topimage

2019-12

出場選手紹介 関東・甲信越代表 - 2014.09.08 Mon

すごい大熱戦、ここまでの途中経過、各地区の上位2つの発表です!

北海道・東北
1位 喜多方ラーメン 
2位 札幌ラーめん

関東・甲信越
1位 佐野ラーメン
2位 家系ラーメン
2位 長岡系ラーメン

中部・近畿
1位 和歌山ラーメン
2位 京都ラーメン

中国・四国・九州
1位 博多ラーメン
2位 長崎ちゃんぽん

さあ、まだまだ続きます!
ぜひ、投票のほどよろしくお願いします!!

では、出場選手の紹介に移りましょう。
今回も、記事と写真はwikipediaを中心に参照しています。

関東・甲信越代表です。

◆佐野ラーメン

栃木県佐野市を中心として食べられているラーメン。
発祥地である栃木県佐野市とその周辺地域に多いが、栃木県外でも隣接する群馬県南東部、茨城県西部の他、埼玉県内でも、荒川・JR高崎線以東の地域など、かなり広範で見ることができる。
土産物としても首都圏では広範にSA・PAや道の駅・ターミナル駅などの土産物店などで販売されている。

竹を使って麺をうつ青竹打ちの平麺が特徴。麺はコシが強く、太さは中太から細麺、平打ちなど店によって異なる。
コクのある醤油味だが、店によって鶏がらであったり豚骨であったり、東京ラーメンに近い透き通った醤油スープ、 醤油が若干入った塩ラーメンの様なもの、味醂で甘味を付けたものが存在する。
具材についてはチャーシュー、刻み長ネギ(白ネギ)が入ることが多い。

140908sano1.png


◆竹岡ラーメン

千葉県内房周辺で作られているラーメン。
竹岡ラーメンの特徴は独特の作り方にある。スープは、醤油ダレに麺茹でに使用した湯(または何も入れず沸かした湯)を入れるのみであるが、その醤油ダレにはしっかりと肉のうま味が溶け込んでおり、湯を加えることで見た目は濃いがまろやかな味のスープとなる。

発祥は千葉県富津市竹岡(漁師町)にあるラーメン店「梅乃家」と「鈴屋」。
創業は鈴屋の方が古いが、梅乃家が発端となって竹岡ラーメンは普及した。
梅乃家では、麺は乾麺を使用している。理由は近所の主婦が多数働くので、誰でもほぼ均一に茹でられるなど作りやすく一定の品質を保つためとのこと。
麺は、乾麺のうまみを出す火加減の調整がしやすいことから、炭火の七輪を使用して小鍋で茹でている。
具は大ぶりのチャーシューとメンマ・海苔、薬味の玉葱。
「竹岡ラーメン」「竹岡式」と称したラーメンは、この二店のラーメンを模倣した店か竹岡式ラーメン店から独立した店舗であり、梅乃家、鈴屋とは直接の関係は無い。両店と違い、生麺や昆布ダシを使用するなど、独自の工夫をこらしている店も多い。

140908takeoka1.png


◆東京ラーメン

「醤油ラーメン」の代表であり、日本のラーメンの原型となっており、単に「ラーメン」と言う場合に東京ラーメンを指す場合もある。
1910年(明治43年)、浅草の「来々軒」が草分け。現在のラーメンの基本を作り上げ、チャーシューとメンマを初めて載せたとされている。

鶏がらをメインに野菜や豚骨(煮干しなども使用する店もある)を加えて沸騰させずに煮出した澄んだスープに、合わせるタレは醤油の和風タレで、表面にうっすらと脂が浮く。
麺は中細で、スープが絡みやすい縮れ麺を使用する。
チャーシュー、メンマ、薬味のネギ、なると、ほうれん草を入れる。半熟卵や海苔を添える店もある。

ご当地ラーメンブームの中で強い脂や辛さを押し出す新種のラーメンとは対をなし、ブームを追いかけることなくラーメンの定番として昔からその人気は不変である

140908tokyo1.png


◆家系ラーメン

1974年以降に登場した日本神奈川県横浜市磯子区・西区発祥の豚骨醤油ベースで太ストレート麺を特徴とするラーメン。ラーメン店「吉村家」を源流とする。

酒井製麺所または丸山製麺所・大橋製麺所などの太いストレート麺が使われる。
スープは大量の豚骨(特にゲンコツ、ロース骨)、鶏がら、野菜類、昆布を使った豚骨醤油がベースであり、茶色がかっていることが多い。一般的に味の濃さはきつめで、こってりしているが、調整が可能。
具はチャーシュー、大型の海苔、ホウレン草が基本。刻んだ長ネギやニンニクがのる店もある。またチャーシューの煮汁で煮た味玉子などを追加トッピングとする店も多い。
注文時に麺の量(大・中・小)、麺の固さ(固め・普通・やわらかめ)、脂(多め・普通・少なめ)、味(濃いめ・普通・薄め)を選ぶことができる。
一般にサイドメニューの点数は少なく、餃子のない店も多い。また、大部分の店が全面禁煙で、食券制の店が多い。

140908iekei1.png


◆サンマーメン

神奈川県のご当地ラーメンであり、当地で広く浸透しているラーメンの一種である。
名称の読みから「サンマが入っている」と誤解される事が多いが、全く関係ない。

細麺を使った、塩ラーメンもしくは醤油ラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシに片栗粉を溶いたあんで絡めて乗せた麺料理である。モヤシ炒めの中にはキャベツやキクラゲ等の野菜や蒲鉾、豚肉の細切り等も入っていることもあり、皿うどんのあんかけによく似ている。モヤシを主とするあんかけだが、「肉そば」の肉を減らして野菜を増やしたものが原型とされている。

桑田佳祐が自身の番組「桑田佳祐の音楽寅さん」で紹介するなど、多摩川以南、富士川以東の特に太平洋沿岸地域で多く食べられている。また、神奈川県外の近い地域(特に静岡県東部)でも数十年前から見受けられるようになった。
第二次世界大戦前から存在しており、発祥は伊勢佐木町の玉泉亭とされているが、横浜中華街の聘珍楼との説もある。

140908sanma1.png


◆富山ブラック

富山県富山市中心部で生まれたご当地ラーメン。
1955年頃、富山市中心部で富山大空襲の復興事業に従事していた食べ盛りな若者の昼食として、また汗をかく肉体労働者のための塩分補給として、醤油を濃くしたスープのラーメンを作ったのが起源である。
2000年頃、富山のラーメン情報を扱う草の根の電子掲示板で、富山県内の比較的黒いスープのラーメン屋を総称して富山ブラックと呼ぶようになった。

元々肉体労働や運動後の塩分補給、あるいは白飯を添えて食べることを意識した味付けなので、総じて塩辛い。
この味付けは客が店に白飯を持ち込み、ラーメンをおかずとして食べるというスタイルの中で生まれたものである。
スープは醤油の濃度が高く、さらに上から大量の粗挽き黒胡椒をかけられている。トッピングはメンマ、ノリなど普通のラーメンと変わりはないが、比較的ネギの量が多い。またメンマがかなり塩辛い場合がある。麺は太く、少し固めの店が多い。

140908toyama1.png


◆燕三条系ラーメン

新潟県の県央地域(燕市・三条市)を中心に作られ食べられている背油濃しょうゆの極太ラーメンの総称。
工業地域である県央地域の工場労働者たちの要望を汲んだ新潟ご当地ラーメンとしている。県央地域は、いわゆる背油チャッチャ系ラーメンの発祥の地であり、その元祖は「福来亭」であると歴史がハッキリしているものの、この命名自体はごく近年である。

麺はうどんのような太麺。煮干しなどの魚介類の出汁が効いた、やや醤油味の濃いスープに、丼から湯気が上がらないほどに大量の豚の背脂が掛けられるのが特徴。長ネギの代わりに玉ネギのみじん切りが薬味として使用される店も多い。また乗せられる背脂の量に応じて、「大油」・「中油」とメニューが区別されている店舗もある。

近年では東京都など、県外に進出する店舗もあり、県内全域に渡り、このラーメンを新潟ご当地ラーメンとして、メニュー化する店も増えてきている。

140908tsubamesanjyo1.png


◆長岡系ラーメン

新潟県長岡市発祥のラーメン。豚ガラを多く使い、比較的油っこい醤油味のスープに生姜の風味と香りがはっきり分かるほど強く利いており、柔らかめのチャーシューが組み合わされる。

代表的な店は、青島食堂、あおきや、拉麺家、らーめんヒグマ、らーめんみずさわ、らーめんや一生(いっせい)など。
特に青島食堂は、 一個人編集部「大人のラーメン大賞」『一個人』特別編集(KKベストセラーズ)で、「ショウガ風味の濃厚味噌ラーメンの王者として君臨している」と紹介。また、原作:久部緑郎、作画:河合単の「ラーメン発見伝」6巻では長岡流・ショウガ醤油ラーメンの店「赤島食堂」として紹介されている。

140908nagaoka1.png


さあ、いかがでしょうか。
ガッツリこってり系とあっさり系にきれいに分かれているような気がします。

では、引き続きよろしくお願いします!!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/543-facf50eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出場選手紹介 中部・近畿代表 «  | BLOG TOP |  » 錦織圭、全米オープン決勝進出!

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (129)
競馬関連 (23)
その他 (508)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (108)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR