2014
08.08

流れ行くときの中で

Category: その他
8月3日、午前2時56分、父がこの世を去った。

8月2日午前。入院はしていたものの、苦しむわけでもなく、状態は悪く見えない。
「今晩かもしれません」
だから、平穏に寝ている姿を見るにつけ、医師の突然のその言葉は、にわかには信じがたいものだった。

しかし医師の経験なのか潮の満ち引きなる自然の摂理なのか、予定調和の如くそのときがやってきた。
急激に血圧が下がり、呼吸も1分間に一回程度となる。
そして、静かに、本当に静かに、眠るように……。

入院中、ボクは病院に行くことができなかった。
それは、「忙しいから」などといった理由ではない。
「気持として」である。

ボクの中で父は、いつまでも活力あふれる強い存在でなければならなかった。
「エネルギーを失っていく姿を見たくない」、そんな思いが自然と目を背けさせた。
ひとりっこで(正確に言うと、おねえちゃんを亡くしている)、しかも父がかなり年をとったときの子なので、特にその思いが強かったのかもしれない。

でも、何故だか、医師からご臨終の宣言がされてからは、不思議とその安らかな寝顔を直視することができた。
顔をなでながら、語りかけることも……。

お通夜、告別式の2日間、ボクはいろいろな方々から父の話を聞いた。
「足を向けて寝られない」
「今でも教えを守っている」
「間をとりもってくれた」
「貧しい自分を毎日のように家に呼んでご飯を食べさせてくれた」
中には、継母のいじめを受けた自分の壮絶な幼少時代を振り返りながら、「そんな私を不憫に思ってくれた、本当の父のような人だ」と、今でも曲がっている右手をさすりながら語る親類の方もいた。

決して口数が多いわけでもなく、派手な言動をするわけでもない。
大変な経験や苦労をしながらも、それを表に出すわけでもない。
特に、子供のボクにはまったく苦労を語るわけでもないし、ボクもやりたいようにやらせてもらった。

父親の強さって何だろう。
ボクにとって、父って何だろう……。

北風の強引な強さと、太陽のやさしさあふれる強さ。
時にあっけないほど脆い鋼の強さと、そよ風になびく柳のやわらかい強さ。

生きるということは、決して楽なことではない。
永年に渡り、日々、様々な苦難を乗り越え、決して折れることのない芯(真)の強さを胸に、立派に生き抜いた父。
みんなに信用され、慕われている父。

父は太陽であり、柳である。

今日も新しい日がやってきた。
どんなことがあろうと、ときは止まることなく刻まれ、流れ行く。
でも、ときが変わろうと、不変のものは確実に存在する。

やさしく、やわらかい、本当の、永遠の強さ。
そんな強さを持った父を、ボクは誇りに思う。

140808yoru1.png


おとうさんへ

子供の頃、いつも枕元で物語をきかせてくれてありがとう
同じ話だから結末がどうなるかはわかってるんだけど、
でも、何だか、とてもドキドキしてきいてた

三人の子供が出てくる話だったよね
でも、もう、内容を忘れちゃった

どんな話だったっけ?
訊きたかったけど、訊くとおとうさんが死んじゃうような気がして、
結局、訊けなかった

日曜日のキャッチボールも楽しかったよ
安心して思い切り投げられた
おかげで速い球をなげられるようになったしね
でも、ボクはコントロールが悪かったから、
夕闇の中、草むらに入ったボールをどれだけ探してくれたっけ
探し疲れちゃったよね

ボクのために、ありがとう

じゃあ、おやすみなさい

いつか、また、どこかで

140808yoru2.png

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/514-8d1f4b7c
トラックバック
コメント
どんなにかお力を落とされた事でしょう 
不謹慎かもしれませんが 大きな大きなアーチ橋のような方だと感じました
心よりお悔やみ申し上げます
小々次郎dot 2014.08.08 12:14 | 編集
読んでたら泣けてきちゃった。
いいおとうさんだったんですね。
ご冥福をお祈りいたします。
さとちんdot 2014.08.08 19:02 | 編集
小々次郎さん、こんにちは!

素敵なコメントありがとうございます
父もさぞかし喜ぶことでしょう
(照れるかも)

時は流れ姿見えずとも、心に刻まれし思ひ出は永遠なり
果てしなき人生の旅路を我歩まん

明日に向かって突き進みます!
Omunaodot 2014.08.08 19:06 | 編集
さとちんさん、こんにちは!

いつもいつも、更新できなかった時でも、いつも、
来ていただきありがとうございます
ほんと、感謝です

さあ、新しいオムライスネタ、考えないと!
Omunaodot 2014.08.08 19:12 | 編集
こんばんは☆
いらっしゃらないみたいだったのでご旅行かしら・・って思っていました。
大変だったのですね。
オムさんがとても包容力のある方みたいな感じがしていました。
オムさんもお父様が居られて、子供の時代があったのね。
当然だけど・・。
オムさんの私的な事ってあまり聞かないから・・なんかやっぱり普通の人な
のね、って思ったわ。
お父様は面倒見の良いお方だったのね、オムさんと同じですね!
きっと天国でたくさんの人に囲まれて楽しくお酒を飲まれていると思います。
オムさんの事見、時々心配そうに見ながらね!
ペチュニアdot 2014.08.08 21:31 | 編集
ペチュニアさん、こんにちは!

心温まるコメント、ありがとうございます
はい、ボクはいたって普通の人ですよ(あ、もしかしたら変な意味で普通でないかも笑)
確かに私的なことはあまり書きませんが、実はこのブログは自分の日記みたいな意味もあります!
え?そう見えないって??
そうでしょそうでしょ。
結構ちりばめてたりするんで。。
Omunaodot 2014.08.08 22:50 | 編集
こんばんわ
肉親を亡くすのは辛いですね。お察しします。
お父様のご冥福をお祈りします。
ネリムdot 2014.08.08 23:16 | 編集
Omunaoさんの思いは
空のお父様に届いていることでしょう。
なぜか温かい気持ちがこみあげてきました。
どうぞお力を落とされませんように・・・
イヴままdot 2014.08.08 23:54 | 編集
omunaoさんのお父様、いろんな方から慕われるおおらか
な方だったんでしょうね。身内の者が亡くなると言うの
を自分も体験したことがありますが、「元気出してね」と
言われても元気でないよね・・・。

葬儀屋さん(友達)にその時言われたんですが、「一番近
かった人を支えてあげて。寄りかかるものが急になくなっ
てるから心のバランスを崩しやすいから」と言われて、あぁ、
ほんとうだな、と実感したのを覚えてます。

四十九日まで色々バタバタと宗教行事が続くのでそのとき
は気が紛れましたけど、一息ついたら生前の姿を思い出し
たりしてたなぁ。

それでも今生に縁があったことをありがたく思って過ごし
ました。

omunaoさんはいいお父様と縁があって幸せでしたね。
お父様のご冥福をお祈りします。

藍音ななをdot 2014.08.09 03:32 | 編集
ネリムさん、こんにちは!

ありがとうございます
ネリムさんの記事の花火が、なんだかとても感慨深く思え、心にしみます
ボクはいたって元気ですので大丈夫ですよ!!
Omunaodot 2014.08.09 06:30 | 編集
イヴままさん、こんにちは!

ありがとうございます
こうやってコメントを頂くにつけ、じわーんと、人の繋がりの嬉しさを感じ、
イヴままさんのあたたかい気持ちが伝わってきます
ボクは大丈夫です
これからもよろしくお願いします
Omunaodot 2014.08.09 06:35 | 編集
ななをさん、こんにちは!

ありがとうございます
「今生の縁」
この言葉、いいですね
何だか主観的であり客観的であり、人の出会いと別れを冷静に俯瞰できるような気がします
ななを先生の言葉はいつも考えさせられる(笑)

今日は今生の縁と前世の縁を考えてみようかな。。
Omunaodot 2014.08.09 06:48 | 編集
 こんにちは。
 お父様のご冥福をお祈りいたします。
 いろいろ大変でしょうが、お力落としの無いよう。
miss.keydot 2014.08.09 07:15 | 編集
miss.keyさん、こんにちは!

ありがとうございます
大丈夫ですよ!!
あー、じっくり煮込んだカレーが食べたい
や、やばい! 
今、完全に「miss.keyさん=カレー」になってる……
Omunaodot 2014.08.09 08:08 | 編集
お父さまのご冥福を心からお祈り申しあげます。

故人の生き方から何かをもらって、Omunaoさんご自身を幸せに。

人の死は、この世に残された人のためにあると思います。
つかりこdot 2014.08.09 12:36 | 編集
つかりこさん、こんにちは!

ありがとうございます。

> 人の死は、この世に残された人のためにあると思います。

これは深いですね……。
つかりこさんがボクのブログをご紹介くださったときに書かれていた「野のなななのか」が、何だか自分のための映画のように思えて来ます。。
と言いつつまだ観ていないのですが、川越で上映しているので休み中に観ようと思います……。
Omunaodot 2014.08.10 03:44 | 編集
お父様のこと
ご冥福をお祈りいたします。

親子、友人、他人など
いくつかの不思議と思う縁があります。
それは、良いものだけではなく、おしゃられる通り
気づきであり、修業の場であると思います。
このブログも縁です。
息子のために残したかった思い出が、このような
ところまで来させて頂いております。

職業上、死と向き合う辛い出来事もありました。
兄の恋人の事故死
友人の自死
身内の死と不思議なこと
ペットの突然死

たくさんの経験は
たくさんの教えだと思っています。
ただ、そう思えるまでは
長い長い時間がかかりました。

亡くなった魂がよくメッセージをくれる
または、会いに来てくれる・・・
体質?なので
残されたものの苦しみは深いものがあります。
普通に話すと気味悪がられますが・・・。

霊的なものではなく、教えとしてひらめくようなものです。
必ず、どなたかに守られている、世話になっている人生だと
思わずにはいられません。
何かのせいではなく、自身を信じることが大切だと
心がけたいです。

疲れていると・・・「あなたのせいで、社会のせいで・・・」
となりがちですけれど(^-^)
生意気言いました。
Miyudot 2014.08.10 16:11 | 編集
Miyuさん、こんにちは!

コメント、一文字一文字、頷きながら読ませていただきました。
Miyuさんのブログも、はじめから読ませていただきました(動画も)。

喜怒哀楽。
自身や周りに起きる事象をどのように受け止め、それを考えるか。
「体験」をいかに「経験」に昇華させるか。
それが「生きていること」そのものであり、また、己の「存在理由」である気がします
人によって「ことが起きる」頻度も時期も違うのでしょうが、それもなんだか、不思議な何かによって計算されて起きているような気がします(実際、そういう巡りあわせが結構あります)。

なので、運命論者でも宗教に傾倒しているわけでもありませんが、「偶然ではなく必然」とか「輪廻転生」といったことを強く感じます。

Miyuさん、改めて、これからもよろしくお願いします!
Omunaodot 2014.08.11 07:55 | 編集
お父さまのご冥福をお祈りいたします。

omunaoさんのお父さまが、
どうかお幸せでありますように。

とよたまdot 2014.08.11 23:13 | 編集
とよたまさん、こんにちは!

ありがとうございます
父は絵と時代劇が好きなので、和泉守兼定をふりかざす(勝手に決めている)とよたまさんの姿を見て喜んでいることでしょう

またとよたまさんの絵からストーリーを連想させてもらいますね(またまた勝手ですが)!
Omunaodot 2014.08.12 09:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top