2014
07.04

去りゆく梅雨に

Category: その他
午前4時。
東の空が白み始める。
ボクの住む街に、昨晩からの雨が降り続く。
振り子時計よろしく規則正しく屋根をたたく雨音。
その響きは、去りゆく梅雨の別れの声なのか。

紫陽花の花とも、もうすぐさよならだ。
結局、でんでんむしにはまだ出会えていない。

窓を開ける。
ちょっとだけ愁いを帯びた風が、雨のにおいを部屋に運ぶ。

風さん、おはよう。
今年の梅雨はボクの人生の中でどんな季節だったんだろう?
心に刻まれるような思い出ができたわけでもないけれど、でも、「雨が好きになった」のはひとつの変化だと思う。

子供の頃、黄色い傘をさして長靴でちゃぷちゃぷした水たまり。
いつまでも飽きることなく無邪気に自然と戯れてたあの頃を、少しは思い出すことができたかな……。

素直な自分。
感動する心。
自然とあふれる、笑み。
そして、感情のままに流す、涙。

この世に生まれ、自分ひとりの世界から、親を知り、家族を知り、友人を知り、他人を知る。
その過程で、自分と他人(ひと)との適度な距離を見つけて行く。
思いとは裏腹のことを伝えることができる「言葉」を覚え、演技する自分が出来上がる。

素直に生きよう。
いや、素直に生きたい。

大切だと思うことを、こころの底から「大切だ」と叫び、本当に大切にして生きて行きたい。

「大切な思い」と「大切な思い出」を抱き、明日へと向かう。
やがて来る盛夏。
空もこころも、からっと晴れるかな。
それとも……。

どうなるかは、自分次第。

● 雨待ち風  スキマスイッチ




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/487-1d95b8fe
トラックバック
コメント
何があったのか気になるところですが……(*´艸`*)


大切なものがある幸せを 当たり前だと思わないようにしたいですねっ♪
ナナセdot 2014.07.04 09:03 | 編集
素敵なエッセイですね♪
2度読み返しました!

でんでんむし。。
大人になってから一度しか見ていません。
自然残る沖縄の地で。

”どうなるかは、自分次第”

本当にそうですね。
そのことを知っていたら、人生楽しめますね♪^^

ももこdot 2014.07.04 15:44 | 編集
ナナセさん、こんにちは!

ナナセさんのブログからは、いつも元気をもらってます!
そう、ナナセさんが、永遠ちゃんを、たうちゃんを、そしてナナセさんのご自身を大切にしていることがものすごく伝わってきて、こころの深いところに染み入ります
ほほえましくて。。
ピンクの似合わないトリオさん、これからもよろしくお願いしますね!
Omunaodot 2014.07.05 05:24 | 編集
ももこさん、こんにちは!

暖かいコメントありがとうございます
ボクも映画音楽は大好きで、そうですね、エデンの東はいいですね!
ジェームズ・ディーンのはかなさ、それも彼の持って生まれたものなのでしょうね。。
人生には「抗えない何か」があるのかもしれませんが、自分の考え方や行動で変わるものだと思います
「明日に向かって撃て」ですね!
改めて、これからもよろしくお願いしますね!
Omunaodot 2014.07.05 05:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top