・・・でした。
苫小牧から京都まで、乗り物時間およそ24時間!
帰りもおんなじ方法で帰ってきました。
つかりこdot 2014.03.15 13:36 | 編集
ネリムさん、こんにちは!

そうですねえ……
時は金なり。
時間は大切で、効率化が求められますが、ゆったりとした時間を過ごすのもまた大切なことだと思います。
まあ、慈善事業ではないので、利益が出なければ廃止されるのは致し方ないことですが……。

痛電車はインパクト大でしたよ!
ちょうど昨日、痛車を目の当たりにしたばかりだったので尚更ですが。。。
Omunaodot 2014.03.15 21:31 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

へえ!!
乗り物24時間って、まるで海外旅行ですよね!
北海道からの電車の旅は、それはそれは長いですもんね
(「ふたりテッちゃんを書いてて実感しました)
でも、仲間とわいわいやりながらなので楽しいですよね。
ボクは怒られてばかりでしたが……。

つかりこさんの「卒業」の記事を併せ読ませて頂いて、懐かしさが蘇りました。
いつか修学旅行のろくでもない思い出、書こうかなあって気になりました。。。
Omunaodot 2014.03.15 21:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top