2014
09.17

シゴノセカイ、再び……

Category: ストーリー
言葉は生き物。
時代とともにかわるし、方言や土地柄もある。
「一生懸命は誤りで一所懸命だ」と習ったけど、今では当たり前で一生懸命が使われる。
「好きではない」が「好きくない」になり、「いいのでは」は「いいんじゃね」になった。

そうそう、「〇〇じゃん!」(ボクは当たり前に使うけど)っていうのは横浜の方言って聞いたときは驚いた。
でも、「じゃん」ってどうやら横浜の方言ではないらしい。

「じゃん」と対になる標準語は「ではないか」。「ではないか」が話し言葉で変形したものなのだそう。
 「では」→「じゃ」 (「それでは」が「それじゃ」となるように変わった)
 「ない」→「ん」 (「やらない」が「やらん」、「行かない」が「行かん」となるように変わった)
 「か」→脱落 

あれ?
「やらない」が「やらん」、「行かない」が「行かん」って……
これ、関西じゃん!

関西とまで行かないものの、どうやら「じゃん」は神奈川より西から来たらしい。
1905年に山梨県で「じゃん」が使われていた記録があり、山梨県が発祥地とのこと。
1940年代の静岡での空襲の記録の中にも「じゃん」が出てくる。静岡県清水市が舞台の「ちびまる子ちゃん」の中でも「じゃん」が使われている。
要するに、山梨で生まれ、静岡で育ち、東海道を通って横浜に入ってきたのだ!

横浜では昭和初期から使われ始め、1960年代頃からだんだんと定着し1980年代に流行した。
横浜は、昭和の高度成長期に一気に大都市に発展し人口も激増。「じゃん」を使う人数も多かった。そのため方言として定着したと考えられるそうだ。

ちなみにここ最近は若者用語の「いいんじゃね」などの「〇〇じゃね」を日常のように耳にするけど、この「じゃね」って言うのは北関東発祥らしい。
「ない」が「ね」に変わるのは西日本ではなく、関東ならではの使い方。
「じゃん」と真逆のルートで北関東から東京に入り、横浜にも広がったそうだ。

へえ、やっぱルーツがあるんじゃん!
言葉って、面白いよね。。

では、以前掲載した「シゴノセカイ」を再び。

***************************************************************


シゴノセカイ

まもなく時計の針が重なり日付が変わろうとしている。

玄関のドアを開け、熱帯夜なのに寒々しい部屋に明かりを灯すと、ミエは、どかっとソファーに座りこんだ。

"まったく、あのオバタリアンたち、いったい私に何のうらみがあるっていうの……"
"どうせ冷やかしで買いもしないんだから、文句たらたら言わないでよね。ほんと、とさかにくるわ"

都会暮らしに恋い焦がれ、念願のハウスマヌカンになったものの、イメージと現実の世界のギャップがミエを悩ませる。

しかも、隣んちから聞こえてくるいちゃつく声。
思わず耳がダンボになってしまう。

"あーあ、うらやまC。こんなときに優しく包み込んでくれるいかしたダーリンがいたらなあ……"

"シブカジ系のペアルックでナウいチョッキを着て、バッシュウもおそろにして、アベックで遊園地とかに行ってエンジョイしたいな……"

"そしたら、疲れもふっとんで、ルンルン気分だろうなあ"

ミエの妄想はバリバリに膨らんで行く。

"やっぱ彼氏はちょっとトッぽくて強いチーマーかな……。それともジモティーのトレンディくんがいいかな……。ま、ネクラじゃなきゃいっか"

"マジで好きになっちゃったなんてコクって、でもお前、胸がナインだからな、なんてからかわれちゃったりして、えーちょっちタンマ!それは言いっこなしだよ!でもとっても胸キュン!ぶりっ子じゃないからね。もう、あなたのなすがママきゅっりがパパ。勇気出してコクるんだから断ったりしたらとんでもハップン歩いて10分だからね。ゆるしてチョンマゲなんて誤ったって、めんごなんて誤ったって、ぜってー許してあげないから"

"でも、最近、毎日が天中殺だしなあ……。しかも、わらひ、イマいスッチーのようにマブくないし、ドジでマヌケでのろまなカメだし……"

"それに、この前の合コンのときみたいにドッチらけなのはやだし……。一番右のやつ、何が、あ、オレ、君にゾッコンになりそう!なんちゃって、うそピョーンよ。となりの席のやつも、それはなるほどザワールド秋の祭典スペシャルですね!じゃないわよ"

"ん、もう、頭がピーマンになりそう……"

"今週は思いきりフィーバーしちゃおうかな……"

"……"


不思議な言葉たちを乗せたミエの夜が、ガタンゴトンと走るE電に揺られるように更けて行く。

"あー、しば漬け食べたい……。でも、もう寝よっと"


夜が明けたら花金がやってくる。

素敵な明日を夢見ながら、いつのまにやらバタンキューのミエであった。



● 夜霧のハウスマヌカン やや




 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://omunao1224.blog.fc2.com/tb.php/552-9d2c3832
トラックバック
コメント
おはようございます。夜霧のハウスマヌカンって懐かしいですね。ナツメロでしょうか。思わず歌えました・・・。オムさんおいくつなのかしら?Miyuのイメージは、若くてイケメンで、やせ形男性ですが・・・・まさか・・・。
なんちゃって(^-^)たくさん助言ありがとうございました。いろいろ言われた方にきちんと自身の不勉強を詫びました。そのままでは、折角の出会い。つながりが終わると思い、そして、失敗を重ね(URLも間違えたりして)リンク可能となりました。
リンクのきっかけは、オムさんです。中には、私みたいな方もいて、安心しました。「それ何?あ、知らない間にリンクしてた・・・」という方も。仲間だ~って。ありがとうございました。少し落ち込みましたが、事件解決に体力を惜しまない性が働きました。さすが・・・公務員系福祉統括者と自分をほめてやりたいです・・・。うふふ。仕事的対応(+o+)
Miyudot 2014.09.17 07:34 | 編集
やばい
大変やばい。
「やばい」と言う言葉が真逆に使われている。
そもそも「やばい」事態スラングの類だと思っているが、「良くない」「悪い」と言った意味であったはずだ。それが昨今メディアでは若手(でもないかも)タレントを中心に褒め言葉として使われている。うーむ。
 褒め言葉となった経緯としては
「これ、本当においしくてハマってしまいそうだ。でもこれカロリーが高いんだよな。こんなものいつも食べてたら太っちゃうよな。【やばい】なぁ。」
 といった用例から前文が全文省略された、というのが考えられる。省略のし過ぎだよなぁ。私の考えだから他にもあるかもしれんが、どうなんだろう。
 他にも意味が逆転してしまった言葉が有る。「貴様」などがそうだ。読んで字のごとし、「貴いあなた様」であるから本来は相当な謙譲語だ。でも現在こんな呼び方をしたら殴られる。これは言葉のインフレによる語彙のチープ化が原因だったと考えるが、変化中だった当時も反発はあったんじゃなかろうか。
 なんにせよ、やばい。ついていけない中年には相当やばいのである。
 断っておくが、【やばい】と喜んではいない。
miss.keydot 2014.09.17 08:05 | 編集
Miyuさん、こんにちは!

ほんと、返信がおそくなってすみません。
夜霧のハウスマヌカン、歌えましたか!
では是非、カラオケで……。

>オムさんおいくつなのかしら?Miyuのイメージは、若くてイケメンで、やせ形男性ですが・・・・まさか・・・。

うおおおおおお!!!!!
正解です!!!!
なんちゃって
まさか・・・
どうでしょうか????
☓〇☆☓△、★◇〇〇◆ですね!

知らないことをガンバってみたり、素直に謝ったりすることってとても勇気がいりますよね
でも、勇気を出してガンバった先にはひとつ成長した自分と充実感があると思います
雨降って地固まるってのもあるし、より一層繋がりも強くなるかもしれません。。

Miyuさん、これからもよろしくお願いしますね!!
Omunaodot 2014.09.20 05:50 | 編集
miss.keyさん、こんにちは!

なるほど。
そうですね。
「やばい」は、本当にやばい。
ヤバいよ、ヤバいよ
by 出川哲朗

「やばい」をいい意味で使う人の割合だそうです。

16-20歳
男子75%
女子65%

20代
男子52%
女子53%

30代
男子24%
女子24%

40代
男子20%
女子15%

50代
男子11%
女子9%

60歳以上
男子8%
女子4%

全体で18%

30年後にはいい意味が半数以上かもしれませんね。。
やばい!
Omunaodot 2014.09.20 06:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top