topimage

2019-12

プチ横浜巡り 雑感 - 2013.05.06 Mon

今、安売りで買ったFOUR ROSESを飲みながらこれを書いている。
幸か不幸か、たとえ安酒でも、バーボンは男の牙を研いでくれる。

今日は自分の中での表と裏(でもそれは一体)を書こうと思う。

プチ横浜巡り、裏バージョン。

船


ヨコハマは、中学高校の多感な6年間を通学し、ボクを育ててくれた街だ。

だから人一倍、思い入れが強いのかもしれない。


人間って何?

男って何?

挫折って何?

生きるって、正義って、オレたち、自分って……。


問いかけたところで、ありきたりの言葉は、てい良く微笑むだけで何も答えてくれはしない。



親や先生に気に入られ、一流企業をめざし、それが幸せと教えられ、培養され……。

教えに歯向かい、清き男女のつきあいを反面教師のバイブルに、いかにやれるかを最優先にレディーファーストを学び、決して教科書には載っていない(というか載せられない)人生の知恵を授かった。

数多くの裏切りに、人生ってそんなものと斜に構えるクセが身についた。
大丈夫、小学校のときから慣れている。
給食のパンを机にしまいこんだ子を注意したら、いじめの張本人はお前だと先生に責められた。

普通にしなさい!
何度言われたことか。

でも、いまだに普通って何かすらわからない。

いい世の中だ。

氷川丸


今、ヨコハマは死んだ。
少なくとも、ボクの中では。

麗しき女性の手招き?
いや、着飾った場末の娼婦が観光客にこびを売り(厚化粧が気持ち悪いだけだ)、それをヨコハマと売り込む。


ヨコハマは汚れた街なのだ。

きれいに汚れた街なのだ。

上っ面だけでなく、人間の奥底にあるドロドロした部分、建前でなく本音、それを包み隠さず教えてくれた、それがボクにとってのヨコハマである。

客船


幸せって何だろう……。

作り事ではないはず。

世間が、政府が、他人が作るものではないはず。

自分で、あるいは共感できる人と作り上げるものだ。

ボクはそう思う。

美しき輝きの裏には、醜き闇がある。
でもその闇こそが、美しさを引き立たせる源泉だと、そう思う。

闇の暗さ、美しさが内包する危うさ、それこそが命の源。

幸せな未来。

望みたい。

かなえたい。

作りたい。

そのためには、人が人に、そして人が作り上げたものに興味を抱き(心の底から)、今一度現実を直視する必要があると、ボクは思う。


以下は村上春樹氏の「風の歌を聴け」より。
最後の、デレク・ハートフィールドについてのくだりの部分。


彼の墓碑には遺言に従って、ニーチェの次のような言葉が引用されている。

「昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか。」


運河

● COMMENT ●

普通や常識の定義はありません個人的概念をただ押し付けて祖も正しいかのように勝手に全員の相違と思わせるトリック用語だとひねくれRYUは思います

リンクをさせて頂きました。

こちらこそ、宜しくおねがいいたします。
では、では、

Re: リンクをさせて頂きました。

YOUさんのページを見ていると、癒しは勿論ですが、元気も与えてもらえます
こちらこそ、これからも楽しませていただきます!
よろしくお願いいたします

何でもない瞬間にこそ存在するもの・・
なんじゃないかな・・っと私は思います。
名前を呼ぶと「なぁに?」って
返事がかえってくる瞬間。
たとえばそんな瞬間に
幸せって確かにそこにあるんじゃないかと。

なんか意味不明ですね(>_<)
ごめんなさい^^;

Re: そうですよねえ

akoさん、ありがとうございます。
しかめっ面で「幸せとは何か」と考えても、
きっと出てくるのは作為的なもので、
それよりも、言葉を超えて心動かされる瞬間にこそ
在るのかもしれませんね……

>なんか意味不明ですね(>_<)

いえいえ、返ってよく意味がわかる気がします。
自らが感じとっているものに意味はないし不要ですから。
akoさんの詩からにじみ出る「包み込んでくれる素直なやさしさ」の源のように思います。

Re: タイトルなし

RYUさん、ありがとうございます
普通、常識、共同幻想、人間秩序
いつもながらひねくれRYUさんの言葉からはいろいろな刺激を受けます

もうひとつの地球、考えてみます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/55-4f906fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白鳥 «  | BLOG TOP |  » 美味しいカレーとプチ横浜巡り(後半)

プロフィール

Omunao

Author:Omunao
神奈川県に住むオムライス好きの男性です。
食べに行ったお店の超個人的食べレポと、その店で思い浮かんだショートストーリー(食べレポのページにくっついています)、それと気まぐれ記事を好き勝手に書き綴ります!

★このサイトはリンクフリーです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
表紙 (1)
食レポ&ストーリー (129)
競馬関連 (23)
その他 (508)
オムライス選手権 (55)
ストーリー (78)
Ecxel画 (14)
オムライス情報 (212)
お菓子 (107)
ケチャップ (0)

オムライスのかず

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR