2014
08.09

今生の縁

Category: その他
みなさま、あたたかいお言葉を頂きありがあとうございます。
素敵なみなさまに支えられているんだって、改めて実感しています。
ホント、感謝です。

ところで。

今、藍音ななをさんにいただいたコメントの中にある「今生の縁」という言葉が、頭の中を駆け巡っている。

親子の縁って?
夫婦の縁って?
友だちの縁って?

以前も書いたけど、ボクはこの世は修行の場であり、自らに降りかかる苦難は何ものか(神?)によって与えられた乗り越えるべき「課題」であると考えている。
また、偶然も偶然ではなく必然であると。

あ、はじめに言っておくけど、ボクは無宗教だし、オカルト的な何かに傾倒しているわけでもありませんので。。。

今生の縁。
これは前世を引きずっていたりするのかもしれないと思う。
特に、親子の縁では。

人は、人生において「次に生まれてきたらこうしよう」とか「あのときこうしておけばよかった」といった後悔の念を抱く。
後悔し、猛省しても、現世ではとりかえしがつかなかないこともある。
これが来世の課題(人として成長するための課題)として持ち越されるのではないだろうか。
中でも、前世で残された人間関係の課題を解決するために、「親子」としての「今生の縁」が生まれるのでは……。

そうは言っても、もちろん、生まれながらに親の顔も知らない子もいるし、幼くして命を失う子もいる。
でもそれも、「親がいない」という課題であり「幼い我が子を失う」あるいは「短命」といった課題であるのだと思う。
この辺については、またゆっくりと考察してみたい。

何れにせよ、日々、いろいろな課題(苦難)が降りかかってくるけど、「これを乗り越えれば人として成長するんだ!」といった思いで生きていきたい。

ときに、のんびりと、美味しいオムライスを食べながら……。

140808omurice1.png

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/515-918f9257
トラックバック
コメント
はじめまして、納得です。またゆっくり訪問したいなと思いました。猫がテーマですが・・・よかったら遊びに来てください。できれば初めの頃の内容を読んでくださると・・・嬉しいです。偶然ではなく、必然と思えるまでには、時間がかかることも多いです。
たかが、ペット
そのペットが人間の人生までも影響することもあります。
Miyudot 2014.08.09 08:14 | 編集
ほんとうに縁やめぐり合わせってあると思いますね。
「あのときこうしておいたからこうなったのか」とか、
「あの苦労はこのための伏線だったのか」と感じるこ
とって結構あったりします。人ともそうで「この人に
繋がる線だったのか」と感じたり。

私の場合は祖母と娘に一番感じるんですけどね。
祖母が亡くなって空いた椅子をうめるようにこの人が
おなかに宿ってこの世界にやってきて、「やっぱり縁
があったんやねぇ。お帰り」と思ったりしました。

あんまり書くと変な宗教みたいでアレですけど、魂の
縁っていうのはあると思います。

たまに「(#`-_ゝ-)」こんな顔になる縁の人もいた
りしますが、それも何かを学ぶために縁ができた人だ
ったりね。会社の人なんかに多いけど、その人が持っ
てた課題魂の課題をクリアすると今までのいやな人ぶ
りが急に消えて、物凄く力になってくれる人になった
りするから不思議です。

生きていくって日々不思議の積み重ねなのねぇと思い
ながら過ごす日々~。

で、こういうときは自分で気がつかないくらい疲れて
たりしますから休めるときは休んでね。葬儀屋君から
「こういうときは超非日常の嵐の中にいるから自分で
気がつかないけど、凄くエネルギー使ってるから、ほ
んとに休める時にこまめに横になんなきゃダメだよ」と
聞いたので。おかげでだいぶん心も体も楽だったから
omunaoさんにも。休める時に休んでご飯しっかり食
べてね。

生きてる人は心も体もお大事に。ですね。
藍音ななをdot 2014.08.10 00:27 | 編集
Miyuさん、こんにちは!
はじめまして!

コメント、ありがとうございます。
実は、コメントを頂く前に、もかちゃんに癒されてました(笑)

はい、はじめの頃の記事から読ませていただきます!
はじめ頃の記事とタイトル。これには特に書いている方の思い(初志)が詰まっていて、好きです。

Miyuさんの記事&ご来訪を楽しみにしてますね!
今後ともよろしくお願いします!!
Omunaodot 2014.08.10 03:29 | 編集
ななをさん、こんにちは!

優しいお気遣い、ありがとうございます。

ですよねえ。。
ほんと、不思議です。
ななをさんのおばあさまと娘さんの話は記事で書かれていましたよね。
何ひとつとっても、ifはないわけですが、何かに導かれているようにことが起きたりします。
こうやってブログを通じて話ができるのも、偶然なのか必然なのか……。

今、このコメ返を書きながらいろいろなことを思いめぐらせています。
こうしていると、何だかとても、「生きてる」って実感がします……。
Omunaodot 2014.08.10 04:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top