2014
06.10

雨の日に観る物語

Category: その他
そろそろ新しい「オムライス選手権」をやろうかな、なんて考えていたら……。

えーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

食べログAPI提供終了のお知らせ

食べログをご利用いただき、まことにありがとうございます。
2014年6月30日をもちまして、食べログAPIの提供を終了いたします。
・レストラン情報取得API
・レストラン口コミ取得API
・レストラン画像取得API
これまで食べログAPIをご利用いただいていたみなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

公認画像がとれなくなってしまう!
ということで、これからどうするか考えないと……。

さて、今の季節にぴったりの雨の物語。
いろいろとあるけれど、お薦めはこれ!
昨年の5月31日に公開された、「言の葉の庭」

新海ワールドならではの、とても描写が美しい作品。
キャッチコピーは"愛"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。

高校1年生。15歳。靴職人を目指す、高校1年生のタカオと、雨の庭園で出会った、ユキノの物語。



今日は、あらすじとエンディング曲を紹介します。。

wikipediaに掲載のあらすじを見てみましょう!

靴職人を目指す高校生のタカオ(秋月孝雄)は、雨の日の1限は授業をサボって、庭園で靴のデザインを考えていた。ある日、タカオはそこで昼間からビールを飲んでいる女性、ユキノ(雪野百香里)に出会う。どこかで会ったかとタカオが尋ねると、ユキノは否定し、万葉集の短歌 「雷神(なるかみ)の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」 を言い残して去っていった。

こうして、雨の日の午前だけの2人の交流がはじまる。タカオは靴職人になる夢を語り、味覚障害を患うユキノは、タカオの作る弁当の料理に味を感じられるようになる。ある日、ユキノはタカオに「靴作りの本」をプレゼントし、タカオは今作っている靴をユキノのために作ることにする。

その後、梅雨が明け、しばらくの間2人は逢わなくなる。2学期になった夏のある日、タカオは学校でユキノとすれ違い、ユキノが古文の教師だったこと、生徒の嫌がらせによって退職に追い込まれたことを知る。そして首謀者の3年生の女生徒・相沢に会いに行くが、からかわれたタカオは相沢の頬を叩き、その取り巻きの男子生徒に返り討ちにされる。

庭園に向かったタカオはユキノと出会い、万葉集の返し歌 「雷神(なるかみ)の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば」 を口にする。互いの立場を知りとまどう2人だったが、急な土砂降りに遭って、2人でユキノのマンションへ行く。ユキノは濡れた服を乾かしながら、タカオは2人分の料理を作りながら、2人とも今が一番幸せだと感じる。そしてユキノへの好意を口に出したタカオに、ユキノは地元の四国に帰ることを告げる。ユキノは部屋を出たタカオを追いかけ、お互いの気持ちをぶつけ合う。

季節は変わって冬、四国でまた教師となったユキノからは、手紙が来るようになっていた。タカオは完成した靴を手に庭園を訪れ、雨の日々を「2人とも歩く練習をしていた」のだと回想し、「もっと遠くまで歩けるようになったら」ユキノに会いに行こうと思う。

エンディングは、大江千里さん作詞、作曲のrain。

Rain
作詞:大江千里
作曲:大江千里
歌  :秦基博

言葉にできず凍えたままで
人前ではやさしく生きていた
しわよせで こんなふうに雑に
雨の夜にきみを抱きしめてた

道路わきのビラと壊れた常夜燈
街角ではそう だれもが急いでた
きみじゃない 悪いのは自分の激しさを
かくせないぼくのほうさ

Lady きみは雨にけむる
すいた駅を少し走った

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
しぶきあげるきみが消えてく
路地裏では朝が早いから
今のうちにきみをつかまえ
行かないで 行かないで
そう言うよ

別々に暮らす 泣きだしそうな空を
にぎりしめる強さは今はもうない
変わらずいる心のすみだけで傷つくような
きみならもういらない

Lady きみは雨にぬれて
ぼくの眼を少し見ていた

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
口笛ふくぼくがついてく
ずいぶんきみを知りすぎたのに
初めて争った夜のように
行かないで 行かないで
そう言うよ

肩が乾いたシャツ改札を出る頃
きみの町じゃもう雨は小降りになる
今日だけが明日に続いてる
こんなふうに きみとは終われない

Lady きみは今もこうして
小さめの傘もささずに

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
しぶきあげるきみが消えてく
路地裏では朝が早いから
今のうちにきみをつかまえ
行かないで 行かないで
そう言うよ

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
口笛ふくぼくがついてく
ずいぶんきみを知りすぎたのに
初めて争った夜のように
行かないで 行かないで
そう言うよ




次回は、もう少しこの物語に踏み込んでみることにします!

つづく

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/464-cfe3640a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top