2014
05.22

katteな自由空間

Category: その他
「本厚木にとても素敵な店がある」

素敵な情報を教えてもらってから、はや2ヶ月。
忙しさにかまけて悪戯に月日を重ねてしまったが、ついに訪問のチャンスがやってきた。

18:30。仕事を終え、本厚木駅東口に降り立つ。
見上げる空は、朝の豪雨がうそのように、青く晴れ渡っている。

お目当ては、カウンター6席と4人掛けテーブルが2つの小さな店。
同僚と3名での訪問なので、先ずは電話で空いているかを確認する。

OK!
テーブル席もカウンター席も空いている。
テーブル席の予約を入れ、いざ出発!

メインストリートの小田急線ガードをくぐり、相模川方面に延びる小路へと折れる。
ゆうやけこやけ通り。そう名づけられたその小路の周りの建物はマンションや民家が中心で、人通りも車通りもまばらだ。

一直線に続く道。
徐々に広がりを見せる静寂の世界。
頬をかすめる爽快を纏った風。
寛ぎの序奏。
歩を進めるにつれ、ビジネスモードから解放された心身が弛緩し始める。

そして、店に到着。

otoCono-katte

140523katte2.png


洒落たプレートを横目に、体をかがめてせまい入口を抜ける。
と、目の前に、隠れ家的空間が現れた。

奥のテーブル席に腰を落ち着け、メニューを手にとる。

「なぜ、飲みにきたのですか?」
たぶんそれは、飲み屋という場所で「ちょっとした幸せ」を感じることができるから
ちょっとした幸せとは・・・
美味しいと感じること
楽しいと感じること
やすらぎを感じること
新しい発見があること など

大きなことはできないかもしれないけど
ここに来ていただいたことで、なんでもいいから
そんなちょっとした幸せを感じてもらえれば・・・
そう思ってこの「otoCono-katte」をつくりました
2007.6.1 otoCono-katte

140523katte6.png


katte流に合わせてオーダーをする。

¥1,000で「ツマミ」を食べ
¥2,000で「小腹」を満たし
¥3,150で「空腹」を満たす

先ずはこの3種類からフードを選ぶのだ!
¥1,000はちょっとした酒の肴を2品ほど。
¥2,000は炭火焼を中心に4品。
¥3,150は食事もしっかり6品。

追加注文もできるので、この日は¥2,000を注文。
メインは「肉」か「魚」をチョイスするのだけど、「気分的に肉だなあ……」ということで「みやじ豚」の「肉」に決定!

メイン以外は……

katte。

そう、カッテ。

何が出てくるかはお楽しみ……。
ただし、気配りは充分。「苦手な食材」はないかを丁寧にきいてくれる。

続いて酒を注文。

これがまたスゴイ!
とにかく種類が豊富。
ビール、焼酎、日本酒、ワイン、カクテル、……。
焼酎は100種類程度ある。
なかなかお目にかかれないプレミアム焼酎もあるのだけれど、ごぼう、たまねぎ、わさび、トウモロコシ等々の野菜の焼酎もある!!

では、エビスで乾杯!

140523katte5.png


ひとくち飲んじゃった後の写真なんだけど、つぎかたが素晴らしい!
きめ細かい泡が見事にコクを逃がさず密封している。

写真ではよくわからないけど、軽いアクリルのようなグラスが洒落ている。
これは「うすはり」と言い、墨田区の松徳硝子という工房で作られているガラス製のグラスで、どうやら購入もできるようだ。

オリジナル創作料理。
いいあぶり加減のそらまめとイカがよくマッチしていて美味しい!

140523katte12.png


野菜焼き。

140523katte8.png


うまい!

新鮮で美味しい!
ここは下手な美辞麗句よりもメニューを引用した方がよさそうだ。

「野菜」は・・・
鮮度を大切に、地元(厚木周辺)を中心に仕入れる「生産者の顔が見える野菜」です

「新鮮野菜」へのこだわり・・・

鮮度のいいものを追求したときに
遠方で収穫したものと地元で収穫したものでは手元に届くまでのタイムラグがあり
「おいしく」て「安心」なものを追求したときに
地元の「生産者の顔が見える野菜」が一番だと感じました

何の野菜がですか?あるか?
「パプリカ」「椎茸」「カボチャ」「アスパラ」「トウモロコシ」など

シンプルに「塩」で召し上がって下さい
野菜本来の味がよくわかります

おいしい食べ物と相まって、盃が進む。

otoCono-katteオリジナル焼酎
すっきりしていて飲みやすい。

140523katte7.png


ごぼうの焼酎。飲み方はマスターお薦めのお湯割り。
口に広がるごぼうの香りがたまらない!

140523katte11.png


そしてメインの「みやじ豚」!

140523katte9.png


ではまたまたメニューを。

「肉」は・・・

湘南のブランド豚「みやじ豚」を使用しています
「みやじ豚」のこだわり・・

<ストレスフリーの豚づくり>

・豚を兄弟で飼育している
・引っ越しを少なくしている
・豚に語りかける
※ストレスなう健康に育った豚肉は、臭みがないのです

肉質がきめ細かく柔らかい

それでいて、肉汁が逃げにくいので、美味しさが凝縮しています

「岩塩」と「コショウ」で食べていただきます。

では実食!
いやあ、とろける!!
口の中に肉の脂のうま味が広がっていく!!!
口内に神経を集中するせいか、無意識に目をつぶってしまう!
なんとも贅沢で幸せなひととき……。


こちらは追加注文の厚切り牛タン。
これは絶品!

140523katte4.png


締めのお茶漬け。
「一枚はお茶漬け用にとっておいてください」と言われたみやじ豚を入れて……。

140523katte10.png


うわああ、これも大満足!!

これはいい!
本当にいい店を教えていただいた。

最後はマスターに謝辞を述べ、名刺交換。
物腰もやわらかく、とても丁寧な対応をしてくれる。

140523katte14.png

otoCono-katte

「ちょっとした幸せ」を大いに楽しめるやすらぎの空間、ketteワールドに身を任せる。
人生、得した気分。

これからは、本厚木での仕事の帰りに足しげく通ってしまいそうだ……。

140523katte3.png


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/445-6dd6416e
トラックバック
コメント
ついに 来店されたんですねー♪

私はビールってあまり飲めないんですけど、好きな人はグラスとか注ぎ方とかすごくこだわりますよねー。
ビール王国ベルギーでは、銘柄によってグラスもそれぞれ専用のものがあるんですよ~(うんちく)
私はビールと発泡酒の違いもわかんないけど(笑)

Omunaoさんの記事を読んで行きたくなった人、きっとたくさんいますね (*´艸`*)
ナナセdot 2014.05.23 09:49 | 編集
篠田麻里子さん、あ、ナナセさん、こんにちは!

いやあ、ホント素敵な店ですね!
食べ物も美味しいし、「kette」と言いながらマスターは気配りのきく方ですし。。

ビールあんまり飲めないんですかあ。。
意外!!
勝手に、山とかでキャンプしながら缶ビールを「プシュ」ってあけて、「うめ~っ!」って飲むようなイメージを持ってました(笑)

> ビール王国ベルギーでは、銘柄によってグラスもそれぞれ専用のものがあるんですよ~(うんちく)
へえ×10000!!!!!
そうなんですね!
そういう人間の作り上げた歴史と知恵って重みがあって面白いですね!!

では、篠田さん、(またやってしまった。。もしかしてシノマリファン?)
では、ナナセさん、またのご来店をお待ちしております!
Omunaodot 2014.05.24 09:09 | 編集
鍵コメさん、こんにちは!

いやあ、感動感動!!
それと、感謝感謝!!
ほんとよかったです!

ヨーヨーを片手に「暗闇指令」からの次の指令を待つのであった……。
Omunaodot 2014.05.24 09:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top